20代が終わり、30代に突入すると、仕事のキャリアを含め、人生について色々考える時期かと思います。

20代の頃は未経験からがむしゃらに仕事に取り組む時期でもあり、入社した会社でさまざまなことを学ぶ機会に恵まれる年代でもあります。

一方、30代はこれからの中長期的なキャリアを見据えて選択をする時期になります。

  • 同じ業種でキャリアアップしていきたい
  • 未経験でもやりたいことができる業界に飛び込む最後のチャンス
  • ライフイベントを見据えてキャリアチェンジをしたい

上記のような思いを巡らせることが多くなるでしょう。

金欲さん
俺は、もっと上に行ける人間だ!

ワークライフバランスさん
キャリア第一だったが、家族も大切にしなきゃな・・・

30代は20代と異なって適度な社会人経験があり、転職活動に適している年代です。

キャリアの積み方にもバリエーションがあるので、自身の要望や適性に合わせて広い視野で転職活動をするべきだと考えられます。

今回はそんな30代の方に転職で後悔しない3つのコツと注意点をお伝えします。

「未経験」「女性」30代の転職に襲いかかる不安

tenshoku30-4

30代の方は、転職についてどのような不安があるでしょうか。

転職のコツを知る前に、まずは転職の不安解消から始めましょう。

ワークライフバランスさん
俺、もう30代だ・・・なんだかこれからが不安になってきた・・・

男性、女性で転職に有利・不利はあるのか?

ひと昔前であれば、男性の方が女性よりも転職は有利でした。

ただし、近年の高齢社会や人口減少の影響もあり、女性も有力な労働力として考えられています。

結婚をしたり、子どもを産んでも働き続ける人が当たり前にいる時代になった近年では、価値観の変化も伴って、男女の違いが転職に直接影響を及ぼすことは極めて少ないでしょう。

むしろ考えるべきのは、前職での在籍年数や、今までどのような職歴を積んできたかという点です。

20代のように若さを武器に採用されることは難しく、あくまで前職でのスキルや経験、これからのキャリアプランがモノを言います。

今一度、転職を通して何を実現したいのかを明確にすることから始めると良いでしょう。

真面目さん
少しずつ、女性でもハイキャリアが歩みやすい時代になってきましたね!

未経験、異業種へのチャレンジはできるのか?

20代の頃に比べると、30代は未経験・異業種への転職は若干ハードルが高いといえるでしょう。

30代になると、基本的に即戦力として働くことが求められるためです。

それだけに、未経験や異業種ではなかなか期待に応えられない可能性があり、難しいでしょう。

ただし、最近では、人手不足がかなり深刻になっており、業界によっては常に人材を募集しているところがあります。

そういった業界では、30代で未経験でも育成して戦力になってもらえるように教育体制を整えているところが多いです。

また、優秀な人材であれば多少募集ポジションにマッチしていなくても、応募者のスキルやキャリア志向によっては採用される可能性があるので、簡単に諦める必要はありません。

30代は、まだまだ常識にとらわれず、新たな知識を習得したり、環境に慣れることができる年代です。

一方40代になると、異業種への転職は困難なことがほとんどです。相応の能力が即発揮できない場合は採用されることがありません。

もし自分の興味関心のある仕事が異業種である場合は、30代のうちに思い切ってチャレンジしてみるのも良いと思います。

金欲さん
30代は大きくキャリアチェンジする最後のチャンスだ!頑張ろう!

転職エージェントで30代転職を成功させる

tenshoku30-3

30代は現職も責任のある仕事を任される年代になっているので、転職活動のための準備や自己分析に時間を割こうとしてもなかなか難しいことが多いです。

また、転職活動をする際は、自分ひとりだけで考えるのではなく、キャリアの専門家にきちんと相談に乗ってもらって意見を仰ぐことが有効です。

転職エージェントは、転職で成功している人と失敗した人をたくさん見てきているので、自分では気づけない提案を貰えることも多いです。

これからのキャリアに少しでも悩んだら、具体的に転職活動を始めていなくても、まず意見を聞いてみた方が良いでしょう。

なお、30代前半と30代後半では少し転職への向き合い方が異なります。以下では具体的な違いについて説明します。

30代前半の転職活動

30代前半は、20代で一通りの仕事を経験して、戦力としての見込みが立っている時期です。

これまでの経験を活かして、高い年収やキャリアアップを狙ったり、もしくは他の分野でチャレンジしたり幅広い転職活動が可能です。仕事の進め方も一通り身に付いているので、選択肢はかなり多いと言って良いでしょう。

男性でも女性でも、30代前半は結婚や出産といったライフイベントが比較的発生しやすい時期なので、中長期的な仕事との向き合い方を考え直す時期としても適しています。

企業の採用傾向として、35歳くらいまでは求人数も多いので、よく比較検討しながら良い転職を実現したい時期になります。

30代後半の転職活動

30代後半は、40代が間近になってきて、そろそろマネジメント層を目指すか、その道のプロフェッショナルで生きるか決断する時期になります。

いずれにしても、キャリアを築く上で大きな岐路に立っていることは間違いありません。

多くの方は10年以上、社会人として経験を積んでいらっしゃる方かと思いますので、まずはこれまでのキャリアの棚卸しをするようにしましょう。

そこから、これからのキャリアを決める意外な発見があるかもしれません。

30代前半に比べると多少求人数が少なくなる傾向がありますが、近年は生涯現役としてできるだけ長く働くことを国としても奨励しているので、積極的にいろいろな求人を見てみると良いでしょう。

自分の特性を踏まえて、40代に向けてのキャリアを考えてみてはいかがでしょうか。

金欲さん
40代・・・どんなキャリアが待ってるか楽しみだ!

転職活動で成功する3つのコツと注意点とは?

tenshoku30-5

転職活動で失敗する人の特徴を知る

まず、転職活動で失敗する人のパターンを知りましょう。

失敗パターンは大きく分けて、「我流でやる」、「自分の強みがわからない」、「応募数が少ない」の3つになるかと思います。特に、一つ目の我流でやるのは危険です。

転職活動で思ってもみない落とし穴にハマる可能性もありますので、特に注意しましょう。

これを踏まえて、転職に成功するための秘訣をまとめました。

複数の転職エージェントに登録

まずは、転職エージェントを徹底的に活用することです。転職エージェントは、転職を希望している人であれば誰でも無料で利用できます。

転職エージェントは自社を経由して多くの人材の転職を実現してきているので、キャリアの専門家に近い立場でみなさんに対して有益なアドバイスをしてくれることでしょう。

成功するパターンも、失敗するパターンもよく見てきてます。それだけに、安心して任せられる部分もあるはずです。

また、エージェントによって強み業界や職種があるので、それを踏まえて複数のエージェントに登録することをオススメします。

また、エージェントを利用する際は担当者との相性をよく確認することが必要です。

やみくもに転職をするように勧めてくる場合もあるので、自身のキャリアをしっかり見据えて一緒に転職活動を進められる担当者にお願いする方が良いでしょう。

 ビズリーチCAREERCARVERリクルートエージェント
対象者年収600万以上年収600万以上年収600万以下
サービス特徴ハイクラス転職No.1エージェント。年収600万以上が条件ですが、登録必須のサービスです。年収600万以上の方向けにリクルートが提供している転職サービス。ハイクラス転職を考えている全ての人にオススメです。転職エージェントの最大手。転職実績および顧客満足度でNo.1です。約15万件の非公開求人があるようです。
公式サイト

自らのスキルを明確にしてアピール

また、自らのスキルや強みを明確にしておくことも重要です。

30代の転職では、即戦力としての採用になるため「採用に至った場合に企業に対しどういった貢献ができるか」が強く問われます。

これまでの経験で養ってきたスキル・能力を選考する企業の面接官に確実に伝えられるかどうかがポイントです。

それだけに、これも転職エージェントなど専門家の力を借りて、前職での経験や保有スキルをアピールする材料を用意しておきましょう。

面接でしっかりアピールできれば、内定の確率をグッと引き上げることができます。加えて、転職の動機と転職先の企業で実現したいことについても語れることが必要です。

この点は新卒の就職活動と大きくは変わりませんが、今までの職業人生からどのようなキャリアプランを描いているのかを見つめ直した上で、明確な答えを出しておいた方が良いでしょう。

リスクを恐れずに積極的に応募する

そして、最後に自分が良いと思った企業には積極的に応募してみることです。

単に数ばかりを増やすのは転職活動に疲れる原因になるので避けた方が良いですが、少しでも気になる企業があった場合は応募することが必要です。

仮に書類選考で落ちてしまった場合でも、なぜ落ちたか原因を分析することが今後の転職活動に有益な材料となります。

また、面接選考に進む中で興味関心が揺れ動くこともあるでしょう。

そういった場面を経ることで、転職で何を重視しているのかを確認しながら本当に入社したいと考える企業にエントリーするという方法もあります。

気後れして、行動しないのが一番もったいないパターンです。

ひょっとしたら、みなさんの才能を開花できる最高のステージかもしれません。

自分の可能性を信じて、積極的に選考を受けるようにしましょう。

コンサルタント・エンジニアへの転職は比較的容易

tenshoku30-2

最後に、異業種から転職がしやすい職種を紹介します。まずは、コンサルタントです。

コンサルティングファームでは、クライアントの課題解決のために、様々なバックグランドを持った人材が必要となります。それだけに、事業会社での経験は決して無駄になりません。

コンサルティングファームは、主に対象とする業界と業務プロセス軸で組織が作られています。

そのため、コンサルティングファームでの仕事が未経験でも、前職の業界での経験や保有スキルがクライアントの問題解決のために役に立つことが多々あります。

実際コンサルティングファームは、コンサルタント未経験者でも事業会社や官公庁でのバックグラウンドがしっかりある人材は積極的に採用しています。

人材は常に不足している業界の一つで、給与も比較的高く優秀な人材が多数在籍しています。

自分の実力を試しながらステップアップしたいような方には特におすすめできる業界です。

ロジカルシンキングやドキュメンテーションという基本的な能力に加え、前職で身につけた専門性があれば採用される可能性があるでしょう。

金欲さん
地頭が良いとか、いいコネを持っているとか、活かせる業務知識、尖った知見があればウェルカムだ!

 

また、意外なことにプログラマーも異業種から転職が可能です。IT化が進んだ現代において、どの分野もIT無しではやっていくのが難しくなりつつあります。

そのため、ソフトウェアを作れる人材は特に不足しており、プログラマーのニーズは高まっています。

エンジニア転職を検討している方は、以下記事を見てください。

参考記事

 

最近では、プログラミングスクールも多くありますので、そういったところでスキルを磨きつつ、転職のチャンスを狙ってみるのも良いでしょう。

プログラマーは手に職をつけるという意味でも最近は人気が高まってきており、また業務の性質上リモートワークも比較的容易なので、働き方の柔軟性を推している企業も増えています。

単なるプログラマーとして以上に、クライアントの要望を引き出しながらビジネス戦略を練られるようであれば、ITコンサルタントとしても活躍ができるでしょう。

今後ますます需要が増える職業の一つなので、今のうちに参入して自身のスキルを磨いていくというのも良いでしょう。

金欲さん
IT人材はこれからもっともっと需要が増えるぞ!

真面目さん
ITしたくないよー。もっとコンサルっぽいことがしたいです。

金欲さん
お前そんなんで生き残れると思ってる?

真面目さん
す、すいません。(うるさいなぁ。やっぱり転職しよう)

コンサルタントになりたい方は、コンサル向け転職サービスも紹介しているので、参考にしてみてください。

皆様が転職活動で理想のキャリアを掴めることを祈っています。

LINE@で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています