戦略コンサルで働くカトケンです。

この度、ビズリーチを使って某外資系戦略コンサルティングファームに転職しました。

ハイクラス・エグゼクティブを目指す人には絶対登録してほしい素晴らしいサービスなので、私の経験をベースにご紹介させて頂きます。

無料でビズリーチ に登録する
※現在の年収が500万円未満の方は、別の転職サービスを使う事をオススメします。

ビズリーチ とは?ハイクラス転職者に選ばれる3つの特徴

bizreach-reason1

ビズリーチ は即戦力人材にターゲットを絞った転職マッチングサービスです。

当時、ハイクラス、エグゼクティブ転職を目指していた私としては、高年収求人のみ扱う転職サービスを探していました。

タクシーの中のCMで、ビズリーチ の存在を知り、知人のハイクラス人材が多くが使っているサービスであったため、登録してみました。

結果として企業やエージェント から私の要望に合うオファーを頂くことができ、無事転職に成功することが出来ました。
(BIG4系コンサルから戦略コンサル・年収150万UP)

年収600万以上限定、選ばれた人だけの会員制転職サイト「ビズリーチ」の特徴についてまずは解説します。

ビズリーチ の知名度は国内No.1。企業・ヘッドハンターの母数が多い

bizreach-no1

  • 企業:6900社以上
  • ヘッドハンター:1900人以上

ビズリーチの1つ目の特徴は、その知名度がもたらす選択肢の多さです。

私は当時、新卒3年目でBIG4系のコンサルティングファームに属していましたが、登録して1日後にはヘッドハンターからのスカウトで溢れかえりました。初めは「とりあえず登録しとくか・・・」という受動的なマインドでしたが、魅力的なオファーが多く、自らのキャリアを考えるきっかけになりました。

当然、ハイクラス・エグゼクティブ転職の選択肢をこれだけ提供できる転職サービスは他にありません。

私自身、複数のヘッドハンターに話を聞いてみましたが、国内優良企業だけではなく、海外転職に関してもしっかりサポートして頂けそうな印象を受けました。

登録企業・ヘッドハンターのクオリティが凄い

2つ目の特徴は企業・ヘッドハンター のクオリティです。

登録している企業の90%以上がハイクラスな企業・ハイクラスなポジションを用意している企業でした。

正直、身の丈に合ってるか不安になるようなトップ企業を提案してくれるヘッドハンターもいます。

「こんな世界的一流企業にも行けるかもしれない・・・」

自分のキャリアの幅が思いのほか広いことにも気づかされたました。

年収2000万以上特集だったり、

biz-fee

海外勤務特集など、

bizreach-kaigai1

会員限定のエグゼクティブ向け特集記事もキャリアプランを考える良いきっかけになりました。

ミスマッチな求人を紹介するヘッドハンターが少ない

bizreach-scout1

ビズリーチを利用するヘッドハンターは、ハイクラス向けの求人を専門としている方がほとんどです。ヘッドハンターは、私達の経歴を見てからオファーを出すため、ミスマッチな求人情報はありませんでした。

求人を出している企業からの直接オファーも当然ありますが、幅を広げるという意味では、ヘッドハンターからの意見を参考にできたのが、個人的に助かりました。

1900人以上のヘッドハンターがハイクラス転職のプラットフォームとして、日々ヘッドハンティングしています。オファーも他のサイトより、圧倒的に多く、自分にマッチするヘッドハンターをこちらから取捨選択できます。

ネイティブアプリも用意されているので、メールではなく便利なチャットツールで気軽にヘッドハンターと連絡が取れるのも助かりました。

bizrech-app1

ビズリーチ で募集中の求人を見る
※現在の年収が500万円未満の方は、別の転職サービスを使う事をオススメします。

ビズリーチ を使った私の「リアルな」口コミ・評判

bizreach-kuchikomi1

ヘッドハンターから唸るような非公開求人が提案される

ヘッドハンターから100-200万年収が上がるような質の高いオファーを数多く受けました。

中には、年収250万以上UPのオファー学生時代憧れていた仕事・企業を紹介いただき、「おぉっこれは!」と唸りました。
(学生時代憧れていた会社に関しては、想定年収が低かったので、別の会社を転職先として選びましたが‥)

ヘッドハンターからオファーをいただくことで、自分の市場価値を把握することが出来ました。

また、そのほかにも希望をすれば、職務経歴書の添削やケース面接の対策も行っていただけるようです。

一流企業からの直接オファーもある

求人サイトなので、当然と言えば当然ですが、企業から直接オファーがあります。

私の場合、

外資系:日系 = 2:1

の割合で連絡が来ました。

会ったこともない企業の人事担当者とチャットでメッセージのやり取りをするのは少し不思議な気分でした。

能動的に求人検索できる

bizreach-search

転職者側から求人を検索し、閲覧する機能もあります。

私の場合は、ヘッドハンターからの提案で満足してしまい転職活動の中では使いませんでした。

使っていたらもっと素晴らしいオポチュニティがあったかもしれませんね。

海外勤務の求人も紹介される

何人かのヘッドハンターから海外勤務のオファーがありました。

日本で働きたい私にとって、関係のない話でしたが、グローバルな活躍に興味がある人にとっては、これ以上ない条件のオファーだったと思います。

ビズリーチのメリット・デメリット

bizreach-merit1

実は、私の知人からビズリーチに対するネガティブな口コミを聞いたことがありません。

ただ、ビズリーチ のメリットは上述したため、ここではビズリーチ のデメリットを必死で考えてみたいと思います。

ビズリーチのデメリット1:はずれのヘッドハンターが存在する

merit-demerit

”はずれ”のヘッドハンターに当たってしまう可能性は否定できません。

ただし、他のサイトより、多くのヘッドハンターから自分で選択できるため、回避することも容易です。

年収500万以下の転職者のための求人が極端に少ない

ハイクラス転職の求人は多くありますが、年収500万以下の求人者にとって、マッチする求人が比較的少なくなると思います。

もちろん、20代の就労者は年収が低い傾向にあるので、この限りではありません。

また、プロフェッショナルなビジネスタレントを求めている企業が多く、業界・職種の幅も狭いと言えます。

経歴を登録しないと、求人が少なくなる

経歴を登録しないで利用していると、転職者とマッチしない案件が紹介される可能性が高くなります。

これはビズリーチが転職プラットフォームであり、全てをお任せできるエージェントサービスではないことが理由です。

そのため、ビズリーチを使うのであれば、ヘッドハンターがあなたのキャリアを理解できる最低限の経歴は登録することをオススメします。
※私の場合、経歴登録まで15分程度を要しました

ハイクラス転職者にとって、ビズリーチ は最上のサービス

bizreach-good1

今回は実際の転職体験をベースにビズリーチを紹介しました。

私の場合、ヘッドハンターの方が優秀な方であったため、自らの希望や適性と離れた企業に入社してしまうリスクを感じることなく、経歴書の書き方・面接など転職に関するアドバイスを素直に受けることができ、転職を成功させることが出来ました。

ビズリーチ は、ハイクラス求人に特化し、転職者・企業・ヘッドハンター共に利用しやすいプラットフォームを提供することで、評価・知名度を高め、ハイクラス求人・転職者の数が増える循環を生み出しています。

ぜひ、転職サービスで今最も勢いのあるビズリーチ を使ってみてください。特に年収600万以上の方には確実にオススメです。役員・経営層の方でも満足いく提案があるはずです。

私の場合、最後まで無料プランで転職活動を終えることが出来ましたが、有料プランに契約すれば求人の幅がさらに広がるので、まずは無料で利用して、必要性を感じたら有料のプラチナプランに変更するのがオススメです。

ビズリーチ で募集中の求人を見る
※現在の年収が500万円未満の方は、別の転職サービスを使う事をオススメします。
LINE@で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています