【登録前の最終確認】RECRUIT DIRECT SCOUT(リクルートダイレクトスカウト)の評判は?

RECRUIT DIRECT SCOUT/リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)ハイクラス向け人材紹介サイトや企業の中で、リクルートが運営する人材紹介サービスです。

登録する前に確認しておきたいことと、評判を整理しました。

RECRUIT DIRECT SCOUTの登録前に確認しておくべきこと

たった一つ注意したいのは、ハイクラス向けの転職サイトであるという所です。

年収が600万未満の方は、リクルートエージェントを利用することをオススメします。

その他、リクルートダイレクトスカウトの登録前に確認しておきべきことは特にありません。

心配せず、登録頂いて問題ない優良サービスでした。

使っていただけばその良さが分かると思います。

RECRUIT DIRECT SCOUTの基本情報

RECRUIT DIRECT SCOUT リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、求人業界最大手であるリクルートが運営する、ハイクラス志向のエグゼクティブ向けの人材紹介サービスです。

求人数は約14000件、日本全国の求人に対応しており、また海外勤務職にも対応しています。

職種・業種の傾向は幅広くカバーしていて、経営幹部・事業企画全般の求人が中心です。

しかし、それだけでなく、金融・マーケティング、特化型コンサル・IT・機械・エンジニア系にも対応しています。

母体がリクルートだけあって、さすがに広い守備範囲と案件の多さが、目を引きますね。

RECRUIT DIRECT SCOUTのオススメポイント3つ

運営がリクルート

世の中に数々の求人を取り扱う会社張りますが、日本でリクルート以上にボリュームを出せる企業はありません。

リクルートダイレクトスカウトでは約100社、800名以上のヘッドハンターが登録者の代わりに転職先を提案してくれます。

求人におけるノウハウにおいても、リクルートのその手腕に言う事はないですよね。

安心感がけた違い

熟練エージェントのサポートもあり、さらには、登録者が公開する情報は匿名のレジュメを見て興味を示したヘッドハンター以外は見ることができません。

転職のプロセスも、そしてプライバシーに関しても、大手企業だからなせる桁違いの安心を感じることができます。

非公開案件の量と質

転職支援、特にヘッドハンティングを主体とするものにおいては、非公開案件の有無が大きな差になります。

リクルートダイレクトスカウトでは、そんな非公開の求人を行っている側から、登録者のスキルを見てヘッドハンティングしています。

登録者のスキルを見て企業側が選ぶこの仕組みは、転職者と企業をマッチングするという観点で最適な方法です。

リクルートダイレクトスカウトは非公開求人の量と質が非常に高いです。

RECRUIT DIRECT SCOUTを実際に活用された転職者の評判

口コミの評判をまとめました。

口コミでよく見かけるのは「自分では見つける事の出来なかった求人に出会える」です。

ほかには「内容の豊富さと実績の高さが実感できた」ですとか「給料が大幅に上がった」など、好意的な口コミが多いようです。

中には派遣社員の方がその技能を認めてもらいハイクラスな転職に成功したなんてものもありました。

RECRUIT DIRECT SCOUTをオススメできる人

ハイクラスなエグゼクティブ転職を中心に扱っていますので、少なくとも年収600万円以上のハイクラス・ミドルクラスの求職者です。

案件の中心が経営人材の求人案件です。これまで経営企画、コンサル、会計などに従事してきた人にオススメです。

また、他のハイクラス人材紹介サービスなどで求めている求人が見つからなかった人にもオススメです。

日本で最高クラスのエージェントサポートと出会い、転職活動が成功することをお祈りしております。

RECRUIT DIRECT SCOUTの転職サービス 特徴・メリット まとめ

経営幹部が中心のハイクラスなエグゼクティブ向け転職サービスのリクルートダイレクトスカウト

その特徴と評判についてまとめてみました。

リクルートという母体の大きさとその蓄積されたノウハウやコネクションの強さは圧倒的です。

年収が600万以上という条件さえ満たしている方には、オススメしたいサービスです。