英語力というのは、もはやあらゆる業界で求められる基本のケイパビリティとなってきています。

コンサルタントの世界でも例外ではなく、必要不可欠なものとなりつつあります。

ここではコンサルタントと英語について考えてみたいと思います。

外資系コンサルティングファームでのキャリアに影響!?

コンサルタントといっても本邦系の企業もありますから、すべてのコンサルタントが英語を理解し、話せるわけではないのは当たり前です。

しかし外資系のコンサルティングファームでは、社内、特に国を超えて社員間の円滑なコミュニケーションをはかるためにも英語で読み、書き、話すということは必須の条件になりつつあります。

とくに昇進や昇格をクリアするためには一定のTOEIC点数を求められることになり、できればいいに越したことはないといった甘い話ではない状況です。

ファームによってそれぞれ昇進、昇格条件は異なりますが、マネージャークラスでTOEIC650点、シニアマネージャーで700点、パートナー以上なら750点といったところがひとつの目安になっているようです。

ただ、プロモーションの評価基準として点数を獲得するのと実務に英語が利用できるのとは異なるものになることも意識する必要があります。

コンサルの仕事で必要な英語力とは!?TOEICで図れる?

実際外資系のコンサルティングファームで働きますと、上司や同僚などにネイティブの外人がでてくることも頻繁にあり、過不足のないコミュニケーションをとろうとするととてもではないですがTOEIC650点でよしということにはならないことを実感させられることになります。

しゃべるほうの英語というのは実は中学、高校で習った程度でも全く問題ないのですが、聞き取る力と読む力はさすがにそれでは足りない部分があり、日常会話だけでなく、英語で議論しプレゼンテーションやテレカンファレンスをこなしていくためには、やはり最低TOEIC800点以上を確保することが求められることになりそうです。

もちろん点数が取れてもうまくコミュニケーションがとれない人も多数存在しますから、それだけではありませんが、前提条件としてその程度までの得点が確保できるようにすることが必要です。

業界の最先端情報を学習するために!

コンサルティングファームが業界内で強いイニチアチブを発揮するための、いわゆるThought Leadershipと呼ばれる考え方は外人のコンサルタントが中心になって構築されることが多いです。

ドキュメントも英語で呼んで納得していくことが非常に多くなるものです。

したがって戦略系や上流工程を担当するコンサルタントは英語を話すだけではなく高度なレベルで読み書きして理解することも求められています。

こちらも過不足のないレベルに到達するためには少なくともTOEIC800点以上を目指すことが必要になるのではないでしょうか?

ITコンサルタントだとしても求人企業は転職者に英語力を期待する!?

一般の企業における転職求人でもコンサル経験者は英語ができることをかなり期待される傾向があります。

コンサルというと外資中心で、しかも戦略を扱う人間のイメージが非常に強いことに起因しているものと思われますが、コンサル経験者でも英語が苦手ということになりますと、相当期待が剥落することになりかねません。

やはり読み書きとともにコミュニケーションができる能力を備えておくことが後々のキャリアパスを考える意味でも重要になりそうです。

米国や英国ではグローバリスムから保守的な自国優先の発想が台頭しはじめていますが、言語のレベルでは英語が共通語であるとは間違いな状況であり、今後もコミュニケーションの軸として英語が自在に使えることは依然として重要な武器になりそうです。

特にコンサルであった経験を活かすためには英語をうまく利用できる存在になっておいて損はない状況です。

もちろん、英語が苦手でも専門性があれば、雇いたいというファーム・企業がたくさんあるのも事実です。

もし転職を考えている方がいれば、穴場の求人情報をいち早く教えてくれる転職エージェントとコンタクトを取っておくことをお勧めします。

[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています