金融業界に強い転職エージェントおすすめ8選|利用すべき理由や活用のコツも解説

「金融業界に転職に有利な転職エージェントを見極めたい」

金融業界への転職を検討する際に、このように思う方も多いのではないでしょうか。

転職エージェントを利用して失敗しがちな方は「希望条件や自分の属性に合わないエージェントを利用している」ことが多く、人生を左右する転職活動でそのような失敗は絶対に避けたいものです。

本記事では金融業界への転職を成功に導く転職エージェントを求職者の利用目的別に分かりやすく紹介するとともに、転職エージェントを利用するメリットやよくあるお悩みについても具体的に解説します。

これから転職活動をはじめる方はぜひ参考にしてください。

\金融業界を目指す方におすすめの転職エージェント/

サービス名         特徴

パソナキャリア
顧客満足度の高い良質なサポートが強みの転職エージェント
求職者に寄り添った親身で丁寧なサポートを受けられる。女性の転職にも強い。
コトラロゴ
コトラ
金融業界を専門分野とする転職エージェント
管理職やプロフェッショナル向けの求人が充実。国内・外資系金融への知見が深いキャリアコンサルタントから支援を受けられる。
JACリクルートメントロゴ
JACリクルートメント
質の高い求人が揃うグローバルな転職エージェン
経験・スキルを活かして高収入・好条件の転職をかなえたい方に。顧客満足度ランキング5連覇の実績がコンサルタントの優秀さを証明。

リクルートダイレクトスカウト
ブランド認知力抜群の転職スカウトサービス
キャリアアップ転職を目指す方、自分の市場価値を知りたい方は要チェック。面談は一切不要、情報登録だけの手軽さも魅力。

ビズリーチ
国内最大規模のハイランク向け転職スカウトサービス
40~50代を中心とした管理職・プロフェッショナルの利用者が多い。キャリアを活かした転職を確実に成功させたい方におすすめ。

リクルートエージェント
すべての求職者を包み込むマルチな転職エージェント
業界最大手として名高い総合型の転職エージェント。業界トップの求人数を誇る。

マイナビエージェント
若年層からの支持が厚い転職エージェント
転職初心者や第二新卒も安心。転職活動を最後まで並走してくれる。

doda
業界指折りの求人数と利便性の良いサービスが魅力の転職エージェント
20~30代の転職に強い。求職者のニーズに寄り添うコンサルタント力にも注目。

金融業界への転職を目指す人におすすめ定番エージェント

金融業界への転職を目指す人におすすめ定番エージェント

金融業界への転職を成功させるためには、豊富な知識と信頼性を兼ね備えた転職エージェントを利用することが一番の近道です。

サービス名         特徴

パソナキャリア
顧客満足度の高い良質なサポートが強みの転職エージェント
求職者に寄り添った親身で丁寧なサポートをおこなう。女性の転職にも強い。
コトラロゴ
コトラ
金融業界を専門分野とする転職エージェント
管理職やプロフェッショナル向けの求人が充実。国内・外資系金融への知見が深いキャリアコンサルタントから支援を受けられる。

リクルートエージェント
すべての求職者を包み込むマルチな転職エージェント
業界最大手として名高い総合型の転職エージェント。業界トップの求人数を誇る。

パソナキャリア

運営会社株式会社パソナ
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/
公開求人数38,217件(2024年6月7日現在)
主な求人職種全職種(ハイクラス求人に特化)

良質なサポートを受けられると評判パソナキャリア

オリコン顧客満足度調査でも3連覇の快挙を達成しています。

求職者と企業をつなぐマッチング力にも定評があり、丁寧なカウンセリングと豊富な紹介実績から求職者の適性を見極めて失敗のない転職をサポートします。

金融業界の転職においても、金融領域を専門とするコンサルタントが多数在籍しており業界に特化したアドバイスやサポートが受けられます。

転職者の67%以上が年収アップという実績も信頼性の裏付けといえます。

>>パソナキャリアの評判は?実際に使った人のリアルな口コミを紹介

コトラ

運営会社株式会社コトラ 
公式サイトhttps://www.kotora.jp/
公開求人数24,938件(2024年6月7日現在)
非公開求人数21,965件(2023年7月1日時点)※全求人の8割以上
主な求人職種金融系職種、コンサル、IT・Web系職種、
製造系職種、経営幹部・管理系職種

金融業界でハイクラス転職を狙う方にはコトラをおすすめします。

金融業界をはじめIT・コンサル業界などの転職支援に特化しており、業界に精通したコンサルタントが多数在籍しています。

これまでに800社以上の金融業界の企業との取引があり幅広い求人を取り揃えており、特に財務系コンサルファームなどのハイクラス案件やエグゼクティブ案件も多数取り扱っているのも特徴です。

登録者のみに紹介される非公開求人が全体の80%を占めるため(2023年1月時点)1社でも多くの優良求人に出会うためには登録必須です。

リクルートエージェント

運営会社株式会社リクルート
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
公開求人数407,883件(2024年6月7日現在)
非公開求人数301,028件(2022年7月1日時点)
主な求人職種営業・販売・カスタマーサービス、SE・ITエンジニア、
管理・事務、コンサルタント、クリエイティブ など

リクルートエージェントは幅広い業種・職種を取り扱う総合型の転職エージェントです。

金融業界に特化したエージェントではありませんが、圧倒的No.1の求人数を誇り求職者の属性を問わず柔軟に対応できるため、とにかくたくさんの求人の中から自分に合った転職先を探したい、という方にはおすすめです。

エージェント選びに迷ったらときは最初に登録しておくべきエージェントといえます。

>>【口コミ】リクルートエージェントの評判は悪い?

外資系金融へ転職に強いおすすめエージェント

日系企業と異なる企業風土や制度がある外資系企業への転職では、外資系企業への転職支援実績に豊んだ転職エージェントを見極めて活用することが肝要です。

サービス名         特徴
JACリクルートメントロゴ
JACリクルートメント
質の高い求人が揃うグローバルな転職エージェン
経験・スキルを活かして高収入・好条件の転職をかなえたい方に。顧客満足度ランキング5連覇の実績がコンサルタントの優秀さを証明。
コトラロゴ
コトラ
金融業界を専門分野とする転職エージェント
管理職やプロフェッショナル向けの求人が充実。国内・外資系金融への知見が深いキャリアコンサルタントから支援を受けられる。

JACリクルートメント

運営会社株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/
公開求人数14,740件(2024年6月7日現在)
主な求人職種管理職・エグゼクティブ・スペシャリスト人材(ハイクラス/ミドルクラス)

JACリクルートメントは世界中のネットワークから築かれるグローバル企業で、外資系企業との強固なコネクションが強みです。

外資系など海外拠点をもつ企業への転職に強く成功実績が豊富なので、外資系金融企業特有の面接スタイルやアピール方法など転職活動を成功に導く貴重なアドバイスをもらえます。

金融業界に特化したコンサルタントも在籍しており、専門的な内容でも相談も受け付けれくれます。

また、ハイクラス転職にも強みをもっており管理職や役員クラスの求人も取り扱っているため、マネジメントの経験がある方などにはキャリアを活かした転職もサポートしてくれます。

https://twitter.com/red5programmer/status/1612296677884563459

>>JACリクルートメントの評判は?実際に使った人のリアルな口コミを紹介

コトラ

運営会社株式会社コトラ 
公式サイトhttps://www.kotora.jp/
公開求人数24,938件(2024年6月7日現在)
非公開求人数21,965件(2023年7月1日時点)※全求人の8割以上
主な求人職種金融系職種、コンサル、IT・Web系職種、
製造系職種、経営幹部・管理系職種

コトラは外資系企業への転職支援にも優位性を発揮しています。

ハイランクを対象とした求人のほか若年層や未経験の方向けの求人も多いため、外資系金融を目指すすべての方に登録メリットがある転職エージェントです。

金融業界でキャリアアップ転職をしたい人におすすめエージェント

あなたの豊富な経験とスキルを活かして転職するときは、求職者側が企業と求人をしっかり見極められるような転職サービスを利用すると良いでしょう。

サービス名         特徴

リクルートダイレクトスカウト
ブランド認知力抜群の転職スカウトサービス
キャリアアップ転職を目指す方、自分の市場価値を知りたい方は要チェック。面談は一切不要、情報登録だけの手軽さも魅力。

ビズリーチ
国内最大規模のハイランク向け転職スカウトサービス
40~50代を中心とした管理職・プロフェッショナルの利用者が多い。キャリアを活かした転職を確実に成功させたい方におすすめ。
JACリクルートメントロゴ
JACリクルートメント
質の高い求人が揃うグローバルな転職エージェン
経験・スキルを活かして高収入・好条件の転職をかなえたい方に。顧客満足度ランキング5連覇の実績がコンサルタントの優秀さを証明。

リクルートダイレクトスカウト

運営会社株式会社リクルート
公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/
公開求人数298,652件(2024年6月7日現在)
主な求人職種全職種

キャリアに自信がある方はサーチ型と呼ばれる転職サイトへの登録がおすすめです。

リクルートダイレクトスカウトは、登録するだけで人材紹介会社のヘッドハンターがあなたをスカウトして企業に提案します。

また、利用者がヘッドハンターを指名してスカウトをお願いすることもできます。

ハイクラスな求人を豊富に取り扱っており、自身のキャリアを活かし高年収を狙う方にはぜひおすすめしたいサービスです。

リクルートダイレクトスカウトでは他のサーチ型サイトと異なり登録からスカウトまで完全無料での利用が可能なため、登録しておいて損はないスカウトサービスといえるでしょう。

ビズリーチ

ビズリーチ

運営会社株式会社ビズリーチ
公式サイトhttps://www.bizreach.co.jp/
公開求人数121,749件(2024年6月7日現在)
主な求人職種全職種(ハイクラス求人/ミドル層)

CMでその名が一躍有名となったビズリーチもサーチ型の登録サイトです。

国内最大級のハイクラス向け転職サイトと謳われるだけあり年収800万〜2,000万円の求人を多数保有しています。

2022年オリコン顧客満足度では転職スカウトサービス部門1位を獲得しており、サービスの質にも定評があるようです。

登録後はオファーを待つだけなので、効率性を重視したい方はもちろん、自分の市場価値を確かめたい方にもおすすめです。

>>管理職の転職に強いおすすめの転職エージェントを厳選して紹介

JACリクルートメント

運営会社株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/
公開求人数14,740件(2024年6月7日現在)
主な求人職種管理職・エグゼクティブ・スペシャリスト人材(ハイクラス/ミドルクラス)

年収800~1,500万以上の求人が多く、ハイクラス・ミドルクラスからの支持率が高いJACリクルートメント

ハイキャリアの転職にも強みがあり、マネージャークラスや役員クラスの求人も多数取り揃えているため、管理職経験のある方など自身のキャリアを活かした転職をしたい方にはおすすめしたいエージェントです。

コンサルタントの質が高く対応も良いと評判です。

>>JACリクルートメントの評判は?実際に使った人のリアルな口コミを紹介

金融事務への転職をしたい人におすすめエージェント

人気が高く競争率が高い事務職を希望する方には、できるだけ多くの求人情報に触れて選択の幅を広げる方法をおすすめします。

サービス名         特徴

リクルートエージェント
すべての求職者を包み込むマルチな転職エージェント
業界最大手として名高い総合型の転職エージェント。業界トップの求人数を誇る。

マイナビエージェント
若年層からの支持が厚い転職エージェント
20代の求職者から特に信頼が厚く、転職初心者や第二新卒にもぴったり。転職活動を最後まで並走してくれる。

doda
業界指折りの求人数と利便性の良いサービスが魅力の転職エージェント
20~30代の転職に強い。求職者のニーズに寄り添うコンサルタント力にも注目。

リクルートエージェント

                    

運営会社株式会社リクルート
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
公開求人数407,883件(2024年6月7日現在)
非公開求人数301,028件(2022年7月1日時点)
主な求人職種営業・販売・カスタマーサービス、SE・ITエンジニア、
管理・事務、コンサルタント、クリエイティブ など

業界随一の求人数を誇るリクルートエージェントは、事務職を目指す方にもおすすめです。

「金融業界」「管理・事務」で検索すると、非公開求人も合わせて3,700件該当します。(2023年1月時点)

とにかくたくさんの求人の中から自分に合った転職先を探したい方には最初に登録をおすすめしたいエージェントです。

検索結果では約80%が非公開求人なので登録した方が圧倒的に有利ですね。

>>【口コミ】リクルートエージェントの評判は悪い?

マイナビエージェント

マイナビエージェント【公式】

会社名パーソルキャリア株式会社
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
公開求人数59,866件(2024年6月7日現在)
主な求人職種全職種

マイナビエージェントは事務職をはじめとした幅広い業種・職種を取り扱う総合型の転職エージェントです。

新卒学生の就職支援にも強いマイナビグループのネットワークを活かした若年層向けの求人も多いため、転職がはじめての方や第二新卒の方も安心して利用することができます。

また、マイナビではマイナビ金融転職エージェントとした金融業界に特化した転職サービスも展開しており、金融業界のみに絞り込んで効率的に転職を進めたい方はこちらのサービス利用もおすすめです。

マイナビエージェント公式HP

※マイナビのプロモーションを含みます。

>>マイナビエージェントの評判を口コミから解説【評判悪い?】

doda

会社名パーソルキャリア株式会社
公式サイトhttps://doda.jp
公開求人数246,777件(2024年6月7日現在)
主な求人職種全職種

dodaは事務職の求人も多く、求人検索システムには「金融事務」の職種カテゴリがあるためピンポイントの検索が可能です。

金融事務の求人数は584件(2023年1月時点)、非公開求人数は非公表ですが、全体の8~9割程度といわれています。

事務職には書類作成スキルも必要ですが、dudaは応募書類のブラッシュアップに役立つツールやコンテンツが豊富に準備されています。

また、キャリアドバイザーの対応も素早くフォローも丁寧、面接対策も質が高いとサポートにも定評があります。

事務職を目指す方には大きなアドバンテージといえますね。

>>転職エージェントのDODAの特徴と評判をまとめました。

未経験から金融業界転職を目指す人におすすめエージェント

未経験から金融業界転職を目指す人におすすめエージェント

金融業界への異業種転職では、未経験応募可の求人を多く保有していたりコンサル力が高くフォロー力に長けた転職エージェントを選びましょう。

サービス名         特徴

リクルートエージェント
すべての求職者を包み込むマルチな転職エージェント
業界最大手として名高い総合型の転職エージェント。業界トップの求人数を誇る。

doda
業界指折りの求人数と利便性の良いサービスが魅力の転職エージェント
20~30代の転職に強い。求職者のニーズに寄り添うコンサルタント力にも注目。

パソナキャリア
顧客満足度の高い良質なサポートが強みの転職エージェント
求職者に寄り添った親身で丁寧なサポートをおこなう。女性の転職にも強い。

リクルートエージェント

 

                          (引用元:リクルートエージェント

運営会社株式会社リクルート
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
公開求人数407,883件(2024年6月7日現在)
非公開求人数301,028件(2022年7月1日時点)
主な求人職種営業・販売・カスタマーサービス、SE・ITエンジニア、
管理・事務、コンサルタント、クリエイティブ など

リクルートエージェントは、年代や状況を問わない包括的な対応力にも定評があります。

未経験からの異業種転職はわからないことや不安が多いものですが、守備範囲の広いリクルートエージェントは「迷ったらまず登録するべき転職エージェント」だといえます。

>>【口コミ】リクルートエージェントの評判は悪い?

doda

>>パソナキャリアの評判は?実際に使った人のリアルな口コミを紹介

コトラ

運営会社株式会社コトラ 
公式サイトhttps://www.kotora.jp/
公開求人数24,938件(2024年6月7日現在)
非公開求人数21,965件(2023年7月1日時点)※全求人の8割以上
主な求人職種金融系職種、コンサル、IT・Web系職種、
製造系職種、経営幹部・管理系職種

金融業界でハイクラス転職を狙う方にはコトラをおすすめします。

金融業界をはじめIT・コンサル業界などの転職支援に特化しており、業界に精通したコンサルタントが多数在籍しています。

これまでに800社以上の金融業界の企業との取引があり幅広い求人を取り揃えており、特に財務系コンサルファームなどのハイクラス案件やエグゼクティブ案件も多数取り扱っているのも特徴です。

登録者のみに紹介される非公開求人が全体の80%を占めるため(2023年1月時点)1社でも多くの優良求人に出会うためには登録必須です。

リクルートエージェント

運営会社株式会社リクルート
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
公開求人数407,883件(2024年6月7日現在)
非公開求人数301,028件(2022年7月1日時点)
主な求人職種営業・販売・カスタマーサービス、SE・ITエンジニア、
管理・事務、コンサルタント、クリエイティブ など

リクルートエージェントは幅広い業種・職種を取り扱う総合型の転職エージェントです。

金融業界に特化したエージェントではありませんが、圧倒的No.1の求人数を誇り求職者の属性を問わず柔軟に対応できるため、とにかくたくさんの求人の中から自分に合った転職先を探したい、という方にはおすすめです。

エージェント選びに迷ったらときは最初に登録しておくべきエージェントといえます。

>>【口コミ】リクルートエージェントの評判は悪い?

外資系金融へ転職に強いおすすめエージェント

日系企業と異なる企業風土や制度がある外資系企業への転職では、外資系企業への転職支援実績に豊んだ転職エージェントを見極めて活用することが肝要です。

サービス名         特徴
JACリクルートメントロゴ
JACリクルートメント
質の高い求人が揃うグローバルな転職エージェン
経験・スキルを活かして高収入・好条件の転職をかなえたい方に。顧客満足度ランキング5連覇の実績がコンサルタントの優秀さを証明。
コトラロゴ
コトラ
金融業界を専門分野とする転職エージェント
管理職やプロフェッショナル向けの求人が充実。国内・外資系金融への知見が深いキャリアコンサルタントから支援を受けられる。

JACリクルートメント

運営会社株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/
公開求人数14,740件(2024年6月7日現在)
主な求人職種管理職・エグゼクティブ・スペシャリスト人材(ハイクラス/ミドルクラス)

JACリクルートメントは世界中のネットワークから築かれるグローバル企業で、外資系企業との強固なコネクションが強みです。

外資系など海外拠点をもつ企業への転職に強く成功実績が豊富なので、外資系金融企業特有の面接スタイルやアピール方法など転職活動を成功に導く貴重なアドバイスをもらえます。

金融業界に特化したコンサルタントも在籍しており、専門的な内容でも相談も受け付けれくれます。

また、ハイクラス転職にも強みをもっており管理職や役員クラスの求人も取り扱っているため、マネジメントの経験がある方などにはキャリアを活かした転職もサポートしてくれます。

https://twitter.com/red5programmer/status/1612296677884563459

>>JACリクルートメントの評判は?実際に使った人のリアルな口コミを紹介

コトラ

運営会社株式会社コトラ 
公式サイトhttps://www.kotora.jp/
公開求人数24,938件(2024年6月7日現在)
非公開求人数21,965件(2023年7月1日時点)※全求人の8割以上
主な求人職種金融系職種、コンサル、IT・Web系職種、
製造系職種、経営幹部・管理系職種

コトラは外資系企業への転職支援にも優位性を発揮しています。

ハイランクを対象とした求人のほか若年層や未経験の方向けの求人も多いため、外資系金融を目指すすべての方に登録メリットがある転職エージェントです。

金融業界でキャリアアップ転職をしたい人におすすめエージェント

あなたの豊富な経験とスキルを活かして転職するときは、求職者側が企業と求人をしっかり見極められるような転職サービスを利用すると良いでしょう。

サービス名         特徴

リクルートダイレクトスカウト
ブランド認知力抜群の転職スカウトサービス
キャリアアップ転職を目指す方、自分の市場価値を知りたい方は要チェック。面談は一切不要、情報登録だけの手軽さも魅力。

ビズリーチ
国内最大規模のハイランク向け転職スカウトサービス
40~50代を中心とした管理職・プロフェッショナルの利用者が多い。キャリアを活かした転職を確実に成功させたい方におすすめ。
JACリクルートメントロゴ
JACリクルートメント
質の高い求人が揃うグローバルな転職エージェン
経験・スキルを活かして高収入・好条件の転職をかなえたい方に。顧客満足度ランキング5連覇の実績がコンサルタントの優秀さを証明。

リクルートダイレクトスカウト

運営会社株式会社リクルート
公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/
公開求人数298,652件(2024年6月7日現在)
主な求人職種全職種

キャリアに自信がある方はサーチ型と呼ばれる転職サイトへの登録がおすすめです。

リクルートダイレクトスカウトは、登録するだけで人材紹介会社のヘッドハンターがあなたをスカウトして企業に提案します。

また、利用者がヘッドハンターを指名してスカウトをお願いすることもできます。

ハイクラスな求人を豊富に取り扱っており、自身のキャリアを活かし高年収を狙う方にはぜひおすすめしたいサービスです。

リクルートダイレクトスカウトでは他のサーチ型サイトと異なり登録からスカウトまで完全無料での利用が可能なため、登録しておいて損はないスカウトサービスといえるでしょう。

ビズリーチ

ビズリーチ

運営会社株式会社ビズリーチ
公式サイトhttps://www.bizreach.co.jp/
公開求人数121,749件(2024年6月7日現在)
主な求人職種全職種(ハイクラス求人/ミドル層)

CMでその名が一躍有名となったビズリーチもサーチ型の登録サイトです。

国内最大級のハイクラス向け転職サイトと謳われるだけあり年収800万〜2,000万円の求人を多数保有しています。

2022年オリコン顧客満足度では転職スカウトサービス部門1位を獲得しており、サービスの質にも定評があるようです。

登録後はオファーを待つだけなので、効率性を重視したい方はもちろん、自分の市場価値を確かめたい方にもおすすめです。

>>管理職の転職に強いおすすめの転職エージェントを厳選して紹介

JACリクルートメント

運営会社株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/
公開求人数14,740件(2024年6月7日現在)
主な求人職種管理職・エグゼクティブ・スペシャリスト人材(ハイクラス/ミドルクラス)

年収800~1,500万以上の求人が多く、ハイクラス・ミドルクラスからの支持率が高いJACリクルートメント

ハイキャリアの転職にも強みがあり、マネージャークラスや役員クラスの求人も多数取り揃えているため、管理職経験のある方など自身のキャリアを活かした転職をしたい方にはおすすめしたいエージェントです。

コンサルタントの質が高く対応も良いと評判です。

>>JACリクルートメントの評判は?実際に使った人のリアルな口コミを紹介

金融事務への転職をしたい人におすすめエージェント

人気が高く競争率が高い事務職を希望する方には、できるだけ多くの求人情報に触れて選択の幅を広げる方法をおすすめします。

サービス名         特徴

リクルートエージェント
すべての求職者を包み込むマルチな転職エージェント
業界最大手として名高い総合型の転職エージェント。業界トップの求人数を誇る。

マイナビエージェント
若年層からの支持が厚い転職エージェント
20代の求職者から特に信頼が厚く、転職初心者や第二新卒にもぴったり。転職活動を最後まで並走してくれる。

doda
業界指折りの求人数と利便性の良いサービスが魅力の転職エージェント
20~30代の転職に強い。求職者のニーズに寄り添うコンサルタント力にも注目。

リクルートエージェント

 

                    

運営会社株式会社リクルート
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
公開求人数407,883件(2024年6月7日現在)
非公開求人数301,028件(2022年7月1日時点)
主な求人職種営業・販売・カスタマーサービス、SE・ITエンジニア、
管理・事務、コンサルタント、クリエイティブ など

業界随一の求人数を誇るリクルートエージェントは、事務職を目指す方にもおすすめです。

「金融業界」「管理・事務」で検索すると、非公開求人も合わせて3,700件該当します。(2023年1月時点)

とにかくたくさんの求人の中から自分に合った転職先を探したい方には最初に登録をおすすめしたいエージェントです。

検索結果では約80%が非公開求人なので登録した方が圧倒的に有利ですね。

>>【口コミ】リクルートエージェントの評判は悪い?

マイナビエージェント

マイナビエージェント【公式】

会社名パーソルキャリア株式会社
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
公開求人数59,866件(2024年6月7日現在)
主な求人職種全職種

マイナビエージェントは事務職をはじめとした幅広い業種・職種を取り扱う総合型の転職エージェントです。

新卒学生の就職支援にも強いマイナビグループのネットワークを活かした若年層向けの求人も多いため、転職がはじめての方や第二新卒の方も安心して利用することができます。

また、マイナビではマイナビ金融転職エージェントとした金融業界に特化した転職サービスも展開しており、金融業界のみに絞り込んで効率的に転職を進めたい方はこちらのサービス利用もおすすめです。

マイナビエージェント公式HP

※マイナビのプロモーションを含みます。

>>マイナビエージェントの評判を口コミから解説【評判悪い?】

doda

会社名パーソルキャリア株式会社
公式サイトhttps://doda.jp
公開求人数246,777件(2024年6月7日現在)
主な求人職種全職種

dodaは事務職の求人も多く、求人検索システムには「金融事務」の職種カテゴリがあるためピンポイントの検索が可能です。

金融事務の求人数は584件(2023年1月時点)、非公開求人数は非公表ですが、全体の8~9割程度といわれています。

事務職には書類作成スキルも必要ですが、dudaは応募書類のブラッシュアップに役立つツールやコンテンツが豊富に準備されています。

また、キャリアドバイザーの対応も素早くフォローも丁寧、面接対策も質が高いとサポートにも定評があります。

事務職を目指す方には大きなアドバンテージといえますね。

>>転職エージェントのDODAの特徴と評判をまとめました。

未経験から金融業界転職を目指す人におすすめエージェント

未経験から金融業界転職を目指す人におすすめエージェント

金融業界への異業種転職では、未経験応募可の求人を多く保有していたりコンサル力が高くフォロー力に長けた転職エージェントを選びましょう。

サービス名         特徴

リクルートエージェント
すべての求職者を包み込むマルチな転職エージェント
業界最大手として名高い総合型の転職エージェント。業界トップの求人数を誇る。

doda
業界指折りの求人数と利便性の良いサービスが魅力の転職エージェント
20~30代の転職に強い。求職者のニーズに寄り添うコンサルタント力にも注目。

パソナキャリア
顧客満足度の高い良質なサポートが強みの転職エージェント
求職者に寄り添った親身で丁寧なサポートをおこなう。女性の転職にも強い。

リクルートエージェント

 

                          (引用元:リクルートエージェント

運営会社株式会社リクルート
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
公開求人数407,883件(2024年6月7日現在)
非公開求人数301,028件(2022年7月1日時点)
主な求人職種営業・販売・カスタマーサービス、SE・ITエンジニア、
管理・事務、コンサルタント、クリエイティブ など

リクルートエージェントは、年代や状況を問わない包括的な対応力にも定評があります。

未経験からの異業種転職はわからないことや不安が多いものですが、守備範囲の広いリクルートエージェントは「迷ったらまず登録するべき転職エージェント」だといえます。

>>【口コミ】リクルートエージェントの評判は悪い?

doda

会社名パーソルキャリア株式会社
公式サイトhttps://doda.jp
公開求人数246,777件(2024年6月7日現在)
主な求人職種全職種

dodaでは未経験歓迎の求人も数多く取り揃えており、金融業界専任のアドバイザーから丁寧なサポートも受けられるため未経験から金融領域への転職を目指す方でも安心して利用できるエージェントといえます。

またdodaでは転職エージェントのサービスと転職サイトの機能を同時に利用できるため業界知識を深めつつ双方向から転職活動を進めることも可能です。

自分の市場価値を知るためにもあわせて利用すると良いでしょう。

 

>>転職エージェントのDODAの特徴と評判をまとめました。

パソナキャリア

運営会社株式会社パソナ
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/
公開求人数38,217件(2024年6月7日現在)
主な求人職種全職種(ハイクラス求人に特化)

「金融業界専門の転職エージェントへの登録は自信がないという方もおられるでしょう。

パソナキャリアは総合型の転職エージェントですが、各業界に見識の深い専門コンサルタントチームを組んでいます。

また、パソナキャリアはオリコンの顧客満足度調査で2020年に転職エージェント第一位となるなど、コンサルタントのサポートの質が高く丁寧なサポートが受けられることでも評判です。

豊富な知識と実績をもとにフォローしてくれますので、未経験からの転職活動の心強いサポーターといえます。

>>パソナキャリアの評判は?実際に使った人のリアルな口コミを紹介

金融業界への転職に転職エージェントを使うべき理由

金融業界への転職に転職エージェントを使うべき理由

ここでは金融業界ならではの視点から転職エージェントを使うメリットを紹介します。

金融業界に詳しい転職のプロからサポートを受けられる

 

専門性の高い金融業界への転職には事前準備が肝要です。

また、動きの速い経済や金融業界の動向を常に把握しておかなければなりません。

 

そのため、専門知識と紹介実績をもったプロにマッチングや書類添削をサポートしてもらうことで内定に大きく近づきます。

応募先企業との繋がりも深いため、過去のデータをもとに面接対策をおこなうなど、自分一人で進めるよりも内定を獲得しやすくなります。

登録者限定の優良求人を紹介してもらえる

金融業界の採用活動では業務の専門性や組織内部の事情から求人を公にしないケースが多く、その多くを非公開求人として転職エージェントに委託しています。

したがって転職エージェントに登録することが優良求人に出会う一番の近道だといえます。

金融業界に強い転職エージェントを活用するコツ

金融業界に強い転職エージェントを活用するコツ

金融業界への転職に成功した方は自分に合った転職サービスをしっかり選んでいます。選定に際しては最初に3~4社程度登録して面談を受けてみると良いでしょう。

そのメリットは大きく3点あります。

      • 金融業界の知識や動向を取りこぼしなく学べる

      • コンサルタントを比較してサポート力や信頼性の高い人物を選べる

      • 求人数の多い「総合型」タイプと専門性に優れた「特化型」タイプを併用できる

    登録数が増えすぎると、スケジュールを把握できなくなったり対応が雑になり転職エージェントの印象を下げてしまう可能性があるため、最終的には2~3社に厳選して活用する方が良いでしょう。

    転職エージェント利用の際の登録から内定までの流れ

    転職エージェント利用の際の登録から内定までの流れ

    ここでは転職エージェントの一般的な利用手順について3つのSTEPにわけて説明します。

    STEP1 登録~面談~求人紹介

    転職エージェントのホームページから会員登録をした後、メールもしくは電話で面談日程を調整します。

    面談ではキャリアの棚卸や希望条件のヒアリングを通して転職の方向性を固めます。

    転職に関するお悩み全般を気軽に相談できるので、面談を通して新たな気づきや可能性を見出せるかもしれません。

    その場で求人紹介を受ける場合もありますが、基本的には後日メールや電話、マイページから紹介を受けます。

    STEP2 面接調整~準備~面接

    面接の日程調整をはじめとした諸手続きはすべて代行してくれます。

    準備段階では応募書類の添削や面接対策など応募先企業に合わせた丁寧なフォローが受けられるため、ひとりで面接に臨むより確実に有利な状況をつくれます。

    面接当日は指定された日時・場所で面接を受けます。

    STEP3 内定・退職交渉~入社

    転職エージェント経由で内定を受けた後は、具体的な入社日などの条件交渉をおこないます。

    交渉ごともすべて代行してもらえるため、給料などの待遇面で直接交渉しにくいことも提示しやすくなります。

    不採用だった場合理由をヒアリングしてもらい、改善点を共有して次回の面接対策をおこないます。

    金融業界転職に関する疑問Q&A

    金融業界転職に関する疑問Q&A

    ここでは、金融業界への転職を希望する方によくある質問についてQ&A方式でご紹介します。

    未経験から金融業界転職は難しい?

    未経験の方でも金融業界への転職は可能です。

    その理由は大きく3つあります。

        • 労働人口の減少により新卒採用以外の方法でも働き手の確保が必要になっている

        • 終身雇用制度の崩壊により転職の概念が変わりつつあり中途採用への風向きが良くなっている

        • DX化の推進や海外進出など金融業界の改革が進み、異業種のスキルや経験が必要とされている

      時代の流れとともに転職の常識が確実に変わりつつあることから中途採用の割合が増えています。

      第二新卒でも金融業界転職はできる?

      第二新卒は人柄や素養などを評価基準とするポテンシャル採用がおこなわれる傾向が高いため、業種・職種問わず転職市場における需要は高いといえます。

      現在の金融業界では即戦力の経験者層と企業に若返りをもたらす若年層の両方を求める傾向にありますが、株式会社リクルートの研究機関である就職みらい研究所が2022年12月に発表した「就職プロセス調査(2023年卒)「2022年12月1日時点 内定状況」」によりますと金融業界の新卒採用数は昨年度と比較して減少しています。

       

      (引用元:就職みらい研究所.「就職プロセス調査(2023年卒)「2022年12月1日時点 内定状況」」)

      しかしながら総務局統計庁が2022年11月に発表している「労働力調査(基本集計) 2022年(令和4年)11月分結果」によりますと、金融業界の就業雇用者は2015年に150万人、2018年に162万人、2021年に165万人(2023年1月時点)と増加傾向です。

      この2点の状況を踏まえると、企業に新風を起こす役割として第二新卒の雇用機会が広がっていると推測できます。

      >>第二新卒におすすめ転職エージェント・サイト比較

      金融業界系の企業は女性が働きやすい?

      日経BPより2022年5月に発表された「企業の女性活用度調査」によりますと、「女性が活躍する会社」総合ランキング上位10社のうち6社は金融業界の企業でした。

      その理由として、管理職登用度の充実、多様な働き方の推進、仕事と育児を両立するライフワークバランスの支援体制の強化などが挙げられています。

      このことからも金融業界は、女性が働きやすい職場の環境づくりに積極的であることがわかります。

      なお女性の転職には、女性向け求人が多く積極的に支援をおこなうパソナキャリアがおすすめです。

      参照:日経BP.「2022年版「女性が活躍する会社BEST100」 総合ランキング1位は資生堂に

      金融業界に強い転職エージェントまとめ

      金融業界に強い転職エージェントまとめ

      金融業界では専門的な知識とスキルが必要とされるため、転職するときは業界に対して知見が深い転職エージェントを利用するのが効率的で確実です。

      各社それぞれの特徴や得意分野があるため、本記事で紹介した内容を参考にしながら自分に合った転職エージェントを利用してください。

      転職活動の強力なサポーターとして、あなたの転職を確実に成功に導いてくれるでしょう。

      • 外資・エグゼクティブおすすめ転職エージェント

        エージェント名特徴
        アサイン20代から30代のハイエンド転職に特化したエージェント。オーダーメイドの選考対策と模擬面接を実施大手企業/コンサル業界/外資系の求人が強い
        アクシスコンサルティングアクシスコンサルティングロゴ

        コンサルやIT出身者が多いキャリアアップに特化したエージェント!

        コンサル未経験者の転職支援実績も豊富

         
        ユナイテッドワールドユナイテッドワールドロゴ英語力を活かせる外資系転職で年収UPを目指すのにおすすめエージェント。バイリンガルエージェントによる、英文履歴書・面接対策サポートが強み

      dodaでは未経験歓迎の求人も数多く取り揃えており、金融業界専任のアドバイザーから丁寧なサポートも受けられるため未経験から金融領域への転職を目指す方でも安心して利用できるエージェントといえます。

      またdodaでは転職エージェントのサービスと転職サイトの機能を同時に利用できるため業界知識を深めつつ双方向から転職活動を進めることも可能です。

      自分の市場価値を知るためにもあわせて利用すると良いでしょう。

       

      >>転職エージェントのDODAの特徴と評判をまとめました。

      パソナキャリア

      「金融業界専門の転職エージェントへの登録は自信がないという方もおられるでしょう。

      パソナキャリアは総合型の転職エージェントですが、各業界に見識の深い専門コンサルタントチームを組んでいます。

      また、パソナキャリアはオリコンの顧客満足度調査で2020年に転職エージェント第一位となるなど、コンサルタントのサポートの質が高く丁寧なサポートが受けられることでも評判です。

      豊富な知識と実績をもとにフォローしてくれますので、未経験からの転職活動の心強いサポーターといえます。

      >>パソナキャリアの評判は?実際に使った人のリアルな口コミを紹介

      金融業界への転職に転職エージェントを使うべき理由

      金融業界への転職に転職エージェントを使うべき理由

      ここでは金融業界ならではの視点から転職エージェントを使うメリットを紹介します。

      金融業界に詳しい転職のプロからサポートを受けられる

       

      専門性の高い金融業界への転職には事前準備が肝要です。

      また、動きの速い経済や金融業界の動向を常に把握しておかなければなりません。

       

      そのため、専門知識と紹介実績をもったプロにマッチングや書類添削をサポートしてもらうことで内定に大きく近づきます。

      応募先企業との繋がりも深いため、過去のデータをもとに面接対策をおこなうなど、自分一人で進めるよりも内定を獲得しやすくなります。

      登録者限定の優良求人を紹介してもらえる

      金融業界の採用活動では業務の専門性や組織内部の事情から求人を公にしないケースが多く、その多くを非公開求人として転職エージェントに委託しています。

      したがって転職エージェントに登録することが優良求人に出会う一番の近道だといえます。

      金融業界に強い転職エージェントを活用するコツ

      金融業界に強い転職エージェントを活用するコツ

      金融業界への転職に成功した方は自分に合った転職サービスをしっかり選んでいます。選定に際しては最初に3~4社程度登録して面談を受けてみると良いでしょう。

      そのメリットは大きく3点あります。

          • 金融業界の知識や動向を取りこぼしなく学べる

          • コンサルタントを比較してサポート力や信頼性の高い人物を選べる

          • 求人数の多い「総合型」タイプと専門性に優れた「特化型」タイプを併用できる

        登録数が増えすぎると、スケジュールを把握できなくなったり対応が雑になり転職エージェントの印象を下げてしまう可能性があるため、最終的には2~3社に厳選して活用する方が良いでしょう。

        転職エージェント利用の際の登録から内定までの流れ

        転職エージェント利用の際の登録から内定までの流れ

        ここでは転職エージェントの一般的な利用手順について3つのSTEPにわけて説明します。

        STEP1 登録~面談~求人紹介

        転職エージェントのホームページから会員登録をした後、メールもしくは電話で面談日程を調整します。

        面談ではキャリアの棚卸や希望条件のヒアリングを通して転職の方向性を固めます。

        転職に関するお悩み全般を気軽に相談できるので、面談を通して新たな気づきや可能性を見出せるかもしれません。

        その場で求人紹介を受ける場合もありますが、基本的には後日メールや電話、マイページから紹介を受けます。

        STEP2 面接調整~準備~面接

        面接の日程調整をはじめとした諸手続きはすべて代行してくれます。

        準備段階では応募書類の添削や面接対策など応募先企業に合わせた丁寧なフォローが受けられるため、ひとりで面接に臨むより確実に有利な状況をつくれます。

        面接当日は指定された日時・場所で面接を受けます。

        STEP3 内定・退職交渉~入社

        転職エージェント経由で内定を受けた後は、具体的な入社日などの条件交渉をおこないます。

        交渉ごともすべて代行してもらえるため、給料などの待遇面で直接交渉しにくいことも提示しやすくなります。

        不採用だった場合理由をヒアリングしてもらい、改善点を共有して次回の面接対策をおこないます。

        金融業界転職に関する疑問Q&A

        金融業界転職に関する疑問Q&A

        ここでは、金融業界への転職を希望する方によくある質問についてQ&A方式でご紹介します。

        未経験から金融業界転職は難しい?

        未経験の方でも金融業界への転職は可能です。

        その理由は大きく3つあります。

            • 労働人口の減少により新卒採用以外の方法でも働き手の確保が必要になっている

            • 終身雇用制度の崩壊により転職の概念が変わりつつあり中途採用への風向きが良くなっている

            • DX化の推進や海外進出など金融業界の改革が進み、異業種のスキルや経験が必要とされている

          時代の流れとともに転職の常識が確実に変わりつつあることから中途採用の割合が増えています。

          第二新卒でも金融業界転職はできる?

          第二新卒は人柄や素養などを評価基準とするポテンシャル採用がおこなわれる傾向が高いため、業種・職種問わず転職市場における需要は高いといえます。

          現在の金融業界では即戦力の経験者層と企業に若返りをもたらす若年層の両方を求める傾向にありますが、株式会社リクルートの研究機関である就職みらい研究所が2022年12月に発表した「就職プロセス調査(2023年卒)「2022年12月1日時点 内定状況」」によりますと金融業界の新卒採用数は昨年度と比較して減少しています。

           

          (引用元:就職みらい研究所.「就職プロセス調査(2023年卒)「2022年12月1日時点 内定状況」」)

          しかしながら総務局統計庁が2022年11月に発表している「労働力調査(基本集計) 2022年(令和4年)11月分結果」によりますと、金融業界の就業雇用者は2015年に150万人、2018年に162万人、2021年に165万人(2023年1月時点)と増加傾向です。

          この2点の状況を踏まえると、企業に新風を起こす役割として第二新卒の雇用機会が広がっていると推測できます。

          >>第二新卒におすすめ転職エージェント・サイト比較

          金融業界系の企業は女性が働きやすい?

          日経BPより2022年5月に発表された「企業の女性活用度調査」によりますと、「女性が活躍する会社」総合ランキング上位10社のうち6社は金融業界の企業でした。

          その理由として、管理職登用度の充実、多様な働き方の推進、仕事と育児を両立するライフワークバランスの支援体制の強化などが挙げられています。

          このことからも金融業界は、女性が働きやすい職場の環境づくりに積極的であることがわかります。

          なお女性の転職には、女性向け求人が多く積極的に支援をおこなうパソナキャリアがおすすめです。

          参照:日経BP.「2022年版「女性が活躍する会社BEST100」 総合ランキング1位は資生堂に

          金融業界に強い転職エージェントまとめ

          金融業界に強い転職エージェントまとめ

          金融業界では専門的な知識とスキルが必要とされるため、転職するときは業界に対して知見が深い転職エージェントを利用するのが効率的で確実です。

          各社それぞれの特徴や得意分野があるため、本記事で紹介した内容を参考にしながら自分に合った転職エージェントを利用してください。

          転職活動の強力なサポーターとして、あなたの転職を確実に成功に導いてくれるでしょう。

          • 外資・エグゼクティブおすすめ転職エージェント

            エージェント名特徴
            アサイン

            20代から30代のハイエンド転職に特化したエージェント。オーダーメイドの選考対策と模擬面接を実施

            大手企業/コンサル業界/外資系の求人が強い

            アクシスコンサルティング
            アクシスコンサルティングロゴ

            コンサルやIT出身者が多いキャリアアップに特化したエージェント!

            コンサル未経験者の転職支援実績も豊富

             

            ユナイテッドワールド
            ユナイテッドワールドロゴ

            英語力を活かせる外資系転職で年収UPを目指すのにおすすめエージェント。

            バイリンガルエージェントによる、英文履歴書・面接対策サポートが強み