【ギグワークとは?】その実態と注目の仲介サービスを徹底解説
この記事を読むと分かる事
  • ギグワークの意味と由来
  • ギグワークをするメリット・デメリット
  • 代表的な事例や仲介アプリ・サービス

コロナ禍の中、雇用が不安定になっている現在、ギグワークとよばれる働き方が注目されています。

廃業によって収入がまったくなくなってしまった方や、休業によって収入が減少した方にとっても救世主となるギグワークについて、今回の記事では詳しく解説していきます。

また、実際にギグワークを紹介しているサービスや企業の事例もいくつか紹介しますので、ぜひ最後までお読みいただき参考にしてみてください。

”条件別” 当サイトで人気のエージェント

1.ランスタッド
 年収800万以上や外資系への転職に強い

2.コンサルタントジョブ
 フリーコンサル案件に特化したエージェント

ギグワークの意味

ギグワークの意味とその由来

ギグワークとは、一般的な働き方である正社員やアルバイト、パートのように雇用契約を結ぶことなく、スポット(単発)として働くことを意味する言葉です。

あくまでも一回一回の仕事を個別に請け負い、一日単位での仕事もあれば一時間単位での仕事もあり、労働者にとっては効率の良い働き方が可能になります。

ギグワークの由来

そもそもギグワークの「ギグ(GIG)」というワードは、音楽業界でよく使用されている言葉です。

特定のバンドやグループに所属するのではなく、その場にいるメンバーと即興で演奏を行うことを意味するものであり、これがギグワークの由来となっています。

ギグワークは一見不安定な働き方にも見えますが、組織や人間関係に縛られず、自由な働き方を実現するための手段の一つと考えることもできるのです。

ちなみに、新型コロナウイルスの影響によってステイホームの時間が多くなり、フードデリバリーの需要が一気に増大しました。

それに合わせて配達を担うデリバリースタッフの需要も高くなり、現在ではギグワーカーの典型的な事例として取り上げられることもあります。

ギグワーカーとフリーランスの違い

ギグワーカーとフリーランスの違い

組織に所属せず、自由に働けるという意味ではギグワーカーもフリーランスの一種と考えることもできます。今のところギグワーカーとフリーランスの明確な定義はなく、正確に分類することはできません。

しかし、一般的にフリーランスの多くは業務委託契約を結び、案件を受託するという働き方が定着しています。

たとえばITエンジニアの場合はシステム開発を受託したり、デザイナーであればロゴやパッケージデザインなどの制作を請け負ったりといった事例があります。

これに対してギグワークという働き方は、業務の一部を隙間時間を活用して行うものです。飲食業を例に挙げて紹介すると、料理を作るのは飲食店であり、ギグワーカーは料理を受け取って配達をする業務のみを請け負います。

フリーランスの仕事は専門性が高くスキルが要求されるものが多い一方で、ギグワークの場合はアルバイトやパートなどの代わりに気軽にできる仕事が多いのも特徴といえるでしょう。

また、フリーランスには「月給」や「時給」といった概念がありませんが、ギグワークの場合は時給ベースでの業務も存在します。

ギグワークのメリットとデメリット

ギグワークのメリットとデメリット

ギグワーカーとして働く際に覚えておきたいメリットとデメリットについて解説します。

メリット

・隙間時間を活用できる
・高度なスキルを必要としない案件が多い
・稼ぎたい分だけ稼げる

ギグワークは高度なスキルを必要とせず、隙間時間を有効に活用できるという意味では副業に最適な働き方といえます。

会社員の給料は安定している一方で、大幅に年収を上げたいと考えても相当の努力が必要であり、確実に年収がアップするという保証もありません。

しかし、ギグワークとして時間を有効的に活用できれば、月に数万円の収入を得ることは決して難しくありません。

デメリット

・収入の増減があり安定しない
・フリーランスに比べて単価が安い
・保障や保険は自己責任

 ギグワークは単発での仕事がメインとなるため、収入が増減しやすく安定しない傾向があります。

また、専門的な知識やスキルを活かした案件というよりは、自由度の高いアルバイトのような働き方に近く、フリーランスに比べて仕事の単価は低い傾向があることも確かです。

さらに、万が一業務中に怪我や病気にかかってしまっても、ギグワーカーの場合は基本的に自己責任となります。

通常、会社員やパート、アルバイトは労災などの補償対象となるものであっても、個人事業主であるギグワーカーは自分自身で保険などに加入しなければなりません。

このように、ギグワーカーは極めて自由度の高い働き方である一方で、さまざまなリスクが存在することも覚えておきましょう。

ギグワークの代表的な事例

ギグワーカーとして多くの人が活躍している代表的なサービスの事例を2種類ご紹介します。 

UbarEats

UbarEatsCMでもよく目にすることが多くなったUberEats

基本的なシステムとしては、飲食店が提供する料理をユーザーがオンラインで注文し、その配達を担うのがギグワーカーです。

配達員の登録はオンラインで行い、その後「UberEats」のロゴが入ったおなじみの四角いリュックを受け取ればすぐに業務の受託が可能になります。

自分のスケジュールに合わせて仕事量も調整でき、週に1回、土日のみ稼働など、臨機応変に対応できるのも大きな魅力といえるでしょう。

特徴

UberEatsは飲食デリバリー業界のなかでも急成長している会社で、オンラインで手軽にオーダーできることから安定した収入に結びつきやすいです。

効率良く稼ぐためには、土日祝日やランチの時間帯、または夜間など、多くの需要が見込まれるタイミングを逃さないようにしましょう。

また、自転車での配達も可能ですが、体力的にも限界があり、1件あたりの配達にかかる時間も要してしまうため、可能であればバイクでの配達がおすすめです。

MENU

MENU

UberEatsと同様、飲食のデリバリーサービスを展開しているMENUも注目されています。

現在、東京都を中心として首都圏での展開が中心となっていますが、今後大阪をはじめとした西日本にも拡大していく見込みです。新型コロナウイルスの影響もあり需要が急拡大している状況で、デリバリースタッフ経験者はもちろんのこと、未経験者であっても積極的に募集しています。

もちろん、面接や書類選考はなく、Web登録を行うだけで空いた時間を有効に活用して仕事を始められます。

特徴

MENUは新型コロナウイルスの影響もあって急拡大したサービスということもあり、20208月現在、デリバリースタッフ向けのさまざまなキャンペーンも展開されています。

たとえば配達1回あたりボーナス報酬が加算されたり、デリバリースタッフとして働く友人や知人を紹介した場合に紹介料が支給されたりと、手厚い待遇が用意されています。

「ギグワーカーは稼げない」というイメージを払拭し、むしろ一般的なアルバイトよりもはるかに高額な報酬が得られるような仕組み作りを行っています。

ギグワークを仲介しているアプリ・サイト

UberEatsMENUの場合は自社が展開しているサービスのためにギグワーカーを採用していますが、ここからはギグワークの求人を仲介しているアプリ、サイトの事例を4種類ご紹介します。

飲食デリバリー以外にもさまざまな職種の掲載があり、チャレンジしてみたい方はぜひ参考にしてみてください。

GIGWORKS(ギグワークス)

GIGWORKS

GIGWORKSでは副業人材や主婦、フリーランスなど、属性にとらわれず自由に働ける労働環境を提供するため、ギグワーカーを求めているクライアント企業とのマッチングサービスを展開しています。

コールセンターのオペレーターや事務スタッフ、オンラインサービスのモニターなど、さまざまな案件が用意されており、その人の条件に合った案件が選べるようになっています。

単に収入アップを目指すだけではなく、たくさんの業務に携わっていくなかで自身のスキルアップも実現できます。 

特徴

GIGWORKSはギグワーカー向けの仲介サービス事業者としてもっとも代表的な存在といえます。

毎月1,000件ほどの案件がさまざまなクライアント企業から集まり、その中には在宅でできる仕事もあります。

また、これまでの経験によって培ってきたスキルや知識を活かした専門的な仕事もあり、単なるギグワーカーというよりは今後専業のフリーランスとしても活躍できるチャンスが見つかる可能性も。

もちろん、未経験からでも手軽にチャレンジできる案件も豊富に用意されているため、まずは無料のWeb登録だけでも行ってみるのもおすすめです。

Timee(タイミー)

Timee

「スキマバイト」のCMでもおなじみのTimee(タイミー)は、学生や社会人、主婦など、あらゆる人が手軽に利用できるスマホアプリです。

「残業時間が減ったので副業を探している」「週にまとまった時間は確保できないが、1時間単位で臨機応変にバイトしたい」など、その人に合わせた働き方が実現できます。

もちろん、面接や書類選考はなく、応募条件を確認のうえ対応できる仕事があればスマホで申し込み、業務終了後に即時報酬が反映される仕組みとなっています。 

特徴

Timeeは全国19,000箇所以上の店舗に導入されており、135万人以上のギグワーカーが登録しているスマホアプリです。

しかし、ギグワーカーにとって働く場所を選ぶとき、働きやすいお店なのかを事前に把握することは難しいもの。そこで、Timeeではレビュー機能を提供しており、過去にそのお店で働いた他のギグワーカーの評判を確認することができます。

具体的な業務内容がイメージできない場合も、レビューを確認することでギグワーカー目線からリアルな現状を把握できるため安心です。

シェアフル

シェアフル

シェアフルは「スキマ時間を価値に変える」をテーマに1日単位でのギグワークのマッチングサービスを提供しているバイトアプリです。

掲載されている業種も倉庫内での軽作業やオフィスの清掃からデータ入力、食品販売など多種多様で、1日の気分や体調に合わせて自由に仕事を選ぶことができます。

専門性がなく「自分でもできる仕事は見つからないのではないか」と考えている方であっても、シェアフルであればきっと働き方にマッチした案件が見つかるはずです。

なかには長期雇用を前提とした案件もあり、「トライアル採用」を経て今後も働き続けるかを判断できるため安心です。 

特徴

シェアフルに掲載されている案件の平均時給は1,200円となっており、優良案件が多数登録されています。

構内作業のような現場作業が得意な方はもちろん、体力的に自信がない方にはデータ入力などのオフィスワークも紹介可能。

自身のスキルアップにつながる仕事を請け負うことはもちろんですが、「自分にはどのような仕事が向いているのか分からない」という方であっても、さまざまな仕事を経験しながら天職を見つけることもできるはずです。

エリクラ

エリクラ

エリクラはリクルートが提供しているギグワークのマッチングアプリです。

時間や場所にとらわれない働き方が実現できるギグワークといえども、通常は案件単位、または1時間単位などのスポット発注が一般的です。

しかしエリクラの場合は、10分、20分単位での仕事も多く登録されており、家事の合間や帰宅途中、外出先で少し時間を持て余してしまった際などにも手軽に利用できます。

子育てに忙しい主婦や、年金暮らしの高齢者などにとっても収入アップの有効なツールとなります。

特徴

エリクラに登録されている案件のなかには、アパートやマンションの清掃、レンタカーの洗車などがあります。

煩わしい人間関係に左右されず、一人で黙々と作業するのが好きな方にとっては最適ではないでしょうか。また、月に数十万円といった大きな収入ではなくても、趣味や気分転換の意味も含めて外で少しだけ仕事をしてみたいという方にもマッチするはずです。

1件あたりの業務でもらえるのは数百円程度の報酬ですが、毎日の積み重ねによって月数万円の収入アップにつなげることも十分可能です。

自分自身にマッチした働き方を見つけよう

自分自身にマッチした働き方を見つけよう

副業OKの企業が増えるなど働き方が多様化する今の時代、従来のようなパート、アルバイト以外にもさまざまなカタチで働く人達が活躍しています。

ギグワーカーという自由な働き方は、時間や組織などの制約を受けないというメリットがある一方で、収入が不安定になりやすいという側面も持ち合わせています。

今後、副業を検討している方は、くれぐれも無理をせずに自分の体力と相談をしながら取り組む方法を考えてみてはいかがでしょうか。

 

こちらの記事では、おうち時間で働けるクラウドソーシングや、自由な働き方を選択しセミリタイアする方法についてご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

LINE@で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています