【2021年】ネット印刷会社5選を比較!費用や納期で選ぶならどこがおすすめ?

一昔前まで、業務で使用する販促用のチラシや名刺、イベント冊子の印刷は自社内で行うか印刷会社と打ち合わせをして行うことが一般的でした。

しかし、コストの削減や働き方が多様化してきたことでネット印刷を利用する機会が増えてきています

これまで利用していなかった人も、昨今のテレワークの普及を受けて利用を検討された方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではネット印刷の費用や納期といった概要から、メリット・デメリットについても解説し、それらをもとにおすすめのネット印刷会社を厳選してご紹介していきます。

これから利用をする人は、ぜひ選定の参考にしてみてください。

ネット印刷会社とは

印刷会社を大別すると、従来のように担当者と打ち合わせを重ねてから印刷を行うタイプと、インターネット上で完結する印刷を行うタイプがあります。

ネット印刷会社とは、文字通り後者のインターネットでやり取りする印刷会社のこと

従来の印刷とは異なり、ほとんどの場合は打ち合わせを行わずにデータ(デザイン)の受け渡しと印刷のみで完結します。

さまざまなデザインソフトが普及した現代では、デザインを専門としていない人でも手軽にデザインデータを作成できるようになったことで、ネット印刷会社を利用する人が増えてきています。

ネット印刷会社のメリット・デメリット

手軽に印刷を注文できるネット印刷会社ですが、従来の方法と比べてメリット・デメリットそれぞれが存在します。

メリット

ネット印刷会社を利用する主なメリットには次のものが挙げられます。

  1. 短期間で納品される
  2. 24時間いつでも注文できる
  3. コスト削減につながる

通常の印刷会社の場合、担当者と打ち合わせを行ってから印刷を行うので、その分時間を要します。

加えて、印刷機の稼働状況からスケジュールの調整を行い、それに合わせて納期が決まります。

一方、ネット印刷会社を利用する場合は打ち合わせがない分、短期間での納品かつ人件費がかからないのでコストの削減が可能です。

納期についても注文から納品までの日数があらかじめ決められていることが多いので、スケジュールを立てやすいというメリットもあります。

また、ネット印刷会社への注文はWebサイトから行うので24時間いつでも行うことが可能です。

ただし、こちらについては発注するタイミングによって納期が変わりますので、事前に利用するネット印刷会社の発注から納品までの期間をあらかじめチェックしておくようにしましょう。

デメリット

非常に便利なネット印刷会社ですが、メリットがある一方で次のようなデメリット(注意点)があります。

  1. 打ち合わせができない
  2. 入念な確認が必要
  3. 基本的なパソコンスキルが必要

打ち合わせがない分、短納期かつコスト削減ができるネット印刷会社ですが、担当者から印刷物に対してアドバイスをもらうことができないので、全て自力で作成をしなければいけません。

そのため、デザインはもちろんデータを作成するための基本的なスキルが必要です。

また、ネット印刷会社では渡したデータをもとに印刷を行うので、送付したデータそのものに不備があれば印刷物に誤植が発生します。

そのため、データを送付する前には入念な確認を行わなければなりません

ネット印刷会社を選ぶポイント

インターネットで印刷物を発注することが普及した昨今、数多くのネット印刷会社が存在するので選定に迷われる事も多いかと思います。

そこで、ここではネット印刷会社を選ぶ際のポイントを3つ紹介します。

納期・対応スピード

メリットで紹介した通り、ネット印刷会社は24時間いつでも注文可能ですが、発注してから納品されるまでの期間は各会社によって異なります

また、「当日発送・入稿締め切り13時まで」のように納品スピードを推している会社もあるので、急いで印刷物を納品して欲しい人はこのような会社を利用すると良いでしょう。

一方で「受注してから3日後に発送」のように発送までの日数が固定されているものもありますが、そのなかには土日祝日も営業日として計上してくれる会社もあります

受注前にチェックを怠ると、想定していた日に印刷物が届かないといったトラブルにもなりますので、事前に必ずチェックしましょう

費用・見積もりの明確さ

一般的なネット印刷ではチラシで1~3万円程度(A4/5,000部)、封筒で5,000円~(500枚)あたりが相場ですが、会社によって費用も異なるため事前チェックは欠かせません

基本的に公式サイトで価格表が用意されていますが、なかには問い合わせとしているところもあるので注意が必要です。

また、通常の印刷会社よりも費用を抑えられるネット印刷会社ですが「納期短縮」「印刷用紙のグレードを上げる」といった注文時にオプションを付けることによって、通常価格よりも費用がかさむことがあります

費用や見積もりが明確である会社を選ぶことにより「思っていたよりも費用がかかってしまった」といったトラブルを回避できるので、納期同様、事前に必ずチェックしましょう

サポート対応の有無

担当者との打ち合わせがなく、データの受け渡しで印刷を行うネット印刷会社ですが、次のようなサポート体制が整っているところもあります。

  • 電話サポート
  • データチェック
  • Web校正サービス

初めてネット印刷会社を利用する際、手順やデータの作成方法が分からないなど不明点があることがあります。

電話でのサポート体制が整っている会社を選ぶことで、速やかで分かり易く案内を受けることが可能です。

また、送付したデータのチェックや、印刷データをWeb上で確認できるサービスを提供しているネット印刷会社もあります。

このようにサポート体制が充実しているところを選ぶことで、印刷物の誤字や誤植といった不備を未然に防ぐことが可能です。

おすすめのネット印刷会社5選を比較

多くのネット印刷会社がありますが、ここでは各社の費用(目安)、納期(目安)、サポート、納品形式を比較し、厳選して5社紹介していきます。
スクロールできます→

費用納期サポート納品形式
ラクスル100部:500円~1,140円1~3営業日
  • オンラインデザインで簡単にデータ作成
  • 電話によるカスタマーサポート
  • 品質に問題がある場合はラクスルが負担
  • Web入稿
プリントライダーチラシ100部:2,093円~3,976円最短で当日発送
(東京なら当日着も可)
  • 電話やチャットで気軽に相談可能
  • 特急印刷で最短当日着も可能
  • ホチキス留めや穴あけ加工を無料で実施
  • Web入稿
  • メディア入稿
プリントパックチラシ100部:363円~最短で当日発送
  • 電話やメールでの相談可能
  • Webサイト内にAIチャットを搭載
  • デザイン用のテンプレートが用意されている
  • Web入稿
  • メディア入稿
ADPRINT 名刺1,000枚:1,390円~受付完了から翌営業日以降
  • 電話での相談可能
  • データ作成代行サービス
  • 商品ごとにテンプレートが用意されている
  • Web入稿
イロドリ名刺100枚:2,257円~最短で当日発送
  • 24時間電話相談可能
  • メールやチャットでの相談可能
  • デザイン制作のサポート有り
  • リモートサポートサービス
  • Web入稿
  • メディア入稿

ラクスル

ラクスル

ラクスルの最大の特徴は、低価格で高品質な印刷物を実現できる点にあります。

その理由は、全国に約1,700件の提携印刷会社があり、注文の内容に合わせてそれぞれの個性を活かせるよう依頼をしているためです。

加えて、ラクスルではセールやクーポンの発行を頻繁に行っているので、それらを活用することでより低価格で利用できます。

また、サポート体制も充実しており、電話サポートはもちろん「オンラインデザイン」や「印刷物による集客支援サービス」などがあります。

オンラインデザインでは、データ作成初心者でも簡単にデザインが作成できるよう、Webサイト上にテンプレートが用意されており、文字や画像を差し替えるだけで作成可能です。

印刷物による集客支援サービスは、注文した印刷物を新聞の折り込みチラシやポスティングを希望する際に、新聞配達所や代理店に自身で持ち込まず、Webサイト上で依頼できるサービスです。

これにより、自身で持ち込む手間やそれによる人件費の削減を実現ができます。

ラクスルは、このように低価格で高品質かつ利用しやすい仕様となっているので、初めてネット印刷会社を利用しようとしている人は候補に入れてみましょう。

プリントライダー

プリントライダー

プリントライダーの最大の特徴は、当日発送も可能な特急印刷です。

東京23区内であれば、当日に納品してもらうこともできます。

加えて、印刷工場が山手線の田端駅にあるため、急いでいる時には郵送を待たず、直接受け取りに行くことも可能です。

数量に関しても1~10部といった少部数から対応してくれるので、印刷物が不足している際に急遽発注するという使い方もできるので非常に利便性が高いのも特徴であるといえるでしょう。

料金に関しては先に紹介したラクスルよりも高く感じられますが、特急印刷ではなく通常の発送にすることで費用を抑えることも可能です。

また、サポート体制は電話だけではなく、LINEやチャットワークでも相談できるので、電話やメールが苦手な人でも気軽に利用できます。

「とにかく速く印刷物が欲しい」「印刷物が足りず困った」という時にはもってこいのため、プリントライダーの存在を覚えておくと良いでしょう。

プリントパック

プリントパック

プリントパックの特徴は、事前にユーザー自身でデータをチェックする「クイックデータチェック」というサービスがある点です。

これにより、入稿前にデータの確認ができるので、データ作成に不慣れな人も安心して利用できます。

また、Webサイト内にはデザイン作成のためのテンプレートがダウンロード可能です。

それ以外にも「Office-to-Print」という、ExcelやPowerPointなどのOfficeソフトでデザインを行っても、入稿できるデータへ変換してくれるサービスも用意されており、使い慣れたソフトでデータの作成が可能です。

代金の支払いについても、請求書払いでひと月分の決済をまとめて行うことができるので、利用頻度が高いユーザーは手間を省くことができるのでおすすめです。

ADPRINT

ADPRINT

印刷物のデータ作成に苦戦している人におすすめなのがADPRINTです。

ADPRINTでは、各商品に対してテンプレートが用意されており、そちらを使用してデータ作成を行います。

入稿したデータに不備があった場合には、ADPRINT側にて無料で修正してくれる「無料おまかせサービス」があるので、再入稿をする手間やそれに伴う納期の遅延などを防げます。

また、ユーザーの希望に合わせてデータ作成をする「データ作成代行サービス」もあり、希望する内容をWebサイト上で項目を選択していくだけなので簡単かつ手軽に注文可能なことも魅力的です。

注文したデータは1年間保存されるので、再注文する際にデータ入力する手間が省けることもメリットであるといえるでしょう。

イロドリ

イロドリ

充実したサポート体制が整っているネット印刷会社を利用したい人にはイロドリがおすすめです。

電話やチャットでのサポートはもちろん、ユーザーの画面をオペレータが共有してサポートしてくれるリモートサポートサービスがあることも特徴です。

納品までの対応も非常にスピーディーで、印刷が予定より早く完了した際には、予定日を待たず前倒しで発送をしてくれます。

データ作成については、名刺やチラシ、ポストカードや封筒限定ではあるものの、画像編集ソフトを持っていない人でもWebサイト上でデザインできるサービスも設けられています。

そのため、初めてネット印刷会社を利用する人や、データ作成する環境が整っていない人でも安心して利用できるといえるでしょう。

また、印刷だけではなく、梱包も丁寧に行ってくれるので、配達の際に印刷物が傷つく心配がないのも嬉しいポイントです。

自社に最適なネット印刷会社を見つける

インターネットで完結するネット印刷会社は、打ち合わせをする必要がなく、コスト削減や短納期で印刷物を作成できます

データ作成はユーザー自ら行わなければならないので負担に感じるかもしれませんが、各社ではテンプレートや代行作成といったサービスも用意されているので、手軽かつ簡単にデザインの作成が可能です。

この記事でも紹介したように、ネット印刷会社それぞれで費用や納期、特徴やサポート体制が異なります

状況や目的に合わせて使い分けることで、より効率的に印刷物を作成できるので、各ネット印刷会社の得意なことを把握した上で利用を検討してみてください。