【SE必読】ITエンジニアの将来性を元大手通信キャリア出身者が解説
この記事を読むと分かる事
  • プログラマーやSEなどITエンジニアの将来性
  • ITエンジニアとして生き残る為に必要なスキル
  • ITエンジニアの活躍の場

ITエンジニアとして働いているものの、漠然と今後の将来性やキャリアパスについて不安に感じる人も多いのではないでしょうか。人材不足で売り手の求人市場とはいえ、今のままで良いのか疑問に感じている人は少なくありません。

そこで今回の記事では、プログラマーやSEに代表されるITエンジニアは今後どうなっていくのか、生き残っていくためにはどのようなスキルが必要なのかも含めて詳しく解説していきます。

”条件別” 当サイトで人気のエージェント

1.ランスタッド
 年収800万以上や外資系への転職に強い

2.Type転職エージェント
 ハイクラスを狙える総合転職エージェント

3.Consultant Job
 フリーコンサル案件に特化したエージェント

プログラマーの将来性はない?

プログラマーの将来性はない?

まず、ITエンジニアの代表格であるプログラマーに将来性はあるのでしょうか。

大前提として現在の日本は深刻な人材不足が続いており、どの業界も人手不足です。そのためスキルや実務経験のあるプログラマーは需要が高く、転職によって年収アップも期待できます。

IT業界そのものもスマホやタブレットの普及、インターネット人口の増加にともなって加速度的に成長し続けています。とりわけベンチャー企業やスタートアップ企業など、若手の起業家によって勢いのあるIT企業も続々と誕生しているのは注目すべきポイントといえるでしょう。

そのため、IT業界自体も今後もっとも伸びる成長分野と考えられ、将来性は十分高いといえるでしょう。

ただし、あらゆるプログラマーが今と同じ仕事を続けられ、一生安泰で働くことができる保障はどこにもありません。もともとITの分野は変化が激しい業界です。

たとえば、つい10年ほど前までは折りたたみ携帯電話が一般的な存在でした。しかし、スマホの普及によってアプリ開発のエンジニアが重宝されるようになった流れを考えると、今のテクノロジーが10年、20年先まで提供されるとは限りません。

そのため、プログラマーという職業自体は十分将来性はありますが、自ら新しいテクノロジーに興味を持ち続け、学習しながらスキルを磨いていかないと生き残っていくことは難しいと言わざるを得ません。

また、プログラマーは比較的若い世代の人が担うことが多いため、今後のキャリアを考えると上流工程を担うSEやプロジェクトマネージャーへのステップアップを意識する人も多い傾向にあります。

ちなみに最近では実務経験を活かし、会社員としての働き方を見直してフリーランスのエンジニアとして活躍する人も増えています。

SEの仕事は将来なくなる?

SEの仕事は将来なくなる?

プログラマーと並んでITエンジニアの代名詞的存在なのがSE(システムエンジニア)です。プログラマーは設計書通りに建物を造る作業員だとすると、SEは設計書を書く設計士のような役割を果たします。

SEの仕事は顧客の要望をヒアリングする要求分析と、課題解決に向けてシステムを具体化する要件定義がメインとなります。

そのため、プログラマーとしてのスキルはもちろんですが、顧客がどのような機能を要求しているのかニーズをまとめて的確に把握できるコミュニケーション能力も求められます。

どのようなシステム開発においても、要求分析と要件定義は欠かせない工程のひとつです。

現在、システム開発においてはAPIやマイクロサービスを活用する機会が増えており、プログラマーが1からコードを書いてシステムを構築するケースは非常に稀です。しかし、APIやマイクロサービスといったツールが台頭してきても、要求をヒアリングして要件定義を作成するまでの作業は人間でなければ難しいものです。

仮にプログラマーの仕事が自動化によって大幅に軽減されたとしても、システム設計を行うSEの仕事は間違いなくこの先も残っていくと考えられます。

ITエンジニアが将来生き残っていくために必要なこと

ITエンジニアが将来生き残っていくために必要なこと

ITエンジニアの仕事をできるだけ長く続けていくために、具体的にどのようなスキルが必要なのでしょうか。
今回は具体的に5つのポイントに絞って紹介していきましょう。

IT業界や新しいテクノロジーに関する情報収集

ITエンジニアといってもさまざまな職種があります。

今回は代表的な事例としてプログラマーとSEを取り上げましたが、ほかにもネットワークインフラの構築や保守を管轄するネットワークエンジニア、サーバ管理を行うサーバーエンジニア、インターネットコンテンツを扱うWEBエンジニアといった職種もあります。

ITエンジニアにとってもっとも重要なのは、単にひとつの職種にこだわることなく、幅広い知識や情報を収集することです。たとえば現在プログラマーやSEとして組み込みシステムの開発に携わっている人にとって、次世代ネットワークの5Gは一見無関係な存在に思われるかもしれません。

しかし、今後IoT技術が発展していくとさまざまなシステムやデバイスがネットワークに接続される世界がやってきます。

クローズドな環境で動作するシステムであっても、近い将来ネットワークの技術と密接な関わりを持つ可能性は大いにあります。そのため、ITに関連する情報であれば一見無関係に思えても一通りの知識を入れておき、常に最新の動向を意識しておくようにしましょう。

また、これらのような最新動向に強い知識があれば、さまざまな開発案件に抜擢される可能性も高いです。今後のキャリアアップにつながる可能性は大いにあるため、ぜひチェックしておきましょう。 

提案力を身につける

単にロボットのように手を動かしてコードを書いているようなITエンジニアは、今後将来性があるとはいえません。

同じシステムを構築する場合であっても、設計手法は一つではありません。より効率的な設計方法、開発手法のアイデアが生まれることもあるでしょう。

単に設計書通りに開発するのではなく、

・なぜこの設計になったのか?

・ほかに有効な開発方法や設計手法はないのか?

ということを常に意識しながら仕事を進めることが重要です。

このような意識のもとで仕事をしていると、疑問に感じることや効率的な開発手法が思いつくことがあります。明らかに別の開発手法が有効と感じられる場合は、提案してみるのもおすすめです。

開発規模や内容、進捗状況、現場の雰囲気などを理由に提案を受け入れてくれないことも多くあるかもしれません。しかし、常にそのような疑問を自分自身に投げかけて考えることによって、突発的なトラブルに対応できる力が身につくほか、キャリアアップにもつながっていくはずです。

もちろん、提案を投げかけるうえで伝え方が悪いと相手の反感を買ってしまうこともあるでしょう。コミュニケーションスキルの向上においても提案力を身につけるのは有効な方法です。

ITエンジニアが将来生き残っていくために必要なこと

 

AIで置き換わる仕事を考える

ここ数年の間に「AIに仕事が奪われる」ということが盛んに叫ばれています。ITエンジニアの世界においても、AIによる自動プログラミングによって一部では「プログラマーの仕事がなくなるのではないか」とまで言われています。

AIでプログラミングは自動化できる!?その完成度や課題を徹底解説

しかし、だからといって決して悲観的になる必要はありません。AIによってある程度のプログラミングが可能になったとしても、顧客からの要求分析や要件定義といった工程は人間の手が入らなければ現実的に考えて難しいものです。

「強いAI」のような高度なAIが登場すれば話は変わってきますが、そうなるとIT業界に限らず、あらゆる業界のビジネスモデルが大きく変革されることになります。

AIはある日突然「強いAI」が誕生することはなく、「弱いAI」によって今ある仕事の一部が徐々に自動化された先にやってくると考えられています。そのため、まずはAIIoTといった新しい技術で代替できる仕事を考えることでITエンジニアとしての将来も見えてくることでしょう。

学習すべき言語を考える

ITエンジニアとして具体性があり、将来をイメージしやすいのは「何を学んでおけば良いか?」ということではないでしょうか。

スマホアプリが全盛の今、SwiftJavaのスキルを身につけたとして今後も役立つのか心配だという人も多いことでしょう。一方でAIの台頭に備えてPythonを勉強しておいたほうが良いのか迷っている人も少なくありません。

結論からいえば、AIIoTに強いPythonはもちろんおすすめですが、おなじみのC言語やJavaIoTの分野では活用されることが多いため、勉強してマイナスになることはありません。重要なのは、今後どのような分野のニーズが増えるのかを考えておくことです。

ちなみに、オランダにあるTIOBE Software社は毎月プログラミング言語別の検索数を発表しています。

上位にランキングされているのはJavaCが常連ですが、Pythonもじわじわと順位を上げてきていることが分かります。高い順位にあるということはそれほどニーズが大きいことも意味しているため、参考情報のひとつとして検討してみてください。

TIOBE Index for November 2019

AIエンジニアの将来性はある?

AIエンジニアの将来性はある?

ITエンジニアの将来性を考えたとき、AIエンジニアという選択肢が浮かんでくる人も多いのではないでしょうか。AIエンジニアはAIに使われる側になるのではなく、AIを使う側のエンジニアとして活躍できるため、もっとも仕事を奪われる心配のない職種といえます。

これからAIエンジニアを目指す人にとって、メリットは多いです。2019年時点においては、そもそもAIに関する開発が未経験で知見をもったエンジニアが少ないことに加えて、今後各企業においてAIの導入が進みエンジニアの数が不足してきます。

求人市場において採用ニーズが高まってくることはほぼ確実といえるでしょう。

また、AIエンジニアの数が少ないということはライバルも少ないため、さまざまな業務に携われるチャンスが生まれます。企業においてもAIエンジニアのリーダー的存在として活躍できるため、将来性も抜群です。

ただし、AIエンジニアは従来のプログラミングの考え方に加えて、データベースの解析や構築といった新たな概念も求められます。

ディープラーニングはビッグデータをもとに機械学習するため、データベースの知識は欠かせないものになるためです。それには統計学などの高度な知識も必要とされ、より広範囲での勉強とスキルアップに取り組む必要があります。

ITエンジニアは今後も幅広く活躍できる

ITエンジニアは今後も幅広く活躍できる

今回はAIエンジニアを代表例として、今後のITエンジニアの将来性を紹介してきました。最新技術に興味があり、継続してスキルアップしていきたいという人にとっては今後も幅広い場面で活躍できるはずです。

よりユーザー側に近いセールスエンジニアの場合であれば、今後はRPAエンジニアという新たな道も見えてくるかもしれません。今回紹介した職種はあくまでも一例であり、技術発展とともに新たに必要とされるエンジニアが登場してくるはずです。

ITエンジニアを続けるということは、常に感度を高くもち、業界の最新動向を収集し続ける興味や好奇心も求められます。

 

ITエンジニアとして独立や転職を検討されている方へ、こちらの記事も参考になるかと思いますので是非参照してみてください。

[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています