あなたは今の会社の、その地位に満足ですか。

会社にではなく、会社での地位に満足していらっしゃるでしょうか。

もし、満足できていないというなら、きっと頭のどこかで転職について考えていると思います。

しかも、ヘッドハンティングなどによる好条件での転職

おそらくこの記事を読んでいるあなたは、優秀な経歴をお持ちのはずです。

とはいえ、都合のいい話がタイミングよく転がり込んでくるはずもなく、どこか都合のいい夢のお話しに思えるかもしれません。

実際、経営幹部への転職を仲介するエージェントが存在します。

ここでは、そんな経営幹部への転職をサポートする「クライス&カンパニー」について迫ってみたいと思います。

クライズ&カンパニーとは。

クライズ&カンパニーは経営幹部やマネージャーレベルの人材に対して、転職をサポートする企業です。

もっと具体的に言うならば、経営幹部やマネージャー職の人材を欲しいと思っている企業と転職を考えているスキルを持った人材とをあっせんする企業と言ってもいいかもしれません。

当たり前のことですが、経営幹部やマネージャーの求人が普通の求人情報誌にはそうそう載りません。

そういった上級職への転職は、普通ヘッドハンティングなどで行われるものですが、日本にはそういう土壌もありません。

その結果、優秀な人材を欲しがる企業と優秀な人材の間に相互関係がなくなり、有能な人材が無駄になるという現状が起こっています。

クライス&カンパニーはそういった悪循環を変革するために、その仲を取り持っている企業なのです。

 

30代以上の転職に強い。

一口に転職と言っても、年代によってその指向は大きく変わります。

たとえば、20代ならば、まだまだ先は長いですし、同様に経験は少ないものです。そして、未婚であったり子供がいなければ、転職は自分の一存で決まります。

しかし、30代以上となるとそうはいきません。

これまで社会でそれなりの経験とスキルを習得しているのですから、会社に求めるものも多くなってきます。

また逆に会社の方も、20代ならばこれから育てればいいのですから審査は比較的緩いですよね。

しかし、30代以上となると、それなりの報酬と地位を保証する必要が出てきますから、その審査もきびしくなるのが普通です。

クライス&カンパニーは、こうした難しい求人にプロのコンサルタントが介入し、良い形にまとめてくれる企業です。

証拠に、大きく分類すれば求人募集企業となるクライス&カンパニーは、そういった企業には珍しく成功者の80%が30代以上になっています。

これは非常に珍しいことですよね。

クライス&カンパニーに無料登録する

 

非公開案件に巡り合える

最初にも書いたように、経営幹部やマネージャー職というのは、普通公募されることはありません。

なぜならそれは「うちには優秀な人材がいません」と世間に宣伝しているのと同義で、会社にとって大きな不利益となるからです。

しかし、クライス&カンパニーではそういうことはありません。

クライス&カンパニーに所属するコンサルタントは、それぞれの得意分野お活かして、独自に多くの企業とつながりを持っています。

ですから、公にされていない求人の情報を持っているのです。

それは人間関係から構築される、相談や要望といった形でなされるものがほとんどで、これは強みです。

それだけでなく、コンサルタントの方から、企業に対して、戦略的観点から企業が必要としているスキルや個性を持つ人材を推薦することもあります。

つまり、普通の転職支援のように、ある求人といる人材を照らし合わせるだけでなく、転職希望者とと人材を必要とする企業との間を調整し希望をかなえる企業だと言えます。

それはいうなれば、企業と転職者の両者にウィン・ウィンの関係性をもたらす企業と言えるでしょう。

 

有資格のヘッドハンターの存在

クライス&カンパニーンは、有資格者のヘッドハンターが存在します。

これは、米国CCE認定のGCDFというキャリアカウンセラーの資格で、ただの企業を紹介するためだけの人材ではありません。

カウンセラーですから、当然相談にも乗ってもらえます。

そのためには、日々、経済や社会情勢、業界や企業それぞれの特徴などを把握し、また、転職を希望する人たちの、その人自身も気づかない特製なども把握しなければなりません。

それでいて初めて、効果的な人材の売り込みや検索ができるわけですから。

また、こういったヘッドハンターと言われる人たちは、更なる結果の向上を目指して、難易度の高い国家試験に挑戦するなど日々スキルアップに努めているそうです。

難しい30代以上の転職、それも経営幹部やマネージャー職を目指す転職にとって、これほど心強いものはないと思いますよね。

 

24年のキャリアが生む企業とのつながり

クライズ&カンパニーは創業24年の会社です。

こういった、経営幹部やマネージャー職への転職や30代以上の転職を取り扱う企業としては、長い歴史を持っています。

始めは、IT企業専門だったようですが、この長い歴史の中で総合的な企業とのお付き合いも産まれているのだと言います。

これよって、各企業や団体業界との間に強いパイプが存在するのも、クライズ&カンパニーの強み。

また一般の転職委ではなく、ヘッドハンティング的な転職を扱ってきたこともあって、各企業の経営者などからの信頼も厚いのだと言います。

こういった企業の歴史の厚みもまた、他では出会えない求人に出会える要因の一つと言えるかもしれません。

自分自身の信頼は、紹介してくれた企業の信頼でさらに厚みを増します。

あまり信用度の高くない企業に転職を紹介されるのとでは、それだけで、相手企業に対する印象が大きく違うのだということを知っておく必要があるでしょう。

 

クライズ&カンパニーのデメリットと評判

以上がクライズ&カンパニーの特徴とメリットですが、では実際の評判はどうでしょう。

まずは、やはり非公開案件に触れることが出来ることを高く評価している人が多いように見受けられます。

また、コンサルタントの方の話し方やっ説明が的確でわかりやすいという、コンサルタントの質の高さについて評価している方も多いようです。

ただ、デメリットとして皆さんが提示しているものの中に、案件数が少ないといったモノが目につきました。

これは、口コミの中でもかなり目立った指摘でしたので、そういった面は確かに存在するのかもしれません。

しかしこれも考えようではないか、と私は考えています。

というのも、それと同時に、それでも結果クライズ&カンパニーの案件に満足されている方や、魅力的なものや有名企業の案件もあったけど数が少ないとおっしゃられている方が多いからです。

まとめれば、それは、数は少ないけど満足できる、もしくは、数は少ないけど魅力的な案件はある。ということで、つまりは「厳選されている」ということになるだろうからです。

転職者個人の資質、そして企業が求める人材や必要な人材の特徴、こういったファクトを元にマリアージュを行うのですから、数があればいいというものではないはずですよね。

ですので、これをデメリットと言っていいかどうかについては、私としては、デメリットとは言えないのではないかと考えています。

 

まとめ

いかがでしたか「クライズ&カンパニー」

総じていえることは、アン件数の少なさからもわかるように、高級志向の転職あっせん企業だということでしょう。

つまり、なんでもいいからとにかく転職したい方には向きませんが、自分のスキルと経験に自負があり、より良い環境で働きたい人には最適だということ。

特に、経営幹部やマネージャー職には強そうですので、そういった形での転職を希望する方には、一度相談をされることをお勧めします。

しかも30代以上であれば、迷うことはないと思いますよ。

クライス&カンパニーに無料登録する

 

クライス&カンパニーの競合であるJAC Recruitmentもオススメ

私の身の回りでよくクライス&カンパニーと比較されるJAC Recruitment。

外資系案件が豊富なので、ハイクラス転職を検討されている方はこちらも登録するのが良いでしょう。

JAC Recruitment

皆様の転職が成功することを願っています。

[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています