mizuho1

みずほ総研はみずほフィナンシャルグループを筆頭株主とするシンクタンクです。発足は2002年10月で、第一勧銀情報システム、富士総合研究所、興銀システム開発が統合されて現在の事業体になっています。従業員数は300名ほどで少数精鋭を保っています。

「進化するハイクオリティー・シンクタンク」を掲げ、政策課題や経営課題の解決に向けた各種サービスを提供しています。

みずほフィナンシャルグループの一員企業である特性を活かして、グループ経由で案件受注が行われることも多いです。職種としてはエコノミスト、研究員、コンサルタントが用意されています。なお、採用活動は個別に行われています。

みずほ総研の年収や労働環境、転職情報を整理してみました。

”条件別” 当サイトで人気のエージェント

1.ランスタッド
 年収1000万以上の転職に強いエージェント

2.Type転職エージェント
 ハイクラスを狙える総合転職エージェント

3.BTCエージェント
 フリーコンサルの為のエージェント

みずほ総研の年収はそこまで高くない

みずほ総研の年収は公には公開されていませんが、ランク別だと以下のように推移しているようです。ここではコンサルタント職を前提とした金額を記載しますが、職種によっても多少異なる場合があります。

■アナリスト:450~600万円程度

■コンサルタント:550~700万円程度

■シニアコンサルタント:600~900万円程度

■マネージャー:800~1100万円程度

■シニアマネージャー:1200~1600万円程度

日系企業なので外資系企業ほどの年収額は期待できません。

ただし、外資系には存在しない住宅補助金や時間外手当の他、昼食費補助もあるため、トータル支給金額としては高いと言えるでしょう。福利厚生により生活費の負担が軽減されるのを踏まえるとかなり良い待遇と言えます。

みずほ総研の主な事業内容

みずほ総研の事業内容は、主に経済調査や市場調査といったリサーチ業務、経営コンサルティングやアドバイザリー等に関する業務、社内教育・セミナーや人事コンサルティングといったヒューマンリソースコンサルティング業務に分かれます。

リサーチ業務については、経済調査、欧米調査、市場調査、金融調査、アジア調査、政策調査の計6つの専門領域に分けられており、各領域でスペシャリスト人材がマクロ情報の提供や政策提言を行います。

コンサルティング業務では、主に民間企業向けに各種コンサルティングサービスを提供しています。みずほ総研の特徴として、FORUM-Mという会員制度が用意されており、その会員に向けてのコンサルティングサービスの提供がされる点が挙げられます。

サービス提供分野としては、経営、会計、税務、法務、人事労務などがありますが、その他年金コンサルティングも行っています。みずほフィナンシャルグループのネットワークを活用した顧客獲得や継続的なサービス提供を行っているのが特徴になります。

みずほ総研は比較的ワークライフバランスが整っている

みずほ総研は、激務と言われるコンサル・シンクタンク業界の中では比較的ワークライフバランスが整っている企業です。

みずほフィナンシャルグループ全体としてワークライフバランスの推進に力を入れていることもあり、みずほ総研としても性別や年齢やライフステージに関わらず社員が最大のパフォーマンスを発揮できるように環境を整えようと各種取り組みを行っています。

出産や育児、介護の場合の各休暇制度が詳細に会社HPに掲載されており、実際に取得している社員も複数存在します。子育てサポート企業の認定マークである「くるみん」も取得しています。

福利厚生としても、各種有給休暇や金銭的な補助制度も存在しており手厚いと言えます。

長期的に一つの会社に腰を据えて働きたい場合は特に合っている企業と言えるでしょう。

みずほ総研の求める人材像や必要スキル

求める人材像として、物事の本質を見据えた上で主体的に考え行動できることが挙げられます。

特に近年は社会や産業の変化が激しく、クライアントである政府機関は民間企業でも前例のない判断が必要になる場面が増えているので、「真のビジネスパートナー」としてより良い未来を社会や未来の姿を創るために日々能力や技術を磨いていけることが求められます。

具体的なスキルとしては、シンクタンクやコンサルティングファームでは必ず必要となる分析力やロジカルシンキングに加え、クライアントや社内のチームとの関係を構築できるコミュニケーション能力が求められます。

公共系の案件も多いため、前職でコンサルティングファームやシンクタンクでの業務経験がある方はもちろん、社会インフラ関連の企業における業務経験がある方も歓迎されるでしょう。

みずほ総研への転職に向いている人

みずほへの転職に向いているのは、主に以下の三つの要素を持ち合わせている人材と言えます。

  • 国や社会の動きに影響を与える仕事をしたいと考えていること
  • 成長意欲が高く主体的に行動しながら努力をしていけること
  • シンクタンクやコンサルティングファーム、社会インフラ関連の業務経験があること

みずほ総研は新卒採用が多く中途採用はあまり多くありませんが、転職エージェント等を通じて募集している時期もあります。政府向け案件も多いので、国の政策に興味がある方や社会へのインパクトが大きい仕事をしたい場合は合っている企業と言えるでしょう。

みずほ総研への転職を検討している方がすべき1つのこと

ハイクラス求人を扱っている転職エージェントに登録してみてください。
その理由は下記3点です。

  • Webには出てこないみずほ総研のリアルな情報が手に入る可能性がある
  • みずほ総研およびその他企業の非公開求人を紹介してもらえる
  • 面接対策や年収アップ交渉をしてもらえるため、効率的に転職活動ができる

    みずほ総研への転職を目指す方へのおすすめエージェント

    みずほ総研を目指す方にオススメな転職エージェントは以下です。

    転職エージェント登録すべき人
    ランスタッド高年収を目指す、すべての方
    Type転職エージェント年収800万以下のすべての方
    アクシスコンサルティングコンサルタント転職を目指す、すべての方

    ランスタッド

    ランスタッド

    ランスタッドは、オランダで1960年に創業された世界最大級の総合人材サービス企業。39の国と地域で活動し、日本には93の拠点があります。

    年収1000万以上を目指すプロフェッショナル向けサービスを提供しています。

    世界規模の企業であるため、外資系やグローバル企業への転職支援実績も多数あり、下記の3つのメリットがあります。

    • 市場動向を把握した専任コンサルタントによるマンツーマンサポート
    • 全体の約80%が非公開求人
    • キャリアアップからワークライフバランス重視まで幅広い提案を受けられる

    特にハイクラス企業を得意としており、戦略的なキャリア形成のサポートをしてくれます。転職に関する支援サービスはもちろん無料です。

     ランスタッド公式サイト:https://www.randstad.co.jp/professionals/

    Type転職エージェント

    @type

    Type転職エージェントは総合転職サイトで、年収400万から800万の転職支援を得意としています。

    エンジニア転職などにも力を入れているため、開発経験がある方にもオススメしたいエージェントです。

     Type転職エージェント公式サイト:https://type.career-agent.jp

    アクシスコンサルティング

    アクシスコンサルティング

    アクシスコンサルティングは、特にコンサル業界に強みを持ち、約5,000名の現役コンサルを含む約20,000名もの転職志望者の支援をした実績があります。

    その実績による信頼からコンサル業界と強いパイプがあり、下記の3つのメリットがあります。

    • 業界を熟知した質の高いサポート
    • 全体の77%が非公開求人
    • 平均支援期間は3年 中長期に渡る支援が受けられる

    信念として「生涯のキャリアパートナー」を掲げ、本人のキャリアプランから「今は転職する時期ではない」と判断すれば無理に転職を薦めないなど、視野の広いサポートが受けられるのも特徴です。

     アクシスコンサルティング公式サイト:https://www.axc.ne.jp

    みずほ総研を含むキャリアアップを目指す全ての方へ

    転職はタイミングが重要です。そして、自分の市場価値を認識することがキャリアアップへの近道です。キャリアおよび年収を上げるなら、売り手市場である今がベストです。

    ハイクラス転職に向けて、複数の転職エージェントに登録し比較しするのも転職可能性を高めるポイントです。自分の目的に合ったエージェントを確保し、しっかり活用していきましょう。

    皆様の転職が成功することを願っています。

    [email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

    記事が役に立ったら
    フォローをお願いします。

    ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

    Twitterも随時更新しています