この記事を読むと分かる事

    • フリーランスの業務委託とは
    • 業務委託コンサルの月収相場
    • 業務委託で注意すべき税金

フリーランスの業務委託とは

業務委託とは、雇い主にとって雇用関係がない外部の企業や個人に業務を委託することを指します。フリーランスの立場としては、「雇用関係のない外部の個人」として、業務の一部を遂行することになります。

昨今フリーランスは新たな働き方として、雑誌やメディアで特集されることも多く、非常に注目されています。

自らのショップを立ち上げて自身で仕入れから提供まで行うようなケースを除いて、ほとんどのフリーランスは業務委託契約を結び、業務を行う事になります。業務委託契約は、準委任契約とも呼ばれます。

fcos4

フリーランスの業務委託は業務開始し働き始まるまで、つまり契約を結ぶまでの行程が特に必須になります。

クライアントは、いかに使った費用に対して高いクオリティの仕事をしてもらえるかという観点で業務委託を確認しています。

期待効果がどれだけかという事は当然、継続的に業務をやっていけるか、コミュニケーションを円滑に行う事が可能か、などの諸々な視点で判断されます。

そのため、きちんと自身のスキル・知識をアピールする(実績やポートフォリオの作成・提示など)のと合わせて、目的に応じた現実味のある助言や提案(費用、納期、品質等)をするよう心がけましょう。

継続的な契約の場合、はじめから安請負してしまったり、納期のサイクルを早めに設定しすぎると後々自身の首を絞めてしまう事になりかねませんので注意しましょう。

フリーランスを開始したての人の多くは、「来るもの拒まず」でどのような業務もクライアントの申し入れするままに受けてしまいがちですが、徐々にクライアントの依頼だけでなく、自分自身の希望も契約条件として提示可能なようにしていきましょう

契約の流れとしては、双方の要件が合ったところで契約を結び、業務委託契約書を交わすことで契約が締結されます。

契約書はクライアントにより文章の長さや文言が変わってきますが、今までの契約内容と変わったところがないかを中心にちゃんとと見極めしましょう。

フリーランスの受託と業務委託の違い

受託とはだいたい請負を指す事が多く、発注元がある業務の完成を申し入れし、その完成品の対価として支払う形式の事です。

受託と業務委託との大きな相違点は、成果物責務があるかないかがポイントです。

請負契約では、要求されるのは完成品であるため、完了までの過程に発注元は普通に関与しません。

fcos3

例を挙げると、エンジニア企業Aが飲料品メーカーBと新しいwebコンテンツを作る業務請負の契約を結んだとします。

この際、エンジニア企業Aがwebデザイナーを何人雇うか、サーバはどこの開発会社から買い入れるか、などの完了の過程の裁量は全てエンジニア企業Aにあります。

その代わり、エンジニア企業Aは完成品を納入する義務を負います。そのため、急に作業をやめても、それまでの業務への支払いは一切されません。また、仮にコンテンツに不備があれば責任を負います。請負契約では、発注者は業務を丸投げし、詳細を把握する必要がなく労力がかからないという良いところがあります。

一方、発注者側では完了までの過程に関与しないために、見込みと異なる完成品を納入される確率があるという悪い面もあります。

フリーランスコンサルタントの必要書類・履歴書

フリーランスとして業務を受注する場合、基本的には履歴書の提示を求められることがないです。業務提携などの契約を正式に締結する事例では、履歴書の提示を求められる時もあります。

fcos2

フリーランスを副業にして企業に就職するケース、ビジネスをスタートさせたばかりで生計が成り立たずパートやアルバイトの求人応募する時については、履歴書が不可欠です。その場合、履歴書以外にも職務経歴書の提出が必要になってきます

フリーランスで履歴書が不可欠とされるのは大きく以下の3つの状況です。

大企業の案件を受注するケース

大企業のクライアントは、会社方針として、履歴書の提示が求める場合が多く、履歴書に加えて職務経歴書が求められるケースもあります。クライアントによっては、マイクロソフトのWord・Excelなどで独自の履歴書フォーマットが用意する時があります。

エージェントサービスを使用するケース

フリーランスで仕事探しには、仕事を紹介してくれるエージェントサービスを利用するのも選択肢としてあり、非常に役立ちます。エージェントサービスに登録する際や、案件の紹介を受けるために履歴書が不可欠になる事があります。理由としては、エージェント経由の案件は長い期間の契約になることが多いためで、正社員と同じく履歴書が求められます。運営会社としては、コンサルだとみらいワークス、エンジニア向けだとレバテックが人気です。

フリーランスから正社員やアルバイトに転職、兼業するケース

アルバイト情報検索サイトなどで、当たり前ですが、一般的な就職や転職活動と同じく、利用規約に沿って登録すると、履歴書の登録が不可欠になります。

フリーランスコンサルタントの相場

fcos6

フリーランスのコンサル案件の単価は70万円〜120万円がボリュームゾーンになります。コンサルと一概にいっても業務領域は広く、PM(プロジェクトマネジメント)やPMO(プロジェクトマネジメントオフィス)的な業務、戦略コンサルや経営コンサル、it関連、SAP導入もコンサルと呼びます。

業務領域がいろいろなため必然的に単価にもバラツキがでてきます。単価は勤務時間関係なく、どれだけ働いても報酬は単価の金額となりますので、忙しい案件だと時給は下がってしまいます。

実のところの案件の単価が知りたい人や自らのスキルでどれくらいの単価となるか不安な方は、エージェントサービスを受けてみるのが最も手っ取り早いでしょう。これまでの経験やスキルをもとに、どの程度の単価で実際お仕事を受けられるか、相談に乗ってもらえ手厚くサポートしてもらえるメリットがあります。

コンサル系で以下いずれかを満たしていれば高単価案件が結構ございます。当然年齢やキャリアにもよりますが、少なくとも100万円以上の単価となる時が大方です。

① SAPコンサル
② コンサルファーム出身で特定方面に強み
③ 英語が堪能
④ グローバル企業出身

その他にも、エージェントは多くのマージンを持っていくため、クライアントと直契約可能な人脈やスキルがあれば150万円〜200万円の単価を獲得することも夢ではないです。topコンサルタントになると、単価400万円以上というケースもございます。

フリーランスのコンサルタント向けの案件については、詳細を知りたい方は以下記事で詳しく書いているので、ご一読ください。

フリーランスの源泉徴収・消費税・確定申告

源泉徴収は給与所得以外の場合にも該当するため、会社員だけではなく、フリーランスや個人事業主も同様に深く関連しております。

それ故、所得がある人は誰でも源泉徴収に関して、正しく認識をもつ事が不可欠になります。源泉徴収とは、給与などの支払者が、給与やインセンティブなどを支払うときに、その支払い金額から前もって所得税などを差し引くことです。

フリーランスから法人成りをして、株式会社を作った後は源泉徴収税を自ら支払うこととなります。

fcos5

2018年現在の源泉徴収税額の計算は、所得の中身によって異なりますが、一般的には以下のように行います。

100万円以下の計算式

源泉徴収税額 = 支払価格 × 10.21%

例:(支払価格が10万円の時)10万円×10.21% = 10210円

100万円を超える計算式

源泉徴収税額 =(支払価格-100万円)× 20.42% + 102100円
例:(支払価格が200万円の時)(200万-100万円)× 20.42% + 102100円 = 306300円

平成25年1月1日〜平成49年12月31日の間に生じる所得に必要になる源泉徴収の税率には、所得税率に復興特別所得税率が加算される事になります。上述の式の中での0.21%(100万円超のところには0.42%)が復興特別所得税率です。

また、源泉徴収は、消費税を含む支払い金額がまとめて対象となります。とはいっても、請求書で報酬代金と消費税の代金が明確に区分られているケースでは、消費税を除いた支払の費用のみを源泉徴収の対象とする事ができます。

なお、確定申告のときに、源泉徴収により差し引かれている金額の申告を忘れないようにしましょう。確定申告を行うときは、1年間の収入や総額を基礎に正しい年間税額を算出し、これと前払いで支払った源泉徴収税額を精算します。

源泉徴収税額は収入価格に一定レートを乗じて単純に算出する仕組みのため、源泉徴収税額が確定申告を通じて算出した年間税額を上回る時もあります。このような時は、確定申告を行う事で源泉徴収税額の還付を受ける事ができます。

フリーランスの税金については、以下記事にも詳しく書いているので、ぜひご一読ください。

[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています