• 需要のある仕事に携われているかが大切
  • 「言語」ではなく「何を作るのか」
  • スキルアップし、職種を変えるのも一つの手

平均的なプログラマーの平均年収は、400万程度と言われています。でも中には年収1000万をたたき出すプログラマーが多数存在していることをご存知でしょうか。

同じプログラマーの仕事でも、スキルや経験で年収に大きな差が生まれることもあります。またせっかく十分なスキルがあっても、その能力を十分に生かせない環境にいるために、低収入に甘んじていることもあり得るのです。

この記事では、エンジニアやプログラマーとして高収入を得る方法と、具体的な開発分野についてご紹介します。

エンジニア/プログラマーとして高収入を得るには?

エンジニアやプログラマーの場合、ある程度まで実績を積むと管理職への昇進を目指すか、専門性とスキルを兼ねそろえたエンジニアやプログラマーとして現場で働くのか選ぶことになります。

管理職を目指す場合、プロジェクトのスケジュールやコストの管理を行い、責任をもってプロジェクトを進めていくことになります。この場合、エンジニアやプログラマーの時よりも年収アップは見込めますが、「現場で働きたい」という希望があるエンジニアやプログラマーの方も多いと思います。

しかし低年収のエンジニアやプログラマーとして、今の働き方を変えずにいれば、年収アップは難しいです。そこで大切になるのが次の2点です。

大切なのは需要があるかどうか

需要があれば仕事が発生しますし、その仕事をできるエンジニアやプログラマーがいなければ、単価は上がっていきます。

そこに高いスキルや豊富な経験が伴えば、クライアントはそのプロジェクトに対して高い単価を支払う価値があると考えます。エンジニアやプログラマーは激務であることが多いので、会社から与えられた仕事をこなすので精一杯という方も多いと思います。

でも今の仕事はマーケットで需要がある仕事でしょうか?

需要があれば、今後もその仕事は伸びていくでしょうし、あなたのキャリアの一部になるでしょう。需要がなければ、どんどん単価が下がり、年収が下がる可能性もあるのです。

どの言語をで作るのかではなく、何を作るのかに注目

JavaやPythonなどプログラミング言語には、様々な種類があります。

また「どのプログラミング言語が稼げるのか」とそれぞれのプログラミング言語を扱うエンジニアやプログラマーの年収がランキングになっていることもあります。

ここでよく考えたいのは、「言語が大切なのか?」ということです。

確かに需要のあるプログラミング言語をマスターできている、というのは年収アップの近道です。
でもそのプログラミング言語で「作り出すもの」に需要がなければ、クライアントは高い開発費を払うことはありませんし、そもそも仕事が発生しない可能性もあります。もちろんプログラミング言語の選択も大切ですが、その「プログラミング言語で作るものにどれぐらいの需要があるのか」というポイントを考えるほうがより大切なのです。

高収入が期待できる開発分野

実際に高収入が期待できる開発分野は、具体的にどんなものがあるのでしょうか。詳しく解説していきます。

AI・機械学習

AI、機械学習とは?

AI(人工知能)とは、人工的にコンピュータに学習や推論を行わせ、人間と同様の知能を実現させようとする試みや技術のことを指します。また機械学習は、AI(人工知能)における研究分野の一つで、人間が行っているような「学習」と同様の機能をコンピュータで実現しようとする技術のことです。

機械学習には「教師あり学習」「教師なし学習」、そして「強化学習」の3つのトピックあります。
「教師あり学習」は、入力データと正解が1対1で紐づいている訓練データで学習させることを指します。「教師なし学習」は、正解のないデータで機械学習を行うことを指します。膨大なデータをコンピュータに分析させ、規則性や傾向を発見させたりします。

「強化学習」はコンピュータが試行錯誤を繰り返しながら上達していくことを指します。囲碁の対戦プログラムである「AlphaGo」は、自分自身との対局を数千万回繰り返すという強化学習を行うことによって、世界トップ棋士に勝利するに至りました。

人工知能はエアコンや洗濯機といった家電から銀行や保険会社のオペレーションシステムなどにも応用されており、最も需要が高まっている分野の一つです。

必要な言語は?

機械学習やAIによく用いられる言語は、PythonやRubyです。

機械学習や人工知能の場合、マシン自体がデータを分析しながらシステムの精度を高めていくことになります。

PythonやRubyは、動的プログラミング言語と言って、柔軟性のあるプログラミング言語です。動的プログラミング言語では、実行時の操作内容に応じて柔軟にプログラミング構成を決めていくことができます。

そのためPythonやRubyは、機械学習や人工知能によく用いられています。

どれぐらいの年収が期待できる?

AIや機械学習には大きな関心が集まっており、アメリカでAIの専門家として働いた場合、5000万レベルの年収になることもあります。

ある程度のスキルがあれば、日本でも1000万程度の年収が期待できそうです。日本の企業ももちろんAIや機械学習には関心を寄せており、スキルや経験があることをアピールできれば、年収アップが期待できます。

RPA

RPAとは?

RPA(Robotic Process Automation)とは、ロボットによる業務自動化のことを指します。

RPAを用いれば、「問い合わせがあったときに、その問い合わせについて適した答えを見つけ、かつデータ収集を行う」といったホワイトカラーが行っていた業務を代わりに機会にさせることができます。

RPAは、24時間働き続け、同じ間違いを繰り返さないため、業務の効率化を考えている企業などから需要があります。

必要な言語は?

RPAの開発には、Ruby やJAVA、PHP、C# などの汎用的なプログラミング言語が利用されています。

どれぐらいの年収が期待できる?

RPAには多くの企業からの関心が集まっており、単価も高く設定されることがほとんどです。

年収としては、スキルや経験にもよりますが、経験3年程度で800万円程度となることが多いようです。

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、ビットコインの取引データに関わる技術のことを指します。取引データは「トランザクション」と呼び、複数のトランザクションをまとめたものを「ブロック」と言います。

このブロックが連なるように保存された状態がチェーンに似ていることから、「ブロックチェーン」と呼ぶようになりました。ブロックチェーンは分割して管理されるのが基本で、仮想通貨を利用しているあらゆるユーザーのコンピューターに保存され、分割管理されます。

銀行のように特定の管理機関があるわけではなく、ユーザー同士が管理しあうシステムなので、システム障害に強く、かつ低い手数料で取引を行うことができるのです。

必要な言語は?

ブロックチェーンは、主としてC言語やJavaで実装されています。ただし他の仮想通貨の場合は、これに限らない場合もあるので、確認が必要です。

どれぐらいの年収が期待できる?

ブロックチェーンのエンジニアは、ビットコインへの関心の高まりもあって、その需要は年々高まっています。

またブロックチェーンに詳しいエンジニアそのものが不足しているため、転職後すぐに1000万以上の年収を得られる可能性もあります。

セキュリティ

セキュリティとは?

セキュリティとは、ファイアウォールやウィルス対策と言ったマシン防御に関するシステム開発のことを指します。

必要な言語は?

セキュリティ対策で用いられることが多いプログラミング言語としては、C++、Java、ECMAScriptなどがあげられます。

これらの言語は情報セキュリティスペシャリスト試験に出題されるプログラミング言語でもあります。

どれぐらいの年収が期待できる?

セキュリティのエンジニアやプログラマーの年収は、平均600万前後になることがほとんどです。

外資系企業に勤務したり、情報セキュリティスペシャリスト合格者であれば、年収1000万以上になることもあります。

ERP

ERPとは?

ERPとは、Enterprise Resources Planning の略で、統合基幹業務システムとも呼ばれています。

部門ごとに構築・運用された業務システムを統一することで、データの一元管理をするもので、統合的に経営管理ができるようになります。

必要な言語は?

ERPは、幅広い業務分野が詰め込まれた経営システムです。

開発言語というよりは、ERPのパラメータの設定にどれだけ精通しているかがポイントになります。

どれぐらいの年収が期待できる?

ERPは企業全体の経営システムを扱うため、高額な単価が期待できます。

ERPコンサルタントとして採用された場合には年収800万ほど、プロジェクトの運営を任せられるプロジェクトマネージャーになった場合には、年収1200万円を超えることもあります。

IoT

IoTとは?

IoTとは、スマートフォンや家電などの「モノ」がインターネットを通じてクラウドやサーバーに接続され、相互に制御する仕組みのことを言います。

必要な言語は?

IoTシステムを開発するのに必要になる言語としては、C、C++、Javaなどがあげられます。

そのほかにもシンプルな文法で柔軟に開発できることで知られる、Pythonなどもおすすめです。

どれぐらいの年収が期待できる?

IoTの開発経験があれば、かなりの年収アップが期待でき、年収800万円以上となることもあります。

AR・VR

AR、VRとは?

ARとは、「拡張現実」のことです。

現実に感知できる情報に、何か別の情報を加え、表現する技術や手法のことを言います。ARの一例は、ポケモンGOです。ポケモンGOはスマートフォンに表示されるカメラ映像に、実際はその場にないはずのキャラクターの映像を表示します。

VRとは、あらゆる空間表現をまるで現実にいるかのように体験する技術のことです。
VRでは、立体めがねを装着すると、目の前にはないはずの車を市場できたり、ロボットに乗っているような感覚が味わえます。

必要な言語は?

ARの開発言語は、主としてC言語が用いられます。それに対し、VRの開発言語は、C++かBluePrintが主流です。

どれぐらいの年収が期待できる?

開発経験がある場合、年収800万円以上の年収を提示されることが多く、その経験によっては1000万円以上の年収も期待できます。

職種を変えるのも一つの手

もし上記のような分野を扱う仕事に就いていなければ、思い切って職種を変えるのも一つの手です。
職種を変えるというと大変なようにも思えますが、今は上記で紹介した開発分野に関する情報はインターネット上に豊富にあり、詳しく解説されている書籍もあります。

こうした情報を手掛かりに、独学でスキルアップし、一つでも自力で開発することができれば、転職の際の大きなアピールポイントになります。

プログラマー/エンジニアの市場価値は上がっている

プログラマーというと、「薄給・激務」というイメージがあるかもしれませんが、開発分野によっては年収1000万以上を実現することも十分可能です。

経験がない場合でも、独学でスキルアップできる余地も十分にありますから、ぜひチャレンジしてみてください。

LINE@で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています