楽天は、1997年に三木谷社長によって設立されたインターネットサービス企業です。比較的歴史の浅い企業ですが、常に時代の先を読みつつ革新的なビジネスモデルをもって楽天グループとしての成長を実現しています。

創業当初はECモール事業が中心でしたが、現在はクレジットカード事業やオンライン株式販売などの金融サービス、携帯電話事業への新規参入を目指すなど幅広い領域でビジネス展開をしています。現在は29の国・地域に70以上のサービスを展開しています。

就職先や転職先としても人気のある楽天について、今回は年収や中途で採用されるために必要な条件を整理しました。

楽天の年収相場は業界水準よりは高い

楽天の年収推移を独自に調査すると、おおよそ下記のような水準になっているようです。

  • 新卒~20代後半:450~500万円程度
  • 30代前半:480~580万円程度
  • 30代後半:500~600万円程度
  • 40代前半:540~680万円程度
  • 40代後半以降:650~800万円程度

上記は目安の金額で、実際の支給金額は各個人の評価結果や採用時の経験や能力によって異なるので、あくまで参考程度と捉えてください。

楽天は評価制度としてAAAからBまでの9段階の格付け評価があり、その評価によって月給が決まる仕組みになっています。平均年収は700万弱なので、業界水準としては高い方と言えます。

楽天は愛社精神の育成を行う企業としても有名で、中途より新卒の方がキャリアパス上は有利な企業のようですが、中途でも実力があれば十分良い年収が期待できる環境になっています。

楽天の主な事業内容

楽天は、EC事業はもちろん、FinTechを含む金融事業、通信業など幅広い事業を営んでいます。創業時からのEC事業を軸にしつつ、旅行や生活分野、メディアやエンタメ分野、幅広いインターネットビジネスの展開などもあり、BtoCビジネスが中心になっています。

楽天グループの企業理念として「イノベーションを通じて、人々と社会をエンパワーメントする」ことを掲げており、具体的には、楽天会員を中心としたメンバーシップによる「楽天エコシステム」の構築を実現することを目指しています。現在楽天会員数は国内で約9,000万を超えており、グローバルでも「楽天エコシステム」の拡大を進めることで、世界で10億を超える楽天グループサービス利用者にサービス提供をする予定です。

また楽天会員数や付随する情報をビッグデータやAIを用いて効率的に活用するための分析やサービス提案も盛んで、新しいイノベーションが積極的に生まれる環境が整えられています。

楽天の労働時間や社風など

楽天では、多くのIT企業と同様にある程度の残業が行われています。40時間は見込み残業として給与に含まれています。仕事が楽しくて好きな人や管理職は業務量が多くなることから、遅くまで働いている傾向にありますが、早く帰ることに引け目を感じるような雰囲気はありません。仕事に対する取組みの姿勢が評価の基準になっています。実力主義かつドライな風土と言えるでしょう。

社風としては、楽天の競争力の根幹として挙げているとおり、多様でオープンな企業文化が挙げられます。全社的に社内公用語は英語になっていて、日本人以外の従業員も多く在籍しているようです。社内でのコミュニケーションの活発化や情報共有には力を入れており、創業時から続けている「朝会」、オープンオフィス、ビデオ会議システムの導入などが取り組まれています。

また、生産性の向上や新しいビジネス創出についても積極的であり、新サービス開発の際に6人規模のスモールチームで始めるという試み「プロジェクト6」も行われています。

楽天で必要とされるスキル

楽天は事務職と技術職それぞれを中途採用により補強していますが、新サービスが積極的に打ち出されることもあり、営業やサービス企画、エンジニア職だけでなく、特定の分野についての専門知識や経験が豊富な人材を募集することも多いです。

楽天では、社長の三木谷氏が創業の頃から大切にしてきたアントレプレナーシップ精神を大事にしています。そのため、単に言われたことをこなすのではなく、自分で発想しビジネス化する、人を巻き込んで推進する、やるべきことを最後までやり遂げるなど、ビジネスフィールドで楽しみながら戦える人材を求めています。

グローバル展開にも積極的なので、英語がただ話せるだけでなくマインドとして多様な人材の考え方を尊重しながら協力関係を作れる人材も必要としています。

その他、IT関連もしくはビジネス企画等のバックグラウンドがあることはもちろん、自己成長に貪欲であること、好奇心があること、積極性があることなども重要な要素となるでしょう。

楽天への転職に向いている人

以上の内容を踏まえると、楽天への転職に向いているのは以下の3点の要素を持ち合わせている人と言えます。

  • アントレプレナーシップ精神を持ちながら新しいことに挑戦できること
  • 自ら積極的にビジネス創出や拡大に向けたアクションができること
  • 国内外問わず仕事を通してサービスを提供する仕事をしたいこと

楽天では、社内での経験を通してビジネス創出を応援する環境もあるので、起業家志望の方にもおすすめできる企業です。

LINE@で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています