【現役エンジニアが解説】セキリュティエンジニアの年収や仕事内容と求められるスキル
この記事を読むと分かる事
  • 仕事内容と年収相場
  • 求められるスキルと資格の習得方法
  • セキュリティエンジニアになるには

日本国内の多くの企業では慢性的な人材不足が続いており、とりわけ顕著なのがIT人材です。一口にIT人材といっても、プログラマーやシステムエンジニアなどプログラミングやシステムの開発を担う人材もいれば、ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアなどインフラを担うエンジニアも存在します。

それぞれ全く役割は異なり、求められるスキルや能力も変わってくるものです。そのなかでも多くの企業から需要が高まっており、引く手数多なのが情報セキュリティに精通したセキュリティエンジニアです。

今回の記事では、セキュリティエンジニアとはどのような仕事をするのか、年収相場や求められるスキル、将来性なども併せて詳しく解説していきます。

”条件別” 当サイトで人気のエージェント

1.ランスタッド
 年収800万以上や外資系への転職に強い

2.コンサルタントジョブ
 フリーコンサル案件に特化したエージェント

セキュリティエンジニアの仕事内容

セキュリティエンジニアの仕事内容

主な業務内容

セキュリティエンジニアとはその名の通り、サイバー攻撃やセキュリティ対策を専門に担うエンジニアのことを指します。

主に企業内のネットワークを構築する際に万全のセキュリティ対策を施したネットワーク設計を行ったり、その後の運用や管理も担ったりするのがセキュリティエンジニアとしての主な役割として認識されています。

また、万が一情報インシデントやセキュリティ事故が発生した場合、その原因を突き止め適切な対処を行うこともセキュリティエンジニアの重要な役割のひとつです。

セキュリティエンジニアの業務範囲

企業によってもセキュリティエンジニアが担う業務範囲は異なり、特に大企業の場合は情報セキュリティに関するポリシーの制定や、会社全体のセキュリティ方針の立案にかかわることもあります。

情報セキュリティは万全な体制を整えておかないと顧客情報や個人情報、機密情報の漏洩につながることもあり、時として社の存続にかかわるほどの大きなダメージを与えるケースもあります。

そのため、スキルの高いセキュリティエンジニアは経営陣に対して情報セキュリティのブレーン的な役割を果たすことも多く、当然のことながらその場合は報酬や待遇も大きく異なってきます。

セキュリティエンジニアの年収相場

セキュリティエンジニアの年収相場

セキュリティエンジニアの年収はさまざまな機関、企業で調査が行われており、それぞれの平均年収額には開きがあります。

たとえば経済産業省が調査した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によると、セキュリティエンジニアに相当する「IT技術スペシャリスト」は758.2万円。

一方で大手転職求人サイトを運営しているdodaの調査によると、データベース/セキュリティエンジニアの平均年収は491.9万円という結果も出ています。

サラリーマンの平均給与と比較すると高給であることは間違いないですが、保有している資格やスキル、企業規模や業務内容によっても年収は大きく変わってくることが分かります。

単に情報システム部門で日々のネットワーク運用だけを担っている場合と、経営層に対してさまざまな提案を行うコンサルティング的な役割を果たすセキュリティエンジニアでは年収に差が出ても当然といえるでしょう。

セキュリティエンジニアはさまざまな企業で求められているニーズの高い職種のため、さまざまな企業で経験を積みながら転職を繰り返し、多様な業務に挑戦する人材が多いことも確かです。

セキュリティエンジニアに求められるスキル

セキュリティエンジニアに求められるスキル

セキュリティエンジニアには多様なスキルが求められるため、一口に絞り込むことは難しいものです。客観的にセキュリティエンジニアのスキルを判断できる材料として情報セキュリティやネットワークに関する資格がありますが、今回はその中でも代表的な資格をいくつかご紹介します。 

シスコ技術者認定

ネットワーク機器の最大手として知られるシスコシステムズが主催している資格制度がシスコ技術者認定です。

その名の通りシスコ製品を扱う中で欠かせないネットワークの基礎知識から高度なセキュリティ対策にいたるまで幅広い知識が求められ、それぞれのレベルに応じて資格試験の難易度が設定されています。

セキュリティエンジニアとしては「CCNA Security」、その上位の「CCNP Security」、そして最上位の「CCIE Security」の資格を持っておけば高い評価を得られることでしょう。

上位資格になればなるほどトラブルシューティングやサポートに関連した応用的な内容が多くなるため、ある程度の実務経験がないと難しい問題も多いです。

シスコ技術者認定は日本国内に限らず国際的にも通用するベンダー資格のため、セキュリティエンジニアにとって信頼性の高い資格のひとつとして知られています。

未経験からセキュリティエンジニアを目指すのであれば、まずはエントリー資格のCCENTから取得し、その後CCNECCNPへステップアップを目指していきましょう。

SPREAD情報セキュリティサポーター能力検定

SPREAD情報セキュリティサポーター能力検定はエンジニアというよりもエンドユーザーのサポートが行える人材を認定するための資格です。

ユーザーの困っていることを解決し、さまざまなアドバイスを提供することを目的としているため、セキュリティエンジニアとしては初歩的な内容を問う資格といえるでしょう。

情報セキュリティ部門でユーザーの窓口として業務を担う人には最適な資格であり、SPREAD情報セキュリティサポーター能力検定を取得した後は上位資格であるSPREAD情報セキュリティマイスター能力検定に挑戦してみるのも良いでしょう。

(ISC)2資格

セキュリティエンジニアとしてネットワークの設計に携わり、より高いスキルを目指すのであればシスコ技術者認定のほかに「(ISC)2資格」もおすすめです。

シスコ技術者認定と同様にいくつかの段階別に用意されており、上位資格になると実務経験の条件や認定機関なども定められており、セキュリティエンジニア関連の資格の中でももっとも難易度が高い資格といえるでしょう。

(ISC)2資格はベンダー資格のため、受験費用も日本円で約6万円と高額です。しかし、(ISC)2資格は世界的に見ても高い効力を発揮する資格であることは間違いなく、その後のキャリアアップにつながることは間違いありません。

また、日本国内はもちろんのこと海外や外資系企業などで活躍できる道も見えてくるほど権威性の高い資格です。

セキュリティエンジニアになるためには?

セキュリティエンジニアになるためには?

資格は必須か

セキュリティエンジニア関連の資格は様々なものがありますが、いずれにしてもセキュリティエンジニアになりたいからといって資格は必須ではありません。そのため、極端な事をいえば無資格であるものの豊富な実務経験を武器にセキュリティエンジニアとして活躍することも可能です。

一般的には大学や専門学校などで情報セキュリティを学び、関連資格を取得して就職するケースが多いですが、ほかのITエンジニアとして活躍した後にセキュリティエンジニアへ転職をするケースも多いです。

特にセキュリティエンジニアと関連の深いインフラエンジニアやネットワークエンジニアなどは情報セキュリティの勉強をしたうえで資格を取得し、新たな道に進む人も多数見られます。

未経験からの転職は可能?

必ずしもインフラエンジニアやネットワークエンジニアの経験がないとセキュリティエンジニアになれないかといえば、決してそのようなことはありません。独学でシスコ技術者認定などの資格を取得し、セキュリティエンジニアとしての道をスタートする人もいます。

実務経験はなくても最低限の知識とやる気さえあれば、未経験からでも十分活躍できる可能性はあります。

たしかに未経験の人材をセキュリティエンジニアとして採用するケースは少ないですが、そのような場合は一旦ネットワークエンジニアやインフラエンジニアとして実務経験を積んだうえでセキュリティエンジニアにステップアップする道もあります。

常に最新情報に注目しておく

セキュリティエンジニアに限ったことではありませんが、ITは日進月歩の世界です。数年前に使っていた技術やノウハウが陳腐化して使えなくなっていることもあるため、日頃から最新の動向に目を向けておく必要があります。

そのような技術的好奇心を持ち続けられる人であれば、過去のキャリアを問わず今後成長していく可能性は大いにあるといえるでしょう。

セキュリティエンジニアの将来性

セキュリティエンジニアの将来性

セキュリティエンジニアは多くの企業が求める人材であり、高いニーズがあることは理解していただけたと思います。しかし、今後の将来性を考えたときに本当にセキュリティエンジニアとして活躍していけるのか心配だという人も多いことでしょう。

そこで、最後にセキュリティエンジニアの将来性についてご紹介します。

インターネットの発展とともに年々サイバー攻撃の脅威も深刻化しています。国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の調査によると、2018年にサイバー攻撃関連のパケットとして観測された数は約2121億パケット。

2009年の調査では35.7億パケットであったことからすれば、10年弱で約60倍に伸びていることが分かります。これはNICTが観測できる範囲内でのパケット数という前提があるものの、全体の傾向としては不正アクセスやサイバー攻撃の数は加速度的に増加していると言っても過言ではありません。

今後AIIoTのテクノロジーが広がってくれば、今以上にネットワークに接続されるデバイスは増加し、それにともなってサイバー攻撃の数も増加してくることは間違いないでしょう。

そのような時代が到来したとき、組織や社内のネットワークを安全に運用できるサイバーセキュリティの重要性はますます高まり、欠かせない人材になると考えられます。

セキュリティエンジニアは他のITエンジニアよりも年収が高い傾向にあることを考えると、現在はもちろん将来的にも高いニーズを誇る職種であり、今からでも資格を取得しスキルを身につければ、未経験からでも十分活躍できる道は見えてくるのではないでしょうか。

こちらの記事ではIT業界に特化した転職エージェントを紹介しています。セキュリティエンジニアへの転職にむけて、ぜひ参考にしてみてください。

 

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています