フレームワーク テンプレート フリーダウンロード集

フリーコンサル.comのスキルアップ記事にてご紹介してきたフレームワークのテンプレートをこちらで無料ダウンロードしご使用頂くことができます。パワーポイント形式のデータの為、目的や現状に合わせてアレンジしご活用いただくことができます。

なおご使用にあたりダウンロード前に必ず利用規約をお読みください。ダウンロードされた場合は利用規約に同意頂いたものとみなします。

利用規約

フレームワークテンプレート 一括無料ダウンロード

フリーコンサル.comでご紹介してきた、思考や論理のまとめ方・マーケティング・経営戦略などのフレームワークのテンプレートをこちらこら無料で一括ダウンロードして頂けます。

[download id=”9351″]

テンプレートの内容詳細については以下にご説明しておりますので参照ください。

ロジックツリー

ロジカルに物事を考えるうえで、課題の全体像をその構成要素に分割していった図が「ロジックツリー」です。

各要因間の因果関係がわかりやすくなり、問題の原因や解決策の具体策が見えやすくなります。

ロジックツリーロジックツリー2

PDCA

ある案件を進める際の作業プロセスを、Plan(計画)→Do(実行)→Check(検証)→Action(改善)という4段階に分けて整理するフレームワークです。

段取りを整えたり、実行計画の全体像を立案したりする際に用いられ、アクションの結果を評価して改善することが重要という、物事を実施する際の基本原則を示すものでもあります。

PDCA

3C分析

3C(さんしー、スリーシー)とは、Customer=顧客、Company=自社、Competitor=競合 の3つ頭文字をとったもので、企業を取り巻く外部環境、内部環境(組織、経営資源、人材、ビジネスモデル、コスト構造など)について分析するフレームワークです。

マーケティングなどターゲットとなる人々の環境を把握し、戦略を立案検討する際に役立つ手法です。

3C分析

マーケティングの4P

マーケティングの打ち手を考える際に、Price(価格)・Place(販売チャネル)・Product(商品)・Promotion(広告宣伝)をドライバととらえて、それぞれに対する打ち手を検討します。

特に売上に影響するファクターの類似性という軸で、考えられる手段を整理することができるフレームワークです。

マーケティングの4P

PEST分析

PEST分析は企業活動に影響する外部環境を、P=Politics(政治)、E=Economy(経済)、S=Society(社会)、T=Technology(技術)の4つに分類し、関連する事項を分析する手法です。

企業活動を取り巻く要因は無数にあり、分析を行う前に分析対象や分析で明らかにしたい論点を整理しておくことが重要で、もれなくダブりなく外部環境を分析するために使われるのがPEST分析です。

PEST分析

アンゾフのマトリクス

企業の取りうる戦略オプションや、事業の多角化に関するアプローチを整理するフレームワークです。

企業の戦略の方向性を整理するために商品と市場の2軸を使い、商品軸は既存製品と新製品、市場軸は既存市場と新市場というように、2つの対立軸で分け戦略オプションを整理し、既存事業とのシナジーを評価します

2×2で表される4つの戦略オプションの種類を、①市場浸透、②市場開拓、③製品開発、④多角化と定義し、企業が成長戦略を検討する際のフレームワークとして活用いただけます。

アンゾフのマトリクス

SWOT分析

アンゾフのマトリクス同様に縦軸、横軸を2つの対立軸で分け、事業や企業を取り巻く環境の全体を整理するフレームワークがSWOT分析です。

4つの環境要因は、Strength(強み)Weakness(弱み)Opportunity(機会)Threat(脅威)に分けられ、その要因が企業の内部か外部か、与えるインパクトがポジティブかネガティブかという対立軸で、環境要因を4つに分類します。

SWOT分析

ファイブフォース分析

市場の構造を「業界内の競合」「買い手」「供給者」「新規参入業者」「代替品」という自社にかかる5つの力の観点で分析する手法がファイブフォース分析です。アメリカの経営学者マイケル・ポーターによって提唱された分析手法の1つです。

市場の中で自社に影響する要因をMECEに整理することができます。

ファイブフォース分析

売上の因数分解

売上の拡大策(トップラインの向上策)を検討する時の定番とも言えるフレームワークです。

売上高を「客数×客単価」という掛け算で表し、さらに客数や客単価を分解していくことで売上高を増やすためのドライバを明確にし、検討をしやすくすることを目的にしています。

売上の因数分解

PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネージメント)

自社の事業や商品を事業に対するインパクトで分類し、事業・商品に対する経営資源配分の見直しを進める際に用いるフレームワークです。市場の予想成長率と、自社製品の市場シェアという数値ベースの尺度に基づいて、検討対象の自社事業を評価します。

このフレームワークによる自社事業の整理に基づいて、金のなる木に属する事業から得る資金や負け犬事業から撤退することで浮いた資金をスター事業に投資するとか、問題児事業に投資してシェア拡大を図る(スター化を図る)といった戦略を検討するのが定番の戦略の方向性となります。

PPM

アドバンテージ・マトリクス

数値ベースの尺度による分類と、評価軸を対立軸で2つに分けて分類する手法を合成したようなフレームワークが、アドバンテージ・マトリクスです。

事業の性質を、戦略変数(業界の競争要因)の数と、優位性構築の可能性という2軸で評価し、戦略変数が多い/少ない、可能性が高い/低いという対立軸で2分して(=縦軸・横軸を2分することで4象限に分けて)分類します。

このフレームワークによって事業の性質を理解することで、事業に最適な戦い方を見つけやすくしたり、事業参入・撤退を検討しやすくしたりすることができます。

アドバンテージ・マトリクス

AIDMA分析

消費者の購買行動のプロセスとして有名なフレームワークがAIDMA(アイドマ)です。

消費者が商品購入の意思決定するまでに、まず商品に注目(Attention)し、興味(Interest)を持ち、欲しいという欲求(Desire)を持ち、そのことを記憶(Memory)しておいて、最終的に購入という行動(Action)をとります。

マーケティング戦略を考える際、ターゲット顧客が自社商品に対して、今どの段階にいるのかに応じた打ち手を講じるためにこのフレームワークを利用します。

AIDMA分析

ポーターの3つの基本戦略

マイケル・ポーターが提唱したフレームワークで、市場で戦うために自社がとることのできポジショニングを大きく3つに類型化したものです。

その3つのポジショニングを決めるのは、市場(顧客ニーズ)全体を対象とするか、特定の顧客ニーズに特化するかの軸と、市場での自社優位性の源泉をコスト(低価格)に置くか、付加価値(差別化)に置くのか、という軸の2つです。

コストの優位性を押し出せば「コストリーダーシップ戦略」、オンリーワンの付加価値なら「差別化戦略」、特定のニッチ市場にフォーカスすれば「集中化戦略」となり、ポーターはこの3つのどの戦い方をするか適切に選択することが重要であるとしています。

ポーターの3つの基本戦略

コア・コンピタンス

自社の能力に注目する戦略論として欠かせないのが、C・K・プラハラドとゲーリー・ハメルが提唱した「コア・コンピタンス」の考え方です。

この考え方では企業の収益の源泉を、他社には真似のできない能力であるコア・コンピタンス(Core Competence)に求めます。

コア・コンピタンスは、①競争相手に真似されにくい②顧客が認める価値を作れる③様々な事業に展開できる、ものであれば何でも良く、競合と比較し自社が持つ能力の中で何がコア・コンピタンスなのか見極め、それを軸にした事業展開をすることが成功の要因だとしています。

コア・コンピダンス

マッキンゼーの7S

マッキンゼーのコンサルタントであったトム・ピータースらが提唱した「マッキンゼーの7S」は、特に自社の能力に注目して自社を儲けられる組織にすることを重視する考え方です。

このフレームワークでは、企業を儲けられる組織にするために重要な7つの変数があるとし、組織を動かすには「戦略」「組織」「社内の仕組み」といったハード面に加えて、「価値観」「経営スタイル」「スキル」「人材」といったソフト面も重要としました。

ピータースは組織の形に唯一絶対の正しい答は無く、7つの要素を環境に応じて最適化することが必要であるとしています。

マッキンゼーの7S

無料テンプレートで効率的な資料作成を

フリーコンサル.comのスキルアップ系記事内で解説してきましたフレームワークのテンプレートをご紹介しました。また新規記事の投稿のたびに随時追加してまいります。

資料作成やプレゼンテーション等にぜひお役立て下さい。

[download id=”9351″]