【2021年最新】Web接客ツールを料金や機能で比較!

Web接客ツールとは、Web上でユーザー1人ひとりに対する接客ができるツールのことです。

この記事では、Web接客ツールの概要から利用するメリット、さらにはおすすめのツールについて解説しています。

Web接客ツールに注目している方、各ツールを比較して実際に導入したい方はぜひ参考にしてみてください。

web接客ツールとは

web接客ツール とは

Web接客ツールとは、Webサイトを閲覧している人に対して、実店舗のように一人ひとりに応じた接客ができるツールのことです。

Web接客ツールは、サイトからのユーザー離脱の防止や商品の購入や問い合わせなどのコンバージョン率向上などを目的として利用されています。

多くの企業からサービスが展開されているため、機能に違いはありますが、主な機能としてはチャットツールを活用したユーザーとの1対1の会話、ユーザーの属性などに応じた情報提案などが挙げられます。

これらの機能があることで、ECサイトなどであればユーザーの購買活動を促し、満足度向上、コンバージョン向上につながるでしょう。

また、Web接客ツールで得たユーザーのデータを把握・分析することで、マーケティングに活かすこともできるでしょう。

web接客ツールを導入するメリット

web接客ツール 導入 メリット

ここでは、Web接客ツールを導入するメリットについて解説します。

コンバージョンの改善につながる

Web接客ツールを活用することで、コンバージョン率の改善につながる可能性があります。

これは、Webサイト訪問者が知りたい情報をツールを通してタイムリーに伝えられるためです。

例えば、商品の購入を検討している人に対して、チャット形式で商品についての情報を提供できれば、購入を決断してくれるかもしれません。

また、ツールを使いクーポンを提示すれば、そのクーポンを使って買い物をしようとする人も出てくるでしょう。

営業の質を高められる

Web接客ツールは、営業の質向上にもつながります。

これは、Web接客でのデータを積み重ねていくことで、ユーザーの興味や関心、よくある質問などが把握できるためです。

蓄積したデータを分析することで、よりユーザーのニーズに応じた営業ができるようになるでしょう。

顧客満足度の向上

一般的なWebサイトの場合、疑問があっても誰にも質問できないため、ユーザーはわからないままの状態になってしまいます。

場合によってはサイトから離脱する人も出てくるでしょう。

一方で、チャットを使って質問にすぐ答えられれば、ユーザーの不明点を最小限に抑えられるため、ストレスが減り顧客満足度も向上するでしょう。

また、満足度が高くなれば、途中でサイトから離脱してしまう可能性も低くなります。

業務の効率化

Web接客ツールの利用は、業務効率化を必要としている企業に大きなメリットをもたらしてくれます。

Web接客ツール導入していない場合、お客さまからの問い合わせに人員を割いて対応している企業も少なくありません。

これだと、人員とそのコストが余計にかかってしまうため、効率がいいとは言えません

一方で、Web接客ツールを導入すれば基本的な質問などはWebサイト内で解決されるため、お客さま対応にかかる時間を短縮でき、業務効率化を図ることができるでしょう。

web接客ツールの種類

Web接客ツールは、大きく分けて「ポップアップ型」と「チャット型」の2種類があります。

ここでは、それぞれの種類について解説します。

ポップアップ型

ポップアップ型

ポップアップ型とは、画面上に商品やサービスに関する情報、クーポン券などをポップアップ形式で表示するWeb接客ツールです。

ユーザーのサイトへの滞在時間や購入履歴など、一人ひとりの状況に応じて、その人に合ったポップアップが表示されるため、コンバージョン率の向上や離脱率低下といった成果を期待できるでしょう。

チャット型

チャット型

チャット型とは、チャットボットが表示されるタイプのWeb接客ツールです。

ユーザーが不明点を持っている時、チャットに質問を入力することで、回答を得ることができます。

ユーザーは、不明点がすぐに解決されるため満足度の向上が期待できるほか、サイト運営側としても、リアルタイムでのコミュニケーションをとることで、ユーザーの離脱を防ぐことができます。

また、あらかじめ質問に対する回答を用意しておけば自動応答も可能で、担当者の負担も軽減されるでしょう。

関連記事

チャットボットは、サポートや保守などの問い合わせ業務の効率化やコスト削減を見込むことができるツールとして注目を集めています。 どんなことができるの? システムに任せて大丈夫なの? 費用がかかるのでは?こ[…]

2021年 無料 チャットボット 比較 有料ツール 違い

おすすめweb接客ツール比較

ここでは、おすすめのWeb接客ツールを紹介します。

料金や機能などを比較し自社にあったものがあれば、導入を検討してみてください

Chamo

Chamo

Chamoは、株式会社ジーニーが提供するWeb接客ツールです。

導入実績は4,500社以上に上ります。

Chamoの特徴としてあげられるのが、シンプルで直感的な仕様が可能となっているインターフェースです。

ユーザーに対する接客のパターンがデフォルトで設定されており、設置も容易であるため、導入後すぐに利用し始めることができます。

パソコンはもちろんスマートフォンにも対応しているほか、多言語対応、IPアドレス制限などの機能も備えています。

チャット履歴の管理もできるため、ユーザーがどういった疑問を持ってチャットを利用しているのか把握することもできるでしょう。

機能自動話しかけ機能
チャット履歴管理
チャット履歴エクスポート
ユーザー情報表示
ファイル送信、定型文(テンプレート登録)
メール・チャット通知多言語対応
IPアドレス制限
料金初期費用無料 月額6,980円〜
特徴パソコン・スマートフォンに対応
チャット履歴の管理ができる
多言語対応
IPアドレス制限
タイプポップアップ型
チャット型
Chamo公式サイト:
https://chamo-chat.com

Robee

Robee

Robeeは、株式会社Macbee Planetが提供するWeb接客ツールです。

導入実績は200社以上で、初期費用0円、月額料金5万円という価格でありながら、配信数やサイト数、キャンペーン数などの制限なしでの利用が可能です。

また、コンバージョン率改善に向けたポップアップ、チャットボット、さらにはヒートマップ分析やデータ分析など、豊富な機能を揃えている点も特徴だと言えます。

ポップアップの表示タイミングやセグメントの調整も簡単に行えるなど、扱いやすいデザインも大きなポイントです。

機能広告効果の自動分析
A/Bテスト
ユーザーの行動分析
チャットボット
料金初期費用無料 月額50,000円~
特徴月額料金の安さ
配信数・サイト数・キャンペーン数の制限なし
各種分析に対応
扱いやすい管理画面
コンサルティングサービス
タイプポップアップ型
チャット型
Robee公式サイト:
https://www.robee.tech

ECコンシェル

ec-concier

ECコンシェルは、NTTドコモが提供しているWeb接客ツールです。

ECコンシェルは、NTTドコモと機械学習や深層学習に関する各種ソリューションを提供するPKSHA Technologyが共同開発したAIを搭載している点が特徴です。

ユーザーの訪問回数や滞在時間、さらにはクリックした項目など、様々な情報から分析を行い、一人ひとりに最適なバナーが適切なタイミングで表示される仕組みとなっています。

また、導入時の作業や運用途中でのプログラムの変更などが簡単に行えるため、専門的な知識がない人でも扱える点も特徴です。

さらに、導入後のサポートも充実しており、エキスパートのサポートを借りてより高い性能のシステムを構築やサイトに合わせたタグ設定などもできます。

もっともやすいプランは月額0円から利用できるため、とりあえず導入してみたい、といった企業にもおすすめです。

機能レポートCSVダウンロード
ユーザーフロー
オートクリエイティブ
想定配信ユーザー数予測
料金月額0円〜
特徴各種分析機能
初心者でも扱える操作性の高さ
導入後サポート
タイプその他(バナータイプ、モーダルタイプ、インラインタイプ)
ECコンシェル公式サイト:
https://ec-concier.com

SPROCKET

SPROCKET

Sprocketは、株式会社Sprocketが提供するWeb接客ツールです。

Sprocketでは「ユーザーの行動からコンバージョンを最適化する」という考えのもと、年間25,000回以上ものA/Bテストを繰り返して制作された「接客シナリオ」によりwebサイトでも実店舗で行うような1人1人のお客様に合わせた接客を可能にします

さらにコンバージョン最適化のために、ユーザーの行動履歴に基づいたコミュニケーション改善機能が充実しており、ツールを使いながらそれぞれのサービスや商品にあわせた接客を設定できるため訴求力を向上させていくことが可能です。

Sprocketではこれらのサービスにより250社以上の導入で平均CV改善率148.66%という実績を誇っています。

また検証や改善プロセスは、運用ノウハウを持ったベテランのコンサルタントによるサポートがあり、コンバージョン最適化の為のデータ分析、戦略立案、シナリオ設定から、改善サイクルの内製化までフルサポートしてくれます。

そのため利用企業では運用や導入に手間取られることなく、コンサルタントとともに改善施策立案に集中することができます。

特に、既存のリソースで業務負担は増やせないが、確実にCV率や売り上げの向上は達成させたい、という企業には魅力的なサービスといえるでしょう。

料金については提供されるサービス範囲やコンサルタントの稼働時間によっても変動しますので、より詳しい情報が知りたい方は見積もりを含め問合せしてみてください。

機能接客シナリオによるユーザーコミュニケーション
コンバージョン最適化機能(KPI/KGI視点からサイト分析、ユーザー行動計測/分析、接客シナリオ改善プロセス)
運用・導入・テクニカルサポート、設定代行
ヒートマップ、データ/外部サービス連携※オプション
料金初期費用・月額料金 ともに都度問い合わせ
特徴100種以上の業界別「成功シナリオ」の活用
年間25,000回以上のA/Bテストから蓄積されたノウハウ運用
コンサルタントによる導入・運用・検証・改善のフルサポート
タイプポップアップ型
SPROCKET公式サイト:
https://www.sprocket.bz

Repro

Repro

Reproは、WEB・アプリ上の様々な顧客データ分析をもとに、付加価値の高いコミュニケーションを提供することで顧客との長期的な関係構築を行うカスタマーエンゲージメントプラットフォームです。

顧客の行動データや外部データを元に、最適なメッセージを最適な人にチャネルを横断した最適な手法によってこれらを実行していきます。

Reproの特徴は、これらツールを提供するだけでなく、導入後にカスタマーサクセス部隊が末永く手厚いフォローをしてくれる点です。

CV改善の為のノウハウ提供や施策の実現のサポートを受けることで、経験の浅いチームやメンバーでも成果を出すことが可能となります。

顧客とのコミュニケーションは、WEB接客やアプリ内ポップアップはもちろんメールやプッシュ通知などを、顧客の属性データや行動情報を元に最適なタイミングで提供していきます。

WEB接客機能についても、メッセージ作成は豊富なテンプレートから選択するだけで完了できるなど、豊富な機能を直感的な操作で行える仕様となっており、経験の少ないマーケターでも施策を行えます。

これら施策等の実行から分析まで、すべての工程をセットで行えるのがReproの強みであり、PDCAを回すことで、継続的にサービスが改善されていきます。

また、社内にマーケティング関連の担当者がいない、という場合には分析~改善運用まですべてをReproが代行してくれるサービスも用意されています(コンバージョン最大化サービス)。

サイトの課題発見からCV最大化に向けた施策や改善活動を、しっかりとしたサポートを受けながら、もしくは全てお任せして成果を出したい、という企業には最適なサービスといえるでしょう。

機能WEB接客、アプリマーケティング、分析・解析、メール配信、プッシュ通知、アプリ内接客ポップアップ、レコメンド機能、オンライン広告、UI/UX最適化 等
料金詳細お問い合わせ
(ユーザーに最適なプランをご提案)
特徴専門部隊による継続的なサポート
サイト改修不要で改善可
オフラインデータほか、各種外部ツールとの連携
分析、改善、運用を全てお任せできる代行サービスあり
タイプポップアップ型
Repro公式サイト:
https://repro.io

SYNALIO

SYNALIO シナリオ
SYNALIO(シナリオ)全てのサイト訪問者の状態やニーズを理解し、サイト訪問者ごとに最適なコミュニケーションを行うことで自動で顧客の顕在化を促すWeb接客ツールです。

特徴は、Webサイト訪問者の「行動データ」だけでなく、チャットボットでヒアリングすることにより得られる「会話データ」の収集により、全てのユーザーの状態やニーズを見える化し、ユーザーの特性に応じたチャットやポップアップなどの接客を行いCVRの改善ができる点です。

SYNALIOでは、全てのWebサイト訪問者の行動データと会話データを自動収集し、ユーザーを取得ラベル群ごとにグルーピングしています。

これにより、Webサイト訪問者の中で誰が「ホットなユーザー」なのかを判別し、各グループに合わせたチャットやポップアップなどの接客を出し分ける事で、個々に最適なクロージングを行います。

例えばチャットでは、チャットボットやフォーム対応、有人チャット、オンライン接客(有人)と4つの接客を出し分けて対応します。

チャットボットの作成も直感操作のドラッグ&ドロップで作成できる「会話シナリオ作成エディタ」を備えており、また導入もWebサイトページにタグを設置するのみ、と簡単に使用開始できます。

サイト訪問者の行動データと会話データを取得し分析することで顧客理解を行い、ユーザーごとに最適なコミュニケーションをとることでコンバージョン率を改善、向上させたい、という企業には魅力的なサービスといえます。

機能チャットボット作成、ポップアップ設定、マーケティングダッシュボード、クリエイティブオートメーション、外部サービス連携 他
料金マーケティングプラン:¥150,000(税抜)/月/1ドメイン/従量課金 年間契約
エンタープライズプラン:¥200,000(税抜)/月/1ドメイン 年間契約
※初期設定費用:¥1,000,000~(税抜)/1ドメイン
特徴ユーザーの行動と会話データも活用したデジタルマーケティングが可能
ユーザーをグループ/クラスタ化し、個々の特性に合わせた施策を実施
ドラッグ&ドロップで直感的なチャットボット作成可
直感的に会話データを分析可能なUXのログダッシュボード
AIによる自動で最適な提案を行うクリエイティブオートメーション機能
タイプポップアップ型 チャット型
SYNALIO公式サイト:
https://synal.io

WEB接客ツールでWebページ施策の改善を

WEB接客ツール Webページ 改善

今回は、Web接客ツールの概要から利用時のメリット、さらにはおすすめのツールなどについて解説しました。

Web接客ツールを利用することで、ユーザーが求める情報やサービスを適切なタイミングで伝えることができるため、コンバージョンや満足率の向上、顧客獲得の実現につながる可能性があります。

Webページの施策を改善したい場合は、ぜひ導入を検討してみてください。