「女の転職」こんなキャッチフレーズを東京の駅ではよく見かけます。

これは過去に本サイトでも扱ったことのあるtypeという転職サイトが打ち出している広告です。

今回は女性コンサルタントのキャリアについてお話したいと思います。

米国をはじめとして海外のコンサルティングファームではシニアエグゼクティブクラスまで当たり前のように存在して、かなり数が多いのが女性のコンサルタントですが、日本ではそもそも新卒で応募してくる女性の人数がかなり限られているのが実情で、まだまだその存在はコンサルティング業界では目立たない状況です。

そんな女性コンサルタントの転職は国内でもそれほど数が多いわけではありませんので顕著なトレンドは見受けられませんが、やはり女性ならではという点を買われて転職に成功するケースも多く見られるようになっています。

外資系コンサルティングファームでパートナーとして活躍している女性の例は少ない

新卒からコンサルタントとして採用される女性というのは国内ではまだ10%にも満たないのが現状です。

IT系コンサルティングファームでITコンサルタントとして働く女性は比較的多いですが、外資系コンサルティングファームをはじめとする戦略系ファームを目指す人はそもそもかなり少ない状況にあります。

近年は女性の採用も増えていますが、男社会の印象も強くかなりのハードワークになる印象が強いため、女性の志望者が多いわけではありません。

また、仮にコンサルタントとして働き始めても、男性に比べて過剰労働に耐えられなかったり、結婚や出産というタイミングで会社を去っていくケースが多くなるため、パートナーなど上級管理職レベルまで目指す女性コンサルは想像以上に少ない状況です。

なお、辞めずに会社に残るケースとしては、バックオフィスに移ってワークライフバランスを保ちながら働く例があります。このケースでは、結婚や出産を経て復職する方も数多くいます。

ただし、ファームによってはただの雑務ばかりになることもあり、コンサルタント時代には感じられていた仕事のやりがいを見失って結局転職するケースが後を絶ちません。

一方海外、とくに米国では女性のコンサルはそれなりの数で存在しており、決してコンサルティングファームが男性だけの職場ではないことがわかります。このあたりも国内のコンサルビジネスというものがたとえ外資系の会社であってもまだまだ日本独特のものになっている点といえます。

日本のコンサルティングビジネスの相手となるクライアント企業の経営者や担当者も未だ男性が多く、対等にやり合えるのが結局男性になっているという側面もあります。

パートナーにまで昇格していくためには、単にスキルが高いだけでなく社内での評価や上位者とのやり取りなど、他の側面でも左右されることがあるので、いろんな意味でハードになることが想像できます。

転職先企業としては経験や自分の売りを仕事で発揮できる事業会社が多い

女性のコンサルタントが転職する場合は、IT関連の企業への企業への転職もさることながら、事業会社の経営企画やマーケティングといった実践的な職場への転職に成功するケースが多くなっているようです。

コンサルタントとしての視点とともに女性としてのしなやかな目線や考え方というものが事業会社の目にとまることが多いようで、男性のコンサル経験者に比べるとより実務的なところで能力を評価されて転職に成功するケースも多くなっているようです。

また新規事業を目指す部門のマーケティングや事業計画担当者などに抜擢されるケースもあり、やはり女性コンサルタントとしての能力を評価してくれる事業会社が多いようです。

コンサルタントとして現場で働く中で、ドキュメント作成や調査・情報収集能力はかなり高くなりますので、そういったスキルはどんな環境でも役に立つと言えます。

数字を正確に読み取る、クライアントと折衝するというスキルは、事業会社の経営企画でもマーケティングでも役立つスキルの一つです。

もちろん人によってそれぞれ能力は違いますから、個々人の経験や得意領域次第ということになりますが、積極的に評価してくれる企業も増えていることがわかります。

国内のGDPの6割は個人消費ですから、そうした消費関連に係わる企業では女性の事業計画者や経営企画者、マーケティングマネージャーの存在は重要であり、女性のコンサルタント経験者にこの領域の求人ニーズが多いというも非常に頷けるものといえます。

その他、フリーランスとして事業を立ち上げる方や、小規模のコンサルティングファームを自身の強い領域について立ち上げる方もいるようです。

コンサルティングファームに入る時点で仕事に対して意欲が高く向上心も高いので、そういった例が出るのでしょう。

いずれにせよ、コンサルティングファームに入って働いた経験は今後のキャリアの幅を広げるには役に立つと言えます。

コンサル業界で上を目指すという選択肢もあり

現在は男性社会となっているコンサルティング業界ですが、今後女性のコンサルタント増加すれば、より上のキャリアパスを目指していくことも普遍的なものになる日が来ることも想定できます。

実際に、外資系のコンサルティングファームにおいては女性パートナーが増えている状況です。

新卒者の数が減っている中にあっては、若くしてコンサルから去っていくのではなく、ロングタイムで業務を続けていくということも非常に重要になりますし、社会的にも女性のコンサルタントのニーズはますます増加することが予想されます。

コンサルティング業界は人材の入れ替わりが激しいので、勤めているファームから同業他社に移籍して上を目指すという働き方も選択肢の一つになるでしょう。

ダイバーシティを確保するというのはコンサルティングファームでも非常に重要になりますが、人口減少社会での労働力確保のためにも、女性が活躍できるような組織を創っていこうとする企業が増えていくと予想されます。

特に結婚や出産という女性ならではの期間を経ても、テレワークや時短勤務の仕組みを使って仕事を続けるなどの方法を考える余地はまだまだある状況で、コンサルタントとしてのキャリアの継続を探るというのも重要な選択肢になってくると考えられます。

実際、近年のコンサルティングファームでは、時短勤務やテレワークの仕組みを導入しているところが増えてきています。

成果を出せることが前提ですが、引き続きコンサルタントとしてのキャリアを積みたい方には選択肢が増えている状況と言えます。

女性コンサルタントの採用ニーズは拡大傾向にある

女性を積極採用しようとするコンサルティングファームも出てきていますので、プロアクティブに情報を共有できる転職エージェントを確保しておくことをお勧めします。

転職エージェントを利用するメリットとしては、ファームごとの特徴や直近の採用動向について、非公開の情報を共有してもらえることです。ぜひ活用してみてください。

コンサル志望もしくは、ポストコンサルの転職をしたい方にオススメの転職サービスは、間違いなくビズリーチです。

 

もし、お時間が取れれば、以下記事もご参考にして頂けると幸いです。(コンサル転職に強いエージェントランキングを掲載しています。)

参考記事:外資系コンサルタントが作るハイクラス転職メディア

LINE@で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています