worksap1

株式会社ワークスアプリケーションズは、国内民間企業向けERPパッケージ「COMPANY」を代表製品として持つERPパッケージシステム開発・販売会社です。

創業は1996年で比較的歴史の浅い企業であるにも関わらず、国内企業で社員数が1,000人以上いる日本企業の3分の1以上はワークスアプリケーションズの製品である「COMPANY」を導入しており、事業の伸びが目覚ましい企業です。

働きがいのある会社としてもよくメディアに取り上げられており、若手でも高年収が得られる企業の一つとして人気の就職・転職先になっています。

ワークスアプリケーションズの年収や採用条件を整理しました。

”条件別” 当サイトで人気のエージェント

1.ランスタッド
 年収1000万以上の転職に強いエージェント

2.Type転職エージェント
 ハイクラスを狙える総合転職エージェント

3.BTCエージェント
 フリーコンサルの為のエージェント

ワークスアプリケーションズの年収は日系では高い

ワークスアプリケーションズの正社員の年収は、大体以下のように推移しています。個人の能力によって実際にはばらつきが出るので、あくまで参考としてください。

■スタッフレベル:500万~600万円程度
■シニアスタッフレベル:550万~700万円程度
■マネージャーレベル:600万~1100万円程度
■シニアマネージャーレベル:800万~1200万円程度
■ディレクターレベル:1000万~1800万円程度

給与額は年俸制で決まるため、上記は残業代やボーナスが含まれた金額になります。

ワークスアプリケーションズでは完全実力主義を採っているため、実力があれば年次や年齢に関わらず成果の対価として給与が高くなります。中途でスタッフレベルで入社する場合はだいたい600万円程度の提示が多いようですが、前職や過去の経験等にも左右されます。

人事制度や報酬テーブルは社内でオープンになっているので、評価ポイントをあらかじめ把握することが可能です。相互評価制度があるため、比較的公正な評価結果が出ているようです。

ワークスアプリケーションズの主な事業内容

ワークスアプリケーションズの事業内容は多岐にわたりますが、事業それぞれが企業理念である「日本企業の情報投資効率(ROI)を世界レベルへ」に紐づいています。

事業としては、日本企業の商慣習に合ったERPパッケージ「COMPANY」の開発や製品販売、人工知能型ビジネスアプリケーション「HUE」の開発や製品販売がメインになります。いずれも企業の人事、会計、サプライチェーン、生産管理といった企業経営に関わる業務プロセスを効率化するために利用されるものです。

「HUE」は2014年にリリースされた商品で、AIやビッグデータを組み込んだ世界初の人工知能型ERPとしてシリコンバレーのIT業界を震撼させた製品です。日系企業の中では、積極的にイノベーションを起こしながら世界を股にかけて積極的に事業展開する新興企業と言えます。

既存のビジネスの真似や加工に留まらず、ゼロから新しいものを生み出す姿勢が強い企業なので、イノベーティブな発想を持てる方には適している企業です。

ワークスアプリケーションズの激務度と職場環境

ワークスアプリケーションズは実力主義の企業であり、働き方は本人の裁量に任されています。多くのIT企業と同様業務量は多く、効率良く仕事を進めることができない場合は残業が多くなります。

中途の場合は特に即戦力として採用されるので、慣れるまでは業務に忙殺される可能性があるでしょう。実力に伴って仕事が増えて昇給していき給与も増えていくという循環になるため、給与がモチベーションになる方にとっては激務だとしても良い環境と言えます。

職場環境としては、社内で研修制度等はありますが、基本的には自分で学びながら成長していくスタイルを採っているので、主体的に考えながら行動できる方には合っている企業と言えます。手厚い指導等はないので、即戦力になれない場合は厳しいでしょう。

ワークスアプリケーションズ転職に必要なスキル

ワークスアプリケーションズでは、R&Dエンジニア職を除いて、未経験者にも門戸が開放されています。採用職種としてはエンジニア職、営業職がメインです。

いずれの場合にも、企業理念である「日本企業の情報投資効率(ROI)を世界レベルへ」に共感した上でゼロから新しいサービスを生み出そうとする気概があることが求められます。そのために必要なスキルとして、リーダーシップや粘り強さが求められます。エンジニア職の場合はERPに関する業務経験があれば歓迎されるでしょう。

また、ワークスアプリケーションズでは裁量労働制やフレックスタイム制など自由な労働環境が整っている分、セルフマネジメント力があることも求められます。実力があれば柔軟に働ける環境が整っていると言えるでしょう。

ワークスアプリケーションズへの転職に向いている人

ワークスアプリケーションズに合う方は以下のような要素を持っている方でしょう。

  • 諦めずに目指す姿を描きその姿に向かってプランニングし行動できること
  • セルフマネジメントを行った上で自由に裁量を持って仕事をしたいと思っていること
  • 激務でも成果を出して給与金額をアップさせたいと考えていること

ワークスアプリケーションズで働くことで高年収はもちろん、さまざまな日本企業の現状把握や改善案の提案、実施ができるので、挑戦的な環境でスキルアップしたい方には合っている企業です。

ワークスアプリケーションズへの転職を検討している方がすべき1つのこと

ハイクラス求人を扱っている転職エージェントに登録してみてください。
その理由は下記3点です。

  • Webには出てこないワークスアプリケーションズのリアルな情報が手に入る可能性がある
  • ワークスアプリケーションズおよびその他企業の非公開求人を紹介してもらえる
  • 面接対策や年収アップ交渉をしてもらえるため、効率的に転職活動ができる

    ワークスアプリケーションズへの転職を目指す方へのおすすめエージェント

    ワークスアプリケーションズを目指す方にオススメな転職エージェントは以下です。

    転職エージェント登録すべき人
    ランスタッド高年収を目指す、すべての方
    Type転職エージェント年収800万以下のすべての方
    アクシスコンサルティングコンサルタント転職を目指す、すべての方

    ランスタッド

    ランスタッド

    ランスタッドは、オランダで1960年に創業された世界最大級の総合人材サービス企業。39の国と地域で活動し、日本には93の拠点があります。

    年収1000万以上を目指すプロフェッショナル向けサービスを提供しています。

    世界規模の企業であるため、外資系やグローバル企業への転職支援実績も多数あり、下記の3つのメリットがあります。

    • 市場動向を把握した専任コンサルタントによるマンツーマンサポート
    • 全体の約80%が非公開求人
    • キャリアアップからワークライフバランス重視まで幅広い提案を受けられる

    特にハイクラス企業を得意としており、戦略的なキャリア形成のサポートをしてくれます。転職に関する支援サービスはもちろん無料です。

     ランスタッド公式サイト:https://www.randstad.co.jp/professionals/

    Type転職エージェント

    @type

    Type転職エージェントは総合転職サイトで、年収400万から800万の転職支援を得意としています。

    エンジニア転職などにも力を入れているため、開発経験がある方にもオススメしたいエージェントです。

     Type転職エージェント公式サイト:https://type.career-agent.jp

    アクシスコンサルティング

    アクシスコンサルティング

    アクシスコンサルティングは、特にコンサル業界に強みを持ち、約5,000名の現役コンサルを含む約20,000名もの転職志望者の支援をした実績があります。

    その実績による信頼からコンサル業界と強いパイプがあり、下記の3つのメリットがあります。

    • 業界を熟知した質の高いサポート
    • 全体の77%が非公開求人
    • 平均支援期間は3年 中長期に渡る支援が受けられる

    信念として「生涯のキャリアパートナー」を掲げ、本人のキャリアプランから「今は転職する時期ではない」と判断すれば無理に転職を薦めないなど、視野の広いサポートが受けられるのも特徴です。

     アクシスコンサルティング公式サイト:https://www.axc.ne.jp

    ワークスアプリケーションズを含むキャリアアップを目指す全ての方へ

    転職はタイミングが重要です。そして、自分の市場価値を認識することがキャリアアップへの近道です。キャリアおよび年収を上げるなら、売り手市場である今がベストです。

    ハイクラス転職に向けて、複数の転職エージェントに登録し比較しするのも転職可能性を高めるポイントです。自分の目的に合ったエージェントを確保し、しっかり活用していきましょう。

    皆様の転職が成功することを願っています。

    [email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

    記事が役に立ったら
    フォローをお願いします。

    ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

    Twitterも随時更新しています