フリーコンサルが安定して案件を獲得できる営業手法【プロが解説】

フリーランスとしてコンサルタントをスタートしたけれど、仕事が継続的に入るわけではなくマッチングサービスのアカウントをそのままにしているという人もおられるのではないでしょうか。

どんな仕事でも、安定して稼げるようになるまでは時間と努力がいるものです。

  • はじめたばかりで案件を取るには?
  • その後も安定して稼いでいくには?

この記事ではフリーコンサルが継続的に案件を獲得するための営業手法を解説します。

フリーコンサルは新規営業が必要

ノウハウを切り売りするコンサルタントでも仕事を得るには営業活動が必要で、フリーならばなおさらです。

たとえば単純な拘束時間をベースに考えると時給が高く見えるコンサルタントの仕事ですが、その裏にはコンペに応募して案件を勝ち取る努力が隠れています。

フリーコンサルには新規営業スキルが求められます。

特に駆け出しの人にはハードルが高く感じられると思いますが、自分に合った案件を、正しい方法で営業していくことが重要です。

フリーコンサルの営業方法

それでは早速、実施にフリーコンサルがどのように案件を獲得しているのか事例を紹介します。

知人からの紹介

ハードルは高く感じますが、一番確実なのは知人からの紹介です。

とはいっても、学生時代の友人など本当に仲のいい人に友情が壊れるリスクを取って相談する必要はありません。

これまでの仕事で関わった人や勉強会などで出会った人まで裾野を広げ、機会をみて「フリーコンサルをはじめました」と挨拶をすると意外と好意的なレスポンスがあるものです。

特に営業などのフロントの仕事をする人ならば試してみる価値があると思います。

また、マッチングサービス上で自分と同じ学校出身や会社出身の発注者を探してアピールするのも、より広義の交友関係を活用した営業活動といえます。

スポットコンサル

続いて、長期案件が途切れた時には短期、短期案件が途切れた時にはスポットコンサルとしての仕事をするのが有効です。

スポットコンサルから次のスポットコンサルの仕事、そして短期案件、長期案件とより安定的な仕事に発展していく可能性があります

発注者としては、なるべくいい人を採用したいため、まずはスポットでお試しをして成果を見たり、いい人がいれば長期的に仕事をお願いしたいと考えているものです。

関連記事

1回あたり数時間のインタビューや打合せで専門性を提供する「スポットコンサル」という働き方。本業とシナジーのある分野で気軽にはじめられる副業として、注目を集めています。 本当に簡単にはじめられるの? 時給の相場はど[…]

スポットコンサル 比較 得意領域 案件数

一般的に契約期間が短いほど単価は割高になるので、考え方によっては新しい顧客にも出会え、またキャッシュインカムの面でも長期案件と同等、あるいはうまくいけばそれ以上を稼げるチャンスも広がっています。

安定性は長期案件の方が高いですが、スポットコンサルをうまく組み合わせるのもテクニックです。

フリーコンサルエージェント・マッチングサービス

これまで紹介した2つと並行して、フリーコンサルのエージェントやマッチングサービスも上手く活用するようにしましょう。

既に登録しているという人も、隠れた使い方や工夫が隠れているものです。

マッチングサービスの定番といえば、日本のフリーコンサルの先駆け的存在のビザスクです。

会員数は10万人を超え、毎月2000件以上の案件が成立。案件が多い一方で、会員数も多いためフリーコンサル同士の競争もあります。

発注主にレビューを書いてもらったりプロフィールやポートフォリオを更新してもらうなど、工夫を重ねてコンペで案件を少しずつ勝ち取らなくてはなりません。

対してフリーランスのエージェントは、フリーランスとクライアント企業を人の手でマッチングしてくれるサービスです。

エージェントは一人一人の職歴や専門性を客観的に評価して案件に導いてくれるのが魅力で、最近注目を集めています。

効率的に案件を獲得するならエージェントを活用する

フリーランスとして効率的に案件を獲得したいなら、ぜひエージェントも活用しましょう。

マッチングサイトには登録しているけれど、エージェントまでは使ったことがないという人が意外と多いフリーランス業界。

マージンが高かったり案件選択の自由度が失われたりするネガティブなイメージもありますが、競争が高まる昨今はエージェントを使ってでも質の良い人と出会いたいという発注者も増えています

メリットとしては、安定的な案件を受注しやすくなるだけでなく、面談同席など客観的なアドバイスや稼働率・報酬などの条件交渉を担ってくれるためより仕事に集中しやすくなります。

最近では確定申告の事務代理などサービスも多様化していて活用できる場面も増えています。

これまで活用したことがない人はぜひ登録してみてください。

特徴

フリーコンサルBizコンサル転職のトップランナーがフリーのキャリアもサポート
ハイパフォコンサル自社のサブコン案件にアサインされるため、高単価で安定的
フリーコンサルタント.jp60秒で登録可能!中小企業やベンチャーの案件も多数

フリーコンサルBiz

フリーコンサルBiz

フリーコンサルBizは、コンサルに特化した人材エージェントのアクシスコンサルティングが運営するフリーコンサルタント向けエージェント。

フリーコンサルBizではフリーで活躍中の人やこれからフリーになることを目指す人向けの案件紹介を行っています。

長年のキャリア支援により培われた人脈を活かした大手事業会社や上場企業からのプライム案件や高単価案件が多いことが強みです。

受注までの流れは、アドバイザーとのキャリア面談後にマッチングされた企業との面接を行います。

さらに案件稼働中も働き方や今後のキャリアプランについて継続的に相談に乗ってくれるため、ミスマッチやクライアントとのトラブルも心配ありません。

戦略や総合コンサルファームで2〜3年以上、あるいは事業会社で専門性を身につけた人であれば、確実にそのスキルを活かすフィールドがあります。

そしてフリーコンサルBizを使えば、フリーで活躍した後にまたコンサル会社を紹介してもらい就職する、その後ライフステージに合わせてまたフリーになるといったハイブリッドなキャリアビルディングも可能なのが魅力です。

ハイパフォコンサル

ハイパフォコンサル

INTLOOP社が運営するハイパフォコンサルも、フリーを含むコンサル業界のプロジェクトのエージェントとして16年の実績を誇ります。

案件紹介から契約締結までのフローも丁寧と評判で、登録者数は24,000人以上。

また働いた分は翌月15日と業界最速のスピード感で支払われるのも、キャッシュフローが重要なフリーランスにとっては大きな魅力です。

そんなハイパフォコンサルの最大の特徴は、自社で受けているサブコン案件にフリーをアサインしてくれる点です。

中間業者が増えると利用者にとっては取り分が少なくなるように見えますが、実は事業会社から直接受注するよりもサブコンとして会社で受注する方が単価は高くなる傾向にあります。

せっかくフリーで活動しているのにサブコンとして働くのは少し形式的に感じる人もいますが、安定的にしっかりと稼げることに定評があります。

フリーコンサルタント.jp

フリーコンサルタント.jp

「大人のインターン」など「みらいの働き方」を追求するコンセプトで先進性の高い事業を展開するのが、みらいワークスが運営するフリーコンサルタント.jp

創業から10年未満の後発サービスながら、たった60秒の簡単登録やマッチングノウハウの高いコーディネーター、そして自社メディアでのフリーコンサルタント向けの情報発信が魅力

取引実績は既に480社以上で、フリーコンサルタント登録数では既に日本最大級を誇る新進気鋭のエージェントです。

大手企業だけでなく中規模企業やベンチャーまで幅広いカバー範囲なので、多様なプロジェクトで経験を積んでキャリアの幅を広げたい人におすすめです。

中小企業をカバーするエージェントは少ないため、単に案件を増やすだけではなくポートフォリオをアップデートしたい人や中小企業やベンチャーを顧客とする経験を積みたい人は、ぜひ登録してみる価値があります

関連記事

コンサルとして経験を積むと、フリーで独立することで年収を大幅アップする人の噂を聞くことがありませんか? 稼げるとはいえ不安定じゃないの? そもそもどうやって案件を取るの?フリーランスになろうか悩んでいる現役コ[…]

フリーランス コンサルタント 案件紹介 サービス比較
  • コンサルタントの転職に強い転職サイトランキング転職サポート力
    1位アクシスコンサルティング

    コンサルやIT出身者が多いキャリアアップに特化したエージェント

    2位マイナビエージェント

    転職支援のサポートが手厚く、案件数は業界トップクラス

    3位JACリクルートメント

    年収600万以上のハイキャリア案件特化型エージェント

    4位ランスタッド

    海外転職や外資系転職には強みがあり、独自案件も多数保有

    5位パソナキャリア

    年収問わず手厚いサポートで満足度が高い