プロフェッショナルハブの口コミや評判は?案件やサービスの特徴を解説(旧コンサルタントジョブ)

Professional Hubは、ハイクラス案件を得意とする案件紹介エージェントです。

月単価120万円以上の高額案件が豊富にあり、案件開始後も担当者に相談できるなどサービスが手厚いことでも知られています。

ただ、サービス開始が2018年でまだ歴史が浅いので心配、公開案件が少なくどのような案件を扱っているのかわかりにくい、などサービスを不安視している方もいらっしゃるでしょう。

そこで、この記事では、プロフェッショナルハブ(旧コンサルタントジョブ)の実際の評判・口コミや案件単価、利用が向いている人、向いていない人などについて詳しく解説します。

>>フリーコンサルにおすすめの案件紹介エージェント・マッチングサイト12選

プロフェッショナルハブとは?

プロフェッショナルハブとは?

プロフェッショナルハブ(旧コンサルタントジョブ)は、フリーコンサルタントに特化した案件紹介エージェントです。

サービス開始が2018年8月1日で、老舗のエージェントと比べると歴史が浅いものの、コンサルティング会社を親会社に持ち、多くの企業との取引実績があることや、企業向けのサービス展開から得られた独自ネットワークがあることなどから、高単価のプライム(直受け)案件を多く保有しています。

選考書類や面談対策、クライアント企業との条件交渉、案件稼働中のフォロー、案件終了後のフォローやキャリアアップ支援など、専任エージェントによる各種サポートの質が高いことでも知られています。

また、勉強会や研修もあり、フリーランス同士の交流やスキルアップの場として活用できます。

なお、サービス名は、2023年7月11日に、旧名称の「コンサルタントジョブ」から「プロフェッショナルハブ(Professional Hub)」に変更されました。

プロフェッショナルハブの公式サイトで無料登録

プロフェッショナルハブの会社情報

プロフェッショナルハブの会社情報

プロフェッショナルハブの運営会社の会社情報をご紹介します。

社名株式会社エル・ティー・エス リンク(LTS Link, Inc.)
所在地〒107-0051 東京都港区元赤坂1丁目3-13 赤坂センタービル14F
代表者代表取締役 高倉 敏行
設立2008年3月
事業内容
  • 日本最大級のIT人材マッチングプラットフォーム運営「assign navi
  • プロフェッショナル人材による経営・事業の課題解決支援サービス「Professional Hub
  • 自社・顧客・IT業界の成長を目指すIT企業向けの会員制コミュニティ「グロースカンパニークラブ
  •  IT・コンサルティング業界で働く人向けメディア運営「H!NT
得意領域LTSグループ、SIer、コンサルファーム、事業会社、戦略コンサル、業務コンサル、ITコンサル、エンジニア
案件数非公開(2024年2月23日時点)
主な求人職種ITエンジニア・PMO・コンサルタント など
対応エリア全国
登録免許有料職業紹介:13-ユ-311001
コーポレートサイトhttps://professional-hub.jp

公式サイトより作成)

プロフェッショナルハブの案件単価

プロフェッショナルハブの案件単価

プロフェッショナルハブの案件単価は、平均で月額136万円(稼働率100%)です。

年間を通じてこのレベルの案件をこなす場合の年収目安は1632万円(136万円×12か月分)で、一般的にフリーコンサルタントの年収相場と言われている1000~1500万円の範囲を上回ります。

ただ、フリーランスの人は、必ずしも年間を通じて稼働率100%で働くわけではなく、育児や介護、家事、趣味等の時間を確保するため稼働率を低くする人も多くいます。

仮に年12か月のうち8か月間、平均単価レベルの案件をこなすとすると、年収目安は1088万円(136万円×8か月分)となり、この水準の案件をある程度以上受注すれば稼働率を抑えても一般的な年収レベルが想定できます。

プロフェッショナルハブの公式サイトで無料登録

プロフェッショナルハブの案件例

プロフェッショナルハブの案件例

プロフェッショナルハブの案件例を3件ご紹介します。

案件例1 会計システム導入プロジェクト 構想策定ITコンサルタントメンバー募集

案件例1

公式サイトより)

会計システムの導入プロジェクトにおけるITコンサルタント案件で、案件単価は140~200万円(スキル見合い)となっています。

案件例2 【海外】アメリカでの共通システム化プロジェクト 推進支援(PMO)

案件例2

公式サイトより)

アメリカを拠点とした長期のPMO案件で、ビジネスレベルの英語力やPMO経験などが人材要件となっています。

案件単価は120~170万円(スキル見合い)、海外出張旅費は別途清算となっています。

案件例3 小売業向けの業務支援 コンサルタント募集

案件例3

公式サイトより)

小売業に対する業務コンサル案件で、複数名いるメンバーのリーダー補佐的役割も担う内容となっています。

案件単価は100~130万円(スキル見合い)で、勤務は都内出社とリモート併用となっています。

プロフェッショナルハブを利用するメリット

プロフェッショナルハブを利用するメリット

プロフェッショナルハブを利用すると、次のようなメリットがあります。

高単価案件が豊富

プロフェッショナルハブは、月単価が120万円以上のハイクラス案件が豊富にあり、平均単価は136万円となっています。

実際の案件募集を見ると、多くの案件に「スキル見合い」の条件がついていて、その人のスキル次第で金額の上下はあるものの、全体的に高単価なので、順調に仕事をこなせば年収1000万円以上の水準を狙えるでしょう。

手厚いサポートを受けられる

プロフェッショナルハブは、親会社がコンサルティング会社で、その経験・実績を生かした充実したサポートを受けることができます。

事前ヒアリングを踏まえた質の高いマッチングに加え、通常、個人ではなかなかやりにくい案件契約前の条件交渉(単価、勤務時間、業務内容等)もしてくれますし、案件開始後のスコープ管理、孤立感などの相談にも乗ってくれます。

優良企業との取引による直案件が多数

プロフェッショナルハブは、親会社がコンサルティング会社であることや、企業向けのサービスから得られた独自ネットワークを有しており、多くの優良企業・大手上場企業、コンサルファーム、SIer等との取引実績があります。

このコネクションにより、高単価のプライム(直受け)案件を多数獲得できています。

プロフェッショナルハブの公式サイトで無料登録

プロフェッショナルハブを利用するデメリット

プロフェッショナルハブを利用するデメリット

プロフェッショナルハブを利用するデメリットは、次の通りです。

大手に比べて案件数が少ない

プロフェッショナルハブは、サービス開始からの歴史が浅いこともあり、案件数は大手に比べると少ない現状です。

高単価案件の割合は高いものの、そもそもの案件数が少ないため、豊富な選択肢から案件を選びたい方は他のエージェントも併用することをおすすめします。

公開案件が少なく検索や絞り込みもできない

プロフェッショナルハブでは一部の案件が公式サイトに公開されていますが、公開案件はあまり多くはありません。

また、条件検索や指定項目による絞り込みなどもできず、検索・絞り込みをして探したい方にとってはデメリットと言えます。

コンサルタント未経験で紹介してもらえる案件は少ない

プロフェッショナルハブはコンサルタント向け案件を得意とするエージェントで、案件内容に適した人材をマッチングするため、コンサルタント経験が浅い人や未経験者には紹介してもらえる案件があまりありません。

プロフェッショナルハブに登録して感じた実際の評判・口コミ

プロフェッショナルハブに登録して感じた実際の評判・口コミ

プロフェッショナルハブに登録して感じた実際の評判・口コミをご紹介します。

評判・口コミ
自分の希望条件(稼働率やスキルセット)に対して合致する案件の中でも、より「良い案件」を紹介していただけました。 (SAP(主に会計領域)コンサルタント)
評判・口コミ
コンサルティングや開発経験のある方が担当についてくれたので、スムーズに自分の希望や不安を話すことができ、初めての面談まで1週間もかかりませんでした。 (戦略・業務改革・BPRコンサルタント)
評判・口コミ
担当者が自分の立場になって会話をしてくれたことで、案件のミスマッチが起きませんでした。 自分では顧客に聞きにくい評価を担当者から聞ける点は助かっています。 (業務改革(主に製造業)コンサルタント)

(公式サイトご利用者の声より一部抜粋)

プロフェッショナルハブの良い評判・口コミとしては、担当者によるサービスの質が高い旨の声が目立ちました。

プロフェッショナルハブで登録者にヒアリングや案件紹介を行う担当者(専任エージェント)は、案件紹介経験や各種実務経験者が揃っていて、サポートが高品質であることで知られていますので、この点が口コミにも反映されていると考えられます。

プロフェッショナルハブの悪い評判・口コミ

プロフェッショナルハブの悪い評判・口コミは、現在のところ見当たりませんでした。

まだサービス開始からの年月が短いことや、利用者の多くがサービスに満足していることが理由として考えられます。

悪い評判・口コミが見つかれば、こちらで改めてご紹介します。

なお、運営会社の株式会社エル・ティー・エスについては、プロフェッショナルハブのサービス開始前には待遇や社風に関して次のようなマイナス面の口コミも散見されましたが、他の口コミによると現在は改善されているようです。

評判・口コミ
ベンチャー企業のため、退職金や各種手当(住宅や家族)などはない。 (男性、IT系エンジニア、正社員、口コミ投稿日:2018年3月2日)
ライトハウス口コミより一部抜粋)
評判・口コミ
クライアントとの距離は近いが、社会との距離はある。 (男性、専門サービス系、正社員、口コミ投稿日:2018年3月2日)

ライトハウス口コミより一部抜粋)

プロフェッショナルハブの利用がおすすめの人

プロフェッショナルハブの利用がおすすめの人

プロフェッショナルハブの利用がおすすめの人は、次のような人です。

コンサルタントとしてのキャリア・スキルがある人

プロフェッショナルハブは、コンサルタント向けのハイクラス案件を多く扱っているため、コンサルタントとして十分なキャリア・スキルがある人には、ぜひ利用をおすすめします。

高単価案件を継続して受注したい人

プロフェッショナルハブは高単価案件が豊富なので、高単価案件を受注したい人に利用がおすすめです。

また、案件終了1~2か月前から次の案件選定をサポートしてもらえるので、継続的に案件を受注したい人にも利用が向いています。

充実したサポートを受けたい人

プロフェッショナルハブの専任エージェントは、マッチングやキャリア支援の経験が豊富なので、独立の相談、長期的な相談などに対しても手厚くサポートしてもらえます。

フリーランスは相談できる相手がなかなかいないため、ともすれば孤独になってしまいますが、プロフェッショナルハブなら専任エージェントに相談が可能です。

プロフェッショナルハブは、親会社がコンサルティング会社であることもあり、幅広い領域の案件を紹介してもらうことが可能なので、スキルアップ・キャリアアップを考えて新たな領域にチャレンジしたい場合などにも良い案件を提案してもらえます。

プロフェッショナルハブの公式サイトで無料登録

プロフェッショナルハブの利用に向いていない人

プロフェッショナルハブの利用に向いていない人

プロフェッショナルハブの利用に向いていない人は、次のような人です。

コンサルタントとしての経験が浅い人・未経験の人

プロフェッショナルハブは、コンサルタントとしての経験が浅い人や未経験の人向けの案件が少ないので、そのような人は利用があまり向いていません。

ただ、コンサルタント経験の有無に関わらず登録はできるので、登録して専任エージェントに相談しながら経験を積んでいくといった利用方法は可能です。

高額案件には興味がない人

プロフェッショナルハブは、高額案件が中心ですが、高額案件はそれに見合う高いスキル・専門性が求められます。

ハイクラス・エグゼクティブ案件には興味がなく、一般社員クラス向けの仕事をしたい方向けの案件はほとんどありませんので、そのような方は利用が向いていません。

案件を自分で検索して探したい人

プロフェッショナルハブは、非公開案件が大半で公開案件は限られている上、条件検索等ができないので、自分で条件を設定して検索したり絞り込んだりして案件を見つけたい方には、利用が向いていません。

プロフェッショナルハブ以外でおすすめしたいエージェント

プロフェッショナルハブ以外でおすすめしたいエージェント

プロフェッショナルハブは、高単価案件が比較的多いものの、案件数自体が少ないため、他の案件紹介エージェントと併用することをおすすめします。

プロフェッショナルハブ以外でおすすめしたいエージェントを3社ご紹介します。

POD

POD公式サイト

運営会社

株式会社ワークスタイルラボ

公式サイト

https://pod.jp/

公開案件数

548件(2024年2月23日時点)

職種

PM/PMO、経営/戦略、IT関連・SAP、戦略系、その他

POD(Professionals On Demand)は、フリーコンサル向けの案件紹介エージェントです。

大手ファーム出身者がキャリア面談を行い、登録者の強みが生かせる案件をマッチングしてくれます。

ITや戦略、PM・PMO等の領域に強く、事業会社等からの直受け案件を多数保有していて、プロフェッショナルハブとは異なる案件も多数保有していると考えられます。

高単価・好条件案件が豊富にありますが、非公開求人が全体の85%を占めているので、案件情報を知りたい方は、まずは登録してみることをおすすめします。

PODの公式サイトで無料登録

>>ワークスタイルラボ(POD)の口コミや評判は?実際の利用者の声や案件特徴を解説

プロコネクト(Pro Connect)

プロコネクト公式サイト

運営会社

株式会社WorkX

公式サイト

https://pro-connect.jp/

公開案件数

非公開(2024年2月23日時点)

職種

IT、PMO、戦略、業務改善、その他

プロコネクト(Pro Connect)は、ハイクラス人材を活用したいクライアント企業とハイクラス人材とをマッチングするプラットフォームサービスです。

登録には書類審査があり、合格者のみが利用できるため、高いスキル・専門性を期待するクライアント企業から、高単価・好条件の案件依頼が多数あります。

中間マージンを公開している点も特徴で、そのパーセンテージも8%~15%と低く、利用者に寄り添ったサービスと言えます。

クライアント企業から直接受注できるプラットフォーム型サービスは、短期間で効率的に契約できるため、すぐに案件に参画したい方におすすめです。

また、エージェント型サービスもあるので、案件を探して紹介してほしい方、サポートを受けたい方も利用できます。

プロコネクトの公式サイトで無料登録

>>プロコネクト(ProConnect)の口コミや評判は?低マージンや案件の特徴を解説

ハイパフォコンサル

ハイパフォコンサル公式サイト

運営会社

INTLOOP株式会社

公式サイト

https://www.high-performer.jp/consultant/

公開案件数

8,072件(2024年2月23日時点)

職種

PM・PMO、IT関連、SAP、戦略系、その他

ハイパフォコンサル(High Performer Consultant)は、業界トップクラスを誇るフリーランスコンサルタント向けのエージェントです。

案件数が豊富で、案件領域もIT、戦略系、PMOなど幅広くあります。

一部上場企業や外資企業等からの直受け案件が多数あり、案件単価も180万円のものが多いため、金額面を重視する方におすすめです。

支払いサイトが短く、最短で月末締め、翌月15日払いと業界最速水準となっています。

社会保険・税金関係の相談や案件アサイン後のフォローアップなどもあり、フリーランスを始めたばかりの方や資金繰りに苦戦している方にとっても利用しやすいサービスと言えます。

ハイパフォコンサルの公式サイトで無料登録

プロフェッショナルハブに登録から内定までの流れ

プロフェッショナルハブに登録から内定までの流れ

プロフェッショナルハブに登録してから内定までの流れは、次の通りです。

STEP1 無料登録

公式サイトの登録フォームに名前や連絡先を入力し、会員登録します。

経歴書・履歴書が準備できている場合は、ファイルを添付します。

STEP2 事前ヒアリング

担当者から連絡があるので、日程調整の上、ヒアリングを受けます。

希望する領域や稼働率、勤務地、その他希望する条件などがあれば、担当者に伝えます。

STEP3 マッチング

事前ヒアリングの内容と照らして希望に合う案件が見つかれば、案件情報が紹介されます。

STEP4 案件参画

クライアント企業と面談等を行い、双方が良ければ、条件を確認の上、契約し、案件に参画します。

プロフェッショナルハブの公式サイトで無料登録

【2023年11月】プロフェッショナルハブの注目ニュース

【2023年11月】プロフェッショナルハブの注目ニュース

2023年11月現在のプロフェッショナルハブの注目ニュースをご紹介します。

プロフェッショナルハブに関する疑問

プロフェッショナルハブに関する疑問

プロフェッショナルハブに関してよくある疑問をご紹介します。

プライム(直請け)案件はありますか?

多数取り揃えています

プロフェッショナルハブは、グループ会社や取引企業など独自の幅広いネットワークにより、プライム(直受け)案件を数多く保有しています。

フルリモート案件はありますか?

フルリモート案件もあります

公式サイトに公開されている案件情報は掲載が少なく、絞り込みもできないため、詳細を確認されたい方は無料登録のうえ担当者に希望を伝えてみてください。

地方での案件はありますか?

プロフェッショナルハブでは、親会社を含む幅広いネットワークを生かし、様々なタイプの案件を扱っていて、地方での案件もあります。

ただし、やはり首都圏の案件が多く、地方での案件はさほど多くはないので、地方での案件を探したい場合はプロフェッショナルハブ以外のエージェントも併用することをおすすめします。

副業での利用は可能ですか?

プロフェッショナルハブは、スポット案件、低稼働案件、副業向きの案件など様々な案件を扱っており、副業での利用も可能です。

登録後、担当者による事前ヒアリング時に、稼働時間帯、勤務場所などの希望条件を伝えておけば、条件に合致する案件が見つかり次第、紹介してもらえます。

プロフェッショナルハブの評判まとめ

プロフェッショナルハブの評判まとめ

プロフェッショナルハブ(旧コンサルタントジョブ)の評判・口コミや利用するメリット・デメリット、案件例などについてご紹介しました。

プロフェッショナルハブは、高単価案件の割合が高く、専任エージェントによるサポートも充実していて利用しやすい一方、大手に比べて案件数が少ない、公開案件の検索や絞り込みができない、といったデメリットもあります。

そこで、記事内では、プロフェッショナルハブ以外にもおすすめのエージェントを3社ご紹介しました。

各エージェントは得意とする領域や独自の非公開案件が異なっているため、1社のみの利用では、得られる案件情報に偏りが出る可能性があります。

案件をより堅調に受注するため、プロフェッショナルハブを含む複数のエージェントに登録することをおすすめします。