ADKは、日本国内を代表する大手広告代理店で、電通と博報堂に続き第3位の売上を誇る企業です。創業は1999年で、他の大手2社に比べると歴史が浅い企業です。元は株式会社旭通信社と第一企画株式会社の2社が合併してできた会社になります。

ADKはイギリスの世界最大広告代理店グループであるWPPと約20年資本提携を行っていましたが、今年2017年10月にその提携に終止符を打ち、米投資ファンドであるベインキャピタルの実施するTOB(株式公開買い付け)によって同ファンドの傘下に入ることになりました。これに伴って、上場が廃止になります。

ちょうど新たな変革期にあるADKですが、そんなADKの年収や中途で採用される人の特徴を整理してみました。

ADKの年収は上場企業の平均よりは高い

ADKの年収を独自に調査した結果、年代別に見ると大体以下のような推移のようです。

  • 20代前半 360~480万円程度
  • 20代後半 430~550万円程度
  • 30代前半 500~650万円程度
  • 30代後半 600~750万円程度
  • 40代以降 640~800万円程度

上記は目安の金額で、各種手当は含まない金額です。実際の支給金額は各個人の評価結果や能力によって異なるので、あくまで参考程度としてください。

ADKでは新卒から3年目までは残業代が支給されますが、4年目以降は見込み残業となるので残業代は別につかない形になります。賞与は別に支給されますが、リーマンショック以降は業績が停滞しておりあまり金額は高くないようです。

ADKは電通や博報堂とは異なりあまり高給とは言えませんが、そうは言っても上場企業の平均年収よりは上回っているので、比較的高い給与をもらえる企業と言って良いでしょう。大体30代から年収は順調に伸びていきますが、800万円程度まで伸びたあとはあまり大きな伸びは期待できません。

ただし、最初に書いた通り、今後ベインキャピタル傘下での経営改革が行われるので、その結果により給与額は変わる可能性があります。今後の動向は注意して確認すると良いでしょう。

ADKの主な事業内容

ADKの主要事業は広告代理業です。他の大手2社との違いとしては、「コンシューマー・アクティベーション・カンパニー」をビジョンとして掲げ、認知獲得やブランディングだけでなく消費者行動にもコミットしていくようなスタンスがあることが挙げられます。

また、ADKの特徴としては、広告代理業だけでなくアニメコンテンツに関する強みが挙げられます。「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」など日本を代表するアニメの制作に関わっている他、「ガンダム」や「ドラゴンボール」など海外にも強い作品もADKが関わっています。売上のほとんどは広告代理業ですが、アニメコンテンツ制作に貢献してきた実績がある珍しい会社です。広告主の売上を最大化するという確固たるビジョンを持っている会社なので、クリエイティブをベースにやりがいのある仕事は多いようです。

ただ、特にリーマンショック以降は、競合企業である電通や博報堂と異なり売上や経常利益の減少が著しく、そういう状況の中ベインキャピタルの傘下で再建を目指しているようです。今すぐ転職しようとしている場合は動向を注視したほうが良いでしょう。

ADKの激務度は?

ADKは広告業界の中では比較的ワークライフバランスが保てる環境になっています。代表的な制度として、ノー残業デーやフレックス制度があります。もともと社風として従業員を厳密に管理しない雰囲気があるので、自立的に過ごしつつ業務を消化していればそこまで残業時間は多くならないでしょう。自分は自分、という放任主義的な風潮の元で働くことになります。

有給休暇も比較的取りやすく、繁忙期は別としても自由に取得できるようです。広告業界としては緩やかな環境でしょう。

その他、オフィスの環境は虎ノ門ヒルズで清潔感があり、社員用のカフェの併設など過ごしやすい環境が整っているようです。フリーアドレスやドラえもん会議室などもあります。家庭と両立しながら働く女性も多く、育児休暇などの制度も充実している会社です。

ある程度ワークライフバランスを保ちながら働ける環境と言えるでしょう。

ADKで必要とされるスキル

ADKでは売上のほとんどが広告代理業を占めている関係で、即戦力としても営業スキルの高い人材を求めています。

具体的なミッションとしては、企業の抱える消費者とのコミュニケーション上の課題を発見してマーケティングソリューションを提供すること、そしてそのソリューションを提供するために社内外のネットワークを活かしながらプロフェッショナルの知を集積してコーディネートできることが求められます。

総合広告会社や事業会社での営業経験が数年あることが必須ですが、その中での具体的な成果や困難を克服した経験などを整理して話せるようにすることが必要でしょう。

ADKへの転職に向いている人

以上の内容を踏まえると、ADKへの転職に向いているのは以下の3点の要素を持ち合わせている人と言えます。

  • 過去に広告会社などでの営業経験があること
  • 既存の枠にとらわれずに柔軟なアイデアを出せること
  • ワークライフバランスを保ちながら広告業界で働きたいこと

ちょうど経営改革期になっていますが、今後の動向に注意しつつADKの飛躍を期待して入社するのも良いでしょう。ぜひ検討してみてください。

LINE@で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています