バークレイズ証券の年収はいくら?年代・職種別・新卒の給与も徹底解説

バークレイズグループは325年以上の歴史を持つ伝統的な外資系金融企業の一つで、個人及び法人向けの銀行業務、投資銀行業務、クレジットカード、資産管理業務等のサービスを提供しています。

日本においては、バークレイズ証券バークレイズ銀行東京支店の二つにより、国内トップクラスの投資銀行として債権や投資銀行サービスなど資本市場業務を包括的に提供しています。

外資系金融機関らしく完全実力主義を採っています。金融業界の中ではブランド力も高く、新卒でも中途でも今後のキャリアを見据えて入社する方も多いです。

当記事では、転職情報プラットフォームの「OpenWork」や「ライトハウス」の口コミデータ等を基に、【バークレイズ証券株式会社】の年収や激務度に関する信憑性の高い情報をお届けします。同社に就職や転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

また、バークレイズ証券の求人情報をいち早くキャッチアップしたい転職者の方は、バークレイズ証券への転職におすすめ転職エージェント3社をご覧ください。

バークレイズ証券の年収
バークレイズ証券の平均年収約1,213万円※1
バークレイズ証券の生涯年収約4億6,094万円※2
証券会社の平均年収約1,462万円※3
日本の平均年収458万円※4
バークレイズ証券の新卒年収650万円

※1:Openwork
※2:22歳〜60歳までの生涯年収
※3:競合関係5社の平均年収
※4:国税庁-平均給与

  •  

    \コンサル・ハイクラス向けおすすめ転職エージェント/

    エージェント名特徴
    MyVision
    MyVision

    コンサル転職エージェントと戦略ファームの出身者が提供するコンサル転職に特化したエージェントサービス

    200社以上のコンサルファームとの強固なコネクションで国内に展開するファームほぼすべてを紹介可能

    キャリア相談から転職後まで一気通貫で徹底サポート

    FlowGroup
    コンサルキャリアロゴ

    未経験からの大手コンサル転職に特化したエージェント。

    アドバイザーは全員が大手・外資コンサル出身で手厚いマンツーマンサポートが強み。

    面接の事前対策なども充実しており、未経験でも大手への転職成功を目指せる。

    アサイン

    20代から30代のハイエンド転職に特化したエージェント。オーダーメイドの選考対策と模擬面接を実施

    大手企業/コンサル業界/外資系の求人が強い

バークレイズ証券の平均年収

バークレイズ証券の平均年収

情報源平均年収/年収範囲
OpenWork1,213万円/750〜2,000万円
ライトハウスデータ不足

バークレイズ証券の平均年収は、OepnWorkによると約1213万円とされています。証券会社の平均年収である約1462万円に比べてやや低いものの、日本の平均年収458万円と比較すると、その差は顕著です。

バークレイズ証券における年収の範囲は、750万円から2000万円と幅広く、職種や経験、能力に応じて大きな差があることが伺えます。特に、新卒の初任給は650万円と高めに設定されており、若手からの注目も高いです。

さらに、バークレイズ証券の年収構成を考慮すると、基本給の他に、ボーナスや賞与が重要な役割を果たしています。年間の業績に応じて変動するため、個々の成果がダイレクトに年収に反映される点は、モチベーションの向上にも寄与していると言えるでしょう。

また、バークレイズ証券は非上場であるため、公開されている情報は限られていますが、業界内での競争力や安定性は非常に高く評価されています。特に、生涯年収においては約4億6094万円という驚異的な数字が示されており、長期的なキャリアを築く上での魅力があります。

バークレイズ証券の平均年収は、高い競争力を持つ金融業界の中でも安定しており、特に長期的なキャリア形成を考えるうえで有望な選択肢と言えるでしょう。

平均年収動向

バークレイズ証券は非上場であるため、過去の年収の推移などが把握できる有価証券報告書の提出がありません。

そのため、平均年収の動向は不明です。

業績と年収の相関

同様に有価証券報告書の提出がなく、官報決算データベースにも業績データが上がっていないため、業績と年収の相関は不明です。

バークレイズ証券の将来性・今後の業績予測

バークレイズ証券の将来性・今後の業績予測

バークレイズ証券の将来性と業績予測について考察する際、まず注目すべきは、同社の強固な市場地位と安定した業績です。

グローバル金融市場において、バークレイズ証券は独自の戦略と革新的なサービスで名を馳せており、継続的な成長が期待されます。

バークレイズ証券は、多岐にわたる金融サービスを提供することで、異なる市場セグメントに対応しています。これにより、市場の変動に強い耐性を持ち、経済の波に左右されにくい事業構造を築いています。特に、資産運用や投資銀行業務の分野では、高い専門性と幅広い顧客基盤を持つことで、競争上の優位性を保っています。

さらに、デジタル化の推進や新しい技術の導入にも積極的であり、フィンテックとの連携やイノベーションの創出により、新たなビジネスチャンスを生み出しています。これは、将来の業績成長に大きく貢献する要素となるでしょう。

また、バークレイズ証券は、持続可能性と社会的責任を重視する姿勢も明確にしており、ESG(環境、社会、ガバナンス)投資への取り組みを強化しています。これは、今日のビジネス環境において重要な要素であり、投資家や顧客からの信頼を高め、長期的な業績の安定に寄与します。

バークレイズ証券の将来性は非常に高く、今後も安定した業績成長を続けると予測されます。そのため、転職を考える際には、同社の長期的なビジョンと成長戦略を考慮することが重要です。

バークレイズ証券の職種別平均年収

バークレイズ証券の職種別平均年収

アナリスト職800~1200万円程度
アソシエイト職1200~1500万円程度
ヴァイスプレジデント職1400~1800万円程度
ディレクター職2500~3000万円程度
マネージングディレクター職3000~5000万円程度

バークレイズ証券の職種別平均年収は、各職種の専門性と責任範囲に応じたものとなっており、同社が提供する高度な金融サービスの範囲と深さを反映しています。

  • アナリスト職:金融業務の基礎を担い、800万円から1200万円程度の平均年収が設定されています。アナリストは分析や基本的な業務遂行に重点を置いており、専門知識と技能の発展段階にあります。
  • アソシエイト職:より複雑な業務と責任が伴い、平均年収は1200万円から1500万円程度です。アソシエイトはプロジェクト管理や顧客とのより密接な関わりを持ち、成果に対する責任が高まります。
  • ヴァイスプレジデント職:重要な意思決定に関与し、チームやプロジェクトのリードを担うため、平均年収は1400万円から1800万円程度となります。ヴァイスプレジデントは組織内でのリーダーシップと高度な専門性を要求されます。
  • ディレクター職2500万円から3000万円の平均年収が設定されており、大規模なプロジェクトや部門の運営を担います。ディレクターは組織内での戦略的な役割を果たし、業務全体の方向性を決定します。
  • マネージングディレクター職3000万円から5000万円の範囲の平均年収を有しており、企業の重要な決定や戦略立案に直接関わることが多いです。マネージングディレクターは組織の最前線で活動し、高度な専門性と経営能力を発揮します。

バークレイズ証券の職種別平均年収は、職種の専門性・責任範囲・市場価値に基づいています。これにより従業員はその能力と貢献度に応じた適切な報酬を得ることができ、企業は多様な才能を公正に評価し、高いパフォーマンスを促進しています。

バークレイズ証券の年代別平均年収

バークレイズ証券の年代別平均年収

部門3年未満3年〜5年5年〜10年10年以上
アナリスト750万円2,000万円
営業800万円1,500万円
マーケット2,200万円
株式850万円
商品開発2,500万円
マーケティング2,000万円
ディーラー2,500万円
オペレーション700万円

バークレイズ証券における年代別の平均年収は、従業員の経験と役職の上昇に伴って変化します。金融業界において、経験と知識は重要な資産であり、これが反映された報酬体系が整っています。

  • 勤続3年未満の従業員アナリストの平均年収は約750万円、営業は約800万円、マーケット部門は約2,200万円です。この時期はキャリアの初期段階にあたり、基本的な業務スキルと業界知識を習得する時期です。報酬は相対的に控えめですが、実務経験を積むことで将来的な昇給の基盤を築きます。
  • 勤続3年〜5年アナリストの平均年収は約2,000万円、株式部門は約850万円、営業は約1,500万円へと昇給します。この段階では、専門性が高まり、より複雑な業務やプロジェクトの管理が可能になります。これに伴い、報酬も増加します。
  • 勤続5年〜10年の従業員商品開発の平均年収が約2,500万円、マーケティングは約2,000万円、ディーラーは約2,500万円になります。この期間は、専門性がさらに深まり、より大きな責任と影響力を持つポジションに就くことが多くなります。
  • 勤続10年以上の従業員オペレーション部門では約700万円の平均年収となります。この時期には、専門知識と経験が豊富なシニア職員が多く、組織内での重要な役割を担います。

上記は口コミ等の情報で公開されている範囲でまとめたものです。

バークレイズ証券における年代別平均年収は、従業員の成長と経験の蓄積に応じて増加し、キャリアアップの機会が拡大するにつれて、より高い報酬が得られるようになります。

バークレイズ証券の新卒の初任給・年収

バークレイズ証券の新卒の初任給・年収

バークレイズ証券における新卒の初任給は、約650万円と設定されており、これは金融業界全体の初任給と比較しても高い水準です。

この初任給は基本給のみの額であり、加えてパフォーマンスに基づくボーナスやその他の手当が支給されることもあります。

新卒者は、入社後すぐに専門的な研修プログラムを受け、金融業界の基礎知識と実務スキルを身につける機会を得ます。これにより、新卒者は早い段階から業務に貢献し、キャリアアップに向けた基盤を築くことができます。

また、新卒入社者は、メンターシップやキャリア開発支援などのプログラムを通じて、個々の興味や能力に合わせたキャリアパスを模索する機会も提供されます。これらの支援は、新卒者が自身のキャリアを積極的に形成し、将来的にはより高い報酬と責任あるポジションを目指すための基盤となります。

新卒採用情報

バークレイズ証券はインターンを通じた採用を行っているようです。

詳しくは公式ページをご覧ください。

中途採用情報

中途採用の募集要項はコチラから確認してください。

バークレイズ証券の激務度

バークレイズ証券の激務度

バークレイズ証券においては、投資銀行業務や資産運用、市場関連の職種では、市場の変動に応じた迅速な対応や高度な分析が求められます。これらの要求に応えるため、特に繁忙期には長時間労働や週末の勤務が発生することもあります。

とは言え近年のバークレイズ証券では、業務の効率化と従業員の健康管理に重点を置いています。フレキシブルな勤務体系の導入や、在宅勤務の推進など、仕事と私生活のバランスを取るための制度が整えられています。また、従業員の健康とウェルビーイングを支援するためのプログラムも提供され、ストレス管理や健康増進に対する支援が行われています。

さらに、バークレイズ証券は、従業員のキャリア成長とスキル開発をサポートするための研修やメンタリングプログラムを提供しており、これにより業務の効率化とパフォーマンスの向上が図られています。職場でのサポート体制の充実は、長時間労働の必要性を軽減し、より持続可能な労働環境の実現に貢献しています。

バークレイズ証券における激務度は、業務の性質上避けられない側面がありますが、同時に従業員の健康と福祉を重視した多様な支援策が講じられています。

バークレイズ証券の会社概要

バークレイズ証券の会社概要

会社名バークレイズ証券株式会社(Barclays Securities Japan Limited)
所在地東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー31階
代表木曽 健太郎
設立2005年11月8日
資本金389億4500万円
事業内容金融業務、特に投資銀行業務、国際コーポレート・バンキング部門、グローバル・マーケッツ部門およびリサーチ部門で構成
株式上場非上場

バークレイズ証券は、国際的な金融サービスを提供する企業として、多岐にわたる金融業務を通じて日本およびグローバル市場での強固な地位を築いています。

同社の主な事業内容には、投資銀行業務、資産運用、市場業務などがあります。特に投資銀行部門では、M&Aアドバイザリーや資金調達、リスク管理などのサービスを提供しており、多数の企業や機関に信頼されています。

また、資産運用部門では、個人投資家から機関投資家まで幅広い顧客層に対し、カスタマイズされた投資戦略を提案しています。

バークレイズ証券の強みは、そのグローバルネットワークと専門性の高さにあります。世界各国に展開するネットワークを活用し、国際的な市場動向や情報をリアルタイムで把握し、顧客に対して最適なソリューションを提供しています。

バークレイズ証券の同業界競合他社との年収比較

バークレイズ証券の同業界競合他社との年収比較

競合関係平均年収
OpenWorkライトハウス
バークレイズ証券1,213万円データ不足
ゴールドマン・サックス1,811万円1,519万円
モルガン・スタンレーMUFG証券1,402万円840万円
クレディ・スイス証券1,216万円2,700万円
UBS証券1,699万円データ不足

バークレイズ証券の平均年収は約1213万円とされており、これは競合他社と比較しても競争力のある水準です。

例えば、ゴールドマン・サックスでは平均年収が1811万円、モルガン・スタンレーMUFG証券では1402万円、クレディ・スイス証券では1216万円、UBS証券では1699万円と報告されています。これらの数字から、バークレイズ証券が同業界内で十分競争力のある報酬体系を持っていることが分かります。

特に注目すべきは、バークレイズ証券が提供する報酬の構成です。基本給に加えて、業績に応じたボーナスや各種手当が従業員の総収入に大きく影響します。これにより、個々の従業員の努力と成果が直接報酬に反映される環境が整っています。

バークレイズ証券と競合他社の間には、特定の職種や業務内容に応じた報酬の差も存在します。例えば、フロントオフィスや投資銀行部門では、リスクを取る能力やクライアントとの関係構築能力が高い報酬に直結します。一方、バックオフィスや技術関連の職種では、効率性や専門知識が報酬の基準となります。

バークレイズ証券の給与・評価制度

バークレイズ証券の給与・評価制度

バークレイズ証券の給与体系においては、基本給に加えて業績に基づくボーナスが重要な要素となっています。

ボーナスは、個人の成果だけでなく、チームや部門、さらには企業全体の業績に連動して決定されます。これにより、従業員は自己の業務に加えて、チームや企業全体の目標達成にも積極的に貢献するインセンティブを持つことになります。

評価制度については、定期的なパフォーマンスレビューが実施されます。このプロセスでは、個人の目標達成度、業務への貢献度、リーダーシップやチームワークといった非定量的な要素も考慮されます。これにより、従業員は自身の成長とキャリア開発に対して具体的なフィードバックを受け取ることができます。

結論として、バークレイズ証券の給与・評価制度は、パフォーマンスベースでありながら従業員の成長と福祉を重視するバランスの取れたアプローチを採用しています。

バークレイズ証券の残業時間と残業手当

バークレイズ証券の残業時間と残業手当

バークレイズ証券では、業務の性質上、繁忙期には残業が必要になる場合がありますが、従業員にはその労働に対して適切な残業手当が支払われます。残業手当の計算は、法定の基準に従い、時間外労働に対して正当な報酬が提供されるようになっています。

また、同社では残業時間の適正管理にも力を入れており、従業員が過度な労働によって健康を害することがないよう、積極的な対策を実施しています。例えば、労働時間のモニタリングシステムの導入や、効率的な業務運営のための研修が行われています。

その他の点として、従業員のワークライフバランスを重視し、フレキシブルな働き方を推奨しています。在宅勤務の選択肢やフレキシブルな勤務時間の設定など、柔軟な勤務体系により、従業員が仕事と私生活のバランスを保つことを支援しています。

バークレイズ証券は、従業員が健康的で持続可能な労働環境の中で働けるよう、適切な支援と制度を提供しています。

バークレイズ証券のボーナス・賞与

バークレイズ証券のボーナス・賞与

バークレイズ証券のボーナスは、個々の従業員のパフォーマンス、部門および企業全体の業績に基づいて決定されます。このボーナスは、基本給とは別に年に一度または半年ごとに支給されることが一般的です。

同社の賞与制度は、透明性と公平性を持ち、従業員の努力と貢献を正確に反映するように設計されています。従業員は、自身の業務成果が直接的に報酬に結びつくことを知っており、これが高いモチベーションと生産性を促進します。

また、ボーナス・賞与の計算基準や配分方法を明確にしており、従業員が自身の成果がいかに報酬に反映されるかを理解できるようにしています。これにより、目標達成に向けた努力や、チームや企業全体の目標に貢献するためのインセンティブが提供されます。

バークレイズ証券の福利厚生

バークレイズ証券の福利厚生

バークレイズ証券では、従業員の働きがいと生活の質を高めるために、幅広い福利厚生制度を提供しています。これには退職金制度、住宅補助、社員交流のための制度などが含まれています。

  • 退職金制度:従業員が長期にわたって同社で働いた際の安定と安心を提供します。この制度は、従業員の忠誠心を高め、長期的なキャリア形成を促進します。
  • 住宅補助:会社の借り上げによる賃貸住宅制度があり、従業員が節税しながら快適な住環境を確保できるよう支援しています。これにより、従業員は仕事に集中しやすくなります。
  • 業務時間削減の取り組み:成果主義に基づく働き方が推奨されています。これは、効率的な業務運営と成果の最大化を目指す同社の方針を反映しています。
  • 社員交流のための制度:ヨガ、書道、花道などの習い事が社内で提供されています。これは、従業員のコミュニケーションとリラクゼーションを促進し、職場の雰囲気を良好に保つことを目的としています。

休日・休暇

バークレイズ証券では、法定の休日に加え、年次有給休暇を提供しており、従業員が自由に利用できます。また、ライフイベントに対応するための特別休暇制度も整えられており、産休・育休や介護休暇などが利用可能です。

年間20日の有給休暇が与えられるものの、実際に休暇を取ることは業務の忙しさにより難しいこともあるとされています。

しかし、同社は従業員が必要な休息を取ることを奨励し、休暇の活用を支援する方針を取っています。これには、業務の効率化や時間管理の改善などが含まれ、従業員が充実した休暇を過ごせるように配慮されています。

教育制度

バークレイズ証券では、従業員の専門性とキャリア成長を支援するために充実した教育制度を提供しています。新入社員向けのオリエンテーションプログラムから始まり、専門スキル向上のための継続的な研修が行われます。

また、リーダーシップ開発やキャリアプランニングに関するプログラムも提供されており、従業員が自身のキャリア目標に応じて必要なスキルや知識を身につけることができます。これにより、従業員は自身のポテンシャルを最大限に発揮し、職務上の成果を向上させることが可能になります。

さらに、健康とウェルビーイング に対するサポートも重視されています。従業員の健康を促進するための健康診断、ストレス管理プログラム、フィットネスクラブの利用補助などが提供されており、従業員の身体的・精神的健康を支援しています。

バークレイズ証券の主な事業内容

バークレイズ証券の主な事業内容

バークレイズ証券は、多様な金融サービスを提供することで知られる国際的な金融機関です。同社の主な事業は、投資銀行業務・資産運用事業・市場業務の3つです。

  • 投資銀行業務 :バークレイズ証券の中核事業の一つです。この部門では、企業の合併・買収(M&A)、資金調達、株式・債券の発行といったサービスを提供しています。また、企業戦略の立案やリスク管理のアドバイスなど、顧客に対して包括的なソリューションを提案しています。
  • 資産運用事業:個人投資家から機関投資家まで、幅広い顧客に対して資産運用サービスを提供しています。この部門では、株式、債券、不動産など様々な資産クラスにわたる投資機会を提供し、顧客の投資目標達成をサポートしています。
  • 市場業務:株式、債券、為替、コモディティなどの市場での取引サービスを提供しています。この部門は、市場の流動性を提供し、価格の透明性と効率性を高めることで、市場参加者に対する重要な役割を果たしています。

このようにバークレイズ証券の事業は多岐にわたり、その専門性と幅広いサービス提供能力を持って国際金融市場での強い存在を示しています。

バークレイズ証券の選考フロー

バークレイズ証券の選考フロー

バークレイズ証券の選考の流れに関する情報は、公式で流されていません。そのため、一般的な証券会社における選考の流れを参考までにご紹介します。

  • 履歴書と職務経歴書の提出:一般的な証券会社の選考プロセスの第一段階では、候補者は履歴書と職務経歴書を提出します。
  • 書類選考:提出された書類は詳細に検討され、候補者の職務経歴や達成した成果が評価されます。
  • 面接プロセス: 一般的には複数の面接ラウンドが行われ、候補者の技術的なスキル、専門知識、問題解決能力、コミュニケーション能力が評価されます。
  • ケーススタディやアセスメント:高度な専門職の場合、ケーススタディやアセスメントが選考に含まれることがあります。
  • オファーの提示:最終段階では、選考を通過した候補者に職務条件や報酬などの詳細が提示され、採用が正式に決定されます。

上記の通り、証券会社の選考プロセスは、候補者の専門性と企業文化への適合性を評価するために厳密に設計されています。

バークレイズ証券の年収と働きがいに対する評判・口コミ

バークレイズ証券の年収と働きがいに対する評判・口コミ

バークレイズ証券の年収と働きがい・企業文化に関する口コミを、OpenWorkから集めました。

「良い口コミ」と「悪い口コミ」に分けてご紹介します。

良い評判・口コミ

口コミ

中途入社 男性
他の金融機関と比べて人がとにかく良い。日本法人の社員数は多すぎず、また少な過ぎず大体500名前後なので中小企業のような規模でちょうどいい。そのため様々なマネジメントや他部署の社員とも交流することもできる。

引用:OpenWork|「組織体制・企業文化」の口コミ

口コミ

中途入社 女性
一緒に働く同僚やチーム、ステークホルダーなどは皆優秀なため、非常に働きやすく、目標をもって前進していくチームにいられることは非常にありがたいことだと思っています。働きがいはやりがいにも通じますので、優秀で人間味のある人たちと仕事ができるのは日常生活にも影響するとおもっています。

引用:OpenWork|「働きがい・成長」の口コミ

口コミ

新卒入社 女性
毎年ベースは上がりますが、プロモーション後は更にベースが上がり、プロモーションボーナスも支払われます。ボーナスは毎年の評価によって変わりますが、今のところ前年より低くなったことはありません。

引用:OpenWork|「年収・給与制度」の口コミ

悪い評判・口コミ

口コミ

中途入社 女性
自己裁量なので長時間勤務を自然に課せられる。外資だが日本企業の悪いところがいっぱいあるような会社で、残業すれば仕事が出来ると思われると勘違いしている人も多く、その雰囲気の中で仕事が終わっても帰宅しないスタッフが多くいることは想像に難くない。

引用:OpenWork|「ワーク・ライフ・バランス」の口コミ

口コミ

中途入社 女性
入社前に聞かされていた仕事内容と入社後の仕事に大きな隔たりがあった。上司に物を申した後、完全に仕事を干された。女性が多く勤務している部署もあるが、間違ったことがあっても、意見があっても上司に進言しない人が残れる会社。また産休あけ社員などはプレッシャーをかけられ、やめていく人が多い。

引用:OpenWork|「女性の働きやすさ」の口コミ

バークレイズ証券で要求されるスキル

バークレイズ証券で要求されるスキル

バークレイズ証券は、常に多くの優秀な人材を採用しています。特に中途採用においては、投資銀行業務やM&Aに関する豊富な経験が高く評価されます。

  • 投資銀行業務の経験:特に中途採用において、過去に投資銀行業務やM&Aに従事した経験がある候補者は、その専門知識と経験によって優遇されます。
  • 分析力と理解力:バークレイズ証券では、数字をロジカルに分析し、相手の意図を正確に理解する能力が必要です。
  • 高い語学力:英語をはじめとする高い語学力も、バークレイズ証券では必須のスキルです。
  • 高精度なコミュニケーション能力:同僚や顧客が世界トップクラスの大学出身の優秀な人材であることから、高いレベルのコミュニケーション能力が求められます。

上記の通り、同社で求められるスキルセットは多岐にわたります。

バークレイズ証券への転職に向いている人

バークレイズ証券への転職に向いている人

バークレイズ証券への転職を検討する際、その企業文化と求められるスキルセットに適合するかどうかは重要な考慮事項です。同社においては、以下の特質と能力が求められます。

  • 高い専門性と知識:投資銀行業務、資産運用、市場業務など多岐にわたるサービスを提供しているため、関連する専門知識や経験を持つ人材が求められます。
  • 強い分析能力と戦略的思考:市場の動向を分析し、複雑なデータをもとに戦略を立てる能力は、バークレイズ証券での仕事において不可欠です。
  • 優れたコミュニケーションスキル:バークレイズ証券では、顧客との強い関係を築くためのコミュニケーション能力が重要です。
  • リーダーシップとチームワーク:チームをリードし、メンバーを励ます能力を持つ人材は、バークレイズ証券の環境で価値を発揮できます。

上記を備えた人材は、同社の競争力ある環境で成功し、キャリアを発展させることが出来るでしょう。

バークレイズ証券への転職におすすめ転職エージェント3社

バークレイズ証券への転職におすすめ転職エージェント

バークレイズ証券は、投資銀行業務・資産運用事業・市場業務の3つを主業務とする名門の証券会社です。また、法人だけでなく個人顧客にもサービスを提供するなど、多角的な社風です。

その特徴を考慮すると、バークレイズ証券の転職におすすめのエージェントは以下の3社です。

転職エージェント特徴

リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト

  • 全国各地から求人が殺到
  • 高年収かつ質の高い求人情報が豊富にある
  • 質の高いヘッドハンターが多数登録しており、自分からアプローチもできる
  • 無料で自分から求人を検索することができる

ランスタッドランスタッド

  • ITエンジニア業界に強いエージェント
  • 市場動向を把握した専任コンサルタントによるマンツーマンサポート
  • 全体の約80%が非公開求人
  • キャリアアップからワークライフバランス重視まで幅広い提案を受けられる
Type転職エージェント@type
  • 開発経験のあるエンジニアにおすすめ
  • 専任コンサルタントによるマンツーマンサポート
  • 非公開求人が豊富
  • 幅広い提案が受けられる

これらの転職エージェントについて、それぞれ特徴を詳しく見ていきましょう。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

運営会社株式会社リクルート
公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/
公開求人数274,690件(2024年5月7日現在)
主な求人職種全職種

リクルートダイレクトスカウトは、その名の通り転職情報サイト大手のリクルート社が運営している転職エージェントです。

高年収が期待されるハイクラス求人に特化していることが特徴であり、約2万件を超えるコンサルティング求人を保有しています。

リクルートダイレクトスカウトのメリット
  • 高年収かつ質の高い求人情報が豊富にある
    • 年収800万円〜2,000万円の高年収求人を多く扱っており、ハイクラス企業の厳選求人も豊富にある。
  • 質の高いヘッドハンターが多数登録しており、自分からアプローチもできる
    • 厳選された4,000人以上の優秀なヘッドハンターを揃え、転職者自らヘッドハンターにアプローチをかけることも出来る。
  • 無料で自分から求人を検索することができる
    • 有料プランに加入せずとも求人の検索・応募が可能。

リクルートというブランドと知名度を最大限に活かすことで、首都圏はもちろん全国各地から求人案件が集約されています。地方で転職を目指している方にとってもおすすめのエージェントです。

バークレイズ証券の求人は公開されていませんが、「金融専門職 1,000万円以上」の絞り込み検索で約1,100件の求人がヒットしました。バークレイズ証券クラスの求人も豊富に取り揃えているため、ぜひ登録してみてください。

ランスタッド

ランスタッド

運営会社ランスタッド株式会社
公式サイトhttps://www.randstad.co.jp/
公開求人数7,564件(2024年5月7日現在)
非公開求人数約32,000件(2023年12月26日時点)※全求人の約80%
主な求人職種ITエンジニア(IT・Web・通信)、事務・管理部門、技術系(機械・電気・電子・化学)、営業 他

ランスタッドは、オランダで1960年に創業された世界最大級の総合人材サービス企業です。

年収1000万以上を目指すプロフェッショナル向けサービスを提供しています。

世界規模の企業であるため、外資系やグローバル企業への転職支援実績も多数あり、下記の3つのメリットがあります。

ランスタッドのメリット
  • 市場動向を把握した専任コンサルタントによるマンツーマンサポート
    • ランスタッドの専任コンサルタントは、市場の動向を熟知しており、それぞれの個人に合わせたマンツーマンでのサポートを提供。転職活動を的確に進めることができます。
  • 全体の約80%が非公開求人
    • ランスタッドでは、一般には公開されていない非公開求人が全体の約80%。これにより、他では知り得ない貴重な求人情報に出会うことができます。
  • キャリアアップからワークライフバランス重視まで幅広い提案を受けられる
    • ランスタッドは、キャリアアップはもちろん、ワークライフバランスを重視した求人も豊富に取り揃えており、多様なニーズに応える提案が期待できます。

特にハイクラス企業を得意としており、戦略的なキャリア形成のサポートをしてくれます。転職に関する支援サービスはもちろん無料です。

大多数が非公開求人のため、表には出てこないバークレイズ証券の高待遇求人を保有している可能性に期待できるでしょう。

ランスタッドの
公式サイトで無料登録

Type転職エージェント

@type

運営会社株式会社キャリアデザインセンター
公式サイトhttps://type.career-agent.jp/
公開求人数9,566件(2024年5月7日現在)
非公開求人数約18,000件(2023年12月26日時点)※全求人の約60%
主な求人職種システムエンジニア、管理・マーケティング・経営、営業、専門職(コンサルタント・金融 ほか)、Webエンジニア・クリエイター など

Type転職エージェントは、特に年収400万から800万円の転職支援を得意としています。またエンジニア転職にも力を入れており、開発経験がある方にもおすすめのエージェントです。

Type転職エージェントを利用するメリットは以下の3つです。

Type転職エージェント
  • 専任コンサルタントによるマンツーマンサポート
    • Type転職エージェントの専任コンサルタントは、市場動向を把握しており、個々の転職活動に対してきめ細かなサポートを提供します。
  • 非公開求人が豊富
    • 全体の約60%が非公開求人であり、一般には公開されていない求人情報にアクセスするチャンスがあります。
  • 幅広い提案が受けられる
    • キャリアアップからワークライフバランス重視まで、多様なニーズに応じた提案が受けられます。

Type転職エージェントは、専門性と多様性を兼ね備えたサービスです。市場の動きを理解した専任コンサルタントが、個々の転職活動を的確にサポートします。また非公開求人へのアクセスや多角的なキャリア提案も魅力でしょう。

証券カテゴリーで約500件の求人が出ています。バークレイズ証券の記事も掲載されているため、非公開求人として保有している可能性は高いです。ぜひ登録してエージェントに打診してみましょう。

Type転職エージェントの
公式サイトで無料登録

バークレイズ証券に関するQ&A

バークレイズ証券に関するQ&A

バークレイズ証券に関する様々な質問に回答しました。

バークレイズの新卒採用人数は?

バークレイズ証券の新卒採用人数は年によって異なりますが、同社は一貫して高い専門性を持つ人材を積極的に採用しています。

新卒採用においては、多様なバックグラウンドを持つ候補者を募集し、幅広い分野でのチャンスを提供しています。

バークレイズ証券の強みは何ですか?

バークレイズ証券の主な強みは、その広範な国際ネットワーク、高度な専門知識、そして革新的な金融ソリューションです。

同社はグローバルな視点を持ちつつ、地域に根差したサービスを提供し、顧客に対してカスタマイズされた戦略を提案しています。

バークレイズ証券は副業可能ですか?

バークレイズ証券における副業の可否は、職種やポジションによって異なります。

一般的には、企業の規定や倫理基準に従い、主業務への影響を考慮した上での判断が必要です。副業を検討する場合は、事前に企業の方針を確認することが重要です。

バークレイズ証券の採用大学は?

バークレイズ証券は、特定の大学からのみ採用するという方針はとっていません。

同社は多様性を重視しており、様々な教育背景を持つ候補者を歓迎しています。重要なのは、候補者が持つスキル、経験、そしてバークレイズ証券の価値観に対する適合性です。

バークレイズ証券の年収まとめ

バークレイズ証券の年収まとめ

転職はタイミングが重要です。

そして、自分の市場価値を認識することがキャリアアップへの近道です。キャリアおよび年収を上げるなら、売り手市場である今がベストです。

ハイクラス転職に向けて、複数の転職エージェントに登録し比較しするのも転職可能性を高めるポイントです。

自分の目的に合ったエージェントを確保し、しっかり活用していきましょう。

  • 外資・エグゼクティブおすすめ転職エージェント

    エージェント名特徴
    アサイン

    20代から30代のハイエンド転職に特化したエージェント。オーダーメイドの選考対策と模擬面接を実施

    大手企業/コンサル業界/外資系の求人が強い

    アクシスコンサルティング
    アクシスコンサルティングロゴ

    コンサルやIT出身者が多いキャリアアップに特化したエージェント!

    コンサル未経験者の転職支援実績も豊富

     

    ユナイテッドワールド
    ユナイテッドワールドロゴ

    英語力を活かせる外資系転職で年収UPを目指すのにおすすめエージェント。

    バイリンガルエージェントによる、英文履歴書・面接対策サポートが強み