ゴールドマンサックスは、ニューヨークに本社を置く創業1869年の名門投資銀行です。

投資銀行業務や証券業務、投資運用業務を中心として、数々の企業、金融機関、政府機関、富裕層の個人といったクライアントに幅広く金融サービスを提供しています。

高年収であることでも有名で、投資銀行で働きたいと考える場合は、一度は目にする企業と言えます。

日本法人は六本木ヒルズ森タワーにあり、高学歴のハイスペック人材が多数在籍しています。社員の多くは中途採用により入社しています。

ゴールドマンサックスの気になる年収や主な採用条件等を整理しました。

ゴールドマンサックスの年収はケタ違い

ゴールドマンサックスの年収は特に公開されていませんが、独自に調査した金額を記載します。正確な金額は個人の能力によって左右されるので、ご参考程度としてください。

  • 新卒スタッフ: 650~800万円程度
  • アナリスト: 1500~2000万円程度
  • アソシエイト:1800~4000万円程度
  • ヴァイス・プレジデント:3000~1億円程度
  • マネージング・ディレクター:5000~数十億円程度

給与水準は非常に高いと言えます。年俸制かつ完全実力主義の世界ではありますが、成果を出した分だけ給与に反映されるためわかりやすい環境と言えます。

福利厚生関連の充実はありませんが、高い給与水準や、それに見合う社会的ステータスが手に入るという点で魅力的と考えられています。

ゴールドマンサックスの主な事業内容

ゴールドマンサックスの事業内容は、主に投資銀行業務、トレーディング・プリンシパルインベストメント業務、資産運用および証券関連のサービス提供業務に分けられます。

数々の日本国内の大手民間企業の事業再構築や資金調達、M&Aによる事業拡大も行っています。具体的な案件例としては、一時期経営不振に陥っていたユニバーサルスタジオジャパンへの投資、公的年金の運用、NTTドコモの海外IPOサポート等が挙げられます。

ゴールドマンサックスでは、経営理念として「お客様第一、チームワーク、卓越性、主体性、説明責任」が掲げられていますが、特に説明責任を果たすために必要な合理性とチームワークが重視されています。

また、会社としてはかなりアグレッシブに新事業や新商品の開発を行っています。最近では、人工知能やIoTといった分野での新商品開発が盛んです。

金融に関する深い知見や経験だけでなく、常に新しい事業にアンテナを張れるような人が向いていると言えるでしょう。

ゴールドマンサックスの激務度や人事評価

ゴールドマンサックスは、高年収の外資系金融にふさわしく激務であることで有名です。平均睡眠時間は4時間と言われています。

数字を扱う分、当然のごとく高い集中力が要求されます。通常の業務に加え、業務上他国のメンバーとの打ち合わせなどがある場合は、時差を考慮して深夜や早朝でも出社する必要が出てきますし、突発的な課題対応で業務時間が長くなるといった事態も想定されます。ただし、所属部署によって業務内容は異なるので、多少の違いはあるでしょう。

なお、ゴールドマンサックスでは、人事制度改革によって社員の9段階評価が廃止されました。廃止の意図は、Up or Outの激しい外資系金融の中で、人材重視に舵を切るためです。

従前はパフォーマンスが悪ければ即解雇が当たり前でしたが、現在はパフォーマンスに対するフィードバック機会があるため、すぐに解雇されることはありません。

といっても、やはり実力主義の世界ではあるので、自身のパフォーマンスを高くしていけるような向上心が必要だと言えるでしょう。

ゴールドマンサックスで要求されるスキル

ゴールドマンサックスで必要とされるスキルには、金融商品や市場に関する知識、英語を始めとする語学力、リーダーシップやマネジメントに関するスキルが挙げられます。

なお、ゴールドマンサックスでの働き方や意思決定においてはチームワークも重視されるため、個人プレーのような働き方を好む方には向いていません。

求める人材像としては、知性にあふれ才能豊かな起業家精神と優れた洞察力を持っている人、世界中のあらゆる問題解決に真摯に取り組むチームの一員として覚悟を持てる人が挙げられています。

ゴールドマンサックスでは中途採用が主流となっており、MBA保持者やメガバンク、外資系金融機関などでの勤務経験がある方が多いです。

前職の経験やゴールドマンサックスの求めるスキルにマッチする方はチャレンジする価値があるでしょう。

ゴールドマンサックスへの転職に向いている人

ゴールドマンサックスへの転職に向いているのは、主に以下の三つの要素を持ち合わせている人材と言えます。

  • 金融や経営に関するスキル、業務経験があること
  • チームワークを重視できること
  • ハードワークに耐えうる体力と向上心があること

入社は狭き門ですが、高収入に伴う多様な経験ができるので、挑戦する甲斐がある企業と言えます。

[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています