accenture-top01

日本最大の外資系コンサルティングファーム「アクセンチュア」

コンサル業界、特に総合系のファームにいると1プロジェクトに1人はアクセンチュア出身者がいるんじゃないかと思うほど、頻繁に出会います。

そんなアクセンチュアの給与レンジは、年収ベースで430-3000万円のようです。

身の回りに溢れかえるAC(アクセンチュア)出身者から色々と聞いてみたので、もう少し具体的に見ていきましょう。

平均年収1000万円!? アクセンチュアの役職別給与

アクセンチュアの平均年収は1000万円を超えると聞きました。

コンサルティングファームで働いている人間からすると何も驚かない事実ですが、SEで転職を考えている人からすると驚くべきことかもしれません。

そんなアクセンチュアの年収を役職別に見ていきましょう。

新卒とアナリストの年収

新卒及びアナリストの年収イメージは以下です。

戦略コンサルタント:550-700万円

ビジネスコンサルタント:430-650万円

プロジェクトによりますが、上記に給与にプラス残業代が付きます。

特に予算を多く持つIT系の開発プロジェクトだと残業代を付けやすいとか・・・

コンサルタント

コンサルタントの年収イメージは以下です。

コンサルタント:600-800万円

残業代が付けられないプロジェクトにアサインされてしまうと役職の低いアナリストに年収で劣ってしまう場合もあるようです。

マネージャー

マネージャーの年収イメージは以下です。

マネージャー:800-1200万円

この辺りのランクになってくるとプロジェクトの状況によって、賞与の額が変化する様で、年収に大きな影響があるようです。

シニアマネージャー

シニアマネージャーの年収イメージは以下です。

シニアマネージャー:1200-2000万円

こちらも年収は、経験や業績に大きく影響されるようです。

マネージングディレクター(パートナー)

アクセンチュアのマネージングディレクターは、一度会社を辞めた後、経営陣として再度アクセンチュアと契約をしなおすと聞きました。

社員と言えるかは微妙ですね・・・

年収は人によって様々ですが、多くは数千万円だそうです。トップ層には数億といった契約をした人もいるようです。

biz-fee

コンサルティング企業とは思えない充実した福利厚生

各種保険

健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険

諸手当

通勤手当、住宅手当、残業手当、財形貯蓄制度、退職年金制度、各種法人会員および契約施設・ホテル、各種クラブ活動、産業医による健康相談室、カフェテリアプラン

休日休暇

慶弔休暇、年末年始、有給休暇、完全週休2日(土曜、日曜)、祝日、年末年始、年次有給休暇(初年度12日)、傷病休暇、結婚休暇、出産休暇(配偶者含む)、忌引休暇など

日本最大手の外資系総合ファームだけあり、同列に語られることが多いBIG4と比較して、福利厚生が充実している印象です。

アクセンチュアの評判ーやっぱり激務なの?

プロジェクト次第ですが、以下に例を示します。

25歳 アナリスト ビジネスプロセス系のプロジェクト

月の平均労働時間:200時間程度。

一言:入社する前に想像していたより、激務ではありませんでした。前職では得られない充実感があり、理想的なキャリアを歩めています。

参考記事:【20代転職】キャリアも年収も譲れない!エージェント活用のすすめ

34歳 マネージャー 戦略系のプロジェクト

月の平均労働時間:260時間程度。

一言:スタッフレベルの時は400時間超えることもあったが最近はこれくらい。人手が足りず、30代の未経験者も採用している。色々な人がいるため、ワークライフバランスが良くなってきたのかと。

参考記事:【30代転職】未経験でもキャリアアップに成功する3つの秘訣

アクセンチュア株式会社の情報

事業内容

「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で、サービスを提供するグローバル企業。

世界54ヵ国200都市以上に拠点を持ち、グローバルで統一されたブランドとビジネスモデルによる高クオリティなサービスを、すべてのお客様に提供している。

会社の特徴

フォーチュン100掲載の9割の企業がアクセンチュアのクライアントです。

クライアントのニーズの把握し、経営戦略レベルの課題から、ITのオペレーションまで一貫して担い、全体最適化する。

教育制度も整備されており、社員の興味・スキルを棚卸し、海外異動など社員の希望を実現するような体制を組もうとしている。

働いている人の特徴

以下のような人材が集まっているようです。

  • 論理的思考能力が高い
  • 積極的に仕事に取り組むことができる
  • クライアントに不快感を与えない
  • 信頼を得ることができる
  • 独りよがりな思考にならない
  • ディスカッションが得意である

上述したBIG4や日系の総合系コンサル、SIerから転職してくる人が多いそうです。

最近の動向

近年は独立した部門として立ち上げるなど、デジタルマーケティングにも力を入れているようです。

アメリカでもデジタル専用の独立したオフィスも構え、社員数も激増してるようです。

アクセンチュアの転職情報をもっと詳しく知るには?

一番確実な方法は、実際に働いている人に聞くことです。結局、現職の人が内部状況に一番詳しいです。

ただ、コネがなければ中々難しいかもしれません。

アクセンチュアへの転職を目指す方へのおすすめエージェント

アクセンチュアを目指す方にオススメな転職サービスは以下です。

 ビズリーチアクシスコンサルティングJAC RecruitmentType転職エージェントCAREERCARVERクライス&カンパニー
総合評価4.84.64.64.64.44.2
コスト
求人の量
求人の質
提案力
サポート
人気度
公式HP

特にオススメな3サービスを厳選しました。

Type転職エージェント

Type転職エージェント

Type転職エージェントは総合転職サイトですが、コンサルティングファームへの転職支援を得意としています。

エンジニア転職などにも力を入れているため、開発経験がある方には特にオススメしたいエージェントです。

Type転職エージェント公式サイトへ

JAC Recruitment

jacpic1

JAC は、外資系企業や海外転職に強みをもつ転職エージェントです。外資系企業の位置付けになりますが、東証一部上場の転職エージェントに特化した企業となります。

特徴としては、アジアで最大級のネットワークを保持しているエージェントだけあり、海外への転職も含めて日系エージェントがあまり得意としていないポジションの提案を受けることが出来ます。

もちろん、日系ハイクラス企業の掲載も多くありますので、一度チェックしてみることをオススメします。

JAC Recruitmentの公式サイトへ

ビズリーチ

bizreach-long01

ビズリーチは、ハイクラス転職で業界No.1の企業です。

ヘッドハンティングプラットフォームとしてデファクトになりつつあります。

年収600万以上の方であれば、多忙で、少し受け身の転職姿勢になったとしても、ヘッドハンターたちがキャリアの幅を広げるサポートをしてくれます。※ただし、レジュメだけはしっかり登録した方が良いです。

ヘッドハンターによる面接対応の対策やレジュメの添削など、企業とマッチングをした後のサポートも充実しています。ハイクラスを目指しており、転職支援をしっかり受けたい方にオススメです。

ビズリーチ公式サイトへ

アクセンチュアを含むキャリアアップを目指す全ての方へ

転職はタイミングが重要です。そして、自分の市場価値を認識することがキャリアアップへの近道です。キャリアおよび年収を上げるなら、売り手市場である今がベストです。

自分にあった転職エージェントを確保して、しっかり利用していきましょう。

>>ビズリーチ公式サイトへ

bizreach-highclass1

皆様の転職が成功することを願っています。

当サイトで紹介しているハイクラス企業の年収や職場環境等の情報をまとめておりますので、よろしければご覧ください。ハイクラス図鑑はこちら>>
[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています