A.T.カーニーは世界40ヶ国以上に拠点を有するグローバル経営コンサルティングファームです。

1926年の創業以来、世界の有力企業・組織の信頼されるアドバイザーとして多くのクライアントに価値を提供しています。

外資系コンサルティングファームの中でもトップクラスに分類され、ハイスキル人材も多数在籍しており、継続的に成長しているファームです。

さっそくA.T.カーニーのランク(役割)別年収や主な特徴を見ていきましょう。

A.T.カーニーの気になる年収は?

A.T.カーニーは米キャリア情報サイト「グラスドア」が2017年に発表した報告書の中で米国内高給企業1位を獲得しており、基本給の中央値は15万ドルとのことです。

日本ではA.T.カーニーで働く場合、大体どれくらいの年収が見込めるのでしょうか。ランク別にまとめてみました。

  • ビジネスアナリスト:550~650万円程度
  • シニア・ビジネスアナリスト:700~1000万円程度
  • アソシエイト:830~1300万円程度
  • マネージャー:1000~1800万円程度
  • プリンシパル:1500~4000万円程度
  • パートナー:4000~2億円程度

年俸制なので残業代が含まれた金額です。賞与は給与の10%~20%程度です。ランクが上がるにつれて年収の振れ幅も大きくなります。年齢は関係なく、本人のパフォーマンスや役職によって支給額は異なります。

結果を出せばその分高収入が期待できる分、昇給条件は厳しいです。年収額は外資系コンサルティングファームの中ではトップクラスと言えるでしょう。

なお、A.T.カーニーでは、一般的な外資系コンサルティングファームと異なりUp or Outの文化が薄く、最低限の基準をクリアすることでランクが上がらなくても給与を得られるので、結果を出すまで比較的寛容な会社と言えます。

biz-fee

A.T.カーニーの事業内容

日本においては、金融、通信、ハイテク、自動車、消費財、小売をはじめとするさまざまな分野でコンサルティングを行っています。

提供価値としては、トップマネジメントに向けての戦略立案に留まらず、それを現場で実行できるレベルのアクションプランにまで落とし込み、「目に見える成果(Tangible Result)」にこだわるコンサルティングサービスを行うところが特徴です。マッキンゼーに比べ、よりオペレーションまでを重視するファームです。

また、クライアントの多くは日本企業で構成され、顧客の目に見える成果を創出することを通して日本の産業全体の競争力を強化し、「日本の変革」を目標としているところも特徴です。

A.T.カーニーは激務か?ワークライフバランスは?

成果主義の組織なので、成果を出すため長時間労働になることが予想されます。戦略を描くだけでなく実行できるアクションプランに落とし込むことを重視しているので、クライアント先への常駐プロジェクトが多くなります。

プロジェクトにもよりますが、必要に応じて深夜や朝までの残業や、休日での稼働が発生します。

ただ、近年では社内でワークライフバランスを含め働く環境を見直すための社内プロジェクトが実施されており、徐々にコンサルタントの定着率も高まってきています。

また、育児休暇制度等、働きやすい環境の整備に取り組んでいることもコンサルタントの定着率を高くしています。

A.T.カーニーに中途で転職するときのポイント

atk02

A.T.カーニーは中途採用には積極的ですが、外資系コンサルティングファームではトップクラスの組織であるため、採用基準は厳しく狭き門になっています。

中途採用時のランクはシニア・ビジネスアナリストまたはアソシエイトが原則です。

日本語と英語がビジネスレベルであることが最低条件になっていますが、英語については、教育研修補助制度や実務を通してブラッシュアップする社員も多いので、学習意欲があれば現時点での能力は大きく問われません。

コンサルタント経験は不問で、キャリアの中で直面した仕事上の様々な問題をどう捉え、解決してきたかという点が問われます。具体的には、コンサルティングファーム面接特有の「ケースインタビュー」を通して、ロジックや知識を最大限活用して問題の本質を見抜く力、明確な成果につながる解決策を考え抜く力があるかどうかが見られます。

A.T.カーニーへの転職に向いている人、向かない人

A.T.カーニーが求める人材像としては下記3点が挙げられます。

  • 戦略を描くだけでなく実行まで落とし込めること
  • プロフェッショナルとして経営課題を俯瞰できる視点と専門性を有すること
  • 目に見える結果を出すに足る肉体的・精神的なタフさがあること

既存の枠組みに留まらず高い視座を持ち、クライアントの課題解決を通して日本の変革の実現のためにも自分の能力を発揮してみたい人には合うファームです。

ぜひ入念な準備のもとチャレンジしてください。

A.T.カーニーへの転職を検討している方がすべきこと

ハイクラス求人を扱っている転職エージェントに登録してみてください。

その理由は下記3点です。

  • Webには出てこないA.T.カーニーのリアルな情報が手に入る可能性がある
  • A.T.カーニーおよびその他ファームの非公開求人を紹介してもらえる
  • 面接対策や年収アップ交渉をしてもらえるため、効率的に転職活動ができる

A.T.カーニーを目指す方へオススメな転職エージェント

A.T.カーニーを目指す方にオススメな転職エージェントは以下です。

 ビズリーチアクシスコンサルティングJAC RecruitmentType転職エージェントCAREERCARVERクライス&カンパニー
総合評価4.84.64.64.64.44.2
コスト
求人の量
求人の質
提案力
サポート
人気度
公式HP

特にオススメな2サービスを厳選しました。

ビズリーチ

bizreach-long01

ビズリーチは、ハイクラス転職で業界No.1の企業です。

ヘッドハンティングプラットフォームとしてデファクトになりつつあります。

年収600万以上の方であれば、多忙で、少し受け身の転職姿勢になったとしても、ヘッドハンターたちがキャリアの幅を広げるサポートをしてくれます。
※ただし、レジュメだけはしっかり登録した方が良いです。

ヘッドハンターによる面接対応の対策やレジュメの添削など、企業とマッチングをした後のサポートも充実しています。

ハイクラスを目指しており、転職支援をしっかり受けたい方にオススメです。

ビズリーチ公式サイトへ

アクシスコンサルティング

axc-top1

アクシスコンサルティングは、コンサル業界に特化した転職エージェントです。コンサルタントの転職支援数No.1だけあり、この領域の知見が豊富です。

アクシスコンサルティングが持つ独自のデータベースを活かした企業別の面接対策も可能です。会員登録フォームがシンプルなので、無駄な時間を取られたくない方には特にオススメです。

axis-regi1

コンサル業界への転職成功確率を高めてみてはいかがでしょうか。

アクシスコンサルティングの公式サイトへ
※登録するとキャリアコンサルタントとの面談があります。

A.T.カーニー含むキャリアアップを目指す全ての方へ

転職はタイミングが重要です。そして、自分の市場価値を認識することがキャリアアップへの近道です。キャリアおよび年収を上げるなら、求人が溢れ、空前の売り手市場である今がベストです。自分にあった転職エージェントを確保して、しっかり利用していきましょう。

A.T.カーニーへ転職を目指す方は、まずは以下サイトに登録してみるのがオススメです。

>>ビズリーチ公式サイトへ

bizreach-highclass1

皆様の転職が成功することを願っています。

ATK以外の年収及び職場環境情報を確認する>>

[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています