シティバンクは、ニューヨークで1812年に設立された名門銀行の一つです。

シティバンクが日本に進出したのは100年以上も前のことで、以来政府機関や金融機関、事業法人、機関投資家などのクライアントに金融サービスを提供しています。

シティバンク銀行としては2007年に日本法人が設立されています。

日本での個人向け金融サービスは事業譲渡がされたため現在は行われておらず、コーポレート向けのサービス提供がメインになっています。

シティバンクの年収や転職情報・労働環境を整理しました。

シティバンクの年収は国内メーカーよりは高め

シティバンクの年収は公には公開されていませんが、独自に調査した金額を記載します。正確な金額は個人の能力によって左右されるので、ご参考程度の情報としてください。

■ジュニアスタッフクラス: 500~600万円程度
■スタッフクラス:550~650万円程度
■シニアスタッフクラス:600~800万円程度
■マネージャークラス:700~1000万円程度
■シニアマネージャークラス:800~1200万円程度

シティバンクでは外資系企業ではスタンダードである年俸制が採られています。外資系金融としてはそこまで高年収とは言えませんが、とは言え日本国内企業よりは年収は高めです。

新卒入社の給与は比較的高めですが、一定水準まで上がった後は昇進しない限り年収アップは見込めない制度になっています。中途入社時においては、年収に関する交渉は慎重に行う必要があります。

シティバンクの主な事業内容

日本におけるシティバンクの主な事業内容は、コーポレート向けの金融サービス全般になります。具体的には、投資銀行業務、資金調達業務、セールス&トレーディング、市場調査、コーポレート・バンキング、トレジャリー&トレード・ソリューションといった業務が挙げられます。

特にサービス規模の大きい業務は、コーポレート・バンキングやトレジャリー&トレード・ソリューションです。

コーポレート・バンキングにおいては、東京や大阪を拠点に日本及び海外で事業を展開する事業法人、金融法人向けに金融サービスを提供しています。

特徴として、12か国に「ジャパンデスク」が設置されており、日本企業の現地子会社にもサービス提供が可能になっています。

また、トレジャリー&トレード・ソリューションでは、業界のリーダーとしてシティバンクが君臨するキャッシュマネジメント分野において、包括的なデジタルプラットフォームやツールを用いてソリューションを提供しています。

シティバンクの労働環境はかなり良好

シティバンクは外資系金融機関においては珍しく、かなり労働環境が良好な企業です。

基本的には残業はほとんどなく、土日などの休日に出勤を強いられることもほとんどありません。部署によって多少の違いはありますが、有給休暇を取得しやすい環境が整っており、長期休暇を取得する社員も多くいます。

なお、シティバンクはダイバーシティを推進している企業なので、女性の働きやすさにも力を入れている企業です。管理職として働く女性や産休後に復帰して働く女性もいるので、女性が仕事を続けられる環境が整っている数少ない企業の一つです。

また、女性だけでなく障がい者の働き方にも力を入れている企業です。

働き方としては、自発的に行動することで仕事を進めていくような人が多く、個人の働き方を尊重するような雰囲気が強い企業と言えます。そのため、仕事をする意欲が比較的高い人が集まっています。

一方、上からの指示を待たないと仕事を進められないような人には向いていないと言えるでしょう。

シティバンクの仕事で要求されるスキルやキャリアの積み方

シティバンクで働く場合は、金融サービスを提供する上で必要な金融、ビジネス全般に関するスキル、英語などの語学はもちろん求められますが、それらに加えて、社内外のチームと連携したり、意思決定をしたりできるコミュニケーション能力が必要です。

外資系だからドライというわけではなく、利害関係者やチーム内での関係性を構築して育てられることが必要です。

シティバンクの中途採用の特徴としては、採用される分野のプロフェッショナルとして即戦力になれる人材を採用するため、基本的には同一部署でキャリアを積んでいくことが基本となっています。

長期的なキャリアプランがある場合は、シティバンクで何を経験したいのかが明確になっている方が良いでしょう。

新しい分野に挑戦したい場合は、社内だけでなく再転職も必要になることがありますが、シティバンクは知名度が高く信頼性も高い企業なので、シティバンクで働くことはキャリアとしてプラスになることは間違いないでしょう。

シティバンクへの転職に向いている人

シティバンクへの転職に向いているのは、主に以下の三つの要素を持ち合わせている人材と言えます。

  • 金融機関や準ずる業界で金融サービス業務に従事したことがあること
  • チームワークやコミュニケーションを取って複数の関係者と仕事ができること
  • ワークライフバランスを重視したいと思っていること

シティバンクは他の外資系金融ほど年収は高くありませんが、依然として他の業界よりは年収は高めで、かつワークライフバランスの整った企業です。プライベートと両立させながら働きたい方にはおすすめできる企業と言えるでしょう。

採用情報を手に入れる・転職するには?

シティのような外資金融を狙うならハイクラスエージェントが集まるBizreachを利用するのがオススメです。

 

[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています