クレディスイス証券は、名前の通りスイスのチューリッヒに本社を置く世界有数の金融機関です。総合的な証券・投資銀行業務を日本でも展開しています。クレディスイス証券会社としての営業は2006年からですが、前身となる事務所は1972年に開設されています。ドイツ銀行などと同じように日本国内での市場に早期から参入した欧州の外資系金融機関です。現在はインベストメント・バンキング、プライベート・バンキング、アセットマネジメントの3つを軸に事業を展開しています。

アントレプレナー精神が根付いており、企業向けや個人向けのサービスだけでなく起業家向けのサービスを用意しているのが一つの特徴です。
この記事では、クレディスイス証券の年収と中途採用時の主な条件を整理します。

クレディスイス証券の平均年収は1000万円

クレディスイス証券の平均年収は、1000万円程度と言われています。といっても、配属される部署や担当する業務によって報酬は変わるので、全員が1000万円もらえるわけではありません。
独自の調査によると、クレディスイス証券の年収は大体以下のような推移になっているようです。

  • アナリスト職: 700~900万円程度
  • アソシエイト職:1000~2000万円程度
  • ヴァイスプレジデント職:1500~3000万円程度
  • ディレクター職:3000~4500万円程度
  • マネージングディレクター職:4000~6000万円程度

クレディスイス証券は、スタッフでもかなりの高収入が見込める企業です。その分パフォーマンスの高さが問われるので、一般的な日本企業のように年功序列にはなっていません。功績を残せばランクアップや昇給ができる環境である一方、成果が出せなければ辞めざるを得なくなります。キャリアとしては確実に濃い経験ができるでしょう。
なお福利厚生は充実していません。給与金額に含まれていると考えてください。

クレディスイス証券の主な事業内容

クレディスイス証券の事業は、法人や機関投資家向けサービス、個人向けサービス、起業家向けサービスの3つに分類されます。業務としては、金融アドバイザリー業務、セールスやトレーディングに関する調査業務やトレーディング業務そのもの、各種投資商品の提供等があります。

外資系金融機関はプライベート・バンキングを行っていないことが多いですが、クレディスイス証券の特徴としてプライベート・バンキング業務をサービス軸の一つとして展開しています。

また、金融コングロマリットとしての高い地位を誇ると同時に、起業家精神を大切にする風土があり、クレディスイス証券独自の調査に基づいて「起業家ランキング」を発行しています。

金融アドバイザリー業務に興味があるだけでなく、新しいビジネスの芽を育てることにも興味があるという方には合っている企業と言えます。

クレディスイス証券の激務度や社風

クレディスイス証券は、比較的激務の企業になります。外資系金融機関は結果が全てなので、自然と長時間労働になりがちです。この点はクレディスイス証券に限りません。クレディスイス証券の場合、1日の平均労働時間は10~11時間程度のようです。

クレディスイス証券は比較的個人で行う業務が多く、個人が割り当てられた仕事をしっかり消化していれば勤務時間や働き方についてうるさく言われることはありません。残業の調整をして夜はプライベートを充実させることも可能です。良い意味で結果がすべての環境になっています。

その他社風としては、比較的ドライな環境で個人がスタンドプレーをする形が多くなっています。困ったときは上位者に相談することは可能ですが、基本的には仕事をしながら業務に慣れてパフォーマンスを発揮していく形になります。中途採用だとしても充実した研修があるわけではないので、その点は留意すべきでしょう。

クレディスイス証券で要求されるスキル

クレディスイス証券は金融機関なので、全くの未経験は中途入社が厳しいです。募集職種はホームページ上にて掲載されているので一度ご参照ください。

外資系金融機関としては当然求められるスキルとして、過去に金融業もしくは類似する業務、ロジカルに数字を分析する能力、クライアントとの折衝能力や提案力が挙げられます。外資系金融なので英語を含む語学は必須と考えてください。
加えて、自律的に仕事を進める力やセルフモチベート力も必要になってきます。個人個人が競争し切磋琢磨することで良いサービスが提供されているので、そういった競争環境に身を置けるタフな精神力と体力も必要と言えるでしょう。

クレディスイス証券への転職に向いている人

以上を踏まえると、クレディスイス証券への転職に向いているのは、主に以下の三つの要素を持ち合わせている人材と言えます。

  • 金融業務の経験があること
  • 自力で学んで成長し続けられること
  • 競争環境で仕事ができる体力と精神力

クレディスイス証券は他の証券会社と比べても給与はかなり高い方で、裁量がありかつ責任ある業務をどんどん任せてもらえるので、短期間で実力をつけることができます。ぜひ検討してみてください。

[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています