ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)の年収は?年代・職種別・新卒の給与も徹底解説

ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)は、世界をリードする経営コンサルティングファームのトップ格です。1963年にブルース・ヘンダーソンによってアメリカ合衆国のボストンで設立されました。

実に15の分野に渡る産業で経営コンサルティングを担っており、高度な専門性を持つコンサルタント集団として、企業や政府機関に対して革新的な戦略を提供しています。

本記事では、BCGでのキャリアを検討しているハイクラス求職者に向けて、BCGの年収や働きがい、そして将来性について詳しく解説します。

BCGの求人情報をいち早くキャッチアップしたい人は、ボストンコンサルティング(BCG)への転職におすすめ転職エージェント3社をご覧ください。

ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)の年収
BCGの平均年収約1,483万円※1
BCGの生涯年収約5億6,354万円※2
大手コンサルティング業界の平均年収約1,051万円※3
日本の平均年収458万円※4
BCGの新卒年収約700万円

※1:OpenWork
※2:22歳〜60歳までの生涯年収
※3:大手7社の平均年収 
※4:国税庁-平均給与

ボストンコンサルティング(BCG)の平均年収

ボストンコンサルティング(BCG)の平均年収

情報元平均年収
OpenWork1,483万円
ライトハウス1,298万円

BCGは、高額な給与体系で知られています。平均年収は約1,483万円(※OpenWork)と、他の大手コンサルティング業界平均の約1,051万円を大きく上回っています。さらに、日本の平均年収458万円と比較しても、その高さは際立っています。

この高額な年収の背景には、BCGが提供する高度なプロフェッショナルサービスがあります。戦略策定・オペレーション支援・デジタル戦略など、多岐にわたるサービスは高い専門性と深い洞察力を要求され、それに見合う報酬が設定されています。また、コンサルタントの平均年収は1,567万円(※OpenWork)に上り、特に経験豊富なプロフェッショナルほど高い年収を得る傾向があります。

ただし、BCGでの仕事は非常に要求レベルが高く、その分仕事量も多いことを理解しておく必要があります。激務であることは間違いなく、高い報酬の裏にはそれに見合う責任と労力が求められています。しかし、その分キャリアの成長や自己実現の機会は非常に多く、自身のスキルを磨き上げるには絶好の環境と言えるでしょう。

平均年収動向

BCGは非上場であるため、平均年収の推移が把握できる有価証券報告書の提出がありません。そのため、平均年収動向は不明です。

業績と年収の相関

有価証券報告書の提出がなく、官報決算データベースにも業績データの公表がないため、業績と年収の相関は不明です。

ボストンコンサルティング(BCG)の将来性・今後の業績予測

ボストンコンサルティング(BCG)の将来性・今後の業績予測

BCGの将来性について考える上で、まず注目すべきはその事業内容の多様性です。戦略コンサルティング・オペレーションズ・デジタルトランスフォーメーションなど、幅広いサービスを提供しており、これらは現代ビジネスにおいてますます重要性を増しています。特にデジタルトランスフォーメーションの分野では、テクノロジーの進化に伴い、新たな需要が絶えず生まれています。

また、サステナビリティに関するアドバイザリーサービスは、企業の社会的責任(CSR)や環境対応が強く求められる現代において重要な役割を担っています。このように、BCGは時代の変化に対応し、進化し続けるビジネス環境において、重要な役割を果たし続けると予想されます。

さらに、BCGはグローバル展開を積極的に行っており、国際的な視点からも高い評価を受けています。世界各国の企業や政府機関に対する幅広いサービス提供は、今後も続くグローバル化の流れの中で、BCGの事業成長をさらに後押しすることでしょう。

BCGの将来性は極めて高いと考えられます。その多様で先進的なサービス提供能力と、グローバルな視点は、今後の業績成長に大きく貢献する要素となるでしょう。これらの点を踏まえ、BCGへのキャリア投資は、将来的な成長とキャリアアップの大きな機会を提供すると言えます。

ボストンコンサルティング(BCG)の職種別平均年収

ボストンコンサルティング(BCG)の職種別平均年収

職位平均年収の範囲
アソシエイト500〜800万円
シニアアソシエイト800〜1,000万円
コンサルタント1200〜1,400万円
プロジェクトリーダー1800〜2,000万円
プリンシパル2,500〜3,000万円
パートナー/MD(Managing Director)
シニアパートナー5,000万円〜

参考:OpenWork|「年収・給与」の口コミ

ボストンコンサルティンググループ(BCG)における職種別の平均年収は、その職位の専門性や責任範囲に応じて大きく変化します。特にコンサルタントからはベース給与が1,000万円を超えるなど、一般的なコンサルファームの水準より高いです。

キャリアごとの年収を見ていきましょう。アソシエイトとしてキャリアをスタートすると年収は500万円から800万円の範囲で推移しますが、経験を積み、シニアアソシエイトに昇進すると年収は800万円から1,000万円にまで上昇します。

さらにキャリアを積むことで、コンサルタントに昇進し、年収は1,200万円から1,400万円の範囲に達することも珍しくありません。賞与込みで1,500万円以上を貰っている社員もおり、非常に夢があります。これは、専門知識と経験が増すにつれてより複雑なプロジェクトを担当し、より大きな責任を負うことが多くなるためです。

プロジェクトリーダーになると、年収はさらに高くなり、1,800万円から2,000万円に達することもあります。さらにキャリアラダーを登ると、プリンシパルのポジションでは、年収は2,500万円から3,000万円になることが一般的です。最終的には、パートナーやマネージングディレクター(MD)の地位に達すると、年収は5,000万円以上になる可能性もあります。これらの高位のポジションでは、非常に高いレベルの専門知識、経営戦略の策定能力、そして広範な顧客との関係構築能力が求められます。

BCGの職種別の年収構造は、その専門性と責任の大きさに応じて高い報酬を提供することを明確に示しています。これは、同社が従業員のスキルと貢献度に基づいた公正な評価を行い、それに応じた報酬を提供していることの証拠です。このような報酬構造は、従業員に対して自身のキャリアとスキルを高めるための強いインセンティブを与えています。

ボストンコンサルティング(BCG)の年代別平均年収

ボストンコンサルティング(BCG)の年代平均年収

年齢別平均年収
OpenWorkライトハウス
25〜29歳1,104万円
30歳1,240万円
30〜34歳1,218万円
35歳1,525万円
35〜39歳1,036万円
40歳1,846万円

参考1:OpenWork
参考2:ライトハウス

年代別で見ると、BCGの平均年収は年齢と共に上昇します。例えば、30歳では平均1,240万円、35歳では1,525万円、40歳では1,846万円となっており、経験の蓄積と共に報酬も増加する傾向にあります。これは、BCGが経験や貢献度に基づく報酬体系を採用していることを示しています。

年齢ごとの詳細なデータでは、30歳での年収範囲は745〜2,063万円、35歳では916〜2,538万円、40歳では1,109〜3,073万円です。これは、同じ年齢でも業績や職位によって大きな差があることを意味しており、個々の能力や成果が年収に直結していることを示しています。

BCGにおける年代別の平均年収は、年齢と共に着実に上昇する傾向にあり、これはBCGが経験と成果を重視する報酬体系を採用していることを示しています。そのため、長期的なキャリアを築く上で、BCGは魅力的な選択肢であると言えるでしょう。

ボストンコンサルティング(BCG)の新卒の初任給・年収

ボストンコンサルティング(BCG)の新卒の初任給・年収

BCGにおける新卒の初任給は、業界内でも高水準に位置しています。

OpenWorkの口コミによると、新卒入社1年目の年収は約750万円、3年目には900万円程度に達するとされています。また、ライトハウスの情報では、新卒で入社した場合の初期3年間は約600〜700万円程度で、その後昇進すれば年収は一気に1,000万円を超えることがあります。

これらの数字から分かる通り、BCGでは新卒から高い給与を提供しており、早い段階での昇進によってさらなる給与アップが期待できます。これは、BCGが若手のポテンシャルと成長を重視し、それに見合った報酬を提供していることを示しています。

BCGは新卒から高い報酬を提供し、キャリアの早い段階での給与アップが見込める企業です。これは、キャリアの初期段階から高い成長を目指す人にとって魅力的な点と言えます。

新卒採用情報

BCGの新卒採用は「国内新卒」と「海外新卒」に分けて募集しています。

募集要項のみの掲載となっており、応募フォームから申請する形式です。

また、公式ページにてインターンシップの案内が出ているので、興味があれば応募してみてください。

中途採用情報

中途採用では経営コンサルタントの募集を積極的に行っています。

詳しい募集要項はぜひコチラをご覧ください。

募集要項をさらに深く確認したい人は、キャリアページも覗いてみてください。

ボストンコンサルティング(BCG)の激務度

ボストンコンサルティング(BCG)の激務度

BCGは高給与と共に、激務で知られています。一般的な激務度は、他のコンサルファームと同様、一般企業に比べて長時間労働が多いとされています。

平均残業時間は、OpenWorkの調査では「約64.7時間」、ライトハウスの調査では「約71時間」となっています。ちなみに、OpenWorkの働きがい研究所のデータでは、コンサルティング業界の残業時間は全業界でトップの「83.5時間」です。業界としてそもそもが激務になる運命にあると言えるでしょう。

プロジェクトによっては終電近くまでの勤務が少なくないとされ、特に忙しいプロジェクトでは夜遅くまでの労働が発生することもあります。ただし、近年では働き方改革が進められており、深夜までの労働が減少している傾向にあります。

このような激務は、BCGが取り組む複雑な課題と高いプロフェッショナリズムを要求されることに起因します。しかし、これに伴って高いレベルでのキャリア成長や専門性の向上が期待できるため、努力と成果が直接キャリアの成長につながる環境が整っています。

BCGは激務ですが、それに見合う報酬とキャリア成長の機会を提供しています。高い成果を出し、迅速にキャリアを築きたいと考える人にとって、BCGは魅力的な選択肢と言えるでしょう。

ボストンコンサルティング(BCG)の会社概要

ボストンコンサルティング(BCG)の会社概要

会社名ボストン・コンサルティング・グループ合同会社
所在地ボストン本社:200 Pier Four Boulevard, Boston, MA 02210, USA

東京オフィス:〒103-0022 東京都中央区日本橋室町三丁目2番1号 日本橋室町三井タワー25階

名古屋オフィス:〒450-6036 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ36階

大阪オフィス:〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原3-5-36 新大阪トラストタワー17階

京都オフィス:〒600-8009 京都府京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町88 K.I.四条ビル2階

福岡オフィス:〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神一丁目10番20号 天神ビジネスセンター15階

代表日本共同代表:秋池 玲子、内田 有希昌
設立1963年(1966年には世界で2番目の拠点として東京オフィスを開設)
資本金非公開
事業経営コンサルティング全般
株式上場非上場
勤務地東京、名古屋、大阪、京都、福岡のいつかのオフィス
勤務時間フレックスタイム制
従業員数25,000名(全世界)

ボストンコンサルティンググループ(BCG)は、グローバルに展開する戦略系経営コンサルティングファームです。

1963年に米国ボストンで設立され、その後急速に成長を遂げました。日本では1966年に東京オフィスを開設し、その後名古屋、大阪、京都、福岡にも拠点を設立しました。非上場企業であり、組織の詳細な財務情報は公開されていませんが、全世界で約25,000名の従業員を擁し、売上高は約11 billion USドルに達しています。

BCGは、大企業や政府機関に対して、経営戦略の策定支援・オペレーション支援・新規事業立案・デジタル戦略など多岐にわたるプロフェッショナルサービスを提供しています。特に、デジタル化やグローバル化が進むビジネス環境において、革新的なアプローチで多くの企業の成長を支援してきた実績を持っています。

BCGの組織文化は、革新的で多様性に富み、自由度の高い働き方を推奨しています。また、従業員のキャリア開発にも力を入れており、充実した研修制度や海外研修の機会も提供しています。

BCGは経営コンサルティング業界のリーダーとして、多様なビジネス環境において革新的なソリューションを提供することで、業界内での地位を確立しています。

ボストンコンサルティング(BCG)の同業界競合他社との年収比較

ボストンコンサルティング(BCG)の同業競合他社との年収比較

競合関係平均年収
OpenWorkライトハウス
ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)1,483万円1,298万円
マッキンゼー・アンド・カンパニー(McKinsey & Company)1,254万円データなし
ベイン・アンド・カンパニー(Bain & Company)1,254万円データなし
デロイト トーマツ コンサルティング(Deloitte Consulting)942万円971万円
アクセンチュア(Accenture)865万円797万円
PwC(プライスウォーターハウスクーパース)951万円933万円
アーンスト・アンド・ヤング(EY)907万円958万円

BCGの平均年収は1,483万円で、これは他の大手コンサルティングファームと比較しても高い水準にあります。競合関係として挙げた7社の中では、OpenWork及びライトハウスの指標のどちらでも「1位」を獲得しています。

他の競合を見ると、マッキンゼー・アンド・カンパニーの平均年収はOpenWorkによると1,254万円、ベイン・アンド・カンパニーも同様に1,254万円です。デロイト トーマツ コンサルティングは942万円、アクセンチュアは865万円、PwCは951万円、アーンスト・アンド・ヤングは907万円となっています。

これらのデータから分かるように、BCGは同業界の競合他社と比較しても、特に高い報酬を提供している企業であることがわかります。これは、BCGが業界内での競争力を高め、優秀な人材を確保するために、高い報酬を提供していることを示しています。

また、競合他社と比較した場合、BCGは特に経験豊富なコンサルタントや上級職に対して、業界内でもトップレベルの報酬を提供しています。これは、BCGが高度な専門性と深い洞察力を持つプロフェッショナルを重視していることを反映しています。

BCGは経営コンサルティング業界において、同業他社と比較しても高い報酬を提供する企業です。特に経験と専門性を重視する人材にとって、魅力的な職場環境を提供しています。

ボストンコンサルティング(BCG)の給与・評価制度

ボストンコンサルティング(BCG)の給与・評価制度

BCGの給与体系は、高い水準を維持しつつ、個々の業績と貢献度に応じた報酬を提供することに重点を置いています。

例えば、コンサルタントの基本給は約1,200万円で、さらに賞与が年300万円程度加わり、年収はおおよそ1,500万円程度になります。アソシエイトの場合、年収は500〜700万円の範囲にあり、経験や貢献度に応じて昇給が行われます。

BCGの評価制度は、プロジェクトごとのパフォーマンスや半期ごとの総合評価に基づいています。360度評価を採用し、管理職以上では部下からの評価も重要視されています。個々の貢献度やプロジェクトへの影響力が高いほど、評価と報酬も上昇します。また、昇進と昇給は個別の評価に大きく依存しており、年末のボーナス額にも反映されます。

BCGの給与・評価制度は、従業員の能力と成果を公正に反映した報酬を提供し、個々の貢献度に応じた昇給・昇進機会を提供しています。このような正当な評価制度は、従業員のモチベーションの向上に大きく貢献するでしょう。

ボストンコンサルティング(BCG)の残業時間と残業手当

ボストンコンサルティング(BCG)の残業時間と残業手当

BCGの職場環境は、激務であることが一般的に知られています。平均残業時間は約64.7時間(OpenWork)から71時間(ライトハウス)と報告されており、長時間労働が多い傾向にあります。特に、プロジェクトの締め切りに近づくと、さらに労働時間が増加することがあります。

残業手当に関しては、BCGではみなし残業代制度を採用しており、月の残業時間が30時間を超過した場合のみ支払われることが一般的です。マネージャーレベルになると裁量労働制に移行し、残業代は基本給に含まれる形となります。ただし、近年は働き方改革の影響で残業時間が減少しており、残業代で稼ぐという状況は減っていると言えます。

BCGではプロジェクトの性質上、激務が伴うことは避けられないが、労働時間の管理と報酬制度は従業員の負担を考慮した形で設計されています。そのため、高い専門性と責任を求められる仕事に対して、適切な報酬が提供されていると言えるでしょう。

ボストンコンサルティング(BCG)のボーナス・賞与

ボストンコンサルティング(BCG)のボーナス・賞与

BCGのボーナス・賞与制度は、その業績と貢献度に応じて高額な報酬が提供される点が特徴です。過去3年間(2020〜2023年)の平均ボーナスは、OpenWorkのデータによれば約416万円、ライトハウスによれば約406万円と報告されています。これらの数値は、業界内での競争力を反映しており、優れたパフォーマンスを発揮した従業員に対する高い評価を示しています。

BCGでは賞与の決定にあたり、グローバル業績・ジャパンオフィス業績・個人業績が考慮されます。このため、年によって賞与額には差がありますが、一般的にはアソシエイトクラスでも100〜200万円、コンサルタントになれば300〜400万円程度の賞与が期待できます。

BCGでは業績に応じた高額なボーナスが支給され、従業員の努力と成果が十分に報酬として反映されるシステムが整っています。BCGでのキャリアを構築する上での大きなインセンティブとなり得るでしょう。

ボストンコンサルティング(BCG)の福利厚生

ボストンコンサルティング(BCG)の福利厚生

BCGでは、福利厚生も充実しており、従業員の健康と働きやすさを重視した環境が整っています。ただし、公式な情報は限られており、多くは従業員の口コミ情報に基づいています。たとえば、健康診断のサポートが手厚く、月に一定額のカフェ利用金が提供されるなど、日常生活の利便性を高める福利厚生があります。

また、退職金制度や住宅補助、ジムの無料利用など、大企業並みの福利厚生が提供されています。BCGは外資系企業であり、日本企業のような福利厚生の基準とは異なる面もありますが、特に女性社員に対するサポート(産休育休、在宅ワーク、時短勤務など)は充実しています。

オフィス環境も快適で、リモートワークやフリーアドレス制の導入、広々としたカフェスペースの設置など、働きやすい環境が整備されています。これにより、従業員は柔軟な働き方を選択しやすく、ワークライフバランスの維持が可能です。

BCGでは従業員の健康と働きやすさをサポートする多様な福利厚生が提供されており、快適で生産的な職場環境を実現しています。これらの福利厚生は、長期的なキャリアの展開においても、従業員にとって大きな魅力となるでしょう。

ボストンコンサルティング(BCG)の主な事業内容

ボストンコンサルティング(BCG)の主な事業内容

ボストンコンサルティンググループ(BCG)は、多岐にわたるコンサルティングサービスを提供するグローバル企業です。主要な事業内容には、「戦略コンサルティング」「オペレーションズ」「デジタルトランスフォーメーション」「組織・人材開発」「金融アドバイザリー」「サステナビリティ」などが含まれます。

要の戦略コンサルティング事業では、企業や組織の長期戦略、成長戦略、競争戦略の策定をサポートします。オペレーションズでは、生産管理、供給チェーン管理、調達戦略の効率化を図ります。デジタルトランスフォーメーションでは、デジタル技術を活用したビジネス変革を支援し、データアナリティクスやデジタルマーケティングの分野でのソリューションを提供します。

組織・人材開発では、組織変革やリーダーシップ開発に重点を置き、文化変革や人材育成に関わるコンサルティングを行います。金融アドバイザリーでは、金融機関向けのリスク管理やコンプライアンス支援を提供し、保険業界の変革にも寄与します。

サステナビリティでは、持続可能なビジネスモデル構築や環境・社会への影響評価を行い、サプライチェーンのサステナビリティ改善に取り組みます。

BCGは幅広い専門分野において高品質なコンサルティングサービスを提供し、クライアントの成長とイノベーションを支援しています。BCGの一員となれば、戦略コンサルターとして華やかしいキャリアを積めることでしょう。

ボストンコンサルティング(BCG)の選考フロー

ボストンコンサルティング(BCG)の選考フロー

BCGは募集要項のみで採用の流れを公開していません。

公式ページにてインターンシップの案内が出ています。インターンシップに参加することで、次の選考の流れを案内してもらえるケースもあるため、参加してみるのも良いでしょう。

ただし、インターンシップは新卒の方が対象となるプログラムです。転職希望の方は、転職エージェントに相談して、詳細な選考フローを確認してもらうのが最もおすすめです。

ボストンコンサルティング(BCG)の年収と働きがいに対する評判・口コミ

ボストンコンサルティング(BCG)の年収と働きがいに対する評判・口コミ

BCGの年収や働きがい、企業文化に関する口コミをOpenWorkから集めました。

「良い口コミ」と「悪い口コミ」に分けてご紹介しますので、ぜひ企業選びの指標としてご活用ください。

良い評判・口コミ

口コミ

中途入社 男性

体系的にとてもチャレンジに対して称賛する文化があります。また、地頭がよろしい方の集合体なので、会議一つをするにしても、非常にロジカルで端的。素晴らしいと思う。

引用:OpenWork|「組織体制・企業文化」の口コミ

口コミ

中途入社 男性

ケースに配属されると、否が応でも成長せざるを得ない。成長するためのインプット(OJT、一般トレーニング、周囲のガイド等)はいくらでもあるので、自分次第で極めて早い成長スピードを達成できる。

引用:OpenWork|「働きがい・成長」の口コミ

口コミ

中途入社 男性

非常に満足した金額感です。成果に対して年棒を出してくれるため、感覚的にいうと野球選手のようなものでしょうか。

引用:OpenWork|「年収・給与制度」の口コミ

悪い評判・口コミ

口コミ

中途入社 男性

コンサルタント以外のポジションであれば比較的ワークライフバランスを保つことは可能と思われるが、結局多忙なコンサルタントに引っ張られて業務負荷が上がることは十分あり得る。

引用:OpenWork|「ワーク・ライフ・バランス」の口コミ

口コミ

中途入社 女性

人員不足による業務過多で体調不良による半休も三時間寝て仕事に復帰しなければならなかったり、グレーゾーンの業務ばかりかつ労いもなく、育てる土壌がないのに後輩は未経験で戦力にならない人ばかり採用するので。

引用:OpenWork|「退職検討理由」の口コミ

ボストンコンサルティング(BCG)への転職に向いている人

ボストンコンサルティング(BCG)への転職に向いている人

BCGへの転職を考える際、特定の資質やスキルが求められます。BCGは、戦略的思考能力・問題解決スキル・強いコミュニケーション能力・チームワーク、そして高い専門性を持つ候補者を重視しています。これらの能力は、コンサルティングという複雑なビジネス課題に対応し、革新的な解決策を提供するために不可欠です。

BCGは、激務で知られるコンサルティング業界の中でも特に高い成果を求める企業です。そのため、長時間労働に耐えうる体力と精神力、プロジェクトのプレッシャーに対処できる耐性が必要です。また、高いモチベーションと自己成長への意欲も重要な要素となります。

転職を目指す方は、高度な分析スキルや戦略的な思考を持ち、異なる文化や背景を持つチームメンバーと協力して働ける柔軟性を持つように心掛けましょう。さらに、高い倫理観とプロフェッショナリズムを持ち合わせていることも重要です。

まとめると、BCGへの転職には「高い専門性」「戦略的思考」「優れたコミュニケーション能力」、そして「激務に対応できる体力と精神力」が必要です。これらの能力を持ち合わせている人は、BCGで成功し、キャリアを大きく飛躍させることができるでしょう。

ボストンコンサルティング(BCG)への転職におすすめ転職エージェント3社

ボストンコンサルティング(BCG)への転職におすすめ転職エージェント

ボストンコンサルティングは経営コンサルティングファームのトップ格であり、業界トップクラスの待遇を誇る優良企業です。

その特徴を考慮すると、ボストンコンサルティングの転職におすすめのエージェントは以下の3社です。

転職エージェント特徴

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング

  • コンサル業界に特化した転職エージェント
  • 業界を熟知した質の高いサポート
  • 全体の77%が非公開求人
  • 平均支援期間3年の中長期に渡る支援が受けられる

ランスタッドランスタッド

  • ITエンジニア業界に強いエージェント
  • 市場動向を把握した専任コンサルタントによるマンツーマンサポート
  • 全体の約80%が非公開求人
  • キャリアアップからワークライフバランス重視まで幅広い提案を受けられる
アサインASSIGN
  • 20代から30代のハイエンド転職に特化
  • 若手のキャリアアップに最適なエージェント
  • 個人に応じたオーダーメイドなキャリア支援
  • 独自アプリ「VIEW」による転職サポート

これらの転職エージェントについて、それぞれ特徴を詳しく見ていきましょう。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング

運営会社アクシスコンサルティング株式会社
公式サイトhttps://www.axc.ne.jp/
公開求人数非公開(2024年6月7日時点)
主な求人職種コンサルティング業界

アクシスコンサルティングは、特にコンサル業界に強みを持ち、約5,000名の現役コンサルを含む約20,000名もの転職志望者の支援をした実績があります。

その実績による信頼からコンサル業界と強いパイプがあり、コンサルティングファームの求人を豊富に取り揃えています。

アクシスコンサルティングのメリット
  • 業界を熟知した質の高いサポート
    • コンサルティング業界に精通したプロフェッショナルが、転職希望者に対して具体的で質の高いサポートを提供。個々のスキルや経験を活かす最適なポジションの提案が期待できます。
  • 全体の77%が非公開求人
    • 非公開求人が全体の77%を占めており、他では見られない貴重な求人情報にアクセス可能。独自のネットワークを活用して、幅広い選択肢から希望に合った求人を見つけることができます。
  • 平均支援期間3年の中長期に渡る支援が受けられる
    • 転職だけでなく、キャリア形成全般をサポート。平均3年間のフォローがあり、転職後のキャリアも安心して築いていけるサポート体制が整っています。

信念として「生涯のキャリアパートナー」を掲げ、本人のキャリアプランから「今は転職する時期ではない」と判断すれば無理に転職を薦めないなど、視野の広いサポートが受けられるのも特徴です。

戦略コンサルの求人ページにてボストンコンサルティングが紹介されており、インタビュー記事もいくつか掲載されています。ほぼ確実に求人を保有していると思われるため、ぜひ登録してエージェントに相談してみましょう。

ランスタッド

ランスタッド

運営会社ランスタッド株式会社
公式サイトhttps://www.randstad.co.jp/
公開求人数7,876件(2024年6月7日現在)
非公開求人数約32,000件(2023年12月11日時点)※全求人の約80%
主な求人職種ITエンジニア(IT・Web・通信)、事務・管理部門、技術系(機械・電気・電子・化学)、営業 他

ランスタッドは、オランダで1960年に創業された世界最大級の総合人材サービス企業です。

年収1000万以上を目指すプロフェッショナル向けサービスを提供しています。

世界規模の企業であるため、外資系やグローバル企業への転職支援実績も多数あり、下記の3つのメリットがあります。

ランスタッドのメリット
  • 市場動向を把握した専任コンサルタントによるマンツーマンサポート
    • ランスタッドの専任コンサルタントは、市場の動向を熟知しており、それぞれの個人に合わせたマンツーマンでのサポートを提供。転職活動を的確に進めることができます。
  • 全体の約80%が非公開求人
    • ランスタッドでは、一般には公開されていない非公開求人が全体の約80%。これにより、他では知り得ない貴重な求人情報に出会うことができます。
  • キャリアアップからワークライフバランス重視まで幅広い提案を受けられる
    • ランスタッドは、キャリアアップはもちろん、ワークライフバランスを重視した求人も豊富に取り揃えており、多様なニーズに応える提案が期待できます。

特にハイクラス企業を得意としており、戦略的なキャリア形成のサポートをしてくれます。転職に関する支援サービスはもちろん無料です。

大多数が非公開求人のため、表には出てこないボストンコンサルティングの高待遇求人を保有している可能性に期待できるでしょう。

ランスタッドの
公式サイトで無料登録

アサイン

ASSIGN

運営会社株式会社アサイン
公式サイトhttps://assign-inc.com/
公開求人数非公開(2024年6月7日時点)
主な求人職種コンサルティング・IT業界

アサインは、20代から30代のハイエンド転職に特化したエージェントです。

コンサルティングや大手IT業界に強く、エージェントのサポートが手厚いことで人気があります。

アサインのメリット
  • 若手のキャリアアップに最適なエージェント
    • 若くてもコンサル・IT業界にハイクラスな条件で転職できる。
  • 個人に応じたオーダーメイドなキャリア支援
    • 一人ひとりに合った長期的なキャリア形成のアドバイスを貰える。
  • 独自アプリ「VIEW」による転職サポート
    • アサインのノウハウとAIエンジンを融合させたキャリアシミュレーションでキャリア支援してくれる。

中長期を前提としてキャリアサポートを受けたいなら、アサインが最も良いでしょう。

若手向けの高待遇求人が多いため、ボストンコンサルティングへの転職にピッタリなエージェントです。

ボストンコンサルティング(BCG)の年収に関するQ&A

ボストンコンサルティング(BCG)の年収に関するQ&A

BCGの年収や入社難易度に関する質問・疑問に回答しました。

ボストンコンサルティング(BCG)の出身大学は?

BCGの採用大学は非公開です。

社員プロフィールに見ると、「東大」「京大」「早慶」の出身者が目立ちます。大学院卒やMBA取得者なども多く、実力の高さはもちろん、学歴の高さも重要になると思われます。

ボストンコンサルティング(BCG)の入社難易度は?

「入社が難しい有名企業」ランキング200社によると、ボストンコンサルティングの入社難易度は「65.8」であり、ランキング順位は2位とのことです。

順位企業就職難易度
1位マッキンゼー・アンド・カンパニー69.4
2位ボストン・コンサルティング・グループ65.8
11位PwCコンサルティング63.9
22位アビームコンサルティング62.9
44位アクセンチュア61.6

実際にBCGは東大や京大の出身者も多いため、高学歴でないと入社は大変厳しいことは間違いありません。

ボストンコンサルティング(BCG)の30代の年収は?

OpenWorkの口コミを参照すると、30歳で年収700〜1,500万円が年収範囲となっていました。

30歳の時点で3番目の職位である「コンサルタント」に昇進していれば、1,500万円あたりを目指せる水準です。

その一段階下の職位である「シニアアソシエイト」であっても、実力次第では年収1,000万円越えはできるようです。

ボストンコンサルティング(BCG)で英語力は必要か?

ボストンコンサルティンググループでは、プロジェクトやチームによって英語の使用頻度が異なります。

クライアントやチームメンバーが日本語を母国語としない場合や、調査・インタビューで英語が必要な場合には英語使用の機会が多くなります。しかし、プロジェクトやチームによっては英語を全く使わないこともあり、そのため必ずしも英語が必須というわけではありません。

特に、グローバルな案件が少ないボストンコンサルティンググループは、マッキンゼーやベインと比較して英語が苦手な人にとっても働きやすい環境があります。一方で、将来的にパートナーやMDを目指す場合は、ボストンコンサルティンググループのグローバルネットワークで活躍することが期待されます。

英語が得意でなくても昇進することは可能ですが、ビジネス英会話ができるとさらなるキャリアの展開が期待できます。

社員向けには英語学習の支援プログラムが用意されており、年間最大100時間の無料英会話レッスンを受けることができます。英語に自信がない方には積極的に利用すると良いでしょう。

ボストンコンサルティング(BCG)の年収まとめ

ボストンコンサルティング(BCG)の年収まとめ

転職はタイミングが重要です。

そして、自分の市場価値を認識することがキャリアアップへの近道です。キャリアおよび年収を上げるなら、売り手市場である今がベストです。

ハイクラス転職に向けて、複数の転職エージェントに登録し比較しするのも転職可能性を高めるポイントです。

自分の目的に合ったエージェントを確保し、しっかり活用していきましょう。

  • フリーランスのコンサルタントとして高年収が目指せる

    エージェント名特徴
    ハイパフォコンサル

    月120万円以上の案件が60%以上!業界最大級の案件数。
    PMO・PM案件を探している方におすすめ

    POD

    100万円以上の高額案件多数。
    手厚いサポートで継続的に案件を獲得したい人におすすめ

    プロコネクト

    即日案件紹介可能!
    マージン最低8%だから年収アップが見込める