カーライル・グループは、プライベートエクイティファンドと呼ばれる投資会社です。グローバルレベルでは299のファンドを通して1700億ドル以上の運用資産を保有しています。

日本オフィスは2000年に設立され、外資系のプライベートエクイティファンドでありながらも、日本人の従業員による日本流の投資スタイルで事業活動を行っています。
プライベートエクイティファンドはハイクラス向け転職先としては人気があり、カーライルもその一つに含まれます。少数精鋭で事業を行うため採用枠は少ないのが実情です。

カーライルの中途採用における年収や主な事業内容を整理しました。

カーライルの年収はやはり高い

プライベートエクイティファンドは一般的な会社員の平均年収の2倍程度と言われています。カーライルの年収を独自に調査してみました。

ただしあくまで目安程度ですので、正確な金額は各個人の能力や前職の経験等に左右されています。

タイトル 年収
アソシエイト 600万円程度+インセンティブ
シニアアソシエイト 800万円程度+インセンティブ
マネージャー 1200万円程度+インセンティブ
ディレクター 1500万円程度+インセンティブ
役員 2000万円程度+インセンティブ

カーライルは外資系ファンドらしく年俸制を採っています。

プライベートエクイティファンドでは、固定給与に加えインセンティブが上乗せされるので、その分の頑張り次第で年収が大きく変動します。役職にもよりますが、総じて年収は高いと言えるでしょう。

bizreach-1

カーライルの主な事業内容

カーライルでは、主にソーシング業務とモニタリング/バックアップ業務の二つが存在しています。

日本法人の事業としては、主にバイアウトと不動産投資に特化した形で事業が行われており、不動産投資においては商業ビルや施設、ホテルや介護施設などへの投資を専門とするアジア統括ファンドが用いられています。

カーライルの特徴として、グローバルな事業展開をしているにも関わらずローカルビジネスはローカルメンバーが関与し見ていくべきだという観念のもと、日本に特化したジャパンファンドを有している点が挙げられます。

大体一人当たりが平均年間2-3件くらいのペースでの投資を行っているので、ディール件数は比較的多いと言えます。

また、投資業務として一人の担当者が投資検討の段階から最後のエグジットまでを一気通貫して見るスタイルなので、投資案件業務の一連の流れから様々な経験を積むことができます。

投資先としては中堅企業が多いことも特徴です。過去には「おやつカンパニー」「ウィルコム(現ワイモバイル)」などへの投資実績があります。

カーライルは激務なのか?

カーライルも一般的なPEファンド類似して比較的労働時間は短い方です。

実力主義であるため、労働時間は個人の裁量に任されており、自身で労働時間をコントロールしながらバランスをとることが可能です。

ただし、プライベートエクイティファンドという性質上、投資先にて重大な課題が起きている場合や、案件として難易度が高い場合は労働時間が長くなることがあります。

終身雇用とは程遠い業界の一つと言われているので、厳しい環境であってもある程度割り切りながら働くことが求められます。

特にカーライルの場合は、中堅企業を中心とした案件が多く、投資先での経営人材の不足に対応するなどフレキシブルな役回りが必要とされる場合があるので、状況に応じて柔軟に働けるような方には合っていると思われます。

カーライルで要求されるスキル

carly1

カーライルでは、テクニカルスキルとソフト面でのスキルが両方必要とされています。

具体的には、法務・会計・税務の知識といったテクニカル面が必要とされます。ただし、これらのスキル以外にも全方位的に経験のない業務に携わることがあるので、柔軟な対応力を持ってOJTにてキャッチアップすれば問題ないとされています。

テクニカル面よりも重視されているのがソフト面で、当事者意識を持って仕事を最後までやり切れる力、合理性や論理性を持って人を巻き込む力、傾聴力といった点が重視されます。

日本の中堅企業の経営者の考えを引き出し、共に目的を果たすまでアウトプットし続ける姿勢が求められています。

過去の経験として、規模を問わずオーナーシップを持って物事に取り組んだ経験があるかどうか、人を巻き込んだことがあるかどうか、といった点が面接時にも問われるので、しっかり対策することが必要です。

カーライルへの転職に向いている人

カーライルへの転職に向いているのは、以下の要素を持っている人材と言えます。

  • 過去に投資銀行でのM&Aアドバイザリー業務等の経験があること
  • 柔軟な対応力
  • 高いコミュニケーション能力

少数精鋭だけに同僚となる社員一人ひとりのレベルも高く、責任の重い仕事を多く経験できます。キャリアアップを目指すのであればおすすめできる企業です。

転職でカーライルグループ含むハイクラス企業を目指すなら

カーライルへ転職を目指す方にオススメな転職サービスは以下です。
※時間に余裕があれば、複数登録して相性の良いエージェントと転職活動をしてください。

 ビズリーチJAC RecruitmentCAREERCARVERクライス&カンパニーType転職エージェントアクシスコンサルティング
コスト
求人の量
求人の質
提案力
サポート
人気度
公式サイト

1サービスに絞るのであれば、ハイクラス転職に強いビズリーチが良いでしょう。ハイクラス向けの案件を取り扱うエージェントにアプローチし、ポジションがあるか確認してみましょう。

bizreach-highclass1

その他、ハイクラス企業情報についてもまとめています。興味のある方は、ご覧ください。

▶▶参考記事:ハイクラス企業図鑑

[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています