ドイツ銀行は世界各国に支店を持つドイツ最大手の銀行で、商業銀行、投資銀行、資産運用、ウェルス・マネジメント等のサービスを提供する総合金融グループです。

最近は経営不振がささやかれており、直近では、2015年の純損益は68億ユーロの赤字となり、2020年までの約200支店を閉鎖することや、従業員2.6万人を削減することを方針に掲げていることもあり、特に投資家からの懸念が大きくなっているようです。

ドイツ最大手の銀行であることに変わりはなく、外資金融の中では入社が難しい企業の一つになっています。実力不足によるレイオフもよく行われます。

ドイツ銀行の年収や採用条件を以下整理しました。

ドイツ銀行の年収はやはり高め

ドイツ銀行の年収は公には公開されていませんが、独自に調査した結果以下のような金額が想定されます。正確な金額は個人の能力によって左右されるので、ご参考程度の情報としてください。

タイトル 年収
アナリスト 800~1000万円程度
アソシエイト 1000~1400万円程度
アシスタントヴァイスプレジデント 1200~1600万円程度
ヴァイスプレジデント 1500~1800万円程度
ディレクター 1700~2400万円程度
マネージングディレクター 2000~3000万円程度

ドイツ銀行では外資系金融では定番の年俸制が採られています。

上記には賞与が含まれています。完全実力主義の企業で、かつ日本国内では法人相手のサービスを提供するため給与水準は高くなります。

ランクがアソシエイトなどのスタッフレベルでも、実力がある社員では2000万円程度の収入を得ている人もいるそうです。同業他社と比べても給与はかなり高い方で、場合によっては倍程度になることもあるようです。

外資系金融らしく高い年収を得られる企業と言えます。

bizreach-1

ドイツ銀行の主な事業内容

日本におけるドイツ銀行の主な事業内容は、コーポレート向けの金融サービス全般になります。

具体的には、外国為替やキャッシュマネジメント、貿易金融を含むコーポレート・バンキングサービス全般、不動産ファイナンス、社債や証券の管理サービスといった内容が挙げられます。

業務内容の多くは新聞の一面に載るようなディールやセンシティブかつ金額の大きい案件になるので、仕事を通じて達成感を味わう機会は多数あります。業界や大企業を動かすような案件をやりたい方には合っている企業でしょう。

なお、ドイツ本国においては、民間金融機関は公的金融機関よりも市場シェアを取れない構造になっているため、上位行としての寡占化は進んでおらず、本国での経営不振が日本法人に影響を及ぼすタイミングが時折存在します。

ここ数年はホールセール証券部門に注力してきましたが、金融危機以降の規制強化の煽りを受けて業務が縮小されている一方、代替収益源に乏しいため、グループ全体での業務の最適化による収益構造の改善が見込まれているようです。

ドイツ銀行の激務度や労働環境

ドイツ銀行は多くの外資系金融機関と同様、かなり労働時間は長い企業になります。ドイツという国柄、丁寧さや几帳面さを持ち合わせて仕事をするタイプの社員が多く、結果だけでなくその過程にも誠実さが求められることが多いです。

労働時間という観点では、特にスタッフレベルでの転職をする場合は上位者の指示に基づいて大量の資料作成やその他の業務をこなすことが多く、長時間労働に耐えうる体力やストレス耐性が必要とされる場面が多々あります。

組織風土としては、グローバル企業なので国籍も含め様々なバックグラウンドの社員で構成され、わからないことを情報収集することが気軽にできる雰囲気があります。中途入社も多く、比較的すぐに雰囲気になじむことができるようです。

ハードな環境で果敢に成長しながらキャリアを積みたい方には合っている企業でしょう。

ドイツ銀行の仕事で要求されるスキルやキャリアの積み方

ドイツ銀行では、金融サービスを提供するという性質上、マーケットの状況を冷静に分析し情報に基づいて論理的な判断を下す能力が求められます。金融系の知識や経験があることはもちろん、語学に長けることも必要です。

また、個人として成長するために努力を欠かさないだけでなく、チームとの連携を行えるコミュニケーション力が必要とされています。大型案件などは利害関係者も増えるため、円滑な人間関係を構築できることが必要です。

激務だとしても学べることは多いため、一つのキャリアステージとして割り切って入社する人が多いですが、長期間腰を据えて働こうとする場合はハイスキルはもちろん社内のパワーバランスをうまく見極められることも必要となるでしょう。

ドイツ銀行への転職に向いている人

ドイツ銀行への転職に向いているのは、主に以下の三つの要素を持ち合わせている人材と言えます。

  • 金融機関で投資銀行業務などの専門業務に従事したことがあること
  • 成長意欲が高く主体的に吸収する姿勢があること
  • 激務に耐えうる体力と精神力があること

ドイツ銀行での経験やネームバリューは他社に今後転職する際も確実に役に立ちます。グローバル企業でしっかり自分を鍛えたい場合は合っているでしょう。

転職でドイツ銀行などのハイクラス企業を目指すなら

ドイツ銀行へ転職を目指す方にオススメな転職サービスは以下です。
※時間に余裕があれば、複数登録して相性の良いエージェントと転職活動をしてください。

 ビズリーチJAC RecruitmentCAREERCARVERクライス&カンパニーType転職エージェントアクシスコンサルティング
コスト
求人の量
求人の質
提案力
サポート
人気度
公式サイト

1サービスに絞るのであれば、ハイクラス転職に強いビズリーチが良いでしょう。ハイクラス向けの案件を取り扱うエージェントにアプローチし、ポジションがあるか確認してみましょう。

bizreach-highclass1

[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています