外資系転職に強い転職エージェントおすすめ8選|外資系企業選びのポイントも解説

外資系企業で働く未来を実現するためには、転職エージェントの活用が欠かせません。

なぜなら、外資系企業は一般的な職場とは企業文化や求められるものが異なるため、自分のキャリアプランに合った企業を慎重に選ぶ必要があるからです。

外資系企業への転職を成功させるためには、転職エージェントの特徴や必要な知識を事前に把握しておくことが大切です。

そのためには、応募先企業のニーズを把握し、それに見合うスキルを自分が持っているかどうかが重要なポイントになります。

本記事では、外資系企業への転職を希望する方が登録すべき転職エージェントについて、それぞれの特徴を紹介します。

さらに、転職活動を成功させ、理想のキャリアへの第一歩を踏み出すためのヒントや質問についても解説していきます。

今回ご紹介した転職サイトは、求人数の多さやサポート体制、グローバルな仕事に特化していることなどを基準に選定しています。

転職を成功させるためには、正式な契約前に企業研究・理解を深めておくことが大切です。

  • 外資・エグゼクティブおすすめ転職エージェント

    エージェント名特徴
    アサイン20代から30代のハイエンド転職に特化したエージェント。オーダーメイドの選考対策と模擬面接を実施大手企業/コンサル業界/外資系の求人が強い
    アクシスコンサルティングアクシスコンサルティングロゴ

    コンサルやIT出身者が多いキャリアアップに特化したエージェント!

    コンサル未経験者の転職支援実績も豊富

     
    ユナイテッドワールドユナイテッドワールドロゴ英語力を活かせる外資系転職で年収UPを目指すのにおすすめエージェント。バイリンガルエージェントによる、英文履歴書・面接対策サポートが強み

外資系転職におすすめ転職エージェント8選

スクロールできます→

 特徴求人数対応エリア
エンワールド・ジャパン・グローバルな繋がりが強い
・国内拠点は4ヵ所(東京2・大阪・名古屋)
・海外5ヵ国に拠点あり、国外転職にもチャンスあり
約1,000件全国
JACリクルートメント・グローバル領域を扱う比率が50%超。
・外資系のノウハウが豊富。
・企業担当者が求職者を担当する「両面型」のスタイル
約15,000件全国・海外
リクルートダイレクトスカウト・リクルートが運営しているハイクラス向けスカウトサイト
・ヘッドハンターの逆指名可能
約150,000件全国
ビズリーチ・求人の3分の1以上が年収1,000万以上
・有料会員なら利用サービスや案件数を多く閲覧できる
・企業から直接スカウトされるヘッドハンティング制
約127,000件全国
ランスタッド・外資系の取り扱い多数
・人材派遣業が中心の事業内容でキャリア相談も可能
・製造系エンジニア求人が豊富
約6,300件全国
アクシスコンサルティング・コンサルタント業界に特化
・非公開求人の割合が77%
・企業に応じた書類・面接指導あり
非公開全国
マイナビエージェント・20代に信頼される転職エージェントNo.1
・非公開求人が充実しており独占求人も多数
・決定率を高める豊富な転職支援あり
約40,000件全国

 

ここからは外資系転職におすすめな転職エージェントを紹介していきます。

エンワールド・ジャパン

運営会社 エンワールド・ジャパン株式会社
公式サイトhttps://www.enworld.com/
特徴・グローバルな繋がりが強い
・国内拠点は4ヵ所(東京2・大阪・名古屋)
・海外5ヵ国に拠点あり、国外転職にもチャンスあり
求人数972件(2024年2月6日現在)
対応エリア全国
主な求人職種テクノロジー・デジタル・通信/ライフサイエンス/製造業など(外資系・日系グローバル企業)

エンワールド・ジャパンは、外資系企業やグローバル企業のハイクラス求人に特化した転職エージェントです。

自動車、IT、エンジニア、ヘルスケアなど様々な業界の求人を多数保有しているため、確実な選考対策が可能です。

さらに、外資系企業への転職という不安要素を、複数のコンサルタントがチームを組んで一人ひとりをサポートすることで解消してくれます。

そのため、サービス満足度は約95%という高水準にあります。

転職マーケットへの深い理解から、ユーザーのニーズを的確に把握し、成功を約束する国際的な機会を提供することを実現しています。

JACリクルートメント

運営会社株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/
特徴・グローバル領域を扱う比率が50%超。
・外資系のノウハウが豊富。
・企業担当者が求職者を担当する「両面型」のスタイル
求人数11,833件(2024年2月6日現在)
対応エリア全国・海外
主な求人職種管理職・エグゼクティブ・スペシャリスト人材(ハイクラス/ミドルクラス)

JACリクルートメントは管理職・専門職・ミドル・ハイクラス向けの転職エージェントです。

現在管理職の方など、現職と同クラス、もしくはそれ以上のキャリアアップを目指す方におすすめです。

専任のエージェントが高度なトレーニングを積んでいるので、資格に応じた理想的な求人とのマッチングが可能です。

JACリクルートメントのエージェントは、求人市場に関する幅広い知識を有しているため、お客様に最適な求人情報を提供してくれます。

幅広い給与体系と福利厚生を備えた求人案件を提供することで、よりやりがいのある、満足のいくライフスタイルを実現する可能性をユーザーに提供します。

リクルートダイレクトスカウト(by リクルート)

運営会社株式会社リクルート
公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/
特徴・リクルートが運営しているハイクラス向けスカウトサイト
・ヘッドハンターの逆指名可能
求人数228,212件(2024年2月6日現在)
対応エリア全国
主な求人職種全職種

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス向け転職に特化した転職スカウトサービスです。

ハイクラス向けの求人数が最大級であるため、希望する条件に合った仕事を見つけやすくなっています。

リクルートダイレクトスカウトが提供する求人は、厳しいユーザーの要望にも応えられるよう、徹底したこだわりを持っています。

ハイクラスにとって不足のない条件の案件があること、他の追随を許さない求人数、スカウトによるキャリアアップなど、他サービスとは一線を画していると言えるでしょう。

さらに、経験豊富なプロフェッショナルチームが、採用プロセスだけでなく、キャリアに関するあらゆるアドバイスも提供してくれます。

また、ユーザーの個人情報は厳重に管理されるため、現在の職場に悟られることなく安心して転職活動を進めることができます。

ビズリーチ

ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公式サイトhttps://www.bizreach.co.jp/
特徴・求人の3分の1以上が年収1,000万以上
・有料会員なら利用サービスや案件数を多く閲覧できる
・企業から直接スカウトされるヘッドハンティング制
求人数106,695件(2024年2月6日現在)
対応エリア全国
主な求人職種全職種(ハイクラス求人/ミドル層)

ビズリーチは、リクルートダイレクトスカウトと同様ハイクラス転職にに特化した転職スカウトサービスです。

外資系だけでも3,000件近い求人があり、その他、コンサルティング、メーカー、広報など、多くの求人があります。

そのため、転職したい業界が決まっていない方でも多くの選択肢から視野を広げられ、優良企業やトップヘッドハンターからスカウトされる求人が多いビズリーチは、非常におすすめです。

ビズリーチなら、身につけたスキルや経歴を活かして、今までにないキャリアを歩むことができます。

その結果、あなたの経験やスキルを評価してくれる企業に転職し、800万円以上の高年収を実現する可能性もあります。

他では得られないチャンスもあるので、胸を張って決断しましょう。

ビズリーチを信頼して、あなたのキャリアに変化をもたらしてみてください。

ランスタッド

運営会社ランスタッド株式会社
公式サイトhttps://www.randstad.co.jp/
特徴・外資系の取り扱い多数
・人材派遣業が中心の事業内容でキャリア相談も可能
・製造系エンジニア求人が豊富
求人数6,989件(2024年2月6日現在)
対応エリア全国
主な求人職種ITエンジニア(IT・Web・通信)、事務・管理部門、
技術系(機械・電気・電子・化学)、営業 他

ランスタッドは、外資系企業や日系グローバル企業を幅広くカバーする大手人材紹介会社です。

日本各地にオフィスを構え、外資系企業への転職支援も行っています。

中でも人気なのが、海外転職を希望するITプロフェッショナルのための求人情報を網羅した「スペシャリスト転職情報」。

バイリンガルの方にも対応しており、英語が堪能な方にとっては、その習熟度に見合った求人情報を幅広く見つけることが期待できます。

ランスタッドでは、求人内容や勤務地をより深く理解するために、書籍や雑誌、セミナーなどを提供しています。

また、ランスタッドのリクルーターは、日本の求人市場や労働市場に精通しており、求職者へのインタビューやアドバイスを行っています。

さらに、国内企業、グローバル企業の両方と強い関係を保ち、利用者がそれぞれの状況に応じて最善の決断ができるように努めています。

アクシスコンサルティング

運営会社アクシスコンサルティング株式会社
公式サイトhttps://www.axc.ne.jp/
特徴・コンサルタント業界に特化
・非公開求人の割合が77%
・企業に応じた書類・面接指導あり
求人数非公開(2024年2月6日現在)
対応エリア全国
主な求人職種コンサルティング業界

外資系企業の中でも特にコンサルタントの転職に力を入れているのが、アクシスコンサルティングです。

アクシスコンサルティングは、コンサルティング業界に特化したノウハウにより、コンサルタントの希望職種への転職成功率は77%(2021年9月現在)という驚異的な数字を叩き出しています。

支援期間は平均3年で、時期が合わないと判断した場合、無理に転職を勧めることはありません。

このような配慮と理解を重視する姿勢は、アクシスコンサルティングならではのものであり、応募者の立場に立って考える姿勢に安心感を覚えることでしょう。

新しい仕事にチャレンジするタイミングは難しいもので、特に自分自身が乗り気でないときは、その判断に迷うものです。

しかし、アクシスコンサルティングはそのような状況を認識し、自信を持って決断するのに最適なタイミングで貴重なアドバイスを提供してくれます。

マイナビエージェント

会社名パーソルキャリア株式会社
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
特徴・20代に信頼される転職エージェントNo.1
・非公開求人が充実しており独占求人も多数
・決定率を高める豊富な転職支援あり
求人数54,150件(2024年2月6日現在)
対応エリア全国
主な求人職種全職種

マイナビエージェントは、業界内でも知名度が高く信頼できる転職エージェントで、特に20代の若手や第二新卒から高い評価を得ています。

業界トップクラスのエージェントと比較すると求人数は少ないですが、親身で丁寧なサポートが評判で、納得のいく転職を実現することができると評判です。

コンサルタントは時間をかけて丁寧に利用者の話をヒアリングし、ニーズやスキルと適切な求人案件を適切にマッチングさせてくれます。

マイナビはタイムリーで透明性の高い対応を心がけており、カスタマーサービススタッフはいつでも気軽に問い合わせに応じてくれます。

また、求人広告の掲載から面接の確認に至るまで、徹底した品質管理を行い、利用者の希望に沿った就職先を提供してくれます。

※マイナビのプロモーションを含みます。

外資系転職のメリットとデメリット

ここでは外資系転職のメリットとデメリットについて解説していきます。

外資系企業に転職してよかったこと

結果主義なので20代で高収入を狙える

外資系企業は基本的にどこも成果主義で、実力があれば年俸は上がっていきます。

基本給である年俸は上がりますが、それに加えてインセンティブと呼ばれるボーナスのようなものが上乗せされます。

業績を上げればインセンティブはどんどん大きくなっていきます。

外資系企業では、給与の一部としてより多くのインセンティブが支給されることが多く、仕事に対するレート賃金が高く設定されていることが多いです。

このため、成果次第では基本給以上の収入を得ることも可能であり、若い人でも高い収入を得ることができるのです。

常に期待を上回り、高いレベルに達していれば、年収を予想以上にアップさせることができます。

余計な付き合いがない

外資系企業では、基本的に付き合いでの飲み会はありません。

欧米の文化に合わせてランチミーティングや家族でバーベキューをすることはありますが、強制ではありませんし、参加しないからといってひどい扱いを受けることもありません。

また、日本企業のような年功序列がないため、上司は会社から評価される一定以上の実績を持った人たちです。

そのため、フレキシブルな働き方がしやすく、社員はそれ以上の束縛を受けることがありません。

その結果、よりリラックスして働ける職場環境になります。

また、外資系企業では、社員がプロフェッショナルに振る舞うことをより強く求められますが、社員が期待される以外の振る舞いをするようなプレッシャーはほとんどありません。

したがって、日本企業では時に「面子を保つ」必要があるかもしれませんが、外資系企業ではそのようなことは必要ありません。

外資系企業の上司は厳しい人が多いですが、実力があるからこそその地位にいるわけですから、適切な指示を出してくれます。

そのため、社員は仕事に集中することができ、会社の目標を達成し、プロフェッショナルとして活躍することを後押ししてくれるのです。

要領よく仕事に取り組めば短時間で終わらせることができる

どんどん結果を出せば高収入になるので、外資系企業で働く人は結果を出すために毎日残業しています。

ただし、高収入を得る必要がなく、自分の好きな時間に働きたい人は残業は必須ではありません。

効率よく仕事をこなし、定時で帰るという働き方も可能です。

ただし、外資系コンサルティングファームなど、短い納期で仕事を終わらせる必要がある職場では、定時で帰りたくても帰れないという場合もあります。

このため、転職エージェントや業界に詳しい知人に相談し、社風やどのような働き方が求められているのかを把握することが重要になります。

そうすることで、自分にとって有益で実現可能な仕事のスケジュールを立てることができるだけでなく、より多くのプロフェッショナルな人たちとネットワークを作り、貴重な人脈や人間関係を築く良い機会にもなります。

このようなプロフェッショナルなネットワークに参加することは、他の可能性を広げるだけでなく、困難な状況に陥ったときに様々な支援を得ることにもつながります。

外資系企業に転職して後悔したこと

ボーナスや福利厚生が無いところが多い

日本企業との最大の違いは、福利厚生の部分でしょう。

外資系企業であっても、もちろん日本の法律に則った福利厚生はありますが、多くの場合、それは最低限のものです。

ボーナスや退職金は企業にとって義務ではないので、外資系企業でも支給していないところも多いです。

ボーナスの代わりにインセンティブがありますが、インセンティブは個人の業績に基づいており、従業員によって大きく異なります。

さらに、外資系企業では、日本企業にはない別の福利厚生を提供している場合もあります。

例えば、健康保険にフィットネス、メンタルヘルスのカウンセリング、視力割引といったサービスなどです

また、外資系企業では労働時間の柔軟性が高く、休暇の取得日数が多い場合もあります。

退職金のない会社が多い

外資系企業では退職金もないところが多いです。

確かに、年収を見ると外資系の方が良さそうですが、退職金やボーナスなどトータルで考えると日系企業の方が良いこともあります。

退職金の代わりにボーナスが出る場合もありますが、あくまで気持ち程度のもので、ボーナスなどの上乗せを考慮すると、外資系企業よりも日系企業への就職を目指した方が得策な場合もあるでしょう。

ただし、就職する業界・業種によっては、仕事の分野が海外に関係するものであれば、外資系企業の方が日系企業よりメリットが大きいかもしれません。

外資系企業は通常、より大きな国際的な機会と柔軟性を提供することができ、それは従来の退職金パッケージよりも価値があることがわかるでしょう。

成果や高収入であることからハードワーク

外資系企業では、結果を出すために毎日残業をしなければならないハードワークが多くなる場合もあります。

ITや金融、コンサルティングの分野では、常に最新のトレンドを知る必要があるため、日々、独学で勉強する必要もあります。

これらには多くの時間が必要となり、仕事との両立も大変ですが、それでも日進月歩の状況を把握するためには必要なことです。

このように常に心身ともに勉強しなければならないことが辛いと感じる人は、外資系企業での仕事に向いていないかもしれません。

外資系転職の企業選びで失敗しないためのポイント

ここでは外資系転職の企業選びで失敗しないためのポイントについて解説していきます。

退職後の計画を立てておく

外資系は結果がすべてですが、転職して必ず結果が出るという保証は100%ありません。

結果が出ずに会社に残れない可能性もありますので、そうなった後のプランを考えておく必要があります。

働きながら副業を始める、外資系企業がダメだったときのためにフリーランスの仕事を探しておく、といったプランも有効です。

万が一に備えておかないと、外資系企業でうまくいかなかった場合、働き続けても地獄、辞めても地獄という状況に陥る可能性があります。

これは難しい決断かもしれませんし、終わった後に職探しに奔走することになるのは避けたいところです。

ですから、大きな決断をする前に、すべての選択肢を検討し、外資系企業に期待することを現実的に考えることが大切です。

外資系企業で働くことの長所と短所をリストアップし、腰を据えて検討しましょう。

また、もし計画通りにいかなかった場合、他にどのような仕事の選択肢があるのかを考える時間を確保することです。

前よりも不利な状況に陥らないように、積極的に計画を立てることが重要です。

将来の展望をはっきりさせておく

外資系企業では、職務内容が明確に定義されており、良くも悪くも年齢とともに専門性が飛躍的に向上していきます。

そのため、積極的にキャリア目標を定め、それを達成するための道筋を描くことが重要といえるでしょう。

仕事選びの基準としては、既存の専門知識やスキルを活用できる機会も含めて、十分に検討する必要があります。

また、定期的に転職することで、給与の優遇や会社のサポート、キャリアアップの可能性など、新しい扉を開くことができます。

自分に合った仕事を見つけるには、仕事のタイトルや内容だけでなく、文化や環境も考慮に入れる必要があります。

新しい仕事に飛び込むことは、一見敷居が高いように見えますが、結果的に大きなやりがいを得ることができ、キャリアの可能性が大きく広がることも少なくありません。

仕事内容をしっかりと把握しておく

上記でも触れましたが、仕事内容をよく確認することは重要です。

例えば、同じ営業職でも、ルート営業、訪問営業、飛び込み営業では、求められるスキルや身につく能力が異なります。

職務内容やどのような職種の担当者がいるのかを調べておくことは必須です。

また、どのような顧客と接するか、どのようなチームを率いるのか、どのようなプログラムに精通しているか、出張の頻度、給与体系、その他の福利厚生など、仕事の他の側面についてもしっかりと確認しておくことが重要です。

外資系転職に強い転職エージェントを使うべき理由

外資系企業への転職という明確な目標がある方には、一般的な求人サイトや総合転職エージェントよりも、外資系転職に特化したエージェントの利用をお勧めします。

海外とのネットワークや幅広いリソースを利用できるこのサービスでは、一般的な転職エージェントが提供できないような国際的な規模の求人案件を見出すことができます。

また、コンサルタントは職種ごとの知識が豊富で、質問にも適切に回答してくれるため、求職者は頭の中を整理してやりたいことを明確にすることができ、企業とのミスマッチを防ぐことができます。

外資系転職に強い転職エージェントを活用するコツ

外資系転職に強い転職エージェントを活用するコツとしては以下のようなものがあります。

  • 業界の最新の情報を理解しておく
  • 担当者との連絡はレスポンスを早くする
  • 英語での模擬面接を活用する

業界の最新の情報を理解しておく

志望する業界への理解を深めることで、志望動機の説得力が増します。

例えば、製造業を考えてみましょう。

この業界では、日本企業のAIやIoT(インターネットを介してモノを操作するシステム)への取り組みが海外に遅れをとっています。

そのため、IT技術に関する高度なスキルや経験を持つ人材が求められています。

その課題に対して、どのように活躍できるかを具体的に伝えることが必要です。

世界の経済成長を牽引するテクノロジーの役割はますます大きくなり、AIやIoTは変化と雇用創出の潜在的な原動力と見なされています。

デジタル化された技術に関する知識が蓄積されれば、より多くの雇用機会が生まれ、日本全体の市場シェアを拡大することが可能になります。

SNSや業界のニュースレターを利用して、常に最新の情報を入手しましょう。

 

担当者との連絡はレスポンスを早くする

また、コンサルタントとのやり取りがスムーズな応募者は好まれる傾向にあります。

人材紹介会社はボランティアではなく、営利団体です。

応募者と企業をマッチングすることで、クライアントから報酬を得ているわけですから、コンサルタントにはマッチングを成功させることが必要です。

コンサルタントは、転職に対してそれほど積極的でない人、無関心な人には、深く関わることができないので、少なくとも前向きな姿勢で行動することが重要です。

また、期限を過ぎるとマッチングが成立しないこともあるので、必ず期限は守るようにしましょう。

コンサルタントとのコミュニケーションは、コンサルタントとの信頼関係を築き自身にあった転職先を提供してもらうために重要な要素です。

コンサルタントと定期的に連絡を取り、進捗状況を報告することで、コンサルタントと一緒に仕事をする意思があること、協調性があることを示すことができます。

 

英語での模擬面接を活用する

外資系企業でよく使われる英語面接に慣れることも目的の一つです。さらに、ビジネス英語の使い方を学ぶこともできます。

言葉だけでなく、イントネーションや話し方にも気を配ることが大切です。

外資系転職に関する疑問Q&A

ここでは外資系転職に関する疑問Q&Aについて解説していきます。

未経験からでも外資系転職はできる?

基本的には可能です。

重要なのは、応募先企業が求めるスキルに自分がマッチしているかどうかです。

外資系を志望する求職者の多くは、未経験の分野で活躍することに不安を感じています。

そのため、チャンスをつかむためには、自分のスキルをできるだけ可視化し、関連性を持たせることが重要です。

>>たかが外資系への転職を不安に思わなくてよい3つの理由

第二新卒でも外資系転職はできる?

外資系企業は人手不足であることから第二新卒でも外資系に転職できる可能性は高くなっています。

英語ができなくても外資系転職は可能?

外資系といっても企業や部署によっては取引先が国内企業ばかりの場合もあるため、英語が必須というわけではありません。

外資系企業は女性が働きやすい?

外資系企業には年功序列という概念がないので性別関係なくステップアップできる点では働きやすいとも言えます。

外資系転職エージェント・サイトまとめ

転職エージェントに登録し、コンサルタントを味方につけることで、より高い成功率でキャリア目標を達成することができます。

ただし、外資系企業への転職は、限られた求人枠を高いスキルと経験を持つライバルと競うことになります。

限られた求人の中から確実に席を確保するために、転職エージェントの情報やサービスを最大限に活用して転職活動を行いましょう。

転職エージェントは、あなたの希望する分野の雇用主が求める人材像について、専門知識と見識を提供する信頼できるアドバイザーです。

また、転職エージェントのサポートにより、あなたの希望やキャリア目標に合った求人企業に、最適な転職機会を提供することができます。

有償サポートをゼロコストで受けられるというメリットは、利用する価値があります。

ぜひ、転職支援サービスを利用して、理想の未来を実現し、そのために必要なスキルや経験、資格を身につけてください。

  • 外資・エグゼクティブおすすめ転職エージェント

    エージェント名特徴
    アサイン

    20代から30代のハイエンド転職に特化したエージェント。オーダーメイドの選考対策と模擬面接を実施

    大手企業/コンサル業界/外資系の求人が強い

    アクシスコンサルティング
    アクシスコンサルティングロゴ

    コンサルやIT出身者が多いキャリアアップに特化したエージェント!

    コンサル未経験者の転職支援実績も豊富

     

    ユナイテッドワールド
    ユナイテッドワールドロゴ

    英語力を活かせる外資系転職で年収UPを目指すのにおすすめエージェント。

    バイリンガルエージェントによる、英文履歴書・面接対策サポートが強み