ハイクラス転職に強いおすすめエージェント6選|年代別や業種別にも解説

  • 転職で年収1000万円を狙いたい
  • 経験・スキルを活かしてキャリアアップしたい

そのような考えから転職エージェントの活用を検討している方は多いのではないでしょうか。

結論から申しますと、転職で高収入やキャリアアップを狙う場合はハイクラス層に特化した転職エージェントを活用するべきです。

本記事ではハイクラス転職に強い転職エージェントを年代・業種・職種別に解説するとともに、ハイクラス転職に有益なノウハウを紹介していきます。

転職エージェントは求職者の転職を成功に導く強力なパートナー、相性の良いエージェントを上手に活用してあなたが描いた通りのハイクラス転職を実現してください。

ハイクラス求人とは

「ハイクラス求人」の明確な基準はありませんが、転職市場では年収800万以上の求人を指すことが多く、年収帯が高いコンサルティング・金融などの業界や外資系企業、管理職、特定分野の専門職や技術職を対象としているのが特徴です。

類義語に「エグゼクティブ求人」がありますが、こちらは経営者や経営幹部層を主な対象としており、経営陣に近い部長職以上のポジションや経営企画職などを区別する意味で使われる場合もあります。

ハイクラス転職におすすめ転職エージェント・サイト6選

はじめにハイクラス転職に適した転職エージェント・サイトを6社厳選して紹介します。

各サービスの特徴を一覧にしてまとめていますので参考にしてみてください。

\ハイクラス転職サービス厳選6社比較/

サービス名特徴種類

パソナキャリア
コンサルタントの丁寧・迅速な対応と徹底した面接対策に定評あり。
年収交渉にも強く求職者の61.7%が年収アップを実現している。
エージェント型

ビズリーチ
国内最大級の規模を誇るハイクラス人材向け転職サイト
年収1,000万円以上の求人が3分の1以上を占める。
経歴登録後はヘッドハンターからのオファーを待つだけ。
スカウト型

リクルートダイレクトスカウト
業界最大手のリクルートが運営する転職サイト
ハイクラス人材向けの求人数は国内トップクラスで年収800〜2,000万円の求人が大多数。
入会審査や面談は不要、初期登録も簡単で利便性が高い。
スカウト型
JACリクルートメントロゴ
JACリクルートメント
世界12カ国のネットワークが強みの日系転職エージェント
外資系転職を得意とするほか、経営層・管理職・技術専門職にも強い。
質の高いコンサルタントから満足度の高い転職支援サービスが受けられる。
エージェント型

ランスタッド
世界最大規模の総合人材サービス会社
世界39カ国のネットワークを活かした外資系企業への転職に強い。
バイリンガルのコンサルタントが多数在籍しており面接対策も充実。
エージェント型

ロバート・ウォルターズ
外資系・日系グローバル企業への転職に特化した転職エージェント。
年収500万円以上の高収入求人を厳選して取り揃えている。
各分野に精通したバイリンガルのコンサルタントがチーム制で転職活動をがっちりサポート。
エージェント型

パソナキャリア

運営会社株式会社パソナ
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/
公開求人数36,097件(2024年5月7日現在)
主な求人職種全職種(ハイクラス求人に特化)

オリコン顧客満足度調査(2022年)の転職エージェント部門「担当者の対応」で総合1位を獲得したパソナキャリア

各業界や管理部門に特化した専任コンサルタントが求職者ひとりひとりに寄り添い、キャリア相談から面接対策、内定後のフォローまで丁寧かつ迅速に対応してくれます。

保有求人の約半数が年収800万円以上、約25%が管理職ポジションとハイクラス求人も充実しており、ハイクラス・キャリアアップ転職を目指す方にぴったりのエージェントです。

関連記事>>パソナキャリアの評判は?実際に使った人のリアルな口コミを紹介

ビズリーチ

ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公式サイトhttps://www.bizreach.co.jp/
公開求人数115,417件(2024年5月7日現在)
主な求人職種全職種(ハイクラス求人/ミドル層)

ビズリーチ高収入求人をメインに取り扱うスカウト型の転職サイトです。

保有求人の3分の1以上が年収1,000万円以上を保証しており、外資系企業や管理職、経営層ポジションの求人を豊富に取り揃えています。

会員登録と職歴登録のみで転職活動を開始できるため、仕事が忙しく面談時間を確保できない方でもサクッと利用できます。

厳正な審査基準をクリアした5,200名以上の優秀なヘッドハンターや外資・日系大手などの優良企業からオファーを受けられるので、ハイクラスの転職を成功させたい方はもちろん、将来の転職に備えて自身の市場価値を知っておきたい方にもおすすめです。

リクルートダイレクトスカウト

運営会社株式会社リクルート
公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/
公開求人数274,690件(2024年5月7日現在)
主な求人職種全職種

オリコン顧客満足度調査(2022年)の転職スカウトサービス部門で総合1位を獲得したリクルートダイレクトスカウト

業界最大手のリクルートが運営するスカウト型の転職サイトで、約600社の企業、4,300人以上のヘッドハンターからオファーを受けられます。

メイン機能はスカウトサービスですが、求職者側がヘッドハンターを逆指名することも可能なため、求職者にとって一番信頼できる相手を自身で選択できるメリットもあります。

年収800〜2,000万円の求人多数、転職後の平均年収は938万円以上(2022年時点、ハイキャリア会員平均)と成功実績も豊富なので、転職で高収入を狙う方は登録しておくと良いでしょう

JACリクルートメント

運営会社株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/
公開求人数12,611件(2024年5月7日現在)
主な求人職種管理職・エグゼクティブ・スペシャリスト人材(ハイクラス/ミドルクラス)

創業以来30年以上、約43万人を超える転職支援を行ってきたJACリクルートメントは、ロンドン発祥の日系転職エージェントです。

世界12カ国に広がるグローバルネットワークを活かした外資系・海外進出企業への転職支援を強みとするほか、年収600~2,000万円の高収入求人、管理職・専門職ポジションなどハイクラス人材を対象とした求人を豊富に取り揃えています。

コンサルタントのカウンセリング力や提案力にも定評があり、企業と求職者側のニーズを汲み取った精度の高いマッチングを行います。

利用者アンケートでは91.9%の満足度を獲得しており(2019年度企業アンケート調査)利用者の口コミによる新規登録も多いようです。

関連記事>>JACリクルートメントの評判は?実際に使った人のリアルな口コミを紹介

ランスタッド

運営会社ランスタッド株式会社
公式サイトhttps://www.randstad.co.jp/
公開求人数7,564件(2024年5月7日現在)
非公開求人数非公開 ※全求人の80%
主な求人職種ITエンジニア(IT・Web・通信)、事務・管理部門、
技術系(機械・電気・電子・化学)、営業 他

ランスタッドはオランダを発祥とする世界最大規模の総合人材サービス企業です。

39カ国に4,400カ所以上の拠点を構えており、世界中のネットワークを駆使した外資系企業への転職支援を強みとしています。

年収800万円以上の求人が公開求人の80%を占めており、事務管理部門やIT・技術職求人の割合が高いようです(2023年2月7日時点)。

優良求人が多いとされる非公開求人が全体の80%を占めており、求人紹介を受ける意味でも登録しておいて損はないエージェントといえます。

ロバート・ウォルターズ

運営会社ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社
公式サイトhttps://www.robertwalters.co.jp/
公開求人数1,732件(2024年5月7日現在)
非公開求人数非公開
主な求人職種IT、営業、電気・電子・機械、経理・財務、マーケティング、
プロキュアメント・サプライチェーン、ジェネラルマネジメント
・コンサルティング、秘書・ビジネスサポート など

世界31カ国に拠点を構えるロバート・ウォルターズは、外資系・日系グローバル企業への転職に強い転職エージェントです。

人事専門誌「人材コンサルティング会社&サービス100選」に9年連続で選出されるなど日本国内および世界各地で数々の受賞歴があり、サービス品質の高さが国際的に評価されています。

保有求人はすべて年収500万円以上、公開求人の40%弱が年収1,300万円と高比率を占めています(2023年2月7日時点)。

外資系企業への転職を目指す方や語学力を活かしたい方はもちろん、転職で年収アップを狙う方は登録しておくとよいでしょう。

年代別おすすめハイクラス転職エージェント・サイト

転職エージェント・サイトを選ぶ際のポイントとして「利用者の年齢層」は非常に重要です。

利用者層を把握することで自身に合った企業・サービスを選択しやすくなり、転職活動を有利に進められます。

20代30代におすすめハイクラス転職エージェント・サイト

キャリアアップ転職やハイクラス転職を目指す20~30代の方におすすめの転職エージェント・サイトは以下の3社です。

AMBI
マイナビエージェント
パソナキャリア

AMBI

運営会社エン・ジャパン株式会社
公式サイトhttps://en-ambi.com/
公開求人数130,155件(2024年5月7日時点)
非公開求人数非公開
主な求人職種技術系、営業系、管理部門系、マーケティング・
販促企画・商品開発系、コンサルタント系 など

人材サービス業界大手のエングループが2017年に提供を開始したAMBIは、若手ハイキャリア向けのスカウト型転職サイトです。

公開求人の半数以上が年収550万円以上(2023年2月7日時点)、大手優良企業からベンチャー企業まで求人の種類も豊富に取り揃えており、キャリアアップ転職を目指す20~30代から高い支持を得ています。

他のサービスでは見られないユニークな機能が多いことが特徴で、経歴をみたヘッドハンターからのスカウトを受けられるほか、求人に「興味あり」の反応を示すと企業・ヘッドハンターから合格可能性が提示されるという斬新な機能も備わっています。

今すぐの転職を検討している方はもちろん、将来の転職に備えて自身の市場価値を知っておきたい方にもぴったりの転職サイトといえるでしょう。

関連記事>>【辛口評価】アンビ(AMBI)を使っている私が評判・口コミを解説

マイナビエージェント

マイナビエージェント【公式】
会社名パーソルキャリア株式会社
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
公開求人数58,279件(2024年5月7日現在)
主な求人職種全職種

マイナビエージェントは、就職情報サイト「マイナビ」などを運営するマイナビグループの人材紹介サービスです。

新卒採用の就職支援に強いマイナビグループのネットワークを活かした若年層向けの求人が豊富で、業種・職種も幅広く取り揃えているため第二新卒の方や転職がはじめての方も安心して利用できます。

若手人材の転職市場を熟知しており転職支援のノウハウも蓄積されているため、初めてのハイキャリア転職や年収アップを狙う方にもぴったりの転職エージェントです。

※マイナビのプロモーションを含みます。

関連記事>>マイナビエージェントの評判を口コミから解説【評判悪い?】

パソナキャリア

運営会社株式会社パソナ
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/
公開求人数36,097件(2024年5月7日現在)
主な求人職種全職種(ハイクラス求人に特化)

パソナキャリアはオリコン顧客満足度調査の「転職エージェント部門」で30代の求職者から支持率No1の称号を獲得しています。

総合型の転職エージェントとして幅広い職種を取り扱っており、親身で丁寧なカウンセリングや面接対策の細やかさにも定評があります。

コンサルタントの対応力も高く年収交渉にも強いので、年収アップを狙う20~30代のキャリアアップ転職にも適したエージェントといえます。

40代50代におすすめハイクラス転職エージェント・サイト

経験とスキルに見合った待遇で転職を成功させたい40~50代のハイクラス人材には、以下3社の転職エージェント・サイトをおすすめします。

JACリクルートメント
リクルートダイレクトスカウト
ビズリーチ

JACリクルートメント

運営会社株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/
公開求人数12,611件(2024年5月7日現在)
主な求人職種管理職・エグゼクティブ・スペシャリスト人材(ハイクラス/ミドルクラス)

JACリクルートメントは、オリコン顧客満足度ランキング「ハイクラス・ミドルクラス転職」部門で5連覇を達成しており、2022年の年代別転職実績では40代以上の割合が50%を超えています。

年収600~2,000万円のキャリアアップ転職を謳っており、管理職や外資系企業などの求人が豊富なため、ハイクラス転職を狙う40~50代にぴったりのエージェントといえるでしょう。

リクルートダイレクトスカウト

運営会社株式会社リクルート
公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/
公開求人数274,690件(2024年5月7日現在)
主な求人職種全職種

リクルートダイレクトスカウトハイキャリア向けのスカウト型転職サイトです。公開求人は15万件を超えており転職サイトの中でもトップクラスの求人数を誇っています。

うち40%以上が年収800万円を超えているため(2023年2月7日時点)、経験・知識を活かして活躍したい40代~50代の方に適した転職サイトといえるでしょう。

サービスは完全無料で入会審査もなし、初期登録がしやすく求職者が使いやすい仕様になっているため多忙でまとまった時間がとれない方でも気軽に利用できます。

ビズリーチ

運営会社株式会社ビズリーチ
公式サイトhttps://www.bizreach.co.jp/
公開求人数115,417件(2024年5月7日現在)
主な求人職種全職種(ハイクラス求人/ミドル層)

ビズリーチでは高い専門性と実務経験を求める求人が多いため、それらの条件に見合う経験豊富な40~50代に有利な転職サイトといえます。

ビズリーチは日本で唯一、会員や求人・ヘッドハンターに独自の審査を実施しており、ハイクラス転職に相応しい質の高いサービスを提供しています。

スカウト型の転職サイトは複数ありますが、本気のハイクラス転職を狙う方であればビズリーチへの登録は欠かせないでしょう。

登録は無料ですが、検索・応募機能を便利に使いこなすための有料プランも段階的に設けられています。

他社のサービスとは一線を画したプラン設定で、「まずは自身の市場価値を知りたい」「今すぐ転職活動を始めたい」など求職者のニーズに沿って使い分けられるので便利です。

業種別おすすめハイクラス転職エージェント・サイト

ここではハイクラス転職の代表格とされる「外資系企業」「コンサルタント職」「経営管理部門」への転職に適した転職エージェントを紹介します。

外資系企業に強いハイクラス転職エージェント

外資系企業への転職を希望する方は、海外にもネットワークをもっているグローバルな転職エージェントを利用しましょう。

おすすめの転職エージェントは以下の3社です。

エン・ワールドジャパン
JACリクルートメント
ランスタッド

エン・ワールドジャパン

運営会社 エンワールド・ジャパン株式会社
公式サイトhttps://www.enworld.com/
公開求人数1,030件(2024年5月7日現在)
主な求人職種テクノロジー・デジタル・通信/ライフサイエンス/製造業など(外資系・日系グローバル企業)

エングループの海外企業であるエン・ワールドジャパンは、外資系・日系グローバル企業への転職に特化した転職エージェントです。

ハイクラス層の転職支援に強く、グローバル人材に適した幅広い業種・職種の求人を取り扱っています。

主要業界と多様な職種に精通したコンサルタントが揃っており、求職者をチーム制でサポートすることでひとりひとりの転職の可能性を広げています。

転職後のキャリア設計に焦点を当てた中長期的なサポートにも定評があり、転職のプロにキャリアプランを相談できるほか、転職後1年間は新しい職場での就業をサポートする体制が整っています。

関連記事>>【しつこい?】エンワールドジャパンの評判や口コミを徹底調査!本当に外資系転職に向いてる?

JACリクルートメント

運営会社株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/
公開求人数12,611件(2024年5月7日現在)
主な求人職種管理職・エグゼクティブ・スペシャリスト人材(ハイクラス/ミドルクラス)

JACリクルートメント海外12カ国のネットワークを活かした海外求人の対応に強く、外資系企業や海外進出企業への紹介実績が豊富です。

海外関連領域における事業比率は全体の50%以上と業界内でも圧倒的なシェア率を誇っており、外資系転職に注力しているエージェントの代表格といえるでしょう。

保有求人の多くは管理職や高収入求人なので求職者に求められるレベルも高くなりますが、JACリクルートメントでは応募先企業に応じた書類添削や面接対策を講じてくれるので安心です。

語学力に長けたコンサルタントも多いため、外資系企業の転職でも有利に働くでしょう。

ランスタッド

運営会社ランスタッド株式会社
公式サイトhttps://www.randstad.co.jp/
公開求人数7,564件(2024年5月7日現在)
非公開求人数非公開 ※全求人の80%
主な求人職種ITエンジニア(IT・Web・通信)、事務・管理部門、
技術系(機械・電気・電子・化学)、営業 他

世界39カ国にネットワークを張り巡らせるランスタッドでは、ハイクラス人材の外資系転職に強みを発揮しています。

公開求人5,998件のうち「外資系企業」のヒット数は1,545件(2023年2月7日時点)と全体の25%を超えており、多種多様な業種・職種を取り揃えているため幅広い選択肢から希望に合った求人を選べます。

多国籍で多様なコンサルタントが在籍しているため、英語・中国語など多言語の対応も可能です。

英語レジュメの添削や面接対策なども行っており、蓄積されたデータに基づいてネイティブ視点からの選考対策を講じてくれます。

コンサル業界に強いハイクラス転職エージェント

一般的に高収入と言われるコンサル業界。

コンサルタントへの転職を目指す方におすすめの転職エージェントは以下の3社です。

アクシスコンサルティング
JACリクルートメント
コトラ

アクシスコンサルティング

運営会社アクシスコンサルティング株式会社
公式サイトhttps://www.axc.ne.jp/
公開求人数非公開(2024年5月7日現在)
主な求人職種コンサルティング業界

アクシスコンサルティングは、現役コンサルタントの4人に1人が登録している国内最大級の業界特化型転職エージェントです。

BIG4各社をはじめとした多くのコンサルティング会社と深い信頼関係を築いているため、企業ニーズを分析した上でピンポイントの選考対策を講じてくれます。

未経験からのコンサル転職を成功させた実績も豊富なため、社会人経験が少ない若年層や未経験からハイクラス転職を実現したい方は登録しておくべきでしょう。

コンサル業界に精通した転職のプロがコンサルタントへの道を導いてくれます。

JACリクルートメント

運営会社株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/
公開求人数12,611件(2024年5月7日現在)
主な求人職種管理職・エグゼクティブ・スペシャリスト人材(ハイクラス/ミドルクラス)

JACリクルートメントでは、コンサルティング業界の出身者をはじめとした業界専任のコンサルタントが多数在籍しています。

難易度が高いコンサルタント業界への転職では、担当コンサルタントにも相応の専門性と知識の深さが求められます。

JACリクルートメントは業界専任コンサルタント制であることに加えて、企業と求職者を一人のコンサルタントが担当する「両面型」の営業スタイルを採用しているため、業界に精通したコンサルタントから企業ニーズを的確に把握したアドバイスを受けられます。

コトラ

運営会社株式会社コトラ 
公式サイトhttps://www.kotora.jp/
公開求人数24,845件(2024年5月7日現在)
非公開求人数21,965件(2023年7月1日時点)※全求人の8割以上
主な求人職種金融系職種、コンサル、IT・Web系職種、
製造系職種、経営幹部・管理系職種

コトラは、コンサルティング業界・金融・経営管理職ポジションに強い特化型エージェントです。

コンサル業界出身者をはじめコンサル業界の専任コンサルタントが多数在籍しているため、コンサル転職に強いエージェントのひとつと言えるでしょう。

平均転職年収は1,000万円超、求人検索では20,608件のうち「年収1,000万円以上」の条件で6,133件が該当し(2023年2月7日時点)全体の30%弱を占めています。

保有求人の約8割が非公開求人なので、登録者には高確率で良質な独占求人を紹介していると推測されます。

管理職やエグゼクティブに強いハイクラス転職エージェント

経営幹部や管理職ポジションの転職に強いエージェントは以下の2社です。

JACリクルートメント
クライス&カンパニー

JACリクルートメント

運営会社株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/
公開求人数12,611件(2024年5月7日現在)
主な求人職種管理職・エグゼクティブ・スペシャリスト人材(ハイクラス/ミドルクラス)

ハイクラス人材の転職支援に特化したJACリクルートメントでは経営層・管理部門の求人も多く、管理部門の転職に特化したコンサルタントが転職をサポートしてくれます。

採用意図が明確な管理職の転職は一般的にマッチング難易度が高いといわれますが、JACリクルートメントの特徴である「両面型」の支援体制では採用ニーズとのミスマッチが起こりにくいため、高難易度といわれる管理職の転職には最適の支援スタイルだといえます。

企業と求職者双方のニーズを十分に把握できる体制が整っているため、マッチング精度が高く満足度の高い転職が実現するでしょう。

クライス&カンパニー

運営会社株式会社クライス&カンパニー
公式サイトhttps://www.kandc.com/
公開求人数8,402件(2024年5月7日時点)
非公開求人数16,663件(2023年7月1日時点)
主な求人職種経営企画・事業企画、コンサルタント、ITエンジニア、
ITコンサルタント、Webモバイル関係 など

ライス&カンパニーは、経営者・管理職などのハイクラス転職に強い転職エージェントです。

コンサルタントは年間100時間以上の研修を受けたスペシャリスト集団で、コンサルティングでは転職の先を見据えた中長期的な視点から生涯を通したキャリア設計をサポートしてくれます。

クライス&カンパニーでは良質な求人を選定しているため、希望の求人に出会うタイミングを逃さないことが重要です。

いずれ転職を目指す方はあらかじめ登録を済ませておくことで、最適な時期に希望に合った求人を紹介してもらえるでしょう。

関連記事>>クライス&カンパニーの口コミ・評判は? 特徴とサービス内容を解説

企業がハイクラス転職エージェント・サイトで募集する実際の理由

企業がハイクラス転職エージェント・サイトを利用する目的は「優秀な人材を確保する」ことにありますが、「募集していることを知られたくない」という表には出さない本音もあります。

ハイクラス求人は一般的な転職サイトに載らず非公開求人として取り扱われるケースが多く、転職エージェントやヘッドハンター経由でしか応募できない仕組みになっています。

その理由は以下の通りです。

社内の採用情報を外部に漏らさないため

ハイクラス求人の募集背景の裏側には機密情報が絡んでいるケースが多く、公で募集すると組織改革や新規事業・専門組織発足などの企業戦略を競合他社や株主に知られてしまうリスクが生じます。

また、企業人事的な問題が社内外に伝わると混乱が生じる可能性もあります。

そのためハイクラス求人の採用活動は水面下で行われるケースが多く、その大半を非公開求人として転職エージェント・サイトに委託しています。

採用活動の負担を減らすため

ハイクラス求人は好条件・高待遇であることが多いため、公で募集すると応募が殺到して事務処理に膨大な時間を要します。

企業ニーズに合わない応募者も多く、応募者の選別に手間がかかることもデメリットでしょう。

事務負担の増加は採用活動全体の質低下に繋がるため、コストをかけてでも転職エージェント・サイトを利用する企業は実際に多く存在します。

転職エージェントやヘッドハンターは企業の採用基準を満たした求職者をスクリーニングして面接まで取り付けてくれるため、採用担当者は優秀な人材を取りこぼすリスクもなく面接に専念できます。

ハイクラス転職エージェント・サイトを使うメリット

ハイクラス転職エージェント・サイトを活用する最大のメリットを一言でいうと「ハイクラス転職の実現可能性を限りなく高められる」ことにあるでしょう。

主なメリットを具体的に3つ説明します。

ハイクラス向けの厳選求人に出会える

ハイクラス転職エージェント・サイトは高収入・高待遇の求人率が高く、他の転職サイトと比較すると管理職や専門職、外資系や金融などの業種の求人が格段に多いのが特徴です。

機密情報を絡んでいるハイクラス人材の採用活動では募集を公にせず水面下で採用活動が進めるケースが多いため、転職エージェントに登録して非公開求人に出会うチャンスを設けることで理想の求人に出会う確率をぐっと高められます。

ビズリーチリクルートダイレクトスカウトなどのスカウト型転職サイトでも、選ばれた人材だけがスカウト経由で紹介を受けられる非公開求人があるほか、登録しておくと新着求人のスカウトをいち早く受けられる可能性もあります。

https://twitter.com/olive_blog7/status/1541360693139628033

できるだけ多くのチャンスをモノにするために、転職エージェントと併用して登録しておくと良いでしょう。

自身の市場価値を分析できる

ハイクラス転職は一般の転職活動と比較して難易度が高く求めるスキルや役割が明確に示されているケースが大半です。

求めるキャリアが高ければ高いほどマッチングが難しくなるため、自身の市場価値を客観的に分析した上で慎重に転職準備を進めなければなりません。

市場価値は自己判断が難しく第三者目線からの相対判断を必要とするため、コンサルタントによるキャリア面談は市場価値の分析に非常に役立ちます。

特にハイキャリア転職を熟知したコンサルタントの相対評価は信用性が高いでしょう。

スカウト型の転職サービスであれば「どのような会社からスカウトがくるか」「どのような雇用条件を提示されるか」という視点から自身の市場価値を測れます。

転職市場のリアルな評価を知りたい方にはおすすめの分析方法です。

https://twitter.com/kazmaruuuu/status/1610619498666819584

キャリアアップ転職を実現しやすい

ハイクラス転職を成功させるためには、応募先企業の求める人物像を十分に把握した上で対策を講じる必要があります。

ホームページや求人情報だけでは採用背景や実情が見えづらいため、個人での情報収集に限界を感じることも多いでしょう。

ハイクラス人材に特化した転職エージェントは応募先企業との繋がりが深く、公に開示されない採用側のニーズや実情を企業から直接聞き入れています。

過去の紹介実績と蓄積データの分析内容から各企業の選考手順も把握しているため、ピンポイントの選考対策が可能となり選考通過率がアップします。

そのほかにも候補者の応募書類に推薦文を添えて後押ししたり、内定後に年収アップを交渉してくれるなど、キャリアアップ転職の成功に向けて随所で強力にプッシュしてくれます。/

ハイクラス転職エージェント・サイトの選び方

転職エージェント・サイトを選ぶ際は、「自分にとって有益なサービスを提供してくれるか」という視点から検討すると良いでしょう。

希望条件に見合う求人の保有数、紹介実績をチェックする

転職エージェント・サイトにはそれぞれ専門領域や得意分野があります。

特にハイクラス人材の求人は専門的なスキルを求めている場合が多いため、それぞれの特徴を事前に把握しておく必要があります。

自身の希望条件に見合う求人の取り扱いが多ければ多いほど選択肢の幅が広がります。

また紹介実績が豊富であればあるほど、ピンポイントの分野の転職支援に精通している証明になるでしょう。

コンサルタント・ヘッドハンターとの相性を見極める

ハイクラス転職を成功させる上で、ハイクラスに精通したサポーターの存在は欠かせません。

  • ハイクラス転職をサポートするだけの知識と実績を備えているか
  • 希望する職種・業界の転職事情に精通しているか
  • 迅速かつ正確に対応してくれるか
  • 信頼できる人柄か

自身と相性が良く信頼できるサポーターに巡り合うため、多視点からの総合的な判断が必要です。

転職エージェントであれば、まずは複数社面談を受けてコンサルタントを比較してみるとよいでしょう。

スカウト型の転職サイトであれば、ヘッドハンターから届く自己紹介文つきのスカウトメールで複数者を比較できるほか、実際の面談を通して熱意や人柄を確かめる方法もおすすめです。

失敗しない!ハイクラス転職を成功させるポイント

ハイクラス人材の採用活動には明確な採用目的が存在します。

ハイクラス転職では、応募先企業のニーズを掴んで自身の経験・スキルと照らし合わせながら「即戦力として活躍できる職場かどうか」を見極める作業が必要になります。

キャリアの棚卸をする

転職活動をはじめるときは必ず自己分析を行いますが、マッチング難易度の高いハイクラス転職ではことさら念入りに練り上げる必要があります。

自己分析をしっかり行うことでミスマッチを防ぐほか、自身の強みを明確にすることで企業から求められるスキルを的確にアピールできます。

応募先企業が求める人物像を把握する

ハイクラス転職では「どのようなスキル・経験が必要で、どのように活躍してもらうか」という採用基準が明確に定義されており、入社後は即戦力人材として早い段階で成果をあげることが求められます。

転職を決断する前に、応募先企業が掲げるミッションやビジョン、解決すべき課題と求められている役割などの情報をできるだけ具体的に把握することで「ミスマッチが生じていないか」「自分のスキルで成果を残せるか」などを事前に判断できます。

転職先は時間をかけてじっくり精査する

ハイクラスのポストは一般職と比較すると少なく、求人募集がかかるタイミングもバラバラです。

加えてハイクラス転職ではピンポイントの経験・スキルを求められるため、ぴったりマッチングする求人に出会うまで長期スパンで情報収集を続ける必要があります。

数少ないチャンスを確実に掴むためには、情報入手経路を可能な限り多く持っておくのが得策です。

そのひとつとして、転職エージェント・サイトへの登録を済ませておくと良いでしょう。

転職エージェント・サイトを有効活用する

ハイクラス人材の求人は一般に公開されず、非公開求人として転職エージェント・サイトに依頼するケースが大半です。

そのためハイクラスに特化した転職エージェント・サイトに登録して非公開求人に出会うチャンスを増やすことが、ハイクラス転職を成功させるための必須条件になります。

転職エージェント・サイトには転職を成功に導く様々なサポート体制・機能が充実しています。

ほとんどのサービスは無料で利用できるので、自分に合ったサービスを賢く活用してください。

ハイクラス転職に関する疑問Q&A

ここでは、ハイクラス転職を目指す方からよく聞かれる転職サービス利用に関する質問をQ&A方式で紹介します。

ハイクラス転職にはエージェントとサイトどちらがよい?

これまで説明したように、転職エージェントと転職サイトにはそれぞれ特徴があります。

主な特徴を一覧にしましたので、以下を参考に自身の転職活動に合ったサービスを選んでください。

項目転職エージェント転職サイト
サービスの利用条件コンサルタントによる面談が前提会員登録および職務経歴の登録のみでサイト利用可
事前準備(自己分析・情報収集)コンサルタントが自己分析やキャリアの棚卸をサポートするほか、転職市場の動向や業界情報を教えてくれる転職サイトや関連情報を参考にしながら、求職者本人が自己分析・情報収集を行う
求人応募希望条件に沿った求人をコンサルタントから紹介してもらい、転職エージェント経由で応募する
※転職サイトに掲載していない非公開求人を紹介してもらえるケースが多い
希望条件に合う求人を転職サイトで検索して直接応募する
※スカウト型の転職サイトでは、ヘッドハンターや企業からのオファーあり(非公開求人含む)
選考(書類・面接)対策書類添削・模擬面接など、コンサルタントが選考過程全般をフォローする転職サイトや関連情報を参考にしながら、応募者本人が選考対策を講じる
転職スケジュール一般的な転職支援期間は3カ月程度※ハイクラス転職の場合は3~6カ月程度自分のペースで納得できるまで続けられる
内定後の条件交渉求職者の希望に沿ってコンサルタントが入社日の調整や年収交渉などを行う内定者本人が直接交渉する

企業ごとに専門領域や得意分野があるため、目的に応じて複数社を使い分けると良いでしょう。

特にハイクラス転職を検討する方は、情報入手経路を増やすためにも転職エージェント・サイトを併用して複数社登録しておくことをおすすめします。

同時に2つ以上の転職サイトから同じ企業に応募してもよい?

複数の転職サイト経由での重複応募はNGです。

  • どの企業に応募したのか管理できていないのではないか
  • 求人内容にしっかり目を通さず、手当たり次第応募しているのではないか

このように、自己管理能力や転職に対する意識の低さを採用担当者に感じさせる原因となります。

重複応募が採用可否に影響するかという点は応募先企業の判断になりますが、いずれにしても良い印象は与えません。

したがって重複応募は避けるようにしてください。

ハイクラス転職エージェント・サイトまとめ

ハイクラス転職は一般転職と比較して採用難易度も高くなりますが、特定の業界・職種に強みを持ったハイクラス専門の転職エージェントからサポートを得ることで成功率がぐっと上がります。

転職エージェントはあなたの望むキャリアプランを実現するだけでなく、あなたがまだ気づいていないキャリアアップの可能性や本質的な強みを引き出す強力なサポーターです。

相性の良いエージェントを上手に活用することで、あなたの理想をかなえるハイクラス転職を実現してください。

  • フリーランスのコンサルタントとして高年収が目指せる

    エージェント名特徴
    ハイパフォコンサル月120万円以上の案件が60%以上!業界最大級の案件数。PMO・PM案件を探している方におすすめ
    POD100万円以上の高額案件多数。手厚いサポートで継続的に案件を獲得したい人におすすめ
    プロコネクト即日案件紹介可能!マージン最低8%だから年収アップが見込める