フロンティア・マネジメントは年収が高くて人気!激務度や難易度を口コミから詳しく解説

  • コンサルタントとして同世代より圧倒的に成長したい
  • コンサル経験や経営関連の専門知識・経験を活かしたい
  • せっかく転職するなら高収入を狙いたい

そのような希望をもつ方に注目されているコンサルティング会社がフロンティア・マネジメントです。

高年収で知られるフロンティア・マネジメントはコンサル業界の中でもトップクラスの年収水準をキープしており、転職市場でも人気の高い企業のひとつとして知られています。

本記事ではフロンティア・マネジメントの平均年収や役職ごとの年収について具体的に説明するほか、同社の労働環境や働き方について社員のリアルな声をもとに徹底的に分析していきます。

採用活動を活発化させているフロンティア・マネジメントへの転職は今が狙い目、同社に興味がある方はこの絶好のチャンスを逃さないようにしてください。

  •  

    \コンサル・ハイクラス向けおすすめ転職エージェント/

    エージェント名特徴
    FlowGroupコンサルキャリアロゴ未経験からの大手コンサル転職に特化したエージェント。アドバイザーは全員が大手・外資コンサル出身で手厚いマンツーマンサポートが強み。面接の事前対策なども充実しており、未経験でも大手への転職成功を目指せる。
    アサイン20代から30代のハイエンド転職に特化したエージェント。オーダーメイドの選考対策と模擬面接を実施大手企業/コンサル業界/外資系の求人が強い
    アクシスコンサルティングアクシスコンサルティングロゴ

    コンサルやIT出身者が多いキャリアアップに特化したエージェント!

    コンサル未経験者の転職支援実績も豊富

     
     

フロンティア・マネジメントはどんな会社?

フロンティア・マネジメント(FMI)は、「M&Aアドバイザリー」「事業再生」「経営コンサルティング」を支柱とした総合ソリューション型のコンサルティングファームです。

カネボウダイエーなどの事業再生を手がけた産業再生機構の出身者、大西正一郎氏と松岡真宏氏によって2007年1月に設立され、約15年間で社員数が350名に迫る規模へと急成長を遂げています。

経営・M&Aアドバイザー弁護士公認会計士など多様なバックグラウンドをもった専門家集団としてコンサル業界でも異彩を放っており、そのユニークな組織体制を強みとした企業経営の総合支援サービスを提供しています。

人材紹介会社コトラ企業インタビュー記事において大西氏が自社を「企業の総合病院」と形容詞しているように、クライアント満足度の高い包括的なサービススタイルは同社の最大の特徴といえるでしょう。

フロンティア・マネジメントの企業情報

会社名フロンティア・マネジメント株式会社
英語表記Frontier Management Inc.
所在地〒106-6241
東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー41階
設立年月日2007年1月4日
資本金163百万円
代表取締役大西 正一郎
松岡 真宏
従業員数335(グループ連結)(2022年12月末日現在)
事業内容経営コンサルティング事業、M&Aアドバイザリー事業、再生支援事業、制度関連助言業務、教育研修事業、資金支援業務
拠点東京(本社)、名古屋、大阪、福岡、シンガポール、ニューヨーク
グループ会社 Frontier Management (Shanghai) Inc.
フロンティア・キャピタル株式会社
株式会社セレブレイン
関連会社FCDパートナーズ株式会社
参照:フロンティア・マネジメント公式サイト.「COMPANY」.会社概要
引用元:フロンティア・マネジメント公式サイト

フロンティア・マネジメントは、小売・飲食・メーカー・インフラ・金融など多種多様な業種のクライアントに対して総合的な経営支援サービスを提供しています。

2020年9月に東証一部上場、2022年4月には東証プライムに移行しており、近年は社会的な認知度・知名度が向上しているほか会社の信頼性も大きく高まっています。

2022年度通期実績は売上高・営業利益とも大幅な増収増益かつ過去最高の実績を達成、新型コロナウイルス感染症の影響により一時的に伸び悩んだM&A事業アドバイザリー事業も回復・増益となっており、現在進行形で順調に業績を伸ばしています。

参照:フロンティア・マネジメント公式サイト,「IR」,決算説明資料

事業内容

  • 経営コンサルティング
  • M&Aアドバイザリー・事業承継
  • 経営執行支援
  • 事業再生
  • ポストM&A(PMI)
  • 海外事業(進出)・クロスボーダーM&A
  • ガバナンス・リスク・コンプライアンス

企業理念

  • クライアントの利益への貢献
    企業価値の向上を図ることで、クライアントの利益に貢献します。
  • ステークホルダーの利益への貢献
    バランスの取れたソリューションの提供により、株主・経営者・従業員・取引先・顧客・債権者等ステークホルダーの利益に貢献します。
  • 社会への貢献
    顧客企業の提供する価値(財・サービス)の向上を図ることで、社会に貢献します。

コンサルティングサービスの特徴

  • 多様なプロ人材によるワンストップ型企業支援
    多種多様な業界に精通したプロフェッショナル人材によるワンストップ型コンサルティング
  • 経営コンサルティングとM&Aアドバイザリーの複合(ハイブリッド)モデル
    経営コンサルティングとM&Aアドバイザリーの両面を組み合わせた一気通貫のサービススタイル
  • 多様なソリューション
    専門家集団だからこそ実現しうる柔軟かつ包括的なサービスを提供

フロンティア・マネジメントの平均年収

フロンティア・マネジメントが有価証券報告書で公表している最新の平均年収は1,233万円(千円以下切り捨て)、過去4期分の平均年収は1,271万円となっています。

参照:金融庁,「EDINET」

転職サイトdudaが公表している「平均年収ランキング最新版」におけるコンサル業界・シンクタンクの平均年収(519万円)と比較すると、フロンティア・マネジメントの年収は業界平均よりも格段に高水準であることがわかります。

なお給与体系は残業代込みの年俸制となっており、賞与は年1回、3月に月給換算で約3ヶ月分支給されます。

フロンティア・マネジメントの役職ごとの年収

公式サイトの中途採用情報におけるコンサルタント職の年収はいずれも「応相談」となっており、具体的な金額は記載されていません。

大手転職口コミサイト(以下、口コミサイト)※の情報によりますと、フロンティア・マネジメントではコンサルタント職に5つの階層があり、職位ごとに年収が大きく異なるようです。

アソシエイトプロジェクトメンバー600~800万円
アソシエイト・ディレクタープロジェクトのモジュール、もしくは小規模プロジェクトのリーダー800~1,200万円
ディレクタープロジェクトの執行責任者1,000~1,500万円
シニア・ディレクター
マネージング・ディレクター
プロジェクトの執行およびクライアント対応(新規・既存クライアントとの関係構築および発展)1,500~2,000万円
1,600万円~

※独自調査による。あくまで目安としてご覧ください。

実力主義のルールにより個人の能力や成果が評価として反映されるため早ければ1年で昇格するコンサルタントもいる一方、成果が伴わない場合は特定の職位に長くとどまったり中には降格するコンサルタントもいるようです。

※参考:OpenWorkキャリコネ転職会議ライトハウス

フロンティア・マネジメントの新卒時の年収

公式サイトの新卒採用情報によりますと、新卒採用者の年収は440万円 〜となっています。

年収4,400,000円 〜
内訳月給366,667円
※基本月給270,667円+諸手当96,000円
※固定残業代(月45時間分)含む
※残業超過分は別途支給
賞与年1回
※月給(固定時間外手当を含む金額)の3.6カ月相当分を支給予定
昇級年1回
参照:フロンティア・マネジメント公式サイト.「RECRUIT」.【24卒】新卒採用 – 総合職

厚生労働省が公表している令和3年賃金構造基本統計調査において新卒者(大学卒)の初任給は22.5万円(千円未満切り捨て)となっているため、平均年収(初任給×12ヵ月で算出した場合)は270万円と想定されます。

賞与がある場合は算出金額に上乗せする形になりますが、いずれにしてもフロンティア・マネジメントの新卒者給与は平均を大きく上回っているといえます。

フロンティア・マネジメントの評判・口コミ

ここではフロンティア・マネジメントで実際に働いている方や以前働いていた方によるリアルな情報から、同社の良い口コミと悪い口コミを3つずつピックアップして紹介します。

フロンティア・マネジメントの良い口コミ

良い口コミには「自己成長」「自負心」をキーワードにしたコメントが多くみられました。

優秀な社員に囲まれて、高い意識をもって学べる

優秀な上司や同僚が多く、有意義なディスカショッンができるので、知識も増えて成長していると実感できる。

ライトハウスより一部抜粋

「優秀な社員が多い」という口コミは非常に多くみられました。

経営・M&Aアドバイザー弁護士公認会計士など各分野の専門家がチームを組んでコンサルティングにあたるため、専門分野以外の知識・経験を得る機会が多く、相互に刺激し合って深い学びが得られるようです。

若手社員の成長スピードを高める環境

プロフェッショナル意識がとにかく高い。コンサルとしての実力は非常に高く、若手の成長スピードは業界内でもトップクラスだと思う。

OpenWorkより一部抜粋

優秀なプロフェッショナル人材に囲まれて中企業再生からM&Aまで広く深く経験できるほか、若いうちから企業経営の根幹に関わる重要な仕事を受け持つため、やりがいが大きく加速度的に成長できる環境が整っているようです。

若手でも手を挙げれば積極的に仕事を任される風土があるため、成長志向が高い方に適した環境といえるでしょう。

コンサルティングサービスのパフォーマンスが高い

自社サービスの提供の幅が広く、どんな企業でも求められているものを提案出来る

OpenWorkより一部抜粋

各分野を横断するパッケージ型のビジネスモデルとコストパフォーマンスに優れたシステム提案はフロンティア・マネジメントの強みであり自信をもって自社サービスを提供できることがコンサルタントの自負に繋がっているようです。

フロンティア・マネジメントの悪い口コミ

悪い口コミには組織風土・企業風土を指摘するコメントが多くみられたため、応募前にはカルチャーフィットを見極める視点が重要となるでしょう。

シニア層と若手・中堅層の働き方に差がある

若手・中堅に過酷な労働を強く一方で、シニアにはとても甘い組織

OpenWorkより一部抜粋

「一部の上位層が働きに見合わない高待遇を受けている」として企業文化を課題と考える口コミが多くみられました。

あくまで一部の上位層に向けた苦言であり多忙を極めるシニア層も多いようですが上位層の実力や働きぶりにばらつきがあることは間違いなく不平等な状態を問題視している社員は多いようです。

年収の水準が上がりにくい

入社時の給与水準が発射台となるため、そこが低い人はなかなか年収の水準が上がらず、転職せざるを得ない。

OpenWorkより一部抜粋

中途採用時に前職の給与水準が大きく影響していることや入社後の上昇カーブが緩やかなことに不満をもつ口コミがみられました。

中途採用者の給与にばらつきがみられ実力と年収に差が出るケースもあるため、成果に対する正当な評価を得られていないと感じる社員もいるようです。

中小規模のオーナー企業に近い雰囲気

思った以上に代表の力が強い。中小企業に近い風土だった?

OpenWorkより一部抜粋

代表取締役の大西氏・松岡氏両名のカリスマ性が高く、組織に与える影響力も強いようです。

両者はフロンティア・マネジメントの創業者であるため「企業理念を正しく理解し深く共感できるか」という視点を一層重視して企業研究を進める必要があるでしょう。

フロンティア・マネジメントの環境・働き方

フロンティア・マネジメントの労働環境はどのようなものなのか、実際に勤務している(勤務していたいた)社員の働き方からその特徴を紹介します。

多様な働き方が選択できる環境

コンサルタント職はフレックスタイム制かつ裁量労働制が適用されているため、自己裁量でスケジュールを組み立てながら多様な働き方を選択できます。

勤務形態は基本的にリモートワークなため、働き方の柔軟性と生産性を両立できる環境といえます。

客席常駐や案件内容にはよるが究極一度もオフィスに行かずとも働けるようにはなっている。

ライトハウスより一部抜粋

オフィスはフリーアドレス制で執務室には全従業員分のスペースがないため、会社の方針としてリモートワークを推奨していることが分かります。

社内コミュニケーションはやや少なめ

社員のコミュニケーションは案件次第。出社しない人方すると案件以外の人間と関わることは少ない。

ライトハウスより一部抜粋

職場の人間関係は部署やチームのカラーはあるものの、基本的にはひとりひとりが独立して働ける環境が整っているようです。

強制的な関係性を求められる環境ではなく関係の構築は個人の関わり方次第とされるため、人的環境の良し悪しは個人によって異なるようです。

中途採用者には主体性が求められる

前提として中途採用では高い能力・実績や専門性をもった方が採用されるため、現場では即戦力が求められる傾向にあります。

中途採用者向けの教育制度はなく、各自がそれぞれにアサインされたプロジェクトを進めていく中で現場のやり方や上司からの報告書をみて自分なりのやり方を模索するイメージ

転職会議より一部抜粋

OJT形式の指導が基本とされ、現場での経験と反復を繰り返しながら主体的に体得するスタンスが共有されているようです。

優秀かつ各分野の知見が深いコンサルタントからアドバイスをもらえる環境は整っているため、主体性な姿勢がある方に適した環境といえます。

フロンティア・マネジメントの採用プロセス

ここではフロンティア・マネジメントの採用プロセスについて説明します。

状況により変更の可能性がありますので、参考材料としてご活用ください。

エントリー・書類選考

公式サイトの中途採用情報よりWebエントリーを行います(転職エージェント経由の場合はキャリアコンサルタントが応募手続きを行います)。

指定のエントリーフォームに必要事項を入力後、履歴書・職務経歴書を添付して送信します。

面接(2~3回)

書類選考を通過した方には30~60分程度の面接が複数回実施されます。

人事担当者や担当部門役員との質疑応答形式で行われ、志望動機やキャリアプランなどの定番質問から担当業務に関する専門的な質問まで、応募職種・職位や担当面接官によって内容は異なるようです。

具体的な質問例を以下のとおりまとめていますので参考までにご覧ください。

  • なぜコンサル業界を志望するのか
  • なぜフロンティア・マネジメントが第一志望なのか
  • 入社してからやりたいことは何か
  • 家族の理解は得られているか
  • ハードワーク耐性はあるか
  • ストレス耐性はあるか(ストレス解消法はあるか)
  • 今後のキャリアプランを問う質問
  • 担当業務に関する知識を問う質問(M&A周辺の知識に関する質問をされる場合もあり)

最終面接

最終面接は代表取締役との質疑応答形式で行われます。

内定

雇用条件の提示があり、内容に問題がなければ内定となります。

フロンティア・マネジメントへ転職を目指す方へのおすすめエージェント

転職エージェントは転職活動を成功に導く強力なサポーターです。

選考過程の面倒な手続きはすべて代行してくれるほか、内定後の年収や条件面の交渉まで行ってくれるため、理想のキャリアをかなえる転職が実現しやすくなります。

転職エージェントの利用はすべて無料で相談するだけでもOKなので、転職予定の方はもちろん転職を検討している段階の方でも利用する価値は高く、転職にあたって知っておいた方が良い有益な情報や気づきを提供してくれるでしょう。

サービス名特徴種類

アクシスコンサルティング
・現役コンサルタントからの支持が強いコンサル業界特化型の転職エージェント
・コンサルタントファームからの信頼性が高く情報網が広い
・2023年3月28日より東京証券取引所グロース市場上場予定
エージェント型

リクルートダイレクトスカウト
・リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ人材向け転職サイト
・レジュメ(経歴)を登録するだけで企業やヘッドハンターからスカウトが届く
年収800〜2,000万円の高収入求人多数
スカウト型
JACリクルートメントロゴ
JACリクルートメント
・オリコン顧客満足度ランキング「ハイクラス・ミドルクラス向けの転職」部門で5連覇達成
・コンサル業界専任のコンサルタントから質の高い転職支援サービスが受けられる
・両面型の営業スタイルによる精度の高いマッチングが強み
エージェント型

アクシスコンサルティング

運営会社アクシスコンサルティング株式会社
公式サイトhttps://www.axc.ne.jp/
公開求人数非公開(2024年2月5日現在)
主な求人職種コンサルティング業界

アクシスコンサルティングは、現役コンサルタントの4人に1人が登録している国内最大級のコンサル業界特化型転職エージェントです。

創業から17年間で5,000名の現役コンサルタントを支援しているほか、大手外資系・国内系ファームへのシニアコンサルタント以上の入社支援数が全エージェントNo1という実績もあり、高難易度のコンサル転職にも強いとされています。

大手をはじめとした各ファームの現役パートナー・ディレクタークラスのコンサルタントとの繋がりが深く選考形式や採用基準を熟知しているほか、これまでの転職支援者によるリアルな情報や蓄積されたノウハウをもとに少数精鋭のキャリアコンサルタントから専門的なサポートを受けられます。

コンサルタント未経験者から同業種のキャリアアップ転職まで多様なニーズに沿った支援実績が豊富なため、コンサル業界への転職を希望している方ははじめに登録しておくと良いでしょう。

リクルートダイレクトスカウト

運営会社株式会社リクルート
公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/
公開求人数214,505件(2024年2月5日現在)
主な求人職種全職種

多忙で転職活動の時間がない方や今すぐの転職は考えていない方におすすめしたいのがリクルートダイレクトスカウトです。

業界最大手のリクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ人材向け転職サイトとして名高く、レジュメ(経歴)を登録しておくだけで約600社の企業・4,300人以上のヘッドハンターからスカウトが届くヘッドハンティング型のシステムになっています。

年収800〜2,000万円の求人多数、転職後の平均年収は938万円以上(2022年時点、ハイキャリア会員平均)とハイクラス転職の実績が豊富なため、経験を活かして高収入転職を狙う方に適した転職サイトといえるでしょう。

リクルートダイレクトスカウトでは、スカウトを待つだけではなく求人を検索したり、実際に応募することも可能なため、転職エージェントのフィルターを介さず自身のペースでじっくり転職活動を進めていきたい方にもおすすめです。

JACリクルートメント

運営会社株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/
公開求人数11,836件(2024年2月5日現在)
主な求人職種管理職・エグゼクティブ・スペシャリスト人材(ハイクラス/ミドルクラス)

創業以来30年以上、約43万人を超える転職支援を行ってきたJACリクルートメントは、ロンドン発祥の日系転職エージェントです。

オリコン顧客満足度ランキング「ハイクラス・ミドルクラス転職」部門で5連覇を達成、2022年の年代別転職実績では40代以上の割合が50%を超えており、経験と実績を備えたハイキャリア層の人材支援に強いとされています。

JACリクルートメントでは業界専任コンサルタント制を採用しているため、業界に精通したコンサルタントから企業ニーズを的確に把握したアドバイスを受けられることも大きなメリットといえるでしょう。

企業と求職者を一人のコンサルタントが担当する「両面型」の営業スタイルで双方のニーズを汲み取った精度の高いマッチングを行うと高評価を得ていることから、キャリアプラン沿った理想の転職を実現したい方におすすめのエージェントといえます。

関連記事>>JACリクルートメントの評判は?実際に使った人のリアルな口コミを紹介

フロンティア・マネジメントに関する疑問Q&A

ここではフロンティア・マネジメントへの転職を検討している方にとって気になる質問をQ&A方式でまとめています。

フロンティア・マネジメントの激務度は?

転職口コミサイト転職会議のデータによりますとフロンティア・マネジメントの月平均残業時間は50.3時間となっており、業界平均値(月平均41.7時間)と比較してやや多めであることがわかります。

コンサルタント職は基本的に激務なため高い自己管理能力が必要とされますが、フロンティア・マネジメントで働いている(働いていた)方の口コミでも同様のコメントが多数みられました。

想像できた範囲ではあるが労働時間に際限は無く、常にオンオフを切り替えることを意識しないと相当精神肉体どちらにも応えることは多い。

ライトハウスより一部抜粋

残業に取り組む姿勢に関しては、主体的な目的をもって自発的に取り組む方が多いようです。

強制されているというよりはシンプルに今やった方か良いなと判断されて各々が働いているイメージ。残業等は各自の判断に委ねられている。

ライトハウスより一部抜粋

フロンティア・マネジメントの採用実績大学は?

就職情報サイトマイナビの情報によりますと、フロンティア・マネジメントの採用実績大学は以下の通りです。

大学院京都大学、東京大学、東京工業大学
大学関西大学、京都大学、慶應義塾大学、上智大学、中央大学、東京大学、一橋大学、法政大学、立命館大学、早稲田大学
参照:マイナビ2023

偏差値高い難関大学が並んでいるため、フロンティア・マネジメントには高学歴社員が多いと推測されます。

口コミでは「地頭の良い方が多い」「優秀な方が多い」というコメントが多く、弁護士・公認会計士などの専門職に就いている社員も多いことから、同社社員として求められる資質と学歴の親和性は高いといえるでしょう。

フロンティア・マネジメントの転職難易度は高い?

フロンティア・マネジメントの転職難易度は高いといえます。

一般的なコンサルティングファームではポテンシャル採用を行う企業も多くみられますが、フロンティア・マネジメントでは資質に加えて業務に関連する知識・専門性の深さが求められます。

しかしながら人材紹介会社コトラ企業インタビュー記事において、代表取締役の大西・松岡氏は「高度な専門性がなくても、その素地があり、成長意欲があれば、プロジェクトを通して高い専門性を身につけていくことができる」と明言しています。

したがって応募条件に完全一致していない場合でも、第二新卒や若年層で学問に自信がある方、これまでの経験・実績に自信のある中堅・ミドル層の方は一度チャレンジしてみる価値はあると考えます。

フロンティア・マネジメントの離職率は?

フロンティア・マネジメントの離職率は公表されていませんが、口コミでは社員定着率の悪さを懸念する声が多数みられました。

以下に主立った理由をピックアップしています。

  • 独立・起業に伴う退職
  • 更に高待遇な条件による転職
  • 給与水準の上がりにくさが不満
  • シニア層と若手・中堅層の働き方に差異を感じる
  • 社員同士の関わりが少ない
  • 結婚・出産などのプライベートのライフイベントに伴う退職

近年は「労働環境が改善されている」という口コミも多く「定期的な勉強会が増えている」「家庭の事情を考慮してくれる」というコメントもみられたため、気になる点は転職エージェントに確認してみると良いでしょう。

フロンティア・マネジメントでは英語力は必要?

公式サイトの中途採用情報では英語力は必須条件とされていませんが、部門によっては「語学力不問(※上級者には海外案件の機会あり)」という記載がみられました。

したがって英語力は必須ではなく、あくまで付加価値として考えておくと良いでしょう。

日本語ができれば仕事がすべて回せるので英語の心配はしなくても良いだろう。外資系出身の人よりも日系出身の人の方が社風に合う

ライトハウスより一部抜粋

2017年3月時点の口コミにはなりますが、上記のようなコメントもみられました。

しかしながらフロンティア・マネジメントでは、現在ダイバーシティの推進や海外進出にも積極的な姿勢をみせているため※、会社の今後を担う人材の付加価値として英語スキルや実務経験が求められる可能性も高いと推測されます。

※参照:フロンティア・マネジメント公式Youtubeチャンネル

フロンティア・マネジメントまとめ

  • 上昇志向が高く、チャレンジ精神が旺盛な方
  • 優秀なプロフェッショナル人材と共働して専門性を高めたい方
  • 誰よりも早く経験を積んで成長したい若手層
  • スキルを活かして専門性を高めるとともに、幅広い知識や経験を備えたい中堅・ミドル層

上記の特徴にあてはまる方はフロンティア・マネジメントに適した人材といえるでしょう。

中途採用では前職の年収が大きく影響するため、入念な面接対策を講じた上で自身の価値をしっかりアピールすることが大切です。

コンサル業界に精通した転職エージェント上手に活用することで、効率的かつ理想的な転職活動を実現できるでしょう。

  •  

    \コンサル・ハイクラス向けおすすめ転職エージェント/

    エージェント名特徴
    FlowGroup
    コンサルキャリアロゴ

    未経験からの大手コンサル転職に特化したエージェント。

    アドバイザーは全員が大手・外資コンサル出身で手厚いマンツーマンサポートが強み。

    面接の事前対策なども充実しており、未経験でも大手への転職成功を目指せる。

    アサイン

    20代から30代のハイエンド転職に特化したエージェント。オーダーメイドの選考対策と模擬面接を実施

    大手企業/コンサル業界/外資系の求人が強い

    アクシスコンサルティング
    アクシスコンサルティングロゴ

    コンサルやIT出身者が多いキャリアアップに特化したエージェント!

    コンサル未経験者の転職支援実績も豊富