GCAは、日本と米国を中心としたM&Aアドバイザリー会社です。KPMG出身の公認会計士と現三井住友銀行出身者が共同で2004年に創業しました。

GCAは金融機関や監査法人といった特定の資本系列に属さない完全独立型のファームであるため、クライアントの企業価値増大において利害相反になることなくクライアントにとって最も利益となるアドバイザリーサービスを提供できるファームです。経営理念として「For Client’s Best Interest」(FCBI)を掲げています。東証一部にも上場しており、現在は10か国に15拠点を有し、約400名の従業員が在籍しています。

最近は東京電力と中部電力のアライアンス創設や、日立製作所と三菱重工業による事業統合などの大型案件を手掛けており、躍進が続いている企業です。

今回はGCAの年収や労働環境などを以下まとめました。

GCAの年収は上場企業の中では高水準

GCAの年収をランク別に整理してみました。給与は年俸制を採っており、個人の能力や実績で支給金額が変わります。

  • アナリスト:500~800万円程度
  • アソシエイト:750~1000万円程度
  • ヴァイスプレジデント:1100~1500万円程度
  • ディレクター:1400~2000万円程度
  • エグゼティブディレクター:1800万円以上

上記に加えて残業代や各期の業績や評価に応じた賞与も支給されます。GCAはヴォ―カーズ社が運営する企業リサーチサイト「Vokers」に投稿された残業時間と上場企業の有価証券報告書から、労働時間による「時給」を算出してまとめた「上場企業の時給ランキング2017」においてランキング第一位を獲得しています。給与水準はシニア層とその下の層との格差が激しいですが、平均的には高水準と言えます。評価制度については完全に実力主義であるため、成果を出せばその分給与が高くなります。

biz-fee

GCAの事業内容

GCAは主力事業としてはM&A取引に関するアドバイザリー、企業買収・合併・提携に関わる事業価値評価、買収監査(デューデリジェンス)及び再編形態の立案の三つを行っています。GCAの最大の特徴としてどの金融機関にも属さない独立系のM&Aアドバイザリーファームであることが挙げられます。そのため、クライアントの利益という観点で適切なアドバイスを行うことが可能です。

三つの主力事業に関わる過去の知見がケーススタディとして社内に蓄積されており、国内外の著名案件や大型案件についても数多くの実績を持っています。

最近ではクロスボーダー案件における買収後の統合業務案件が増加傾向にあり、GCAとしても日本企業が世界で戦える会社になるべくサービス提供をしています。

もう一つの特徴としては、10か国で15拠点の事業所を持つ「多様性」が挙げられます。専門分野や国籍など、「多様性」を尊重し活かしながら案件に取り組むのもGCAの強みとなっています。

GCAの労働時間や就労環境

先ほど取り上げたヴォ―カーズ社の「上場企業の時給ランキング2017」によると、GCAの平均残業時間は73.6時間であり、外資系戦略コンサルティングファームほどではありませんが、やはり長時間労働になりがちです。完全実力主義によって評価や年収も決まるため、結果を出すべく膨大な業務をこなすことになります。

GCAの特徴として、早い段階から若手社員に責任のある仕事を任せる風潮があります。多様な分野のスペシャリストが多数社内に在籍しており、困ったときは気軽に周囲に相談できる雰囲気があります。

キャリア支援制度としては、「アサインメントオフィサー制度」が用意されており、社員の目指す姿やキャリアプランに応じてどんな案件に取り組むべきかを担当者に相談できる環境になっています。さらに、専門知識の習得を目指すGCA大学や自主的な社内勉強会もあり、自分が望めばいくらでも学べる環境が整っています。

GCAで求められるスキルは?

gca2

M&Aアドバイザリーは客観的な情報や自らの経験、主観的な判断を加味してクライアントにとってベストな解を提供することが求められます。そのため、専門知識に加えて論理的に説明できる力が必要です。また、クライアント企業や案件によって提供すべき解が異なるので、常にゼロベースで情報を収集し、分析した上で解を構築できる柔軟性や冷静さも必要となります。

中途採用の場合は経験者を中心に採用しており、最低3年以上のM&Aや企業税務関連の経験が条件とされています。併せてMBA課程を修了していると歓迎されます。

面接は比較的穏やかに行われ、GCAの志望動機や自身の強み、弱みについてなど、一般的な内容がメインに聞かれるようです。事前に対策すれば対応できる内容になっています。

GCAへの転職に向いている人

以上を踏まえて、GCAへの転職に向いているのは、主に以下三つの要素がある方と言えます。

  • 最低3年以上のM&Aアドバイザリー関連の実務経験を有すること
  • 最善解の提供を通してクライアントと共に「満足」を共有したいと望むこと
  • クライアントへ本物のM&Aアドバイスをするために自己成長ができること

今までの実務経験を踏まえ、よりクライアントの最善の利益を実現するために尽力したい方には向いているでしょう。どうぞチャレンジしてください。

GCAへの転職を検討している方がすべき1つのこと

ハイクラス求人を扱っている転職エージェントに登録してみてください。

その理由は下記3点です。

  • Webには出てこないGCAのリアルな情報が手に入る可能性がある
  • GCAおよびその他ファームの非公開求人を紹介してもらえる
  • 面接対策や年収アップ交渉をしてもらえるため、効率的に転職活動ができる

GCAを目指す方へオススメな転職エージェント

GCAを目指すなら転職サービスに登録し、業界に詳しいエージェントから採用情報を収集するのがベターです。

特にハイクラス企業への転職機会は常に存在する訳ではありません。転職を目指すなら、転職エージェントを活用し、普段からアンテナを貼っておくことをオススメします。

 ビズリーチJAC RecruitmentCAREERCARVERクライス&カンパニーType転職エージェントアクシスコンサルティング
コスト
求人の量
求人の質
提案力
サポート
人気度
公式サイト

複数登録する時間がない方には、ビズリーチが最もオススメなので登録してみてはいかがでしょうか。

ビズリーチ公式サイトへ>>

bizreach-highclass1

皆様の転職が成功することを願っています。

>>その他のハイクラス企業情報を見る

[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています