hakuhodo1

株式会社 博報堂(Hakuhodo Inc.)は電Hakuhodo Inc.Hakuhodo Inc.通と並ぶ大手広告代理店で、株式会社博報堂DYホールディングスの子会社です。博報堂DYメディアパートナーズなどと並んで博報堂DYグループの中核を担っています。

有名なクリエイターを数多く輩出しており、「クリエイティブの博報堂」とも評されるほどです。創業は1895年と古く、現在は赤坂に本社を構えています。

良くも悪くも社内には昔ながらの日本企業的な業界慣習が残っていますが、一方で実力と体力があれば若手でも高い給料をもらえる会社でもあります。

今回は報堂の年収や転職するための条件をまとめ、詳しくご説明していきます。

”条件別” 当サイトで人気のエージェント

1.ランスタッド
 年収800万以上や外資系への転職に強い

2.Type転職エージェント
 ハイクラスを狙える総合転職エージェント

3.コンサルタントジョブ
 フリーコンサル案件に特化したエージェント

博報堂の年収は1,000万円超になることも

博報堂の平均年収は2019年の有価証券報告書によると、1,057万円(平均年齢 42.2歳)とのことです。ただ、これは全職種(一般職や関連企業の出向者を含む)の金額であり、総合職に限った平均年収は1,200万円以上と予想されます。

博報堂の正社員の年収を独自に調査した結果、年代別に見ると大体以下のような推移になるようです。

  • 20代前半 380万~500万円程度
  • 20代後半 450万~700万円程度
  • 30代前半 600万~900万円程度
  • 30代後半 750万~1,100万円程度
  • 40代以降 900万~1,300万円程度

上記の年収は目安の金額で、各種手当は含まない金額です。実際の給与支給金額は各個人の評価結果や能力によって異なるので、あくまで参考程度と捉えてください。また、博報堂では年俸制のシステムをとっており、ボーナスも年に1回(業績賞与のみ)となっています。

博報堂では新卒で入社した1年目から4年目までは残業100時間を上限として残業代が支給されますが、5年目以降は裁量労働制になるのでいくら残業をしても給与金額は変わりません。その為、初任給~10年次では一時的に年収が下がるケースも多々見られます。自分でタイムマネジメントをする働き方ができない人には向かないでしょう。

広告業界は日本における業界としては給与水準が高いと言われますが、30歳を越えた後くらいから役職の有無により給与の伸びが止まる人もいます。

コンサル業界のようにUp or Outの雰囲気があるわけではありませんが、業務量が非常に多いので給与をモチベーションにしている場合は昇進できなければ長く続かないと思われます。

博報堂の主な事業内容

博報堂は、広告代理店として広告を出したい企業と広告を掲載するメディアをつなぐ役割をしています。

ただし、時代の変化により、従来盛んであったテレビCM枠を売る、企画を作る、という内容ではなく、ブランディングやマーケティング全般を引き受ける形でクライアント企業にサービスを提供しています。

具体的な営業種目としては、ブランドコンサルティングやブランド監理、広告企画や制作、広告戦略の立案やマーケティング、イベント企画やコンテンツ企画・制作が挙げられます。また、これらのサービスを提供する前提となる市場調査や消費者調査といったリサーチ業務の代行も行っており、実際の広告の効果測定も行える形を取っています。

近年は国内市場の縮小に伴って海外展開も盛んに行っているので、よく募集が行われている営業職の採用の場合は、今までに法人営業を行った経験や、海外勤務や語学の障壁なく営業をしてきたような方だと歓迎されるでしょう。

また、ウェブ系の広告需要もかなりあるため、ウェブマーケティングなどデジタル畑での経験がある方は歓迎されるでしょう。

博報堂の激務度

博報堂に限らず広告会社はかなりの激務です。残業時間は70~80時間程度と言われており、労働時間は長いです。業務量も多く、クライアント企業との付き合いや社員同士の飲み会も多いようです。

そもそも広告が好きである、営業が楽しい、広告などのコンテンツを作ることに喜びを覚えるなど、仕事が好きで勤務時間が気にならないような社員が比較的勤続年数が長く在籍しているようです。

プライベートをある程度確保したい、オンオフを分けたい、といった場合は合わないかもしれません。

ただ、近年の働き方改革により博報堂でも2017年4月から「ワークスタイルデザイン局」を発足し、働きやすさ改革と健康第一の2つの施策を柱に推進していく動きを見せています。

業務プロセスを見直し作業の効率化を図るとともに、意識改革施策を各部署で担うのではなく同局に集約することで働き方改革を加速させる事が狙いで、業務時間の削減にも成功しているようです。また、一人当たりの業務負担を減らしていく方針の一環で、中途採用も積極的に行っています。

博報堂の社風

広告は営業や制作、マーケティングなど複数の職種が関わって作り上げられるという性質であることから、博報堂でもチームで協力して良いものを作ろうという文化があります。

「個」を尊重しながらチームで働く雰囲気なので、ある程度はオープンな環境と言えます。

人材育成としての教育方針も「粒ぞろいより粒違い」を掲げており、中途であっても馴染んで働くことができるでしょう。

博報堂で必要とされるスキル

博報堂では、理念として「生活者発想」と「パートナー主義」を掲げており、広告を届ける先となるマーケットの状況を的確に把握した上で、顧客となる企業の要望をしっかり汲み取った広告を世の中に出せる人を求めています。

広告を作るクリエイティブ職の他、頻繁に募集がされるのは営業職になります。営業職として必要とされるスキルには、顧客の本音を引き出すためのコミュニケーション能力や肉体的・精神的タフさが挙げられます。

また、就職活動の際には志望動機の非常に重要なポイントとして「なぜ電通ではなく博報堂なのか?」という問いが面接でされるようです。

面接では広告業界の動向や好きな広告などについても聞かれるので、いかに博報堂に入りたいのか、入社した後はどうしたいのか、を整理して話せるようにしておくことが必要です。

博報堂への転職に向いている人

以上の内容を踏まえると、転職に向いているのは以下の3点の要素を持ち合わせている人と言えます。

  • 肉体的・精神的にタフであること
  • チームワークを重視して楽しく働けること
  • ある程度の日本企業的慣行に抵抗がないこと

広告業界は従来のビジネスモデルからの転換期にあるため、新しい発想ができる人材を求めています。また、働き方改革により一人当たりの業務負担を減らす為、中途採用も積極的に行っており、興味がある場合はぜひ応募してみてください。

博報堂への転職を検討している方がすべき1つのこと

ハイクラス求人を扱っている転職エージェントに登録してみてください。
その理由は下記3点です。

  • Webには出てこない博報堂のリアルな情報が手に入る可能性がある
  • 博報堂およびその他企業の非公開求人を紹介してもらえる
  • 面接対策や給与アップ交渉をしてもらえるため、効率的に転職活動ができる

    博報堂への転職を目指す方へのおすすめエージェント

    オススメな転職エージェントは以下です。

    転職エージェント登録すべき人
    ランスタッドハイクラス転職を目指す、すべての方
    Type転職エージェント幅広い転職先を探す、すべての方
    アクシスコンサルティングコンサルタント転職を目指す、すべての方

    ランスタッド

    ランスタッド

    ランスタッドは、オランダで1960年に創業された世界最大級の総合人材サービス企業。39の国と地域で活動し、日本には93の拠点があります。

    年収800万以上を目指すプロフェッショナル向けサービスを提供しています。

    世界規模の企業であるため、外資系やグローバル企業への転職支援実績も多数あり、下記の3つのメリットがあります。

    • 市場動向を把握した専任コンサルタントによるマンツーマンサポート
    • 全体の約80%が非公開求人 ランスタッドだけの独占求人も多数
    • キャリアアップからワークライフバランス重視まで幅広い提案を受けられる

    特にハイクラス企業を得意としており、戦略的なキャリア形成のサポートをしてくれます。転職に関する支援サービスはもちろん無料です。

     ランスタッド公式サイト:https://www.randstad.co.jp/professionals/

    Type転職エージェント

    @type

    Type転職エージェントは総合転職サイトで、年収400万から800万の転職支援を得意としています。

    エンジニア転職などにも力を入れているため、開発経験がある方にもオススメしたいエージェントです。

     Type転職エージェント公式サイト:https://type.career-agent.jp

    アクシスコンサルティング

    アクシスコンサルティング

    アクシスコンサルティングは、特にコンサル業界に強みを持ち、約5,000名の現役コンサルを含む約20,000名もの転職志望者の支援をした実績があります。

    その実績による信頼からコンサル業界と強いパイプがあり、下記の3つのメリットがあります。

    • 業界を熟知した質の高いサポート
    • 全体の77%が非公開求人
    • 平均支援期間は3年 中長期に渡る支援が受けられる

    信念として「生涯のキャリアパートナー」を掲げ、本人のキャリアプランから「今は転職する時期ではない」と判断すれば無理に転職を薦めないなど、視野の広いサポートが受けられるのも特徴です。

     アクシスコンサルティング公式サイト:https://www.axc.ne.jp

    博報堂含むキャリアアップを目指す全ての方へ

    転職はタイミングが重要です。そして、自分の市場価値を認識することがキャリアアップへの近道です。キャリアおよび収入を上げるなら、売り手市場である今がベストです。

    ハイクラス転職に向けて、複数の転職エージェントに登録し比較しするのも転職可能性を高めるポイントです。自分の目的に合ったエージェントを確保し、しっかり活用していきましょう。

    皆様の転職が成功することを願っています。

    [email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

    line@-pt2

    記事が役に立ったら
    フォローをお願いします。

    ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

    Twitterも随時更新しています