ヒューレットパッカード
この記事を読むと分かる事
  • HPの年収と福利厚生
  • HPの仕事内容やオフィス環境
  • HPに採用されるための条件

日本ヒューレット・パッカード株式会社(以下HP)は、シリコンバレー発の米国ヒューレット・パッカード社を母体とし、もともとは横河電機との合弁企業「横河・ヒューレット・パッカード株式会社」として1963年に設立されました。

コンピューター事業やプリンター事業等を経て度重なる合弁や買収を繰り返し、日本ヒューレッド・パッカード社としての設立は1999年からです。

資本金は100億円、エンタープライズ領域に特化したITソリューションカンパニーとして、コンピューター機器やソフトウェア製品の開発・製造・輸入・販売・リース、そして多様なITサービスを提供しています。

近年ではIoTやAI、ブロックチェーンから生まれるデジタルエコノミーの到来で、よりサービス競争は激化している状況なので、優秀な人材は積極的に採用しています。主にシステム開発エンジニアと事業拡大のための営業職がメインの採用職種になります。
今回はHPで中途採用された場合の年収や採用されるための条件について整理しました。

年収は実力と役職次第で1000万円超にも

HPは外資系企業なので年俸制ではありますが、固定給比率が7割程度と比較的高く、成果による変動給分によって高年収になるかどうかが決まります。スタッフレベルでは500万円程度からの支給が標準的な金額になりますが、30代後半以降で管理職になると1000万円超する社員も現れてきます。

参考までに独自調査によるエンジニア職の役職ランク別給与を下記に記載します。実際の支給金額は人によってバラつきがあります。

役職年収
新卒~若手一般社員450~500万円程度
係長級600~700万円程度
課長級750~900万円程度
部長1,000~1,500万円程度
役員2,000万円以上

 

HPの場合は管理職になると高給になりますが、その分残業も多いので時給換算すると必ずしも高いとは言えない可能性があります。とは言っても、一般的な日系企業よりは多く給与を得られるので、ネームバリューと相まって中途で入社する価値のある企業と言えます。

注意点としては、HPは本社が米国企業なので、日本の業績が良くても本社の業績が良くなければ必ずしも賞与に反映されたり昇給につながったりしないことが挙げられます。業績状況によって変わるので、高給を狙った転職の場合はなるべく固定給分が高くなるように役職が高い状態で入社できるのが望ましいでしょう。

HPの主な事業内容

事業内容

HPはIT環境インフラ整備、ITソリューション、IT機器販売等を手掛ける企業で、ビジネス戦略、技術、サービスを一貫で提供できる企業です。ハイブリッドITとインテリジェントエッジをキーワードとしてサービス提供しています。

ビジネス戦略については、従来からあるITシステムやパッケージソフトウェアをベースとしたものの他に、IoT、AI、ブロックチェーンといった新技術の台頭に伴うハイブリッドIT戦略立案の提供も行っています。

パブリッククラウドや自社データセンターの構築も可能なので、戦略に留まるだけでなく実際にインフラ構築も行うことが可能です。

技術面では、さまざまなITインフラ製品を提供しており、サーバー、ストレージ、ネットワーク、統合システム、マネジメントソフトウェアまでカバーしています。

サービス面を支える人材は有名大学出身者のエリートが多く、年間11,000件以上のクライアントのデジタルトランスフォーメーションを支援しています。ITコンサルティングサービスには最先端のテクノロジー活用やスピーディなシステム設計及び構築、ITサポートが含まれています。

近年は業績が若干苦戦気味ではありますが、これからも圧倒的な知名度や技術力をベースに高品質なサービスを提供していくでしょう。

HPでの福利厚生制度やオフィス環境

HPは外資系企業であることから基本的に実力主義ではありますが、福利厚生については日本企業と同じような制度が多く用意されています。企業年金や独自の健康保険組合、社員食堂などが充実しています。

ただし社員食堂はそこまで価格が安くないので、外に食べに行くのが億劫な社員向けと言えます。オフィスが江東区で近辺に目立った商業施設がないので、その点を補っているようです。

オフィス環境としてはフリーアドレス制を採っており、在宅勤務制度もあります。週1回程度は自宅で作業する社員もいるようです。
こういった制度ですが、所属する部署によっては形式的なもので実態としては利用できない場合があり、硬直化した組織になってしまっている部分もあるそうです。

この点は若手のモチベーションの低下にもつながっている状況です。中途で採用される場合は、入社を決める前に面接やエージェントを通して自分の重視する労働環境や条件を確認した方が良いでしょう。

HPで必要とされるスキルや求める人材像

人材

HPの中途採用で問われるスキルや求める人材像については、採用サイトに記載がされています。HPは会社という組織の中で働ける人材を求めており、過去の経験にとらわれず柔軟に適応して対応できる人、変化をすばやく察知して行動し、チャンスと捉えられる人、向上心がある人、などが挙げられています。

具体的なスキルとしては、パッケージやスクラッチによるシステム開発経験やプロジェクトマネジメント経験、新技術に関する知見や興味関心等が挙げられます。

また、HPでは単独で仕事をするよりは、チームでまとまってシステムを開発したりIT戦略サービスを提供したりすることが多いので、上位者や同僚との積極的なコミュニケーションや自発的な行動力が求められます。

日系企業と異なり受け身だと周りは何も手を差し伸べてくれないので、自分の意見を持ちつつ他者と協働できるスキルが必要です。
何か困ったことやわからないことがある場合は、上位者や周囲の人間に尋ねれば教えてくれるような環境ではあるので、円滑なコミュニケーションにより業務もうまく回せるでしょう。

HPでの採用担当者の視点

外資系企業であるHPへの転職ですが、採用までのフローは適性検査と複数回の面接と一般的な流れで進められます。
複数回の面接で面接官が見るポイントは、即戦力として現場に出した場合にすぐ活躍してくれるか、マネジメントを任せた場合にきちんと対応してくれるか、といった点です。

面接時は、「今期目標を達成するための不足金額を補うためにどのような施策を取るか」などの具体的なシチュエーションに対して適切なソリューションを提案できるかを確認する、顧客の具体的な課題を例に挙げたうえでのソリューション提供例を出すように問われる、といったこともあります。

これらは、HPの実務において大手クライアントである企業や公的機関に対して、深く踏み込んだソリューション提供を常に要求されているからです。実際にHPで働く場合は、対クライアントへの提案力が満足度に影響するため非常に重視されています。
そういう意味では、IT業界出身者だけでなく、戦略系コンサルティング会社出身者も歓迎されると言えるでしょう。

HPへの転職に向いている人

以上の内容を踏まえると、HPへの転職に向いているのは以下の3点の要素を持ち合わせている人と言えます。

  • IT業界もしくは関連業界出身の人
  • 自発的な働き方ができる人
  • 顧客への提案力がある人

HPは成果を出せれば比較的自由に働ける環境でネームバリューも高い企業なので、自身の能力やスキルをさらに伸ばしたい、もっと自分の市場価値を上げたいと考えている場合は合っているでしょう。

HPの求人はtypeJAC Recruitmentなどのハイクラス向けの転職エージェントを通じて募集している場合があります。まずはチェックしてみてください。

大手IT企業の記事も紹介しておきますので、同業他社を検討されている方は参考にしてみてください。

[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています