ibm1

IBMは、民間法人や公的機関を対象として情報システムに関わる製品、サービスの提供を行う企業です。本社はアメリカにあり、IT業界大手の外資系企業です。日本法人の設立は1937年と古く、2017年で創業80年となりました。

サービス分野が多岐にわたる分、分野別で一流のエンジニアが業務に従事しています。外資系らしく実力主義の企業であるため年収も頑張りによっては高くなります。

IBMの年収や採用条件を整理してみました。

IBMの年収は外資系らしく高い水準

IBMの年収は、大体以下のように推移しています。個人の能力によってばらつきが出るので、あくまで目安程度と考えてください。

職種年収
ジュニアスタッフレベル450~550万円程度
スタッフレベル500~600万円程度
シニアスタッフレベル550~900万円程度
マネージャーレベル800~1100万円程度
シニアマネージャーレベル1000~1500万円程度
ディレクターレベル1400~3000万円程度

 

上記は残業代やボーナスが含まれた金額になります。住宅手当はありません。

IBMでは若手のうちは給与が高くありませんが、管理職以上になると給与が上がります。ある程度のスキルセットを持った上で転職する場合は、実力によってボーナス金額に反映されるため給与も高くなるでしょう。特に管理職相当以上はその傾向が顕著なので、給与アップを目指して入社する場合はマネジメント力を含む特筆できるスキルがあったほうが良いでしょう。

IBMの主な事業内容や案件

IBMの事業内容は多岐にわたりますが、ITサービス全般の中でも主軸となっているのがITコンサルティングとテクノロジーサービスです。これら二つは関連してサービス提供されることが多くなっています。コンサルティングは戦略立案からシステム導入といった上流から下流を対象としていますが、特に技術動向を踏まえた戦略立案が求められています。

また、近年はテクノロジーの劇的な変化によりコグニティブビジネスに関わるサービスが多く開発され提供され始めています。ブロックチェーンの商用利用に関する案件や、大量の個人データにアクセスすることでの医療やヘルスケア分野に関わる案件も増えています。

急激な技術動向の変化をチャンスと捉えながらデジタル時代をけん引するべく事業を推進しているため、必要とされる人材もこれらに関わりのある方メインになってきます。

なお、グローバル企業であり顧客も世界各国の企業になるため、ビジネスレベルの英語は必須となります。英語ができることは当然と考えて良いでしょう。

IBMの激務度や福利厚生など

IBMは外資系コンサルティングファームなどと同様に激務です。IT企業全般に言えることですが、業務量が非常に多いことに加えて予算や納期に余裕がないプロジェクトが多いため、少ない人数で進めるのが多いことも影響しています。

働き方としては仕事が第一優先になり、深夜勤務や土日勤務も発生します。どのようなプロジェクトに配属されるかにもよりますが、夜中の3時に電話で起こされて仕事が発生するようなこともあります。管理職レベルであれば、マネジメント能力が高ければ比較的自分の裁量で仕事を調整できるようになる可能性があるので、スキルセットがある方は状況に応じて働き方を柔軟に変えながら適応することが可能でしょう。

福利厚生については、IBMでは確定拠出年金制度を採っています。財形貯蓄などはありますが、あまり目立って手厚い制度はありません。給与に含まれているとみなしたほうが良いでしょう。

IBMで働くためのスキルや採用のポイント

IBMでは最も数が多く採用も積極的な職種がITコンサルタントです。ITコンサルタントは、クライアントとなる様々な企業に対してITを活用した業務戦略の提案や最適化に向けたコンサルティングを行います。

ITソリューション設計も行うため、前職でITコンサルティングに関わる経験をしている方が望ましいでしょう。また、近年特にIT技術を取り入れた変革が進められているのが金融・保険業界なので、それらの業界出身であればなおさら有利です。例えばフィンテックなどの最新分野や、AIやロボットに関する知見がある方は歓迎されるでしょう。

コンサルタントとしての基本的な能力として「ロジカルシンキング」や「顧客視点」が求められるのはもちろんですが、加えて採用したい人材として「想像力」を持てることも挙げられています。業務を進める上ではクライアントの置かれる立場や社内でのプロジェクトの位置づけなど、必ずしも丁寧に説明されるわけではなく、多忙な中で目に見えない様々な状況を踏まえて適切に行動できることが必要です。

IBMへの転職に向いている人

IBMに合う方は以下のような要素を持っている方でしょう。

  • 相手や自分の置かれた状況を冷静に捉えながら想像力を働かせることができること
  • 過去にITコンサルティングや金融など専門性の高い業界での業務経験があること
  • グローバルな環境で実力をつけたいと考えていること

IBMは激務ですがネームバリューは高く仕事内容も高度でチャレンジができる環境なので、高いハードルを乗り越えて働きたい方には合っていると言えるでしょう。

IBMへの転職を目指す方へのおすすめエージェント

IBMを目指す方にオススメな転職サービスは以下です。

 ビズリーチアクシスコンサルティングJAC RecruitmentType転職エージェントCAREERCARVERクライス&カンパニー
総合評価4.84.64.64.64.44.2
コスト
求人の量
求人の質
提案力
サポート
人気度
公式HP

特にオススメな3サービスを厳選しました。

Type転職エージェント

Type転職エージェント

ハイクラス企業向けの転職エージェントとしてtype転職エージェントにて募集をかけている場合があります。

担当のキャリアアドバイザーが、職務経歴書の作成や面接対策・年収交渉・非公開求人の紹介までしっかりとサポートしてくれるので、是非相談してみてください。

Type転職エージェント公式サイトへ

JAC Recruitment

jacpic1

JAC は、外資系企業や海外転職に強みをもつ転職エージェントです。外資系企業の位置付けになりますが、東証一部上場の転職エージェントに特化した企業となります。

特徴としては、アジアで最大級のネットワークを保持しているエージェントだけあり、海外への転職も含めて日系エージェントがあまり得意としていないポジションの提案を受けることが出来ます。

JAC Recruitmentの公式サイトへ

ビズリーチ

bizreach-long01

ビズリーチは、ハイクラス転職で業界No.1の企業です。

ヘッドハンティングプラットフォームとしてデファクトになりつつあります。

年収600万以上の方であれば、多忙で、少し受け身の転職姿勢になったとしても、ヘッドハンターたちがキャリアの幅を広げるサポートをしてくれます。※ただし、レジュメだけはしっかり登録した方が良いです。

ヘッドハンターによる面接対応の対策やレジュメの添削など、企業とマッチングをした後のサポートも充実しています。ハイクラスを目指しており、転職支援をしっかり受けたい方にオススメです。

ビズリーチ公式サイトへ

IBMを含むキャリアアップを目指す全ての方へ

転職はタイミングが重要です。そして、自分の市場価値を認識することがキャリアアップへの近道です。キャリアおよび年収を上げるなら、売り手市場である今がベストです。

自分にあった転職エージェントを確保して、しっかり利用していきましょう。

>>ビズリーチ公式サイトへ

bizreach-highclass1

皆様の転職が成功することを願っています。

当サイトで紹介しているハイクラス企業の年収や職場環境等の情報をまとめておりますので、よろしければご覧ください。ハイクラス図鑑はこちら>>
[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています