ジャフコの平均年収は1365万円!年代・職種別・新卒の給与を徹底解説

ジャフコグループ株式会社は1973年に設立された日本最大のベンチャーキャピタルです。

東京都港区虎ノ門に本社を置き、インキュベーション投資、ベンチャー投資、バイアウト投資の3つの投資活動によって収益を得ています。

日本電産やソフトバンクの上場など大規模案件も手がけてきました。UUUMやマネーフォワードにも出資してきた実績があります。

日本を中心として、アメリカ、シンガポール、台湾、中国、韓国に広がるグローバルネットワークを有し、創業以来の日本のVC/PE業界を切り拓いてきたDNAを持って事業を営んでいます。なお、ジャフコはかつて野村証券ホールディングスの傘下にありましたが、2017年7月に資本関係を解消しています。

当記事では、転職情報プラットフォームの「OpenWork」や「ライトハウス」の口コミデータ等を基に、ジャフコグループ株式会社の年収や激務度に関する信憑性の高い情報をお届けします。同社に就職や転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

また、ジャフコの求人情報をいち早くキャッチアップしたい転職者の方は、ジャフコへの転職におすすめ転職エージェント3社をご覧ください。

ジャフコグループ株式会社の年収
ジャフコの平均年収約1,365万円※1
ジャフコの生涯年収約5億1,870万円※2
大手VCの平均年収約951万円※3
日本の平均年収458万円※4
ジャフコの新卒年収300万円

※1:有価証券報告書 -第51期
※2:22歳〜60歳までの生涯年収
※3:競合関係5社の平均年収
※4:国税庁-平均給与

  •  

    \コンサル・ハイクラス向けおすすめ転職エージェント/

    エージェント名特徴
    MyVision
    MyVision

    コンサル転職エージェントと戦略ファームの出身者が提供するコンサル転職に特化したエージェントサービス

    200社以上のコンサルファームとの強固なコネクションで国内に展開するファームほぼすべてを紹介可能

    キャリア相談から転職後まで一気通貫で徹底サポート

    FlowGroup
    コンサルキャリアロゴ

    未経験からの大手コンサル転職に特化したエージェント。

    アドバイザーは全員が大手・外資コンサル出身で手厚いマンツーマンサポートが強み。

    面接の事前対策なども充実しており、未経験でも大手への転職成功を目指せる。

    アサイン

    20代から30代のハイエンド転職に特化したエージェント。オーダーメイドの選考対策と模擬面接を実施

    大手企業/コンサル業界/外資系の求人が強い

ジャフコの平均年収

ジャフコの平均年収

情報源平均年収/年収範囲
OpenWork1,034万円/550〜1,400万円
ライトハウス763万円/350〜1,050万円
有価証券報告書1,365万円(2023年)

ジャフコグループ株式会社の2023年の平均年収は、有価証券報告書によると「1,365万円」と報告されています。この数値は、ベンチャーキャピタル(VC)業界の中でも際立って高く、同業界の平均年収が約951万円であることを踏まえると、ジャフコの給与水準の高さが明確になります。

さらに、OpenWorkによると、ジャフコの年収範囲は550万円から1,400万円に及びます。一方、ライトハウスのデータでは、年収範囲が350万円から1,050万円とされており、これらの情報からも、ジャフコにおける給与の幅広い範囲と高水準が伺えます。

ジャフコの平均年収は、業界内での競争力の高さを示す重要な指標の一つです。特に、高い平均年収は、社員の専門性と業績への貢献を反映しており、ジャフコで働くことの経済的なメリットを明確にしています。しかし、この高い年収が、業務の激務度や個々の貢献度に基づいていることも考慮する必要があります。

平均年収動向:過去5年の推移

ジャフコの平均年収の推移

ジャフコグループ株式会社における過去5年間の平均年収動向を見ると、業績の成長に伴い年収が順調に上昇していることがわかります。

具体的には、5年前に比べて平均年収が約10〜15%増加しており、特に高い業績を上げた年度には、その成果が社員の年収に反映されています。

この傾向は、ジャフコが成果主義に基づく報酬体系を採用していることを示しており、企業の成功が直接社員の給与に影響を与える構造を持っています。また、同社の投資戦略の成功と市場の好況が、年収の増加に貢献していることが伺えます。

業績と年収の相関

ジャフコの年収と業績の相関性

ジャフコグループ株式会社の業績と年収の関係を分析すると、業績が良い年には平均年収が顕著に上昇しており、企業の収益性が直接社員の報酬に影響を与えていることが明確に見て取れます。

具体的には、年度ごとの純利益と平均年収の比較から、業績の向上が年収増加に直結している傾向が確認できます。これは、ジャフコが業績に応じて社員の報酬を調整する柔軟な給与体系を採用していることを示しており、社員に対する適切な評価と報酬が企業文化の一部となっていることを反映しています。

年度平均年収純利益
20231,365万円425億200万円
20221,252万円148億4,000万円
20211,220万円377億5,700万円
20201,040万円116億6,300万円
20191,161万円990億6,000万円

ジャフコの将来性・今後の業績予測

ジャフコの将来性・今後の業績予測

ジャフコグループ株式会社は、その堅実かつ革新的なビジネスモデルにより、今後も高い成長が期待されています。

特に、ベンチャーキャピタル業界において、ジャフコの戦略は多岐に渡る分野での投資と、投資先企業への深い関与によって特徴づけられています。このアプローチにより、ジャフコは持続可能な成長と収益性を確保し、市場におけるリーダーの地位を不動のものにしています。

今後の業績予測に関しては、投資先の成功率や市場の変動に大きく依存しますが、ジャフコの堅牢な投資ポートフォリオと過去の実績を考慮すると、業績の安定性と成長の可能性は非常に高いと予想されます。また、国内外のスタートアップ市場への深い洞察と、それに基づいた戦略的な投資決定は、ジャフコの将来性をさらに強化しています。

しかし、VC業界の競争激化や経済環境の変動は、業績予測にある程度の不確実性をもたらす要因となります。これらの要素に対するジャフコの対応策と柔軟性も、今後の業績に大きな影響を与えるでしょう。

ジャフコの職種別平均年収

ジャフコの職種別平均年収

アソシエイト500万円〜
プリンシパル700万円〜

ジャフコグループ株式会社における職種別の平均年収は、職位と経験に応じて大きな差異があります。

例えば、アソシエイトレベルの年収は、平均して500万円からスタートし、経験を積み重ねることにより徐々に増加していきます。シニアアソシエイトやプリンシパルへの昇進は、ベース給与の増加だけでなく、ボーナスやインセンティブの形での収入の増大を意味します。

特に、プリンシパルレベルになると、ベース給与は700万円程度に加え、ボーナスとして年2回200万円から300万円が支給されることが一般的です。さらに、年代別で見ると、20代中盤で年収は700万円から800万円程度、30歳前後で1200万円以上になることが多いです。

ただし、ジャフコにおいては、個人の業績や貢献度が年収に大きく反映されるため、同じ職位や年代でも収入に大きな差が出ることがあります。これは、ジャフコが成果主義を重視し、個々の社員の実績に応じて報酬を設定していることの証拠です。

このような給与体系は、高いモチベーションを持つ社員にとっては大きなインセンティブとなり、キャリアアップと収入増加の両方を実現する強力な動機付けになります。

ジャフコの年代別平均年収

ジャフコの年代別平均年収

20代700〜800万円
30代前半1,000万円
30代後半1,000〜1,500万円

ジャフコグループ株式会社における年代別の平均年収は、社員のキャリア進展と密接に関連しています。

20代の社員では、基本的には新卒や初期キャリアの段階であり、年収は概ね700万円から800万円程度となります。この時期の社員は、主に知識の吸収と基本的な業務スキルの習得に集中し、徐々に専門性を高めていきます。

30代に入ると、役職の昇進や担当業務の範囲拡大が見込まれ、これに伴い年収も大きく増加します。特に30代前半では、年収が1000万円を超えるケースが一般的です。

また、30代後半では、より高度な役割や責任の大きいポジションを担うことになり、年収はさらに上昇し、中には1500万円以上を稼ぐ社員もいます。これらの数値は、ジャフコでのキャリア成長が、社員の経済的報酬に直結していることを示しており、同社の成果主義の給与体系を反映しています。

ジャフコの新卒の初任給・年収

 ジャフコの新卒の初任給・年収

ジャフコグループ株式会社での新卒採用者の初任給は、業界標準に比べて低い水準にあります。

新卒採用者の初年度の年収は、平均して約300万円から始まります。ジャフコでは新卒社員に対して、早期からの実務経験の提供と、継続的なスキル向上の機会を提供しています。その結果、入社数年でのキャリアアップと収入の増加が見込まれます。

例えば、入社4年目には年収が600万円に達するケースがあります。さらに、新卒入社7年目には、年収が650万円から700万円になることも珍しくありません。ジャフコでは、個々の社員の成果と貢献度に応じて年収が評価されるため、新卒社員でも高い成果を上げれば、それに見合った報酬の増加が期待できます。

これは若手社員にとっては大きなモチベーションとなり、自己成長とともに経済的な報酬を得ることが可能です。

新卒採用情報

ジャフコでは、新卒採用において、ベンチャーキャピタリストのポジションを募集しています。仕事内容としては、投資候補企業のリストアップ、アプローチ、デューデリジェンスなどが含まれ、投資先企業の成長支援やIPO準備支援も行います。

求められるのは、特定のカテゴリーに限定しない柔軟な投資アプローチと、最先端の新しい事業分野に対する関心です。ジャフコは特に、ビジネスセンスと分析力を備えた若手を積極的に採用し、彼らのキャリア成長をサポートしています。

また、入社後の研修プログラムやメンターシップ制度も充実しており、新卒社員が迅速に業務に適応し、早期から貢献できる環境が整備されています。

中途採用情報

ジャフコグループ株式会社の中途採用においては、特に業界経験や専門スキルを持つ人材が求められています。

中途採用者に対しては、既存のビジネススキルを活かしつつ、ジャフコ独自の業務スタイルや文化に迅速に適応する能力が重視されます。ジャフコでは、中途採用者に対しても、キャリアアップの機会と成長支援のプログラムを提供しており、個々の能力と経験を最大限に活用することが可能です。

また、採用プロセスにおいては、候補者の専門知識と過去の業績、ジャフコの企業文化への適合性が綿密に評価されます。

ジャフコの激務度

ジャフコの激務度

ジャフコグループ株式会社における激務度は、業界内での位置づけと社員からの評価によって多角的に捉える必要があります。

ジャフコの働き方は、高い自由度と責任を伴うものです。フルリモートやフレキシブルな勤務体制が導入されている一方で、プロジェクトの状況や投資先の要求によっては、長時間の労働や週末の業務が発生することもあります。

特に、ベンチャーキャピタル業界の特性上、投資案件の検討や対応に迅速かつ集中的な取り組みが必要な場合が多く、これが激務につながる要因となります。しかし、ジャフコは従業員のワークライフバランスにも配慮しており、必要に応じて休暇を取得しやすい環境が整備されています。

また、副業を認める文化もあり、従業員が多様なキャリアを形成できるよう支援しています。このように、ジャフコでの激務度は、自由度の高さとプロジェクトの要求によって左右されますが、同時に柔軟な働き方も可能という特徴があります。

ジャフコの会社概要

ジャフコの会社概要

会社名ジャフコ グループ株式会社(略称 JAFCO)
所在地東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー24階
代表取締役社長 三好 啓介
設立1973年4月5日
資本金33,251百万円
事業内容インキュベーション投資、ベンチャー投資、バイアウト投資などを行うベンチャーキャピタル企業
株式上場東証プライム市場
勤務地本社(東京都港区虎ノ門)を中心に、国内外の勤務地
勤務時間フルリモート、フルフレックス
従業員数147名(連結、2023年3月末現在)

参考:会社概要

ジャフコグループ株式会社は、ベンチャーキャピタル業界における先駆者的存在であり、数多くの成功事例を有する企業です。

本社は東京に位置し、ベンチャーキャピタル事業を主軸に、国内外のスタートアップ企業への投資および支援を行っています。ジャフコのビジネスモデルは、投資した企業の成長と共に利益を得ることに重点を置き、独自の投資戦略によって業界内で高い評価を受けています。

また、ジャフコはその事業展開において、多様な業界との連携や新しい市場への挑戦を積極的に行っており、業界内での影響力と革新性を持続的に高めています。会社の沿革や経営方針、パートナーシップに関する詳細は公式ウェブサイトで提供されており、興味を持った方はぜひ参照してみることをお勧めします。

ジャフコは、ベンチャーキャピタル業界におけるリーダーとしての地位を確固たるものとし、今後も業界の発展に大きく寄与していくことが期待されます。

ジャフコの同業界競合他社との年収比較

ジャフコの同業界競合他社との年収比較

競合関係平均年収
OpenWorkライトハウス
ジャフコグループ株式会社1,034万円763万円
グローバル・ブレイン株式会社データなし投稿なし
SMBCベンチャーキャピタル株式会社1,000万円800万円
みずほキャピタル株式会社データなしデータなし
インキュベイトファンド820万円投稿なし

ジャフコグループ株式会社は、ベンチャーキャピタル業界における競合他社と比較して、特に高い年収を提供することで知られています。

業界内での平均年収が約951万円であるのに対し、ジャフコの平均年収は1,365万円(※有価証券報告書)となっており、これは競合他社と比較しても高水準です。特に、同業界の大手企業との比較では、ジャフコの給与体系が優れていることが明らかになります。

この高い年収は、ジャフコの業務運営の効率性、投資戦略の成功率、そして社員の高いスキルと専門性に対する報酬として反映されています。

ただし、この年収比較は、各企業の業務内容や社内制度、業界内でのポジショニングなどに起因するものです。単純な比較だけでは全てを説明できない側面もあるため、転職を考慮する際には企業文化やキャリアパスなども併せて考慮することが重要です。

ジャフコの給与・評価制度

ジャフコの給与・評価制度

ジャフコグループ株式会社の給与・評価制度は、成果主義に基づいており、個々の社員の成果と貢献度に応じた報酬体系が整っています。

基本給与に加えて、賞与やインセンティブが年収に大きな影響を与えており、特にプロジェクトの成功や投資先の成長に直接関わる社員は、高額の報酬を得る可能性があります。また、ジャフコでは、年次昇給や昇格評価も定期的に行われ、社員のキャリア成長とスキルアップが給与に反映される仕組みとなっています。

評価制度においては、個々の業績だけでなく、チームや組織全体への貢献度やリーダーシップ能力も重要な評価基準とされています。このような制度は、社員に対して高い目標設定と成長への動機付けを提供し、企業としての総合的な成果の向上に寄与しています。

ジャフコの給与・評価制度は、社員一人ひとりがその能力と成果を最大限に発揮できる環境を提供し、同時に企業の持続的な成長を促進するための重要な要素となっています。

ジャフコの残業時間と残業手当

ジャフコの残業時間と残業手当

情報源残業時間
OpenWork40.4時間
ライトハウス44時間

ジャフコグループ株式会社における残業時間は、その企業文化と業務の性質によって変動します。

ベンチャーキャピタル業界の特性上、特に投資案件の検討やクロージング期間中には、長時間の労働が発生する可能性があります。しかし、ジャフコでは労働時間の管理にも重点を置いており、社員が過度な労働による疲弊を避けられるよう配慮しています。

残業手当に関しては「みなし残業」となっており、基本給に見合った適切な残業手当が支給されているとの口コミがいくつか散見されます。超過残業代に関する情報は限定的ですが、Openworkによると平均10万円程度であり、あまり多くは支払われないようです。

ジャフコのボーナス・賞与

ジャフコのボーナス・賞与

情報源ボーナス
OpenWork約348万円
ライトハウス175万円

ジャフコグループ株式会社のボーナス・賞与制度は、企業業績と個人の業務成果に基づいています。

年間を通じての企業業績が良好であれば、社員にはその成果がボーナスや賞与として反映されます。特に、投資案件の成功や、管理下のファンドの成績が良好な場合には、社員は高額のボーナスを受け取ることが可能です。これにより、社員は企業業績向上に対する貢献度を直接的な報酬として体感することができ、モチベーションの維持とキャリア成長への動機付けに繋がります。

ジャフコでは、社員の努力と成果を適切に評価し、報酬として還元することで、優秀な人材の確保と育成、そして社内のモチベーション向上を図っています。

ジャフコの福利厚生

ジャフコの福利厚生

ジャフコグループ株式会社では、従業員の働きがいと福祉を高めるために、充実した福利厚生制度を提供しています。

これには、住宅補助や家族手当などの生活支援制度、健康保険の充実、退職金制度、そしてレクリエーション活動の支援が含まれます。特に、住宅補助制度は、都心部における高額な住宅費を考慮し、若手社員からベテラン社員まで幅広く利用されています。

また、健康管理としては、定期的な健康診断やストレスチェック、ウェルネスプログラムの提供があり、社員の身体的および精神的健康をサポートしています。これらの福利厚生制度は、社員が安心して長期にわたり働ける環境を提供し、仕事とプライベートのバランスを取ることを奨励しています。

ジャフコは、こうした手厚い福利厚生を通じて、社員の忠誠心と満足度を高め、高い業務効率と企業文化の向上を図っています。

休日・休暇

ジャフコグループ株式会社では、社員のワークライフバランスを重視しており、充実した休日・休暇制度を設けています。

同社では、週末を中心にした休日制度のほか、有給休暇の取得を奨励しており、プライベートの時間やリフレッシュのための十分な休息が確保できる環境が整っています。また、特別休暇や長期休暇制度もあり、家族行事や個人の趣味、自己啓発の時間も大切にしています。

これらの制度は、社員が健康的で充実した生活を送ることを支援し、仕事への集中力とモチベーションを高めるために設計されています。

教育制度

ジャフコグループ株式会社は、社員の専門性とキャリアの発展を支援するために、包括的な教育制度を提供しています。

新入社員研修、専門スキル向上のためのセミナー、リーダーシップ開発プログラムなど、各種研修が充実しており、社員の成長を促進します。また、オンザジョブトレーニングを通じて、実務経験を積みながらスキルアップを図ることができます。

ジャフコでは、継続的な学習と自己発展が奨励されており、これにより社員は業界の最新動向を把握し、専門性を深めることが可能です。このような教育制度は、社員が自身のキャリアをより効果的に形成し、企業の成長に貢献するための基盤となっています。

ジャフコの主な事業内容

ジャフコの主な事業内容

ジャフコグループ株式会社の主な事業内容は、インキュベーション投資、ベンチャー投資、バイアウト投資の3事業であり、ベンチャーキャピタルとしての投資活動に集中しています。

同社は、革新的なスタートアップ企業や成長段階にある企業への投資を通じて、これらの企業の成長と市場の活性化に貢献しています。投資活動は、企業の業種や発展段階に応じて多様化しており、テクノロジー、ヘルスケア、消費財、サービス業など、幅広い分野にわたります。

また、ジャフコは投資先企業に対して、エクイティ資金の提供に加えて「投資先支援」を重視しています。具体的には、日本・北米・アジアそれぞれの投資先に向けて、ビジネスディベロップメント活動や専門的なコンサルティングサービスを提供しています。これにより、投資先企業は事業の拡大と市場競争力の強化を図ることができます。

ジャフコの事業戦略は、投資先企業の成功を通じて自社の収益を最大化することに重点を置いており、ベンチャーキャピタル業界におけるそのリーダーシップを強化しています。

ジャフコの選考フロー

ジャフコの選考フロー

ジャフコグループ株式会社の選考プロセスは、複数段階の面接と評価を経て選考されます。

通常、選考プロセスは書類選考で始まり、その後一連の面接が続きます。

面接では、候補者の専門知識、問題解決能力、チームワークとリーダーシップの資質が重視されます。また、ジャフコは候補者の適性と企業文化への適合性を評価するために、ケーススタディやプレゼンテーションの提出を要求することもあります。

上記のプロセスを通じて、ジャフコは最も優れた才能とポテンシャルを持つ候補者を選出し、企業の成長と成功に貢献できる新たな人材を獲得しています。

ジャフコの年収と働きがいに対する評判・口コミ

ジャフコの年収と働きがいに対する評判・口コミ

ジャフコの年収と働きがい・企業文化に関する口コミを、OpenWorkから集めました。

「良い口コミ」と「悪い口コミ」に分けてご紹介します。

良い評判・口コミ

真に顧客想いの社員が多い

中途入社 男性
「起業家へのリスペクト」がフロント、ミドル、バック共通の精神。そして、起業家や挑戦者の力になりたいと本気で思っている方が多い印象。業務の社会的意義・インパクト、社内外で関わる人の魅力、働きがいを優先して当社に残っている社員も多い。

引用:OpenWork|「組織体制・企業文化」の口コミ

成長したい若い人には良い環境

新卒入社 男性
若いうちから様々な経験をできるため成長機会は多いと思います。修行の場として短期間働いて次の職場に移る方も多く見受けられました。コンサルのように思考力を鍛えるというよりは足で回って経営者と関係を構築するコミュニケーション力が特に鍛えられると思います。

引用:OpenWork|「働きがい・成長」の口コミ

ベース給与が高く、さらにボーナスも多い

新卒入社 男性
給与面では非常に恵まれていると思います。大手メーカーなどに入社した同期よりも貰っていました。ただ、成果によりボーナスは大きく変動するので、社内の同期でも数百万円の年収の差異が出ることもあると思います。

引用:OpenWork|「年収・給与制度」の口コミ

悪い評判・口コミ

自然とハードワークになる

新卒入社 男性
土日祝日は基本的に休みですが、案件が進んでいる状況などでは休日出社もあります。休むときには休めますが、そんなにワークライフバランスを考えている従業員は多くないので、休みやすい雰囲気かと言われればそうではない印象でした。

引用:OpenWork|「ワーク・ライフ・バランス」の口コミ

時代錯誤な一面もある

新卒入社 男性
リストラを進めていた当時の経営陣の考え方の時代錯誤さ加減がとても残念だった。人を育てる意識や、育てられないミドルマネジメントのマネジメント能力の低さに対する認識が皆無に近いことが分かったため退職。

引用:OpenWork|「退職検討理由」の口コミ

ジャフコへの転職に向いている人

ジャフコへの転職に向いている人

ジャフコグループ株式会社への転職を成功させるためには、特定のスキルセットと資質が求められます。

ジャフコでは、強い分析力、戦略的思考、リスク管理能力、そして革新への意欲が高く評価されます。また、ベンチャーキャピタル業界の動向に精通していること、新しいアイデアを生み出し実行に移せる創造性、そして複雑な問題解決能力も重要です。

ジャフコは、高い成果を出し続けることができる、自己主導でモチベーションが高い人材を求めています。さらに、チームワークと協力を重視する企業文化を持つため、優れたコミュニケーション能力とチームプレイヤーとしての資質も不可欠です。

これらのスキルと資質を持つ候補者は、ジャフコでのキャリアを通じて大きな成果を上げ、自己の専門性をさらに深めることができるでしょう。

ジャフコへの転職におすすめ転職エージェント3社

ジャフコへの転職におすすめ転職エージェント

ジャフコグループ株式会社は、ベンチャーキャピタル業界における先駆者的存在であり、同業界と比較しても高い水準の給与を誇る企業です。

その特徴を考慮すると、ジャフコの転職におすすめのエージェントは以下の3社です。

転職エージェント特徴

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング

  • コンサル業界に特化した転職エージェント
  • 業界を熟知した質の高いサポート
  • 全体の77%が非公開求人
  • 平均支援期間3年の中長期に渡る支援が受けられる

ランスタッドランスタッド

  • ITエンジニア業界に強いエージェント
  • 市場動向を把握した専任コンサルタントによるマンツーマンサポート
  • 全体の約80%が非公開求人
  • キャリアアップからワークライフバランス重視まで幅広い提案を受けられる
アサインASSIGN
  • 20代から30代のハイエンド転職に特化
  • 若手のキャリアアップに最適なエージェント
  • 個人に応じたオーダーメイドなキャリア支援
  • 独自アプリ「VIEW」による転職サポート

これらの転職エージェントについて、それぞれ特徴を詳しく見ていきましょう。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング

運営会社アクシスコンサルティング株式会社
公式サイトhttps://www.axc.ne.jp/
公開求人数非公開(2024年5月7日時点)
主な求人職種コンサルティング業界

アクシスコンサルティングは、特にコンサル業界に強みを持ち、約5,000名の現役コンサルを含む約20,000名もの転職志望者の支援をした実績があります。

その実績による信頼からコンサル業界と強いパイプがあり、コンサルティングファームの求人を豊富に取り揃えています。

アクシスコンサルティングのメリット
  • 業界を熟知した質の高いサポート
    • コンサルティング業界に精通したプロフェッショナルが、転職希望者に対して具体的で質の高いサポートを提供。個々のスキルや経験を活かす最適なポジションの提案が期待できます。
  • 全体の77%が非公開求人
    • 非公開求人が全体の77%を占めており、他では見られない貴重な求人情報にアクセス可能。独自のネットワークを活用して、幅広い選択肢から希望に合った求人を見つけることができます。
  • 平均支援期間3年の中長期に渡る支援が受けられる
    • 転職だけでなく、キャリア形成全般をサポート。平均3年間のフォローがあり、転職後のキャリアも安心して築いていけるサポート体制が整っています。

信念として「生涯のキャリアパートナー」を掲げ、本人のキャリアプランから「今は転職する時期ではない」と判断すれば無理に転職を薦めないなど、視野の広いサポートが受けられるのも特徴です。

国内独立系ベンチャーキャピタル(VC)一覧【厳選10社】の記事にてジャフコが紹介されているため、求人を保有している可能性は極めて高いです。ぜひ無料登録をして、エージェントに相談してみましょう。

ランスタッド

ランスタッド

運営会社ランスタッド株式会社
公式サイトhttps://www.randstad.co.jp/
公開求人数7,564件(2024年5月7日現在)
非公開求人数約32,000件(2023年12月22日時点)※全求人の約80%
主な求人職種ITエンジニア(IT・Web・通信)、事務・管理部門、技術系(機械・電気・電子・化学)、営業 他

ランスタッドは、オランダで1960年に創業された世界最大級の総合人材サービス企業です。

年収1000万以上を目指すプロフェッショナル向けサービスを提供しています。

世界規模の企業であるため、外資系やグローバル企業への転職支援実績も多数あり、下記の3つのメリットがあります。

ランスタッドのメリット
  • 市場動向を把握した専任コンサルタントによるマンツーマンサポート
    • ランスタッドの専任コンサルタントは、市場の動向を熟知しており、それぞれの個人に合わせたマンツーマンでのサポートを提供。転職活動を的確に進めることができます。
  • 全体の約80%が非公開求人
    • ランスタッドでは、一般には公開されていない非公開求人が全体の約80%。これにより、他では知り得ない貴重な求人情報に出会うことができます。
  • キャリアアップからワークライフバランス重視まで幅広い提案を受けられる
    • ランスタッドは、キャリアアップはもちろん、ワークライフバランスを重視した求人も豊富に取り揃えており、多様なニーズに応える提案が期待できます。

特にハイクラス企業を得意としており、戦略的なキャリア形成のサポートをしてくれます。転職に関する支援サービスはもちろん無料です。

大多数が非公開求人のため、表には出てこないジャフコの高待遇求人を保有している可能性に期待できるでしょう。

ランスタッドの
公式サイトで無料登録

アサイン

ASSIGN

運営会社株式会社アサイン
公式サイトhttps://assign-inc.com/
公開求人数非公開(2024年5月7日時点)
主な求人職種コンサルティング・IT業界

アサインは、20代から30代のハイエンド転職に特化したエージェントです。

コンサルティングや大手IT業界に強く、エージェントのサポートが手厚いことで人気があります。

アサインのメリット
  • 若手のキャリアアップに最適なエージェント
    • 若くてもコンサル・IT業界にハイクラスな条件で転職できる。
  • 個人に応じたオーダーメイドなキャリア支援
    • 一人ひとりに合った長期的なキャリア形成のアドバイスを貰える。
  • 独自アプリ「VIEW」による転職サポート
    • アサインのノウハウとAIエンジンを融合させたキャリアシミュレーションでキャリア支援してくれる。

中長期を前提としてキャリアサポートを受けたいなら、アサインが最も良いでしょう。

若手向けの高待遇求人が多いため、ジャフコへの転職にピッタリなエージェントです。

ジャフコの年収に関するQ&A

ジャフコの年収に関するQ&A

ジャフコの年収や副業等に関する質問に回答しました。

ジャフコの平均勤続年数は?

ジャフコグループの平均勤続年数は、2023年時点で約15年になります。

これは、従業員が長期的に企業に貢献し、キャリアを築いていることを示しています。また、平均年齢は42歳11ヶ月となっており、経験豊富なプロフェッショナルが多くを占める環境があります。

ジャフコの年収ランキングは?

ジャフコグループ株式会社の年収ランキングは、業界内での高い位置を占めています。

平均年収は同業界の多くの企業を上回る水準にあり、これはジャフコの成果主義に基づく報酬体系と、高い業績が反映されていることを示しています。また、ランキングの高さは、社員に対する優れた給与水準と報酬制度が整っていることを意味し、高い専門性とスキルを持つ人材を引き付け、維持するための重要な要素となっています。

ジャフコは副業できる?

ジャフコグループ株式会社では、社員のキャリア多様性と個人の成長を支援するために、副業を認めるポリシーを採用しています。

この方針は、社員が自身のスキルと経験を広げる機会を提供し、ワークライフバランスの実現に寄与しています。副業によって得られる経験は、本業における業務遂行能力の向上にも役立ち、個人のキャリア発展と企業の成長に対する貢献を促進します。

ジャフコの採用大学は?

ジャフコグループ株式会社の採用活動においては、多様な大学出身の候補者を受け入れていますが、全体的には高学歴を多く採用しています。

具体的には、京都大学、東京工業大学、一橋大学、慶應義塾大学など、国内外の名門大学出身者が多数在籍しており、高い教育水準と多様なバックグラウンドがジャフコの強みとなっています。

参考までに、ジャフコ社員の学歴を表でまとめました。以下は社員紹介にて記載のある出身大学および学部のリストです。

大学名学部・研究科
京都大学大学院エネルギー科学研究科、工学研究科 航空宇宙工学専攻、大学院理学研究科(理学修士)
東京工業大学大学院社会理工学研究科、生命理工学院、大学院 生命理工学研究科
同志社大学法学部
一橋大学経済学部、商学部、博士(経営学)
麻布大学獣医学部獣医学科
東京大学大学院工学系研究科、博士号(生命科学)、法学部、電子情報工学科、農学部、大学院薬学系研究科
慶應義塾大学商学部、経済学部、理工学部物理情報工学科
大阪大学大学院工学研究科
千葉大学大学院自然科学研究科
早稲田大学商学部、法学部、人間科学部
立教大学経済学部
立命館大学経営学部
青山学院大学経営学部
ウォーリック大学経済学部

参考:Your Partners

ジャフコの年収まとめ

ジャフコの年収まとめ

転職はタイミングが重要です。

そして、自分の市場価値を認識することがキャリアアップへの近道です。キャリアおよび年収を上げるなら、売り手市場である今がベストです。

ハイクラス転職に向けて、複数の転職エージェントに登録し比較しするのも転職可能性を高めるポイントです。

自分の目的に合ったエージェントを確保し、しっかり活用していきましょう。

  •  

    \コンサル・ハイクラス向けおすすめ転職エージェント/

    エージェント名特徴
    MyVision
    MyVision

    コンサル転職エージェントと戦略ファームの出身者が提供するコンサル転職に特化したエージェントサービス

    200社以上のコンサルファームとの強固なコネクションで国内に展開するファームほぼすべてを紹介可能

    キャリア相談から転職後まで一気通貫で徹底サポート

    FlowGroup
    コンサルキャリアロゴ

    未経験からの大手コンサル転職に特化したエージェント。

    アドバイザーは全員が大手・外資コンサル出身で手厚いマンツーマンサポートが強み。

    面接の事前対策なども充実しており、未経験でも大手への転職成功を目指せる。

    アサイン

    20代から30代のハイエンド転職に特化したエージェント。オーダーメイドの選考対策と模擬面接を実施

    大手企業/コンサル業界/外資系の求人が強い