株式会社ジャフコは1973年に設立された日本最大のベンチャーキャピタルです。港区虎ノ門に本社を置き、インキュベーション投資、ベンチャー投資、バイアウト投資の3つの投資活動によって収益を得ています。
日本を中心として、アメリカ、シンガポール、台湾、中国、韓国に広がるグローバルネットワークを有し、創業以来の日本のVC/PE業界を切り拓いてきたDNAを持って事業を営んでいます。

なお、ジャフコはかつて野村証券ホールディングスの傘下にありましたが、2017年7月に資本関係を解消しています。
今回は、ジャフコに転職した場合の想定年収や中途採用の主な特徴について整理します。

ジャフコの平均年収は1,110万円

ジャフコの平均年収は、公開されている有価証券報告書を参照すると2017年3月期で1,110万円だそうです。この数字だけを見ると、年収は高い部類に入るでしょう。
独自のルートで調査した結果年代別の年収は、おおむね以下のような推移になっています。

  • 20代:500~650万円程度
  • 30代前半:600~900万円程度
  • 30代後半:850~1000万円程度
  • 40代:1000~1200万円程度
  • 50代:1200万円以上

上記は目安の金額で、実際の支給金額は各個人の評価結果や採用時の経験や能力によって異なります。あくまで参考程度と捉えてください。

ジャフコは金融機関らしく高年収を得られる企業であることは間違いありませんが、若手のうちは仕事のハードさと給与の支給額が見合わないと感じる場合があるようです。その点を踏まえたとしても、やはり高い年収と言えるでしょう。

ジャフコの主な事業内容

ジャフコはベンチャーキャピタルとして主に3つの投資活動をしています。具体的にはインキュベーション投資、ベンチャー投資、バイアウト投資になります。インキュベーション投資とは日米ライフサイエンス企業への投資、研究機関の研究成果の事業化支援や投資のことを言います。ベンチャー投資は革新的かつ創造的な経営を行う成長性豊かな企業への投資、バイアウト投資は事業承継やスピンアウトに伴う資本的独立と企業成長に取り組む投資です。

2018年3月期における累計投資社数は約3,950社、累計投資先上場社数は1,000社あります。運用中ファンドは27ファンド、コミットメント額は3,485億円と巨額です。

ジャフコはエクイティ資金の提供を行うだけでなく、「投資先支援」を重視しているのが特徴の一つです。担当する投資部門に加えて、日本・北米・アジアそれぞれの投資先に向けて、ビジネスディベロップメント活動専門の部署を設置し投資先の企業価値向上に取り組んでいます。また、企業向けのコンサルティング部隊があり、投資先の株式上場に向けた専門的かつ実践的なコンサルティングサービスを提供しています。

投資銀行や金融機関、コンサルティング業界出身の方は経験を活かした業務に携わることができそうです。

ジャフコの労働時間や福利厚生

ジャフコは多くの外資系金融機関に負けないくらいの膨大な仕事量で、その分労働時間も長くなることがほとんどです。40時間は残業代が支給されますが、その時間以上働くと部署によっては怒られることがあります。一方で、部署や担当案件によっては残業代がつかなくても長時間労働することがあり、殺伐とした雰囲気の中それぞれが業務に必死に取り組んでいます。

投資を実行するとインセンティブがつくので、そのインセンティブをモチベーションにして働く社員もいます。
福利厚生としては、単身であれば借上げの社宅がありますが、住宅手当としては8万円支給されています。住宅手当の支給額は高い方になるでしょう。その他、財形貯蓄制度や確定拠出年金制度も用意されています。

ジャフコで必要とされるスキル

ジャフコはホームページ上に求める人材像を記載しています。具体的には好奇心旺盛な人、本質を追求する姿勢を持ち、考え抜く力がある人、自らの仮説やシナリオに基づいて、積極的に行動できる人、責任感のある人、コミュニケーション能力がある人、の5つになります。
多くの経営者と直に接する仕事であるため、世の中の情報へのアンテナを張れることはとても重要視されています。中途半端に対応できる仕事内容ではないので、対人スキルも論理的思考もやり抜く力も求められます。

前職でVCを経験している方はもちろん、クライアントとの折衝を経験してきた方やコンサルティングビジネス、投資銀行業務などを経験している方には合っているでしょう。

ジャフコへの転職に向いている人

以上の内容を踏まえると、ジャフコへの転職に向いているのは以下の3点の要素を持ち合わせている人と言えます。

  • 金融業界やコンサルティング業界出身の方
  • 長時間労働でも成果を出すべく働ける方
  • 好奇心や責任感がある方

ジャフコはリーマンショック後に数多くのVCが経営不振に陥る中で健全な経営を保ってきた強い会社で、老舗としてナレッジも蓄積されています。ハードではありますがたくさんの経験を積めるでしょう。

LINE@で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています