microsoft1

マイクロソフトは米国に本社を置く外資系企業で、ソフトウェアの開発や販売を手掛ける世界的なIT企業の一つです。日本法人の設立は1986年です。90年代のITバブルでOS「Windows」を筆頭にその名を世間に知らしめてから、オフィスソフトなどの市場でシェアを占めています。

日本では主に営業やマーケティングサポート、コーポレート部門での募集がメインですが、開発者の求人も時折行われています。中途採用が多く、実力主義のオープンな社風が特徴です。

今回は日本マイクロソフトの年収や転職で採用される人の特徴を整理してみました。

マイクロソフトは実力があれば年収高

マイクロソフトでは、職種としてセールスサポートやエンジニア、技術系コンサルタントやプロジェクトマネージャーなどが用意されています。

ここでは一旦年齢別でのおおよその年収について、独自の調査結果を記載します。

  • 20代前半:550~700万円程度
  • 20代後半:600~900万円程度
  • 30代前半:800~1200万円程度
  • 30代後半:1000~1400万円程度
  • 40代以降:1300万円以上

マイクロソフトの年収は職種や役職によって異なるので、上記はあくまで目安として参考にしてください。実際の支給額は個人の能力によっても異なります。役職が上がれば2000万円程度支給されている社員もいるので、能力が高く昇進スピードが早ければ年収もすぐに上がるでしょう。基本的には年俸制で、職種によっては目標達成度合いに応じたインセンティブが支払われる形になっています。また、ストックアワードの制度があり、自社株式が付与されています。
総じて給与は高いと言えます。

マイクロソフトの主な事業内容

マイクロソフトは、自社の意欲と原動力の源はマイクロソフトのソフトウェアを使用することを通じてビジネス上の課題の解決策を見出し、新たな局面につながるアイデアを展開し、最も重要なことに意識を向けられるようにすることであると述べています。事業は5つのビジネス部門に分かれており、常に製品のアップデートやサービス向上に尽力しています。部門ごとに特徴がありますが、ハードやソフトに関する製品提供やサポートサービスが中心になります。

マイクロソフトは米国に本社を置くグローバル企業ですが、日本法人はあくまで支社であるため日本国内でのビジネスがメインになっています。ただしエンジニアの場合はグローバル組織所属としての採用になるため、本社や海外支社と連携しながら業務を行うことがあります。

マイクロソフトの残業時間はやや長め

マイクロソフトでは、裁量労働制が採られているので、社員それぞれの裁量で業務時間が異なっています。残業時間は40~50時間程度のようですが、効率よく高いパフォーマンスを発揮して仕事をすれば自由に働ける環境と言えるでしょう。リモートワークも許されているので、場所を気にする必要はありません。ただし、職種によっては、業務上海外とのやりとりなどで時差が発生する場合は深夜勤務が発生することがあります。自身の志望する職種の働き方は事前に調査することをおすすめします。

働き方については、男女の壁は感じられず、能力があれば評価され気持ちよく働ける環境のようです。女性でも家庭と仕事を両立しながら働いている社員が多数存在します。

福利厚生についても外資系にも関わらず充実しており、スポーツクラブ法人会員や社内メディカルルームの設置、ヘルスケアルームの設置などがあります。働きやすさを重視し社員の定着を図っている企業です。

マイクロソフトで必要とされるスキル

マイクロソフトでは、複数の職種について中途採用での人材募集が行われています。グローバル企業として掲げている6つの価値観にマッチすることが第一の必要事項です。6つの価値観とは、「誠実さと正直さ」「オープンで相手に敬意を払う」「チャレンジ精神」「情熱」「アカウンタビリティ」「自己責任」ですが、いずれも多様なバックグラウンドの人材と働き高い成果を出していくためには必要な価値観になります。

その他、募集職種に合わせて前職での経験や特筆できるスキルが必要な他、英語をはじめとした語学も必要になります。エンジニアについては、技術関連の深い理解や豊富な経験が問われます。近年では需要が高まっているセキュリティに特化した技術コンサルタントなども求められているので、経験者は歓迎されるでしょう。

マイクロソフトへの転職に向いている人

以上の内容を踏まえると、マイクロソフトへの転職に向いているのは以下の3点の要素を持ち合わせている人と言えます。

  • マイクロソフトの掲げる6つの価値観に共感し、これらを持っていること
  • 募集職種に関連する高い技術力や深い理解があること
  • セルフマネジメント力を持ちながら高いパフォーマンスを出せること

マイクロソフトは年収も高く社会的にも知名度のある企業なので、入社すると年収以外のメリットも数多くあるでしょう。入念に準備して転職に臨んでください。

マイクロソフトへの転職を目指す方へのおすすめエージェント

マイクロソフトを目指す方にオススメな転職サービスは以下です。

 ビズリーチアクシスコンサルティングJAC RecruitmentType転職エージェントCAREERCARVERクライス&カンパニー
総合評価4.84.64.64.64.44.2
コスト
求人の量
求人の質
提案力
サポート
人気度
公式HP

特にオススメな3サービスを厳選しました。

Type転職エージェント

Type転職エージェント

ハイクラス企業向けの転職エージェントとしてtype転職エージェントにて募集をかけている場合があります。

担当のキャリアアドバイザーが、職務経歴書の作成や面接対策・年収交渉・非公開求人の紹介までしっかりとサポートしてくれるので、是非相談してみてください。

Type転職エージェント公式サイトへ

JAC Recruitment

jacpic1

JAC は、東証一部上場企業に特化した転職エージェントです。

特徴としては、アジアで最大級のネットワークを保持しているエージェントだけあり、日系ハイクラス企業の掲載も多くありますので、一度チェックしてみることをオススメします。

JAC Recruitmentの公式サイトへ

ビズリーチ

bizreach-long01

ビズリーチは、ハイクラス転職で業界No.1の企業です。

ヘッドハンティングプラットフォームとしてデファクトになりつつあります。

年収600万以上の方であれば、多忙で、少し受け身の転職姿勢になったとしても、ヘッドハンターたちがキャリアの幅を広げるサポートをしてくれます。※ただし、レジュメだけはしっかり登録した方が良いです。

ヘッドハンターによる面接対応の対策やレジュメの添削など、企業とマッチングをした後のサポートも充実しています。ハイクラスを目指しており、転職支援をしっかり受けたい方にオススメです。

ビズリーチ公式サイトへ

マイクロソフトを含むキャリアアップを目指す全ての方へ

転職はタイミングが重要です。そして、自分の市場価値を認識することがキャリアアップへの近道です。キャリアおよび年収を上げるなら、求人が溢れ空前の売り手市場である今がベストです。

自分にあった転職エージェントを確保して、しっかり利用していきましょう。

>>ビズリーチ公式サイトへ

bizreach-highclass1

皆様の転職が成功することを願っています。

[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています