mizuhosec1

みずほ証券は、みずほフィナンシャルグループ傘下の大手証券会社です。『One MIZUHO』をスローガンに掲げ、「総合金融コンサルティンググループ」の唯一のフルライン証券会社として、スピーディかつ高度な証券サービスを提供しています。

個人向け・法人向けの各種金融サービスの提供の他、グローバル投資銀行業務、グローバルマーケット業務、リサーチ及びコンサルティング業務も幅広く取り扱っており、みずほ銀行の強い顧客基盤をフル活用してサービスを提供しています。国内外に数多くのネットワークを有しており、顧客の開拓には困らない点が魅力の一つです。
今回はみずほ証券の年収や中途採用の条件を整理しました。

”条件別” 当サイトで人気のエージェント

1.ランスタッド
 年収800万以上や外資系への転職に強い

2.Type転職エージェント
 ハイクラスを狙える総合転職エージェント

3.コンサルタントジョブ
 フリーコンサル案件に特化したエージェント

みずほ証券の年収は1000万円超も可能

みずほ証券にはさまざまな職種があり、職種によって年収が異なります。ここでは各職種別のおおよその年収を整理して記載します。

  • 営業職:450~700万円程度
  • 投資運用担当:700~1200万円程度
  • コンサルティング(スタッフ):450~600万円程度
  • コンサルティング(管理職):500~1000万円程度
  • アナリスト:500~1000万円程度

上記は目安の金額で、実際の支給金額は各個人の評価結果や採用時の経験や能力によって異なります。みずほ証券では職種や役職によってかなり年収が異なります。賞与については年に1度の査定があり、支給は年2回、いずれも評価に基づいた金額になります。ただし年功序列の要素も強く、年次を重ねている社員ほど給与が高くなる傾向があります。

中途社員の場合は即戦力として採用されるため、交渉次第でベースの給与金額を高く設定することができます。転職の際は諦めずに高い年収を希望しエージェントに交渉してもらうようにしましょう。

みずほ証券の主な事業内容

みずほ証券は、資本市場活性化に向けてさまざまな金融サービスを提供しています。具体的には、個人向け及び法人向けの金融商品サービスの提供、グローバル投資銀行業務、グローバルマーケット業務、リサーチ&コンサルティング業務があります。その他コーポレート部門もありますが、採用は少なめです。

部門の構図としては、プライマリー資金調達機能であるグローバル投資銀行部門にてM&Aアドバイザリー等を行い、資金余剰者を中心とした流通市場におけるセカンダリー資金運用を行う形になっています。

どの部門の業務であっても、みずほフィナンシャルグループの一員としての業務になるため、みずほ銀行との連携業務も適宜発生します。また、商品内容が決められていることや目標とする数字が決められているので、決められた枠組みの中で着々と成果を出すことが求められています。

みずほ証券の労働時間や福利厚生

みずほ証券では、職種によって労働時間や業務量が著しく異なっています。営業担当であれば接待が多く、定時に帰宅しても飲み会などで時間を取られることが多いです。グローバルマーケットの担当であれば、市場の動く時間によって勤務時間が変わることがあります。

ただし、近年は働き方改革やワークライフバランスの推進が叫ばれているので、業務を効率化しよう、残業を減らそうという風潮があります。水曜日や金曜日は早帰りデーになっている場合もあります。残業が発生する場合は、だいたい30~40時間程度になっているようです。

福利厚生については、みずほフィナンシャルグループらしくかなり整っています。詳細は企業HPに載っていますが、住宅関連の手当、資産形成制度、自己啓発関連の補助金支給制度もあります。会社の制度を活用して資格を取得する社員も多いので、守られた環境でキャリアアップを目指すには良い制度が用意されています。

みずほ証券で必要とされるスキル

みずほ証券では、現在HP上では中途採用人材は募集していませんので、中途採用独自の求める人材像については確認ができない状況です。ただし、採用HP上で述べられている内容から推察すると、グローバルビジネスの高度化やデジタルイノベーションの推進を受けて高度なスキルを持つ人材を求めていることがわかります。

まず、大前提として証券会社を含む金融業の経験者であることが必須です。そして、数字の扱いやクライアントとの対面コミュニケーションが得意であることが必要です。加えて、グローバルビジネスを多数取り扱うため、英語は当然のごとく使います。なので、英語ができない場合は採用が難しくなります。その他、近年のデジタルイノベーションや金融工学に関する知見があるとかなり歓迎されるでしょう。

みずほ証券への転職に向いている人

以上の内容を踏まえると、みずほ証券への転職に向いているのは以下の3点の要素を持ち合わせている人と言えます。

  • 守られた環境でスキルを磨きながら働きたい人
  • グローバルビジネスに積極的に関わりたい人
  • 過去に金融業での業務経験がある人

みずほ証券は比較的ルールを重んじる会社ではありますが、新しい時代に向けて社内の空気も変わっていっている状況です。働き方も比較的無理のない形になるので、女性でも安心して働けるでしょう。ぜひ検討してみてください。

みずほ証券転職を検討している方がすべき1つのこと

ハイクラス求人を扱っている転職エージェントに登録してみてください。
その理由は下記3点です。

  • Webには出てこないみずほ証券のリアルな情報が手に入る可能性がある
  • みずほ証券およびその他企業の非公開求人を紹介してもらえる
  • 面接対策や年収アップ交渉をしてもらえるため、効率的に転職活動ができる

    みずほ証券への転職を目指す方へのおすすめエージェント

    みずほ証券を目指す方にオススメな転職エージェントは以下です。

    転職エージェント登録すべき人
    ランスタッド高年収を目指す、すべての方
    Type転職エージェント年収800万以下のすべての方
    アクシスコンサルティングコンサルタント転職を目指す、すべての方

    ランスタッド

    ランスタッド

    ランスタッドは、オランダで1960年に創業された世界最大級の総合人材サービス企業。39の国と地域で活動し、日本には93の拠点があります。

    年収1000万以上を目指すプロフェッショナル向けサービスを提供しています。

    世界規模の企業であるため、外資系やグローバル企業への転職支援実績も多数あり、下記の3つのメリットがあります。

    • 市場動向を把握した専任コンサルタントによるマンツーマンサポート
    • 全体の約80%が非公開求人
    • キャリアアップからワークライフバランス重視まで幅広い提案を受けられる

    特にハイクラス企業を得意としており、戦略的なキャリア形成のサポートをしてくれます。転職に関する支援サービスはもちろん無料です。

     ランスタッド公式サイト:https://www.randstad.co.jp/professionals/

    Type転職エージェント

    @type

    Type転職エージェントは総合転職サイトで、年収400万から800万の転職支援を得意としています。

    エンジニア転職などにも力を入れているため、開発経験がある方にもオススメしたいエージェントです。

     Type転職エージェント公式サイト:https://type.career-agent.jp

    アクシスコンサルティング

    アクシスコンサルティング

    アクシスコンサルティングは、特にコンサル業界に強みを持ち、約5,000名の現役コンサルを含む約20,000名もの転職志望者の支援をした実績があります。

    その実績による信頼からコンサル業界と強いパイプがあり、下記の3つのメリットがあります。

    • 業界を熟知した質の高いサポート
    • 全体の77%が非公開求人
    • 平均支援期間は3年 中長期に渡る支援が受けられる

    信念として「生涯のキャリアパートナー」を掲げ、本人のキャリアプランから「今は転職する時期ではない」と判断すれば無理に転職を薦めないなど、視野の広いサポートが受けられるのも特徴です。

     アクシスコンサルティング公式サイト:https://www.axc.ne.jp

    みずほ証券含むキャリアアップを目指す全ての方へ

    転職はタイミングが重要です。そして、自分の市場価値を認識することがキャリアアップへの近道です。キャリアおよび年収を上げるなら、売り手市場である今がベストです。

    ハイクラス転職に向けて、複数の転職エージェントに登録し比較しするのも転職可能性を高めるポイントです。自分の目的に合ったエージェントを確保し、しっかり活用していきましょう。

    皆様の転職が成功することを願っています。

    [email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

    記事が役に立ったら
    フォローをお願いします。

    ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

    Twitterも随時更新しています