野村證券は1925年に創立された日本有数の老舗證券会社です。株主である野村ホールディングスは、現りそな銀行の證券部が独立することでできた企業です。2008年にはリーマンブラザーズのアジアパシフィックならびに欧州・中東地域部門を買収し、グローバルプレイヤーとなりました。

野村證券は近年、業績が回復傾向にあることから、中途採用を活発に行っている状況にあります。
今回は、別名「ノルマ證券」と言われるほどの大変さがある野村證券について、具体的な年収や中途採用時に必要となる条件は何なのか整理してみました。

野村證券は外資系銀行並みの年収

野村証券では年齢より成果で給与が決まります。部門ごとで給与は異なりますが、ここでは営業を中心とした場合の役職別年収の例を記載します。

  • 新卒~若手:500~700万円程度
  • 課長代理:700~1000万円程度
  • 課長級:1000~2000万円程度
  • 部長:1700~2500万円程度
  • 役員:2500万円以上

上記は目安の金額で、実際の支給金額は各個人の成果に大きく依存します。年齢に関わらず実力主義であることから、日系の証券会社でありながらも実態は外資系証券と大差ない状況です。
男女差もつけられることがなく、30歳くらいで1500万円以上稼ぐような社員もいます。成果を出せる方にはうってつけの環境です。一方で、成果が伴わない社員には恐ろしいほどに冷たく、最低給与しか支給されない上に上位者からの圧力が厳しい会社でもあります。入社の際はその点の覚悟が必要でしょう。

野村證券の主な事業内容

野村證券は株式や投資信託、債券などの商品を取り扱うとともに、コンサルティングや相続対策提案といったサービスも提供しています。個人向け、法人向けともにサービスを提供しており、採用職種も個人営業部門とホールセール部門で分かれています。

近年では、営業部門スペシャリティコースとしてウェルス・マネジメント/ファイナンシャル・コンサルティングが用意されており、個人や法人を対象として資産の管理・運用・保全に関するコンサルティングが強化されています。また、地域密着型で転職がない営業部門ファイナンシャルアドバイザーも用意されており、一口に証券業といってもさまざまなサービスを提供しています。

なお中途採用の場合、営業の完全未経験者は受け付けていません。したがって、過去に証券会社で働いた経験がある方だけでなく、何らかの業界での営業経験があれば可能性があるでしょう。

野村證券の労働環境や福利厚生

野村證券は完全実力主義であり、かつ数字が絶対である企業として有名です。労働時間自体が異常に長いということはありませんが、証券会社という性質から朝が早いです。人によっては日経新聞を隅々まで読むために朝5時には出社する場合もあるようです。通常は朝8時までに出社し、帰宅も18時までを徹底されているようです。
ただし業務が忙しい場合や規定時間内に消化できない場合は残業する社員もいます。会社としては残業を減らす傾向にあるようですが、部署の上位者によって強く左右されるので、一概に言えません。ただし、ファイナンシャルアドバイザーとして働く社員は残業がなく、18時にはすぐに帰るそうです。女性の積極的な登用を進めていることもあって、その点は良いところと言えるでしょう。

野村證券では、労働時間ではなく実力の有無がすべてなので、営業成績が悪い社員に対しては怒号が飛びますし、容赦なく叱責の対象になります。あまりの辛さに逃げ出す社員もいるそうです。中途で入社するのであれば、能力があれば特に問題はないと思いますが、営業成績が厳しく評価されることは頭に入れるべきでしょう。

福利厚生は非常に充実しており、家賃補助が7割も支給されます。借り上げ社宅もあります。各種休暇制度も充実しているので、この点はかなり恵まれていると言えます。

野村證券で必要とされるスキルや求める人材像

野村證券の中途採用で問われるスキルや求める人材像については、HP上にある各募集職種に関する説明ページで記載がされています。例えばウェルス・マネジメント業務であれば、広範囲にわたる高いレベルのスキル、協調性、リーダーシップ、チャレンジ精神と誠実さが挙げられています。

ファイナンシャル・コンサルティング業務であれば、広い視点での直接金融の担い手になれること、トップセールスをあげられること、強固な信念に裏打ちされたチャレンジ精神、理想とする営業活動と現実を重ねようとする向上心が挙げられています。これらの条件から推察すると、基本的な知識やスキル以上に、野村證券の地位を保ち、さらに向上させるために強い体力と精神力がある人材を求めていると言えるでしょう。

野村證券への転職に向いている人

以上の内容を踏まえると、野村證券への転職に向いているのは以下の3点の要素を持ち合わせている人と言えます。

  • 金融業界などの営業部門出身の方
  • 成果を出すことにエネルギーを費やせる方
  • 心身ともにタフな方

野村証券は成果を出せれば自由に働ける環境なので、自身の営業能力やスキルをさらに試して進化させたい場合は合っているでしょう。

LINE@で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています