野村総合研究所は「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の四つの事業を営む日本のシンクタンク、コンサルティング会社です。創業は1965年と古く、40年以上に渡り企業戦略立案や政策提言、システム開発・運用といったサービスを提供しています。

母体は野村証券で金融系のソリューションを得意としています。コンサルティングファームの中でも証券会社に似た体育会系の雰囲気のある会社です。

海外展開を積極的に推進しており、現在はヨーロッパやアジア、アメリカなど世界各国に事業拠点があります。大きく事業はコンサルティング事業とITソリューション系に分かれており、両事業は連携することが多少はあれども縦割り式になっています。事業の性質上、コンサルタントだけでなくSEも多数在籍しています。

今回は野村総合研究所の年収や労働環境を整理してみました。

野村総合研究所(NRI)の年収は日系企業の中では高水準

野村総合研究所のおおよその年収について独自で調査してみました。詳細な金額は個人の能力や経験によってばらつきがあります。

■アナリストクラス:500~600万円程度

■コンサルタントクラス:550~700万円程度

■シニアコンサルタントクラス:700万円~900万円程度

■マネージャークラス:1100~1800万円程度

■シニアマネージャー:900~1500万円程度

■プリンシパルクラス:1800~2000万円程度

■役員クラス:2000万円以上

野村総合研究所では裁量労働制を取っており、個人のパフォーマンスや前職の経験などによって同じランクでも年収に大きな差が生まれます。外資系コンサルティングファームには及びませんが、やはり年収は高水準だと言えるでしょう。

bizreach-1

野村総合研究所(NRI)の主な事業内容

野村総合研究所は、シンクタンク機能を持つコンサルティングファームであり、リサーチ・コンサルティングサービスやITソリューションサービスを提供することでクライアントの課題解決を実現する企業です。

コンサルティングサービスはマネジメントコンサルティングとシステムコンサルティングに分かれており、社会情勢や産業構造の変化を踏まえて様々な業種のクライアント企業に経営戦略や施策実現支援といったサービスを提供しています。クライアントには金融を始めた民間企業の他、中央政府や自治体も対象に含まれています。

ITソリューションサービスは金融ITソリューションと産業ITソリューション、IT基盤サービスに分かれており、一番収益を上げているのは金融ITソリューションです。業界のインフラともいえる基盤からプロセス一連をカバーできるサービスを展開しているので、特に金融系のクライアントからの信頼は厚くなっています。

野村総合研究所(NRI)はやはり激務

野村総合研究所も例外なく他のコンサルティングファームと同様に激務です。国や大企業を相手にする責任の重い仕事を多数任されることから、結果を出すべく土日出勤や深夜残業も求められる場合があります。裁量労働制で残業代が支給されないので、働き方によっては割に合わないと感じる場面が出てくることもあります。1日の平均勤務時間は大体11時間程度のようです。

ただし最近はSmart Work Style制度など社内でワークライフバランスの改善が進められています。女性の管理職登用も本格的に力を入れており、管理職の女性も現れています。
所属する部門によって社内の雰囲気が異なり、部署によっては体育会系の上下関係や激務を厭わない社員が多い場合もあるので、配属先については十分留意した方が良いでしょう。

野村総合研究所(NRI)で求められる人材

nri2

野村総合研究所では、多様かつスケールの大きいテーマを多く扱うため、広い視座で物事を捉えられることが必要になります。「顧客の期待を超える」カルチャーが根付いているため、質の高いコンサルティングを行うべく、ファクトベースでの調査能力や分析力、中立な視点での提案力も求められます。

また、近年はデジタル技術によるイノベーションの加速により、Fintechなどの新技術分野におけるコンサルティングができる人材を求めています。コンサルティング経験者だけでなく、事業会社での経営企画やデジタル分野での経験、もしくは専門性を持ち合わせている方は優遇されるでしょう。

野村総合研究所(NRI)への転職に向いている人は?

野村総合研究所への転職に向いているのは、主に以下三つの要素を持ち合わせている人材でしょう。

  • 金融や経営、デジタル分野などの専門性を持ち合わせていること
  • クライアントの期待を超えるべくコンサルティング品質を重視できること
  • 国や社会の発展につながる大型案件に従事したいこと

野村総合研究所で働くことの醍醐味として、スケールの大きい仕事に裁量を持って取り組めること、自身の仕事が国や大企業の意思決定に重大な影響を及ぼすといった点が挙げられます。積極的かつ果敢に今後の日本の未来を創っていきたい人には向いている企業でしょう。

転職で野村総合研究所(NRI)を目指すなら

転職サイトに登録し、情報を収集するのがベターです。

野村総合研究所への転職を目指す方にオススメなのは以下の3サイトです。

 ビズリーチCAREERCARVERリクルートエージェント
対象者年収600万以上年収600万以上年収600万以下
サービス特徴ハイクラス転職No.1エージェント。年収600万以上が条件ですが、登録必須のサービスです。年収600万以上の方向けにリクルートが提供している転職サービス。ハイクラス転職を考えている全ての人にオススメです。転職エージェントの最大手。転職実績および顧客満足度でNo.1です。約15万件の非公開求人があるようです。
公式サイト

bizreach-long01

複数登録する時間がない方には、ビズリーチが最もオススメです。

ビズリーチ公式サイトへ>>

皆様の転職が成功することを願っています。

その他企業の転職・年収情報を見てみる

[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています