株式会社NTTデータの創業は1988年です。公共、金融、その他産業別のシステム開発における新たな市場を作り出した国内大手のシステムインテグレーターであり、ICカードやバーチャルモールなどの技術の導入の先駆けとなる存在です。

NTTデータの単体従業員数は11,200人と規模は大きく、創業以来25年以上増収を続けています。

NTTという名前からは日本国内市場が主要市場の印象を受けるかもしれませんが、現在は世界40か国以上に拠点があり、多くのSAPパッケージコンサルタントが勤務しています。NTTグループの一員であるため、経営は大変安定しています。

今回はNTTデータの気になる年収や労働環境を整理してみました。

NTTデータの年収はSIerとしては高給

NTTデータの年収を独自に調査してみました。事例ベースの目安でありますので、実際は個人の能力等によってばらつきがあります。

■一般社員:350~500万円程度
■主任:500~750万円程度
■課長代理:700~900万円程度
■課長:850~1000万円程度
■部長:1000~1500万円程度

給与体系は年功序列と実力主義が混合した形となっています。昇給は年1回で賞与は年2回支給されます。他のSI企業と比較すると高給と言えるでしょう。

なお、昇進は中途採用者よりも新卒の方が有利と言われています。例えば新卒社員は能力的に問題があっても課長程度までは昇進できるようです。主任は5年目になることができます。

日系企業らしく各種社会保険は完備されており、住宅手当や扶養手当もあります。育児休暇や介護休暇なども含め、福利厚生は非常に整っている企業です。

bizreach-1

NTTデータの主な事業内容

NTTデータの主な事業内容は、システムインテグレーション事業とネットワークシステムサービス事業の二つで、加えてその他これら二つの事業に関連する一切の事業を行っています。

業種別としては、主に官公庁や自治体向け、金融機関向けの案件を多く取り扱っていますが、その他業種別向けのサービスも幅広く提供しています。

サービス別としては、従来の ERPパッケージ導入やデータセンターサービス、アウトソーシング事業に加え、近年の技術動向に即した新技術対応向けサービスが多数用意されています。

具体的には、ビッグデータ・BI、クラウドコンピューティング、CRM(顧客管理)などです。AIのビジネス展開向け案件やブロックチェーン、マイナンバーソリューションなども用意されています。今後新技術向けの案件は増加していくことが予測されるので、それらに関するスキルをすでに持っている方は歓迎されるでしょう。

NTTデータの福利厚生は最高級

NTTデータの取り扱う案件の多くはシステム導入関連のプロジェクトであるため、多くのSIerと同様に繁忙期は激務になります。プロジェクトフェーズによっては深夜残業や土日出勤も発生することがあります。ただし、残業や休日出勤に関わる手当はしっかりと支給されるため、金銭面では豊かになることができます。

NTTデータの福利厚生は非常に整っています。家賃補助や休暇制度など、外資系企業とは比にならない制度を完備しています。プロジェクトが繁忙期の場合は別ですが、基本的に有給休暇は取得がしやすい部署がほとんどで、積極的に休暇を取得することができます。

その他カフェテリアプランというポイント利用制度や財形貯蓄制度も用意されており、財形貯蓄制度については積立金額の3%を会社が上乗せしてくれるという手厚さがあります。ここまで福利厚生が充実した企業は珍しく、安定した企業でワークライフバランスを保ちながら長期的に働いていきたい方には合っていると思われます。

NTTデータで求められる人材

nttdata2

NTTデータはグループビジョンとして「Global IT Innovator」を掲げ、事業のサービス化とグローバル化を推進しています。NTTデータは新卒採用が盛んですが、中途採用ではNTTデータというビジネス体を進化させようとする気概がある人材を採用することで、多様な視点や能力を結集したいという意図があります。

また、グローバル化の推進に加えIT業界そのものも技術革新等の事業変化が激しいので、こうした状況に対応できるハイスキル人材を求めています。

上記の状況を踏まえると、単にシステムインテグレーターとしての経験があるだけでなく、海外プロジェクトや技術革新対応向けのプロジェクト経験があると歓迎されるでしょう。また、新規事業立ち上げや事業企画関連の業務経験があると、今後のビジネス拡大に寄与できるため歓迎されるでしょう。

NTTデータへの転職に向いている人は?

NTTデータへの転職に向いているのは、主に以下三つの要素を持ち合わせている人材でしょう。

  • 事業環境の変化を機会と捉えて新ビジネス創出にチャレンジできること
  • 高品質なサービスを提供するためにコミットできること
  • システムインテグレーション関連や事業企画、海外向け案件等を経験していること

SE経験者や事業企画業務経験者で、今後長期的に安定した企業で腰を据えて働きたい方には合っている企業と言えます。

NTTデータを目指す人へオススメな転職サイト

転職サイトに登録し、情報を収集するのがベターです。

NTTデータへの転職を目指す方にオススメなのは以下の3サイトです。

 ビズリーチCAREERCARVERリクルートエージェント
対象者年収600万以上年収600万以上年収600万以下
サービス特徴ハイクラス転職No.1エージェント。年収600万以上が条件ですが、登録必須のサービスです。年収600万以上の方向けにリクルートが提供している転職サービス。ハイクラス転職を考えている全ての人にオススメです。転職エージェントの最大手。転職実績および顧客満足度でNo.1です。約15万件の非公開求人があるようです。
公式サイト

一つに絞るとすれば、ビズリーチが最もオススメです。

ビズリーチ公式サイトへ>>

bizreach-2

皆様の転職が成功することを願っています。

その他企業の転職・年収情報を見てみる

[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています