【実力主義で高年収】P&Eディレクションズの年収・激務度 転職・採用分析
この記事を読むと分かること
  • P&Eディレクションズの事業内容
  • 年収・激務度と求められる人材像
  • 転職に向いている人とは?

P&Eディレクションズは、外資系戦略コンサルティングファームであるボストン・コンサルティング・グループの出身者が立ち上げた、経営コンサルティング会社です。

「計画策定」と「実行支援」の両輪で、クライアントの事業成長に貢献することをミッションとしています。

一般的なコンサルティング会社よりも「実行支援」に重きを置き、プロジェクトごとにチームを組み、知恵を出しながら成果創出を支援しています。

対象とするクライアント規模は大企業から中小企業までさまざまで、案件領域は成長戦略、新規事業立ち上げ支援、各種業界調査・企業調査・技術調査などの調査案件がメインとなります。

若手でも積極的にプロジェクトリーダーなど重要なポジションに就くことが可能で、短期で成長が可能な環境です。
今回はP&Eディレクションズの年収や激務度、転職時の採用に関わるポイントをまとめます。

”条件別” 当サイトで人気のエージェント

1.ランスタッド
 年収1000万以上の転職に強いエージェント

2.Type転職エージェント
 ハイクラスを狙える総合転職エージェント

3.BTCエージェント
 フリーコンサルの為のエージェント

実力があれば若手でも年収1000万以上

実力があれば年収1000万以上

P&Eでの中途採用では、積極的に若手に門戸を広げており、20代や30代の転職者も多数在籍しています。
参考までに年齢別の年収例を記載します。

年齢年収例
25歳450~500万円程度
29歳500~800万円程度
32歳800~1,000万円程度
35歳1000~1,500万円程度
40歳以降2,000万円程度

P&Eディレクションズでは、年俸制であり評価結果に基づいて年収が決まります

評価に合わせた会社の業績給は年収の10%~70%と幅広く、若手でも結果を出せれば年収を高めることができ、30代で1000万円以上の年収を実現している社員もいます。ただし、結果を出すために長時間労働やタクシー帰りになることもしばしばで、それに耐えられる体力が必要です。

中途で転職する場合は、最低でも年収450万円からスタートするようですが、前職での経験やスキルセットによってはもっと金額を高くできるので、転職エージェントを活用するなどし、できるだけ自分の希望年収に近づけると良いでしょう。

主な事業内容

主な事業内容

P&Eディレクションズは経営コンサルティング会社であり、以下の4つの事業軸を持っています。

  • 成長戦略立案
  • 成長戦略立案
  • アライアンス実現支援
  • 事業環境調査

既存の業務の改善支援というよりは攻めの支援を得意としており、理念として「実行できる理想を。」を掲げクライアントと一緒に施策の実現に奔走します。

そのため、働き方としてはクライアントとの密なコミュニケーションが必要になり、ドライに計画立案だけを行うタイプのファームではないので、その点は意識する必要があります。

5年以上の付き合いになるクライアントも多く、継続的な関係の中で生まれる案件も多数存在し、長期間付き合っていく中でクライアントに可愛がられながら育つ、というケースも多いようです。

そして過去の業務経験の有無よりも、物怖じしない姿勢で積極的に物事に取り組める人材が歓迎されます。

激務度と福利厚生

激務度と福利厚生

P&Eディレクションズは独立系の経営コンサルティングファームですが、プロジェクトベースでの働き方になることと、案件ひとつひとつの難易度が高く、複数のプロジェクトを担当することが多いため、長時間労働になりやすい会社です。

年俸制なので、残業すれば給与が高くなるというわけではありません。しかし、事業支援を掲げている以上、結果を出すためにはクライアントと同等かそれ以上に働かざるを得ず、案件が忙しく深夜まで働くことになってしまうというのが実情です。

ある程度プライベートを犠牲にして仕事にフルコミットするのが厳しい場合は、向いていない職場といえるでしょう。

福利厚生については最低限の制度が用意されている以外、特に目立ったものはありません。

しいて言えば、社員旅行があり社長が社員のためを思ってお土産を買ってくるようなアットホーム感もあるようですが、人によって合う・合わないが分かれる職場環境かもしれません。

よく言えば若手でも育ててくれるような土壌はありますが、それが負担になる場合もあるでしょう。

転職に求められるスキルや人材像

必要とされるスキルと求められる人物像

P&Eディレクションズでは、「事業会社でも成功する経営者になる」ことを人材育成のゴールとしています。
成長のステップとして、コンサルティング能力はもちろん、下記の点が要件となってきます。

  • 得意とする領域や強みを磨くこと
  • 人を動かす力を持てること
  • 企業価値向上の効果を出せること

これらの求める人材に合うような形でのトレーニングも各種用意されており、そういった社内制度も活用しながら、現場でたくさんの経験を積んで成長させることを想定されています。

具体的なスキルとして、前職でのコンサルティング業務経験は必要とされていません。

出身業界は大手金融やメーカー、ベンチャー企業など多種多様なバックグラウンドの社員が在籍していますし、過去の業務内容も営業や財務、企画などさまざまなので、あまり前職の経験を気にする必要もありません。

それよりも求める人材像として、下記の様な能力があるかどうかという点を重視して見られます。

  • 物事の全体像を把握できる力
  • ライアントが直面している課題が何かを明確に定義できる力
  • 実際に具体的なアクションを行える力
  • 上記3点 プラス人間性が会社とマッチするか

英語についてはビジネスでの使用経験は求められませんが、一定の水準はあった方が良いようです。国内で個人の努力で習得可能な程度の英語力は身につけておきましょう。

採用担当者の視点

採用担当者の視点

P&Eディレクションズでは、現役コンサルタントが面接を行います。

コンサルティング会社なので、上に挙げた求めらる人材像に合うかはもちろん、話している内容に一貫性があるかどうかは必ずチェックされます。

ロジックがおかしいと確実に突っ込まれるので、事前に面接で話すポイントや強調したい経験、スキルを整理して語れるように綿密に準備しましょう。

自身が直面した課題が何で、どういった施策を実現して乗り越えたのか、といった具体的なエピソードがあると理想的です。
クライアントとの業務でのエピソードがあれば、いざ会社側が採用した場合の配属先プロジェクト候補や、社員として働くイメージを共有されやすくなります。

P&Eディレクションズでは、特に若手の中途採用を積極的に行っているので、今後のキャリアの展望があれば、キャリアプランとして話すのも良いでしょう。企業側の提供する業務機会とマッチする必要がありますが、マッチした場合は採用されやすくなります。

P&Eディレクションズへの転職に向いている人

P&Eディレクションズへの転職に向いている人

以上の内容を踏まえると、P&Eディレクションズへの転職に向いているのは以下のような方です。

  • 成果主義の環境の中で若手のうちから高年収を実現したい人
  • 自ら積極的に行動してクライアントにコミットできる人
  • 泥臭い業務でも継続しながら密な人間関係を作れる人

P&Eディレクションズは独立系ファームとして独特のポジションを築いており、引き合いも多い企業です。これらの要素を持ち合わせ、様々な企業規模のプロジェクトをこなす経験ができれば、高年収を実現し、かつ大いに成長することが可能でしょう。

P&Eディレクションズへの転職を検討している方がすべき1つのこと

ハイクラス求人を扱っている転職エージェントに登録してみてください。
その理由は下記3点です。

  • Webには出てこないP&Eディレクションズのリアルな情報が手に入る可能性がある
  • P&Eディレクションズおよびその他企業の非公開求人を紹介してもらえる
  • 面接対策や年収アップ交渉をしてもらえるため、効率的に転職活動ができる

    P&Eディレクションズへの転職を目指す方へのおすすめエージェント

    P&Eディレクションズを目指す方にオススメな転職エージェントは以下です。

    転職エージェント登録すべき人
    ランスタッド高年収を目指す、すべての方
    Type転職エージェント年収800万以下のすべての方
    アクシスコンサルティングコンサルタント転職を目指す、すべての方

    ランスタッド

    ランスタッド

    ランスタッドは、オランダで1960年に創業された世界最大級の総合人材サービス企業。39の国と地域で活動し、日本には93の拠点があります。

    年収1000万以上を目指すプロフェッショナル向けサービスを提供しています。

    世界規模の企業であるため、外資系やグローバル企業への転職支援実績も多数あり、下記の3つのメリットがあります。

    • 市場動向を把握した専任コンサルタントによるマンツーマンサポート
    • 全体の約80%が非公開求人
    • キャリアアップからワークライフバランス重視まで幅広い提案を受けられる

    特にハイクラス企業を得意としており、戦略的なキャリア形成のサポートをしてくれます。転職に関する支援サービスはもちろん無料です。

     ランスタッド公式サイト:https://www.randstad.co.jp/professionals/

    Type転職エージェント

    @type

    Type転職エージェントは総合転職サイトで、年収400万から800万の転職支援を得意としています。

    エンジニア転職などにも力を入れているため、開発経験がある方にもオススメしたいエージェントです。

     Type転職エージェント公式サイト:https://type.career-agent.jp

    アクシスコンサルティング

    アクシスコンサルティング

    アクシスコンサルティングは、特にコンサル業界に強みを持ち、約5,000名の現役コンサルを含む約20,000名もの転職志望者の支援をした実績があります。

    その実績による信頼からコンサル業界と強いパイプがあり、下記の3つのメリットがあります。

    • 業界を熟知した質の高いサポート
    • 全体の77%が非公開求人
    • 平均支援期間は3年 中長期に渡る支援が受けられる

    信念として「生涯のキャリアパートナー」を掲げ、本人のキャリアプランから「今は転職する時期ではない」と判断すれば無理に転職を薦めないなど、視野の広いサポートが受けられるのも特徴です。

     アクシスコンサルティング公式サイト:https://www.axc.ne.jp

    P&Eディレクションズを含むキャリアアップを目指す全ての方へ

    転職はタイミングが重要です。そして、自分の市場価値を認識することがキャリアアップへの近道です。キャリアおよび年収を上げるなら、売り手市場である今がベストです。

    ハイクラス転職に向けて、複数の転職エージェントに登録し比較しするのも転職可能性を高めるポイントです。自分の目的に合ったエージェントを確保し、しっかり活用していきましょう。

    皆様の転職が成功することを願っています。

    こちらの記事では、創業者の出身企業でもあるボストン・コンサルティング・グループについても年収などの企業分析をしておりますので、ぜひご参照ください。また、コンサル転職に向けて特に重要となるケース面接対策についてもご紹介しています。参考にしてみてください。

    [email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

    記事が役に立ったら
    フォローをお願いします。

    ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

    Twitterも随時更新しています