ワークスタイルラボ(POD)の口コミや評判は?実際の利用者の声や案件特徴を解説

「フリーコンサルとして独立したいが、案件獲得できるか不安」
「できるだけ自分の理想とする案件に関わりたいが、どのように探せば良いかわからない」

フリーランスのコンサルタントとして、自分に合った案件を見つけるのは容易ではありません。

そんな時に強い味方になってくれるのがワークスタイルラボ(POD)です。

PODは、コンサルタントの方々に案件を提供し、課題解決を求める企業との橋渡しを行っているエージェント型サービスを提供しています。

この記事では、ワークスタイルラボ(POD)のサービスの特徴、案件の種類、単価、みなさんが気になっているはずの利用者の評判などを詳しく解説します。

メリット・デメリット、サービス利用が向いている方の特徴などもまとめて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

>>フリーコンサルにおすすめの案件紹介エージェント・マッチングサイト12選

ワークスタイルラボ(POD)とは?

ワークスタイルラボ(POD)とは?ワークスタイルラボ(POD)は、フリーランスや独立系コンサルタント向けのマッチングプラットフォームです。

経営・戦略やIT上流・要件定義、SAP、DX、新規事業、PM・PMO、先端技術(AI・Fintech)等、IT領域の案件を得意としながらも幅広い分野のプロジェクトを取り扱っています。

直請け・高収入案件が多いことも特徴の一つです。

WEBサイト上でも公開されている案件はありますが、非公開案件が85%以上占めることから、かなりコンフィデンシャルな案件も多数紹介してもらうことができるサービスと言えるでしょう。

PODの公式サイトで無料登録

ワークスタイルラボの会社情報

ワークスタイルラボの会社情報ワークスタイルラボの運営会社の会社情報は次の通りです。

会社名株式会社ワークスタイルラボ
所在地

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目10-13  TOKYU REIT渋谷Rビル9F

設立2009年9月1日
役員代表取締役 三浦 大治郎
取締役   曽根 秀晶
取締役   後藤 信彦
監査役   安川 久美子
認証・許認可有料職業紹介事業許可番号:13-ユー306220
労働者派遣事業許可番号:派13-314742
な案件業務領域
  • IT上流、要件定義
  • PM、PMO
  • DX
  • CRM
  • SAP 他
公開案件数548件(2024年2月23日時点)
公式サイトhttps://pod.jp/consultant/

ワークスタイルラボ(POD)の案件単価

ワークスタイルラボ(POD)の案件単価

公開案件490件をもとに整理しました。(2023年11月21日時点)

報酬HP公開案件数(件)割合(%)
総計490件
~100万25件5%
100万~150万452件92%
150万~13件3%

契約単価は92%が100〜150万円でした

もちろん、上記以外にも非公開案件が多数ある為、コンフィデンシャル案件を含めると150万円以上の案件は増える可能性はあります

PODの公式サイトで無料登録

ワークスタイルラボ(POD)の案件例

ワークスタイルラボ(POD)の案件例

サイト上に掲載されている公開案件をもとに、案件例を紹介します。

大手企業の戦略・経営関連プロジェクト

ワークスタイルラボ(POD)では、大手企業の経営戦略や組織・人事関連のプロジェクトが多く見られます。

これらのプロジェクトは、企業の重要な意思決定や組織変革に関わるもので、新規事業の立ち上げ支援や組織再編計画の策定などが含まれます。

【公開案件例】ARPU向上に向けたマーケティング企画および外部連携の推進支援

プロジェクト内容■クライアント:大手通信キャリア
■案件概要:
外部との連携を念頭としたARPU(1ユーザーあたりの平均的売り上げを示す指標)向上施策の企画及びパートナーとの協議・交渉主導。
Wi-Fi環境ではなく、モバイル網を用いた利用シーン仮説の策定および企画化を通じ、データ利用を増やすことによる低利用者のARPU向上を目的とする。
開始時期:2023年1月単月
作業場所:リモート+必要に応じて出社(都内)
求められるスキル条件・戦略コンサルもしくは広告代理店での経験
・マーケティングの知見
・面白い企画の立案および外部パートナーとの議論に向けた論点整理や資料準備と議論をリードの経験
契約条件稼働率 80%~100%
契約期間 1~3ヵ月
勤務地 東京都(23区内)

IT・テクノロジー関連の専門プロジェクト

IT上流工程や要件定義、ERPシステム導入(SAP、Oracleなど)、SFA・CRMシステムの導入・最適化など、テクノロジー関連の専門プロジェクトもPODの特徴的な案件です。

これらのプロジェクトは、デジタル変革(DX)やECサイト構築など、最新のテクノロジートレンドに関連するものが多く、ITコンサルタントやシステムエンジニアとしての深い専門知識を持つフリーランスに適しています。

【公開案件例】製造業における人事給与システム導入プロジェクト支援

SCM・生産・調達の業務改善プロジェクト

製造業界を中心に、SCM(サプライチェーンマネジメント)、生産、調達プロセスの改善に関するプロジェクトもPODではよく見られます

これらのプロジェクトは、効率化やコスト削減、品質向上などを目的としており、業務プロセス改善やオペレーショナルエクセレンスに関する専門知識を持つフリーランスに適した案件です。

例えば、大手自動車メーカーの生産ラインの最適化や、グローバルサプライチェーンの再構築などが含まれます。

【公開案件例】物流起点としたSCM改革構想支援

注目は最新ニュースのランサーズ株式会社への吸収合併でしょう。

もともとワークスタイルラボの親会社は、株式会社ドリームインキュベーターでした。

コンサルティング事業を手がけているドリームインキュベーターが2022年5月13日に、ワークスタイルラボの全株式をランサーズ株式会社売却していました。

この度、合併することで、これまでのデータベース連携に加えて、マーケティング・営業組織の強化を図り成長加速をさせるとともに、グループの経営資源の効率化にも着手していく方針とのことです。

ワークスタイルラボ(POD)に関する疑問

ワークスタイルラボ(POD)に関する疑問.ここでワークスタイルラボに関するよくある質問について解説します。

プライム(直請け)案件はある?

あります。

大手企業との取引が多く直請案件が豊富であることが特徴の一つです。

フルリモート案件はある?

全体の中では少ないです。

リモート対応可能な案件は多くありますが、週1回程度の出社を求める案件の比率が多くなっています。

地方での案件もある?

全体の中では少ないです。

都市圏の案件が多く、地方勤務案件は全体の5%程度にとどまっています。

副業での案件探しも可能?

可能です。

稼働率での検索が可能である為、現在対応可能な工数にあわせて案件紹介してもらうことができます。

ワークスタイルラボ(POD)の評判まとめ

ワークスタイルラボ(POD)の評判まとめ

ワークスタイルラボは、フリーコンサルタントに特化したエージェントサービスです。

幅広いテーマや業界の案件を取り扱っているため、これまでの経歴やスキルを活かせる案件を見つけやすいでしょう。

大手事業会社や外資系企業との直請案件も扱っているため、月100万円以上の高待遇案件を紹介してもらうことも可能です。

また、今後はランサーズとのシナジーによりさらなるサービスクオリティの向上も期待されています

経験豊富なコンサルタントや高品質な案件を求めるフリーランスにとって、ワークスタイルラボは理想的な選択肢と言えるでしょう。

一方で、実務経験が浅い人や地方案件の少なさには注意が必要です。

保有案件の85%は非公開案件となっていますので、まずは無料で登録してみましょう