arata

PwCあらた監査法人は、4つの大規模会計事務所、通称BIG4の一つであるPwCのメンバーファームである大手監査法人です。
多くのビッグクライアントに監査や財務報告アドバイザリー、リスクアドバイザリーといった専門性の高いサービスを提供しています。BIG4の中では一番組織規模が小さいですが、品質の高いプロフェッショナルが多数在籍しています。過去には粉飾決算で問題になった東芝の監査対応で世間に一層名を知らしめています。

現在は900名近くの公認会計士が在籍している他、有資格者や資格科目合格者を含めて資格保有者等を含めて3000名ほどの従業員が在籍しています。

今回はPwCあらた監査法人の年収や中途で採用されるための特徴を整理しました。

”条件別” 当サイトで人気のエージェント

1.ランスタッド
 年収800万以上や外資系への転職に強い

2.Type転職エージェント
 ハイクラスを狙える総合転職エージェント

3.Consultant Job
 フリーコンサル案件に特化したエージェント

PwCあらた監査法人の年収は高給か?

PwCあらた監査法人では監査業務だけでなくさまざまなサービスを展開しているため、職種も複数あります。ここではコンサルタント職の年収を独自に調査した結果を掲載します。

  • コンサルタント(スタッフ):600~750万円程度
  • コンサルタント(シニアスタッフ):700~1000万円程度
  • マネージャー:800~1200万円程度
  • シニアマネージャー:1000~1300万円程度
  • パートナー:1400万円以上

上記は目安の金額ですが、実際の支給金額は各個人の評価結果や採用時の経験や能力によって異なるので、あくまでご参考程度としてください。

PwCあらた監査法人は監査法人の中では年功序列の色が強く、結果を出してもすぐに昇進できるわけではありません。ただし、最近の傾向としてはクライアント数の増加に伴って昇進のペースが速くなっているようです。

なお、給与には残業30時間分がみなし残業として含まれています。それ以上の残業をしている社員が多数存在しますが、一方で、残業を30時間以内に収めて早く帰ると評価が下がることがあります。これは上位者との関係性にもよるでしょうが、必ずしも効率の良いワークスタイルが評価されるわけではないようです。

PwCあらた監査法人の主な事業内容

PwCあらた監査法人は、財務諸表監査、内部統制監査、各種保証業務、財務報告アドバイザリーや内部監査サービスなど多様な方面で多くのクライアントにサービスを提供しています。監査法人の中でもPwCグローバルネットワークを活かした強固なサービス基盤を強みとしており、実際にグローバルのPwCメンバーと日本のメンバーによる協働プロジェクトも多く行われています。アドバイザリーの知見は特に海外事例を参考にしており、グローバルメンバーによるナレッジや経験のシェアを活用してサービスを提供しています。

近年PwCは非監査業務に力を入れており、コンサルタントのような仕事が増えています。有資格者ではなくても間口を広く優秀な人材を採用しているので、まずは求人情報をチェックしてみてください。

PwCあらた監査法人の激務度や福利厚生について

PwCあらた監査法人は他の監査法人と同じく比較的激務な職場環境です。案件の内容によりますが、残業時間は80時間程度です。企業の決算期は繁忙期なのでタクシー帰りや週末出勤も発生します。一方、閑散期にはまとまった休みが取れますが、数か月前からの申請が必要です。計画を立てて働き方を決められるという点では良いでしょう。

福利厚生については、最低限の休暇制度が設けられている他、特別試験休暇や閑散期での時短勤務制度が用意されています。時短勤務制度は繁忙期には使うことができません。

その他研修制度として多彩なプログラムが用意されており、自らやる気があれば積極的に受講することができるようになっています。ただし業務が忙しくて研修に出ている余裕がない社員の方が多いです。語学学校の費用を負担する制度や海外派遣プログラムもあるので、グローバルに働きたい方には適した制度と言えるでしょう。

PwCあらた監査法人で必要とされるスキル

PwCあらた監査法人では、間口を広く多様な人材を多数採用しています。有資格者はもちろん、アドバイザリー業務をはじめとするコンサルティングサービスも提供しているので、単に監査の知識があるだけでは足りず、加えて課題発見力や解決力、冷静な分析力が必要とされると言えます。

また、監査法人は激務なので体力的にも精神的にもタフでないと長期間は働けません。自立して成長志向を持って働くことのできる人にとってはとても良い環境と言えます。

PwCあらた監査法人への転職に向いている人

以上の内容を踏まえると、PwCあらた監査法人への転職に向いているのは以下の3点の要素を持ち合わせている人と言えます。

  • 会計や税務の有資格者あるいはコンサルティング業界出身者
  • グローバルな環境で成長し続けたい人
  • 体力的にも精神的にもタフな人

PwCあらた監査法人はPwCメンバーファームとしてグローバルネットワークを活用した多様なプロジェクトを進めています。短期間で成長したい場合はぜひチャレンジしてみてください。

PwCあらた監査法人への転職を検討している方がすべき1つのこと

ハイクラス求人を扱っている転職エージェントに登録してみてください。
その理由は下記3点です。

  • Webには出てこないPwCあらた監査法人のリアルな情報が手に入る可能性がある
  • PwCあらた監査法人およびその他企業の非公開求人を紹介してもらえる
  • 面接対策や年収アップ交渉をしてもらえるため、効率的に転職活動ができる

    PwCあらた監査法人への転職を目指す方へのおすすめエージェント

    PwCあらた監査法人を目指す方にオススメな転職エージェントは以下です。

    転職エージェント登録すべき人
    ランスタッド高年収を目指す、すべての方
    Type転職エージェント年収800万以下のすべての方
    アクシスコンサルティングコンサルタント転職を目指す、すべての方

    ランスタッド

    ランスタッド

    ランスタッドは、オランダで1960年に創業された世界最大級の総合人材サービス企業。39の国と地域で活動し、日本には93の拠点があります。

    年収1000万以上を目指すプロフェッショナル向けサービスを提供しています。

    世界規模の企業であるため、外資系やグローバル企業への転職支援実績も多数あり、下記の3つのメリットがあります。

    • 市場動向を把握した専任コンサルタントによるマンツーマンサポート
    • 全体の約80%が非公開求人
    • キャリアアップからワークライフバランス重視まで幅広い提案を受けられる

    特にハイクラス企業を得意としており、戦略的なキャリア形成のサポートをしてくれます。転職に関する支援サービスはもちろん無料です。

     ランスタッド公式サイト:https://www.randstad.co.jp/professionals/

    Type転職エージェント

    @type

    Type転職エージェントは総合転職サイトで、年収400万から800万の転職支援を得意としています。

    エンジニア転職などにも力を入れているため、開発経験がある方にもオススメしたいエージェントです。

     Type転職エージェント公式サイト:https://type.career-agent.jp

    アクシスコンサルティング

    アクシスコンサルティング

    アクシスコンサルティングは、特にコンサル業界に強みを持ち、約5,000名の現役コンサルを含む約20,000名もの転職志望者の支援をした実績があります。

    その実績による信頼からコンサル業界と強いパイプがあり、下記の3つのメリットがあります。

    • 業界を熟知した質の高いサポート
    • 全体の77%が非公開求人
    • 平均支援期間は3年 中長期に渡る支援が受けられる

    信念として「生涯のキャリアパートナー」を掲げ、本人のキャリアプランから「今は転職する時期ではない」と判断すれば無理に転職を薦めないなど、視野の広いサポートが受けられるのも特徴です。

     アクシスコンサルティング公式サイト:https://www.axc.ne.jp

    PwCあらた監査法人を含むキャリアアップを目指す全ての方へ

    転職はタイミングが重要です。そして、自分の市場価値を認識することがキャリアアップへの近道です。キャリアおよび年収を上げるなら、売り手市場である今がベストです。

    ハイクラス転職に向けて、複数の転職エージェントに登録し比較しするのも転職可能性を高めるポイントです。自分の目的に合ったエージェントを確保し、しっかり活用していきましょう。

    皆様の転職が成功することを願っています。

    [email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

    記事が役に立ったら
    フォローをお願いします。

    ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

    Twitterも随時更新しています