株式会社クニエ(QUNIE)は、2009年に株式会社NTTデータビジネスコンサルティングとザカティーコンサルティング株式会社が戦略的に合併されたことで設立されたコンサルティング会社です。

NTTデータのメンバーファームであり、NTTデータのみならずNTTグループ全体の各種ソリューションや海外拠点との連携を通じてクライアント企業の様々な課題を解決するためにサービスを提供しています。NTTグループの一員なので、案件獲得状況も良く業績は安定しています。

IT系のコンサルティングファームの印象が強いですが、他にも経営戦略や人事戦略など様々な領域を対象としています。また、グローバル案件比率が65%以上で世界を舞台にしているコンサルファームです。特にアジアや新興国の発展に注力して「国や企業の発展を支える」というコンセプトで活躍するコンサルタントが多数在籍しています。

今回はクニエの年収や労働環境、転職への難易度や評判を整理してみました。

クニエの年収は業界平均並み

クニエのおおよその年収について独自で調査してみました。詳細な金額は個人の能力や経験によってばらつきがあります。

職種年収
コンサルタント500~600万円程度
シニアコンサルタント600万円~700万円程度
マネージャー700~900万円程度
シニアマネージャー900~1500万円程度
ディレクター1200~1800万円程度
マネージングディレクター1500~2200万円程度

 

給与体系は年俸制を採っています。固定年俸に加え年に一度賞与が支給されます。シニアマネージャー以上になると賞与に個人成績が紐づく形で金額が決定されるようになります。

裁量労働制を取っており、個人のパフォーマンスや前職の経験などによって同じランクでも年収に大きな差が生まれます。

コンサルティング会社としては珍しく福利厚生が充実しており、NTTデータと同様の福利厚生が利用できるようになっています。また、退職金制度があるのも特徴です。

jacpic1

クニエの主な事業内容

クニエは日本の成長の基軸となってきた製造業向けビジネス基盤構築の実績をベースに、総合ビジネスコンサルティングファームとして多様なサービスを提供しています。

製造業向けのサービスを軸に発展してきただけあって、ビジネスプロセスソリューションとしては会計、生産購買、製品ライフサイクル管理やインフラなどといったITソリューションが多数用意されているほか、最近はクラウド関連のソリューションに力をいれています。

その他経営戦略、顧客関係管理、エンタープライズソリューション、マーケティングイノベーションといったサービスも展開しています。

対象となるインダストリーは製造業、ハイテク、自動車、プロセスの他、消費財や金融、公共サービスなどと広範囲に渡ります。

案件としてはNTTデータ関連のシステム系案件が多いので、システムインテグレーション関連のプロジェクト経験を多数積むことができます。

クニエは労働環境が整っている

クニエも他のコンサルティングファームと同様に激務であることは変わりありません。基本的には仕事はOJTで学んでいくので、自分から学び吸収していく姿勢がないと働くのは難しいと思われます。

ただし、激務だといってもシステムインテグレーション関連の案件が多いこともあって、比較的プロジェクトスケジュールがわかりやすく繁忙期を事前に予測することができます。

なお、クニエはワークライフバランスが比較的良いと言われており、毎日深夜残業が求められる、といったことはありません。休日出勤を強要されるようなこともなく、繁忙期を除き自分のタスクを求められる通りこなしていれば休暇を取得することも可能です。

プロジェクト終了後は長期休暇を取得して旅行に行く社員も多く、リフレッシュできるタイミングがあります。

また、NTTグループの企業なので女性の働きやすさにも力を入れています。産休や育休は整備されており、活用した社員の多くは復職して家庭と仕事を両立しています。

コンサルティング会社にはまれに見るワークライフバランスの取れた環境が整っていると言えます。

クニエの多様性と働きやすさ

公式情報では、クニエで働いている人の出身国籍は10ヵ国、男女比は7:3、離職率は10%未満、育休産休からの復帰率は100%と紹介されています。

この情報からも、コンサル業界の中でもかなり働く環境を重視しているといえそうです。

クニエで求められる人材

qunie2

クニエの社員の多くは中途採用で構成されており、求められる具体的な能力は各インダストリーや提供するソリューションの性質によって異なっています。

求める人材像としては、質の高いコンサルティングを提供するべくクライアントファーストを意識できる人間が挙げられています。特にITソリューションを多く扱うため、品質に対する意識の高さは重視されています。

中途採用の場合は、経理や生産、開発など特定の分野に対する専門性が重視されています。ただしシステム開発の経験は不問で、より上位レベルの事業分野についてクライアントと同等に話せるような人材が求められています。

また、キャリア採用と新卒採用の割合は9:1となっており、ほとんどがキャリア採用です。

クニエへの転職に向いている人は?

クニエへの転職に向いているのは、主に以下三つの要素を持ち合わせている人材でしょう。

  • IT、経理、生産、物流など特定分野での専門性を持ち合わせていること
  • 質の高いコンサルティングを提供するべく自己研さんできること
  • 国や社会の発展のために規模の大きい案件をやりたいこと

NTT系列のコンサルティングファームで福利厚生やワークライフバランスも整っている環境なので、コンサルティングファーム出身者の中でもプライベートと仕事を両立させながら長期的にキャリアを積んでいきたいような方には合っている企業と言えます。

転職でクニエを目指すなら

クニエの公式採用では、新卒採用とキャリア採用がありますが、キャリア採用となると、大卒以上、実務経験2-3年以上ある方が条件となっています。

ただし、これらは公に公開されている情報であり、実態は必ずしもその通りではない場合がありあます。

以下の理由からクニエへの転職は、ハイクラス求人を扱っている転職エージェントを利用するのもおすすめです。

その理由は下記3点です。

  • Webには出てこないクニエのリアルな情報が手に入る可能性がある
  • クニエおよびその他ファームの非公開求人を紹介してもらえる
  • 面接対策や年収アップ交渉をしてもらえるため、効率的に転職活動ができる

    特にコンサルタント関係者から評判のいい転職エージェントの中で、JAC Recruitmentにて募集をかけている場合があります。同業他社の求人も豊富ですので興味のある方は一度登録してみてはいかがでしょうか?

    jacpic1

    JACは、外資系企業や海外転職に強みをもつ転職エージェントです。外資系企業の位置付けになりますが、東証一部上場の転職エージェントに特化した企業です。

    特徴としては、アジアで最大級のネットワークを保持しているエージェントだけあり、海外への転職も含めて日系エージェントがあまり得意としていないポジションの提案を受けることが出来ます。もちろん、日系ハイクラス企業の掲載も多くありますので、一度チェックしてみることをオススメします。

    フリーランスコンサルタントの方はこちら

    フリーランスの方にはフリーランスコンサルタント向けのエージェントサービス「BTCエージェントforコンサルタント」をおすすします。

    BTCエージェントforコンサルタントの公式サイトで募集中の案件を見る

    ※サービス利用料は無料です。
    ※コンサルタントの平均月収は150万円程度です。

    当サイトで紹介しているハイクラス企業の年収や職場環境等の情報をまとめておりますので、よろしければご覧ください。ハイクラス図鑑はこちら>>
    [email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

    記事が役に立ったら
    フォローをお願いします。

    ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

    Twitterも随時更新しています