ローランドベルガーの年収はいくら?年代・職種別・新卒の給与も徹底解説

本ページにはプロモーションが含まれています。
rb1

ローランド・ベルガーはドイツで設立されたヨーロッパ有数のコンサルティングファームです。

1967年に創業し、現在は日米欧だけでなく中国・東南アジア・南米・アフリカ・中東など世界に3,000人を超えるスタッフがおり、グローバルにサービスを提供しています。

日本法人は1991年に設立され、現在は約130名のコンサルタントが在籍しています。

当記事では、転職情報プラットフォームの「OpenWork」や「ライトハウス」の口コミデータ等を基に、ローランド・ベルガーの年収や激務度に関する信憑性の高い情報をお届けします。同社に就職や転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

また、ローランド・ベルガーの求人情報をいち早くキャッチアップしたい転職者の方は、ローランド・ベルガーへの転職におすすめ転職エージェント3社をご覧ください。

ローランド・ベルガー(RB)の年収
RBの平均年収約1,283万円※1
RBの生涯年収約4億8,754万円※2
大手コンサルティング業界の平均年収約1,147万円※3
日本の平均年収458万円※4
RBの新卒年収550万円

※1:OpenWork
※2:22歳〜60歳までの生涯年収
※3:競合関係7社の平均年収
※4:国税庁-平均給与

目次

ローランド・ベルガーの平均年収

ローランド・ベルガーの平均年収
情報源平均年収年収範囲
OpenWork1,283万円550〜4,000万円
ライトハウス

ローランド・ベルガーの平均年収は、OpenWorkによると約1,283万円とされており、業界内でも高水準に位置しています。

これは同業他社7社の平均年収約1,147万円と比較しても高い数字であり、日本の平均年収458万円と比べれば、その差は更に顕著です。新卒の場合、初任給は約550万円となり、業界内でも比較的高い水準にあります。ローランド・ベルガーでキャリアを築きたいと考える人々にとっては、魅力的な選択肢でしょう。

また、ローランド・ベルガーの年収構造は、年棒制と貢献に基づくボーナスによって構成されています。OpenWorkの口コミでは、回答者の平均ボーナスは約532.5万円と報告されています。ボーナスを年収に組み込むと、平均年収は約1,800万円となり、水準を一気に押し上げます。

平均年収動向

ローランド・ベルガーは非上場であるため、過去の年収の推移などが分かる有価証券報告書の提出がありません。

そのため、平均年収の動向における情報は不明です。

業績と年収の相関

上記と同じ理由により、業績データの公開もありません。

決算公告を無料で検索できる「官報決算データベース」にもデータは公開されていないため、業績と年収の相関は不明です。

ローランド・ベルガーの将来性・今後の業績予測

ローランド・ベルガーの将来性・今後の業績予測

ローランド・ベルガーの将来性を考察する上で、まずその事業の多角性に注目すべきです。

同社は、「航空宇宙・防衛」「自動車」「消費財」「金融サービス」「ヘルスケア」など、多様な業界においてコンサルティングサービスを提供しています。このように幅広い分野に対応しているため、経済の変動や特定産業の不況に対しても強い耐性を持っています。また、グローバルネットワークを駆使し、世界各地の市場動向や技術革新に迅速に対応している点も、ローランド・ベルガーの将来性を強化しています。

さらに、ローランド・ベルガーは、経営・戦略コンサルティングという専門分野に特化していることがその競争力の源泉となっています。特に、デジタルトランスフォーメーションやサステナビリティといった現代のビジネス環境で重要となる分野において、高度な専門知識と経験を有するコンサルタントが多く在籍していることが大きな強みです。

しかし、業績予測に関する具体的なデータは公開されていないため、将来の業績を定量的に評価することは困難です。非上場企業であるため、有価証券報告書や官報決算データベースに情報がないのがその理由です。

それでも、これまでの事業展開や業界内での評価・市場ニーズの変化を考慮すると、ローランド・ベルガーは今後も安定した成長を遂げると予測されます。特に、経済やビジネスのグローバル化が進む中で、国際的な視野を持ちながら戦略を立案できるコンサルティングファームの需要は高まり続けるでしょう。

ローランド・ベルガーの職種別平均年収

ローランド・ベルガーの職種別平均年収
職種平均年収範囲
ジュニアコンサルタント(Junior Consultant)600〜800万円
コンサルタント(Consultant)800〜1,100万円
シニアコンサルタント(Senior Consultant)1,100〜1,700万円
プロジェクトマネージャー(Project Manager)1,700〜2,100万円
ストラテジック・プランニング・マネージメント(SPM)2,100〜2,500万円
プリンシパル(Principal)口コミデータなし
パートナー(Partner)口コミデータなし
シニア・フェロー(Senior Fellow)口コミデータなし
シニア・パートナー(Senior Partner)口コミデータなし

参考:OpenWork

OpenWorkに投稿された口コミデータから、職種別の平均年収のデータを参照しました。上記によると、9つの職位が存在するようです。しかし、SPMに関しては口コミデータ限定の情報であるため、実際に存在するかは不確定です。

職位が上がるにつれて、責任の大きさやプロジェクトの規模およびクライアントへの影響力が増すため、それに見合った報酬が設定されていると考えられます。特にプロジェクトマネージャー以上のポジションでは、チームを率いたり戦略的な意思決定を行ったりする役割が求められるため、これらの職位の年収が特に高いのは理解しやすいでしょう。

ただし、プリンシパル以上の職位に関しては、口コミデータ以外に公開された情報は見当たらず、これら高位職の具体的な年収は不明です。一般的に、これらのポジションでは会社の業績や個人の貢献度によって報酬が決定されるため、年収はさらに高額になると認識するのが通常です。

ローランド・ベルガーの年代別平均年収

ローランド・ベルガーの年代別平均年収

OpenWork及びライトハウスには、ローランド・ベルガーの年代別平均年収に関する具体的なデータは公開されていません。また、それに関する口コミの投稿もない現状です。

ローランド・ベルガーのような戦略コンサルファームでは、基本的に「Up or Out」のスタイルを採用しており、決められた年数内に出世しなければ退社を促されます。ローランド・ベルガーもUp or Outを採用しているかは断言できませんが、可能性は高いと見て良いでしょう。

そう考えると、職位ごとの年収が年代別の年収と捉えることもできるかもしれません。例えば、新卒で入社すればジュニアコンサルタントから始まるので、1年目から3年目までの年収はおおよそ600〜800万円の範囲となります(口コミデータより)。

ボストンコンサルティングを参考にすると、概ね3年以内に出世が期待されるので、30歳の段階で少なくともコンサルタントに出世している必要があります。そうすると、大体30歳でベース給与1,000万円を超えているのがローランド・ベルガーの常識だと思われます。

尚これはあくまで予測であるため、実際の形態とは異なる可能性も十分にあります。また、時代によっても基準が変わるため、参考程度にしておきましょう。

ローランド・ベルガーの新卒の初任給・年収

ローランド・ベルガーの新卒の初任給・年収
新卒入社年収
1〜2年目(ジュニアコンサルタント)550〜600万円
3〜4年目(コンサルタント)750万円
5〜6年目(シニアコンサルタント)1,000〜1,200万円

参考:OpenWork

OpenWorkの口コミによると、新卒年収は550〜600万円が相場になるとのことです。

おそらくUp or Outな社風であるため、3年目でコンサルタント、そして6年目あたりの段階でシニアコンサルタントにまで上がっているのがマストでしょう。

これらのデータから分かることは、ローランド・ベルガーが新卒社員に対して、業界内で比較的高い初任給を提供していることです。また、初任給から数年での給与の増加幅も大きいことから、早期のキャリア成長とそれに伴う経済的報酬が見込まれます。これは、同社が若手社員の育成とキャリアアップを重視していることの表れでもあります。

新卒採用情報に関しても、ローランド・ベルガーは明確なガイドラインを設定しており、経営コンサルタント(ジュニアコンサルタント)のポジションで積極的に新卒者を募集しています。

狭き門ではありますが、ローランド・ベルガーの一員になることができれば、若手であっても年収1,000万円は軽く超える優良な待遇で働けるでしょう。

新卒採用情報

公式にて新卒採用ページが用意されており、詳しい募集要項も書かれています。

中途採用情報

公式にて中途採用ページが用意されており、詳しい募集要項も書かれています。

ローランド・ベルガーの激務度

ローランド・ベルガーの激務度

ローランド・ベルガーでの激務度については、他のコンサルティングファームと同様、クライアントの求める成果を達成するために長時間労働が避けられない環境が存在します。

特に、プロジェクトにアサインされる期間は、深夜まで及び週末を含めた激務になることが予想されます。このような労働環境は、ビジネスコンサルティングの業界全体に共通する特徴であり、ローランド・ベルガーも例外ではありません。

ただし、成果をしっかりと出すことができれば、勤務時間やスケジュールの調整が可能になるため、労働環境には一定の柔軟性があります。実際、ローランド・ベルガーでは、プロジェクトの成果に応じて労働時間の調整を行うことが奨励されており、従業員が持続可能な働き方を実現できるよう配慮がなされています。

近年では、ローランド・ベルガーを含む多くのコンサルティングファームで労働環境の改善が進められています。連日の徹夜勤務など、極端な形でのハードワークは減少しつつあり、従業員の健康とワークライフバランスに配慮した働き方が推進されています。

ローランド・ベルガーの会社概要

ローランド・ベルガーの会社概要
会社名株式会社ローランド ・ ベルガー
(英字:Roland Berger Strategy Consultants)
所在地ドイツミュンヘンオフィス
Roland Berger GmbH Sederanger 1 80538 Munich Germany東京オフィス
〒107-6023 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル23F
代表大橋 譲
設立ドイツ・ミュンヘンにて、起業家・Roland Bergerによって1967年に創業。日本法人は1991年に開設。
資本金8.7億
事業内容経営・戦略コンサルティング
株式上場非上場
勤務地東京
勤務時間原則9:00-18:00
従業員数3,000人以上(全世界)

東京オフィス(約130人)

参考:COMPANYdoda(デューダ)

ローランド・ベルガーは、1967年に起業家Roland Bergerによってドイツ・ミュンヘンで創業された経営・戦略コンサルティングファームです。日本法人は1991年に設立され、東京都港区赤坂にオフィスを構えています。

コアバリューとして「Entrepreneurship(アントレプレナーシップ)」「Excellence(エクセレンス)」「Empathy(エンパシー)」の3つのEを掲げており、企業カルチャーとしてコンサルタントの礎となっているようです。

また、世界35か国の51都市にてオフィス展開しており、グローバル全体のスタッフは3,000人を超えるなど大規模な戦略コンサルティングファームです。これだけの規模でありながら非上場なのは、その独立性を保つためかもしれません。

非上場であることにより、短期的な株価の変動や株主からの圧力に左右されず、長期的な視点での戦略策定や事業展開に集中できるといったメリットがあります。

ローランド・ベルガーの同業界競合他社との年収比較

ローランド・ベルガーの同業競合他社との年収比較
競合関係平均年収
OpenWorkライトハウス
ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)1,483万円1,298万円
ローランド・ベルガー(Roland Berger Strategy Consultants)1,283万円データなし
マッキンゼー・アンド・カンパニー(McKinsey & Company)1,254万円データなし
ベイン・アンド・カンパニー(Bain & Company)1,254万円データなし
PwC(プライスウォーターハウスクーパース)951万円933万円
デロイト トーマツ コンサルティング(Deloitte Consulting)942万円971万円
アクセンチュア(Accenture)865万円797万円

OpenWorkによると、ローランド・ベルガーの平均年収は約1,283万円です。これを業界内の他の主要コンサルティングファームと比較すると、最も年収の高いボストン・コンサルティング・グループ(1,483万円)に続いて、2番目の地位です。

その次にマッキンゼー・アンド・カンパニーとベイン・アンド・カンパニー(両社とも1,254万円)が続き、ここまでが平均年収1,000万円越えの錚々たるカンパニーです。

そして1,000万円に少し届かなかったPwC(951万円)を始め、デロイトトーマツコンサルティング(942万円)、アクセンチュア(865万円)へとランキングが続きます。

尚これはあくまで平均年収を比較しただけの話であり、就職難易度や人気度が反映されているわけではありません。また、ボーナスを含まない数値であるため、実際の支給額を考慮するとランキングは大きく変動する可能性すらあります。

ローランド・ベルガーの給与・評価制度

ローランド・ベルガーの給与・評価制度

ローランド・ベルガーの給与制度は、基本的に年棒制に基づいています。これには職位が一つ上がるごとに約200万円程度の昇給が見込まれるという特徴があります。また、ボーナスは貢献度により給与の一定割合が最大限に設定されています。これにより、従業員は自らの業績と直接的に給与が結びつく環境で働くことになります。

ローランド・ベルガーの評価制度においては、「360度評価」が採用されています。この制度では、半年に一度、関わった全てのプロジェクトメンバーに話を聞いて総合的な評価を行います。プロジェクトごとにフィードバックセッションも設けられており、定期的に成長を評価してもらえる体制が整っています。

また、年に2回の能力評価では複数人の聞き取りを行い、4段階で評価が行われます。ここでの評価は、ハードスキルだけでなく、クライアント対応やチームプレイヤーとしての能力も重視され、昇給や昇格の重要な基準となります。

このように、ローランド・ベルガーでは従業員の業績を正当に評価し、それに基づいて給与や昇進を決定する制度が確立されています。個々の成果が給与やキャリアパスに直結するため、従業員は自己の成長と会社への貢献に対する適正な報酬を期待できる環境が整えられています。

ローランド・ベルガーの残業時間と残業手当

ローランド・ベルガーの残業時間と残業手当
情報源残業時間残業手当
OpenWork68.5時間給与込み
ライトハウスデータなし40万円

ローランド・ベルガーにおける残業時間は、他の経営コンサルティングファームと同様、プロジェクトの性質や繁忙度によって異なります。OpenWorkによると、平均的な残業時間は月約68.5時間とされています。

これは経営コンサルティング業界の激務な特性を反映した数値であり、特に締め切りが迫るプロジェクトやクライアントの要求が高い場合、残業時間はさらに増加する可能性があります。ただし、具体的な残業手当については年棒制を採用しているため、残業代は給与に組み込まれている形です。従業員が受け取る残業代の明確な数値データとしては、ライトハウスに一件だけ投稿された「40万円」の情報のみです。

ローランド・ベルガーでは、プロジェクトベースの業務が多いため、残業時間の管理も個々のプロジェクトや従業員の裁量に依存する部分が大きいです。従業員は自身の労働時間を柔軟に管理することが求められる一方で、プロジェクトの成果に対する責任も大きいため、効率的な時間管理とプロジェクト遂行のバランスを取ることが重要です。

ちなみに、OpenWorkの働きがい研究所の調査によればコンサルティング業界の平均残業時間は「83.5時間」であり、全業界トップの数値となっています。つまり、コンサルティング業界はそもそもが長期残業になる運命にあると言えるのです。

ローランド・ベルガーのボーナス・賞与

ローランド・ベルガーのボーナス・賞与
情報源ボーナス平均
OpenWork532.5万円
ライトハウス341.6万円

ローランド・ベルガーにおけるボーナス・賞与に関しては、OpenWorkによると、回答者の平均ボーナスは約532.5万円とされています。ライトハウスから算出した平均ボーナスは約341.6万円ですが、OpenWorkの方が口コミデータが豊富であるため、OpenWorkを基準として良さそうです。

これらのデータは、ローランド・ベルガーのボーナスがポジションに依存すると同時に、個人の成果や貢献度に基づいていることを示唆しています。特に、昇格するほどボーナスの割合が上昇する傾向があり、経験豊富な上級職位ではより高いボーナスを期待できると考えられます。

その一方で、「若手のうちはボーナスが低い」という口コミも見られます。プロジェクトマネージャーまで上がらないと、納得のいくほどのボーナスは貰えないという現状もあるようです。

ローランド・ベルガーの福利厚生

ローランド・ベルガーの福利厚生

ローランド・ベルガーの公式情報によれば、社会保険完備や確定拠出年金制度(401K)などの基本的な福利厚生が整っています。

また、口コミデータに基づくと、住宅補助やイデコ、外国運輸組合による補助などの独自の福利厚生も提供されていることが明らかになっています。これには、会社独自の住宅借り上げ制度やベビーシッター補助、健康診断などの補助も含まれており、従業員が仕事と私生活のバランスを取りやすい環境が整えられています。

休日・休暇

ローランド・ベルガーは従業員に対して、完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始、年次有給休暇を提供しています。

また、口コミ情報によると、勤務時間に関して残業抑制のための取り組みが進んでおり、有給休暇も比較的取りやすいとのことです。さらに、プロジェクトの間に長期休暇を取ることが可能で、リモートワークを含む柔軟な働き方に対応している様子が伺えます。

教育制度

ローランド・ベルガーは従業員のスキルアップとキャリア成長を支援するために、オンボーディングサポートを提供しています。

具体的には、新入社員向けに2~3週間の基本スキル習得とケースワークに焦点を当てた「キックオフトレーニング」が用意されています。また、オン・ザ・ジョブ・トレーニング(OJT)では、シニアコンサルタントの指導の下で、実践的なスキルを習得する機会が提供されています。

上記に加え、「アドバンストトレーニング」「グローバルトレーニング」「海外エクスチェンジプログラム」「MBA留学支援制度」を含めたデベロップメントプログラムなど、従業員が国際的な視野を広げて専門知識を深めるための多様な教育機会が用意されています。

ローランド・ベルガーの主な事業内容

ローランド・ベルガーの主な事業内容

ローランド・ベルガーは、設立以来「Creative strategies that work(結果と実効性を伴う創造的な戦略策定)」という理念の下で、特化したマネジメントコンサルティングサービスを提供しています。

主に強みとしている「自動車」「消費財」「流通」「化学」「機械」「医薬品」などの製造業から、「金融」「通信」「航空・運輸」などのサービス業まで多岐にわたります。これらの業界に対し、経営戦略の立案、オペレーショナルエクセレンスの追求、新市場への進出支援など、高度な専門知識と実務経験に基づいたサービスを提供しているのが特長です。

ローランド・ベルガーの事業を下支えしているのは、同社が下記に掲げる独自的なコアバリューです。これらを基に、クライアントのニーズを深く理解した解決策を提供し、同業界内で強い存在感を示しているのです。

事業を強固にする3つの視点
  • Entrepreneurship(アントレプレナーシップ)
    • 長期的な視点での成長志向
  • Excellence(エクセレンス)
    • トップダウンではない社員の意思や企業文化の尊重
  • Empathy(エンパシー)
    • クライアントとの深い共感を重視する姿勢

また、ローランド・ベルガーは、海外展開を加速する日系企業のサポートにも力を入れています。シンガポール・中国・インドネシアにジャパンデスクを設置し、地域に特化した専門知識とサービスを提供することで、グローバルな視野でクライアントの成長をサポートしています。

特にアジア市場においては、地域特有の市場環境や文化的背景を踏まえた戦略立案が求められ、ローランド・ベルガーの深い洞察と実践的なアプローチが大きな強みとなっています。

ローランド・ベルガーの選考フロー

ローランド・ベルガーの選考フロー

ローランド・ベルガーの採用選考プロセスは、複数回にわたる面接を含む厳密なものです。

書類選考を通過した応募者は、ケース面接選考を複数回実施します。応募者の経験や志望動機も重視されますが、それに加えてケースインタビューを通じた思考力やコミュニケーション力も求められます。

ケースインタビューでは、特定業界の市場規模の推計や特定企業の売上・利益の改善施策などを題材に、応募者の解決策を評価します。

選考過程では、応募者がケースの概要を理解し、全体感のあるアプローチで課題を特定する能力を見られます。重要な課題にフォーカスし、それに基づいて仮説を立て、施策を提案する能力が必要です。

このような選考プロセスは、ローランド・ベルガーが応募者に求める「高度な分析能力」「論理的思考力」「実践的な問題解決能力」を評価するために設計されています。応募者は、これらの選考を通じて自身の能力を証明し、ローランド・ベルガーでのキャリアを築くための第一歩を踏み出すことになります。

参考:ケースインタビュー |Roland Berger Japan

ローランド・ベルガーの年収と働きがいに対する評判・口コミ

ローランド・ベルガーの年収と働きがいに対する評判・口コミ

ローランド・ベルガーの年収と働きがい、企業文化に関する口コミを、OpenWorkから集めました。

「良い口コミ」と「悪い口コミ」に分けてご紹介します。

良い評判・口コミ

社員の希望に対する理解が深い

中途入社 男性
オープンかつフラット。特に最近はエンパシーを重視しており、成長一辺倒ではなく、色々な価値観、働き方への希望に応えられるような配慮がなされている。他方、成長を志向すれば、成果次第で様々な機会が与えられ、昇進も非常に早い。

引用:OpenWork|「組織体制・企業文化」の口コミ

評価制度がしっかりしている

中途入社 女性
フラットな360度評価が徹底している。プロジェクトごと及び半年ごとに評価され、自分の課題が明確になり成長スピードが早い。深いレベルで戦略コンサルティングに必要なスキルを身に付けることができる。

引用:OpenWork|「働きがい・成長」の口コミ

若手でも高年収で待遇が良い

中途入社 女性
戦略コンサルタントなので一般的には高い給与が若いうちからもらえる。実力次第にあり優秀なら昇進が早い。ボーナス、昇進スピードは通期評価によってそれなりに差がつく。中途採用は様々なバックグラウンドを持った幅広い年齢層が存在。

引用:OpenWork|「年収・給与制度」の口コミ

悪い評判・口コミ

想像以上にハードワークな会社

新卒入社 男性
ワークライフバランスは非常に悪い。転職サイトなどで「とてもハード」という認識を持ってそれでも大丈夫だと思い入社した方々が、ハードワーク・仕事のストレス故に体調を崩したり、退社したりしていることを、経営陣はもっと深刻に受け止めた方が良い。

引用:OpenWork|「ワーク・ライフ・バランス」の口コミ

質の高い人材を獲得しきれていない

中途入社 男性
会社としてのブランド認知も低く、価格勝負でプロジェクトを獲得するため、プロジェクトに十分な人をアサインできない。結果、コンサルタントの仕事量が膨大になり、プライベートライフというものがなくなる。

引用:OpenWork|「入社理由と入社後ギャップ」の口コミ

ローランド・ベルガーへの転職に向いている人

ローランド・ベルガーへの転職に向いている人

ローランド・ベルガーへの転職に向いている人は、以下の4つの要素に当てはまる人です。

  • 長期的な視点と持続可能な成長への貢献意欲を持つ人
    • ローランド・ベルガーは、変化に富んだ業界で競争力を維持し、新しい課題に対して創造的かつ戦略的な解決策を提供することを目指しています。そのため、長期的なビジョンを持って前向きに取り組める人材が重宝されます。
  • 激務に耐えうる体力と精神力を持つ人
    • コンサルティング業界の特性上、激務に耐えうる体力と精神力も重要です。プロジェクトによる長時間労働や厳しい締め切りが常であり、これらの状況に対応できる耐性とストレスマネジメント能力が必要になります。
  • 高度な分析能力と論理的思考力を持つ人
    • ローランド・ベルガーは、高度な分析能力と論理的思考を持つ人材を重視しています。データを基にした深い洞察・複雑な問題の解決・戦略的な意思決定など、多岐にわたるスキルが求められるため、これらの能力を有する人物は非常に適していると言えます。
  • コミュニケーション能力と協調性を持つ人
    • チームワークを重視する文化もあるため、コミュニケーション能力や協調性も重要な要素です。クライアントのニーズを深く理解し、信頼関係を築く能力に自信がある人は、ローランド・ベルガーへの転職に適していると言えるでしょう。

総じて、クライアントのニーズを深く理解し、信頼関係を築く能力に自信がある人は、ローランド・ベルガーへの転職に適しているでしょう。

ローランド・ベルガーへの転職におすすめ転職エージェント3社

ローランド・ベルガーへの転職におすすめ転職エージェント3社

ローランド・ベルガーは、13もの産業にわたって戦略コンサルティングを提供する実力派コンサルティングファームです。その中で特に力を入れているのが、製造と自動車業界です。

その特徴を考慮すると、ローランド・ベルガーの転職におすすめのエージェントは以下の3社です。

転職エージェント特徴

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング

  • コンサル業界に特化した転職エージェント
  • 業界を熟知した質の高いサポート
  • 全体の77%が非公開求人
  • 平均支援期間3年の中長期に渡る支援が受けられる

ランスタッドランスタッド

  • ITエンジニア業界に強いエージェント
  • 市場動向を把握した専任コンサルタントによるマンツーマンサポート
  • 全体の約80%が非公開求人
  • キャリアアップからワークライフバランス重視まで幅広い提案を受けられる
アサインASSIGN
  • 20代から30代のハイエンド転職に特化
  • 若手のキャリアアップに最適なエージェント
  • 個人に応じたオーダーメイドなキャリア支援
  • 独自アプリ「VIEW」による転職サポート

これらの転職エージェントについて、それぞれ特徴を詳しく見ていきましょう。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング
運営会社アクシスコンサルティング株式会社
公式サイトhttps://www.axc.ne.jp/
公開求人数非公開(2024年6月7日時点)
主な求人職種コンサルティング業界

アクシスコンサルティングは、特にコンサル業界に強みを持ち、約5,000名の現役コンサルを含む約20,000名もの転職志望者の支援をした実績があります。

その実績による信頼からコンサル業界と強いパイプがあり、コンサルティングファームの求人を豊富に取り揃えています。

アクシスコンサルティングのメリット
  • 業界を熟知した質の高いサポート
    • コンサルティング業界に精通したプロフェッショナルが、転職希望者に対して具体的で質の高いサポートを提供。個々のスキルや経験を活かす最適なポジションの提案が期待できます。
  • 全体の77%が非公開求人
    • 非公開求人が全体の77%を占めており、他では見られない貴重な求人情報にアクセス可能。独自のネットワークを活用して、幅広い選択肢から希望に合った求人を見つけることができます。
  • 平均支援期間3年の中長期に渡る支援が受けられる
    • 転職だけでなく、キャリア形成全般をサポート。平均3年間のフォローがあり、転職後のキャリアも安心して築いていけるサポート体制が整っています。

信念として「生涯のキャリアパートナー」を掲げ、本人のキャリアプランから「今は転職する時期ではない」と判断すれば無理に転職を薦めないなど、視野の広いサポートが受けられるのも特徴です。

ローランド・ベルガーのコラム記事も掲載しているため、求人を保有している可能性は極めて高いです。ぜひ無料登録をして、エージェントに相談してみましょう。

ランスタッド

ランスタッド
運営会社ランスタッド株式会社
公式サイトhttps://www.randstad.co.jp/
公開求人数7,876件(2024年6月7日現在)
非公開求人数約32,000件(2023年12月14日時点)※全求人の約80%
主な求人職種ITエンジニア(IT・Web・通信)、事務・管理部門、技術系(機械・電気・電子・化学)、営業 他

ランスタッドは、オランダで1960年に創業された世界最大級の総合人材サービス企業です。

年収1000万以上を目指すプロフェッショナル向けサービスを提供しています。

世界規模の企業であるため、外資系やグローバル企業への転職支援実績も多数あり、下記の3つのメリットがあります。

ランスタッドのメリット
  • 市場動向を把握した専任コンサルタントによるマンツーマンサポート
    • ランスタッドの専任コンサルタントは、市場の動向を熟知しており、それぞれの個人に合わせたマンツーマンでのサポートを提供。転職活動を的確に進めることができます。
  • 全体の約80%が非公開求人
    • ランスタッドでは、一般には公開されていない非公開求人が全体の約80%。これにより、他では知り得ない貴重な求人情報に出会うことができます。
  • キャリアアップからワークライフバランス重視まで幅広い提案を受けられる
    • ランスタッドは、キャリアアップはもちろん、ワークライフバランスを重視した求人も豊富に取り揃えており、多様なニーズに応える提案が期待できます。

特にハイクラス企業を得意としており、戦略的なキャリア形成のサポートをしてくれます。転職に関する支援サービスはもちろん無料です。

大多数が非公開求人のため、表には出てこないローランド・ベルガーの高待遇求人を保有している可能性に期待できるでしょう。

アサイン

ASSIGN
運営会社株式会社アサイン
公式サイトhttps://assign-inc.com/
公開求人数非公開(2024年6月7日時点)
主な求人職種コンサルティング・IT業界

アサインは、20代から30代のハイエンド転職に特化したエージェントです。

コンサルティングや大手IT業界に強く、エージェントのサポートが手厚いことで人気があります。

アサインのメリット
  • 若手のキャリアアップに最適なエージェント
    • 若くてもコンサル・IT業界にハイクラスな条件で転職できる。
  • 個人に応じたオーダーメイドなキャリア支援
    • 一人ひとりに合った長期的なキャリア形成のアドバイスを貰える。
  • 独自アプリ「VIEW」による転職サポート
    • アサインのノウハウとAIエンジンを融合させたキャリアシミュレーションでキャリア支援してくれる。

中長期を前提としてキャリアサポートを受けたいなら、アサインが最も良いでしょう。

若手向けの高待遇求人が多いため、ローランド・ベルガーへの転職にピッタリなエージェントです。

ローランド・ベルガーに関するQ&A

ローランド・ベルガーに関するQ&A

ローランド・ベルガーの副業可否や採用大学に関してのQ&Aに回答しました。

ローランド・ベルガーは副業できる?

5〜6年ほど前はワークライフバランスを取るのは難しかったが、今は働き方も改善されていると聞く。副業や時短なども可能で、社員から声を上げれば取り入れて制度化していく柔軟性がある。

引用:OpenWork

OpenWorkやライトハウスの口コミを見ると、副業は可能とのことです。特にライトハウスには、副業可に関する投稿が複数見られます。

ローランド・ベルガーの採用大学は?

複数のサイトから情報をまとめました。以下のとおりです。

  • 大半の学生は高学歴で、特に東大、京大、東工大、早慶などの国内トップ校出身者が多い。
  • 内定者の約90%はこれらの大学または大学院出身。
  • 海外大学出身者も一定数存在。
  • 新卒採用では東京大学出身者が約半分を占める。
  • 理系学生が多く、大学院出身者が学部卒より多い傾向。
  • 学歴フィルターに関する公式情報はないが、MARCHや関関同立出身者の採用は少ない。

実際に社員紹介を見てみると、有名大学を出身された方も多く在籍しています。

ローランド・ベルガーの就職難易度は?

人気企業の就職難易度を調査した「入社が難しい有名企業」ランキング200社では、ローランド・ベルガーはランキングに入っていません。

ローランド・ベルガーもマッキンゼーやボストンコンサルティングと並ぶ著名な外資系コンサルファームであるため、人気は高いと推測されます。ランキング調査対象外となっている可能性も考えられるため、他の外資系コンサルファームと同等レベルの就職難易度だと認識しても良いでしょう。

参考までに、外資系コンサルファームのランキング順位を以下に記載します。

順位企業就職難易度
1位マッキンゼー・アンド・カンパニー69.4
2位ボストン・コンサルティング・グループ65.8
11位PwCコンサルティング63.9
22位アビームコンサルティング62.9
44位アクセンチュア61.6

参考:「入社が難しい有名企業」ランキング200社

ローランド・ベルガーの年収まとめ

ローランド・ベルガーの年収まとめ

転職はタイミングが重要です。

そして、自分の市場価値を認識することがキャリアアップへの近道です。キャリアおよび年収を上げるなら、売り手市場である今がベストです。

ハイクラス転職に向けて、複数の転職エージェントに登録し比較しするのも転職可能性を高めるポイントです。

自分の目的に合ったエージェントを確保し、しっかり活用していきましょう。

目次