シグマクシスは、2008年に三菱商事株式会社と株式会社RHJインターナショナルという投資ファンドが共同で出資して設立されたコンサルティング会社です。

ICTの活用によってクライアント企業の経営支援を実現することを目的としています。三菱商事の出資があるため、商社のノウハウを活用することが可能な会社です。

自社に優秀なプロフェッショナルを抱えているのはもちろんのこと、クライアント企業やパートナー企業とのコラボレーションを積極的に行うとして、「”Xpartner(クロスパートナー) for Z”~究極の価値と喜びを想像する」をミッションに掲げて企業価値の創造に取り組んでいます。

サービスの結果に責任を持つべく「成功報酬型」のプロジェクトも多数展開しているのが特徴になります。社員の大半は中途採用者で構成されています。

今回はシグマクシスの年収や採用条件を整理してみました。

シグマクシスの年収は比較的高水準

シグマクシスのおおよその年収について独自で調査してみました。正確な給与金額は個人の能力や評価結果に応じて変わります。

■コンサルタント(新卒):450~550万円程度

■コンサルタント(中途):500万円~650万円程度

■アシスタントマネージャー:600~800万円程度

■マネージャー:750~1000万円程度

■プリンシパル:1000~1200万円程度

給与体系は年俸制となっています。上記は賞与が含まれた年収額になっています。

裁量労働制を取っており、個人のパフォーマンスや前職の経験などによって同じランクでも年収に大きな差が生まれます。コンサルティングファームらしく年収は比較的高水準と言えるでしょう。

biz-fee

シグマクシスの主な事業内容

シグマクシスは、単なるコンサルティングサービスだけを行うのではなく、他に事業投資や事業運営といった企業経営を兼ねたサービスも展開しています。

具体的なサービス軸として、イノベーション、デジタル、プログラムマネジメント、ビジネスソリューションズ、ITシステム、アライアンスといったICTをベースとした多様なクライアント支援サービスを用意しています。社内の多様な能力と幅広い社外ネットワークを組み合わせることでクライアント企業の悩みを解決しています。

サービス対象となる業種は、小売、金融、製薬、輸送、公共サービスなど多岐に渡り、比較的大企業のクライアントが多くなっています。

サービスの大きな特徴として、単なるコンサルティングサービスに留まらないコラボレーションの実現を掲げています。クライアント企業の課題に応じて短期的な戦略立案のみならず長期的な未来設計と実現にあたるサービスを提供しています。

デジタル化に伴う既存事業の変革と新事業とのコラボレーションやイノベーション、新時代における労働集約型からプロジェクト型への事業変革を実現するための経営ラボ実施など、より一歩踏み込んだ形でのサービスが展開されているので、クライアント企業の課題解決だけでなく、自身が経営者を志望する場合には良い経験ができるでしょう。

シグマクシスは激務なのか?

シグマクシスも他のコンサルティングファームと同様に実力主義を採っています。契約形態として「成果報酬型」のプロジェクトも多く、自身の評価にダイレクトにつながるため成果を出すべく長時間労働になることが多いです。特に戦略系のプロジェクトは短い期間の中でのアウトプットが求められるので、必然的に労働時間が長くなります。

ただし、担当するプロジェクトやクライアント、チームの方針などによって労働時間に差があり、忙しいときとそうでないときで差が激しくなることもあります。時期によっては長期休暇を取得することも可能です。仕事の状況にプライベートが左右される可能性が高いので、その点を許容できる人でないと長く働くことは難しいでしょう。

社風は比較的放任主義で、さまざまなコンサル会社出身者の中途入社社員がいるため人によって仕事に対するスタンスが違います。風通しは良く、社員同士の交流は活発でオープンな環境が用意されています。

特に外資系コンサルティングファームや金融業界出身者はなじみやすい環境でしょう。

シグマクシスで求められる人材

sigma2

採用したい人材像としては、社内外の多様な能力を組み合わせてチームを組成する力を持ち、自ら課題を抽出し解決に向けたゴールを設定し行動できる「アグリゲーター」が挙げられています。

採用条件の中では、経営と現場の両方の視点を持ち合わせながらプロジェクトを実施するためのリーダーシップが重視されています。

また、優遇される経験としては、コンサルティングファームや投資銀行での実務経験があること、ICT関連の資格を保有していること、またはそれらの経験があることなどが挙げられています。

コンサルティング会社や投資銀行出身者、SI企業での勤務経験がある方は向いているでしょう。

シグマクシスへの転職に向いている人は?

以上を踏まえ、シグマクシスへの転職に向いているのは、主に以下三つの要素を持ち合わせている人材でしょう。

  • 多様なバックグラウンドを持つ他者と協力関係を作れる
  • 高い目標を達成するための粘り強さ
  • 自立的に学ぶ姿勢がある

商社系列のコンサルティングファームなので、日系といえども自ら貪欲に学んで成長していけるような人にこそ合っている企業と言えます。

シグマクシスやその他ファームに転職するには?

転職サイトに登録し、情報を収集するのがベターです。

シグマクスへの転職を目指す方にオススメなのは以下の3サイトです。

 アクシスコンサルティングビズリーチリクルートエージェント
対象者コンサルタント年収600万以上年収600万以下
サービス特徴コンサル業界特化の転職エージェント。リポジション・イグジット・コンサルになりたい人にオススメです。ハイクラス転職No.1エージェント。年収600万以上が条件ですが、登録必須のサービスです。転職エージェントの最大手。転職実績および顧客満足度でNo.1です。約15万件の非公開求人があるようです。
公式サイト

複数登録する時間がない方には、コンサル業界に強いアクシスが最もオススメです。

>>アクシスコンサルティングの転職サポートを受ける

※登録するとキャリアコンサルタントとの面談があります。

axc-top1

 

皆様の転職が成功することを願っています。

その他企業の転職・年収情報を見てみる>>

[email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

line@-pt2

記事が役に立ったら
フォローをお願いします。

ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

Twitterも随時更新しています