simplex1

シンプレクスは、現アクセンチュアや現シティグループ証券などを経験した代表金子英樹氏が1997年に立ち上げた金融業界特化型のITコンサルティング会社です。

金融フロンティア領域にイノベーションを起こすことを目的に各金融機関へITコンサルティングサービスを提供しています。

金融業界の収益につながるシステム構築を企業のコンセプトとしており、上流から下流の保守運用までを請け負うスタイルが特徴です。

事業開始当初は日本の金融機関へのフルスクラッチシステム導入を行っていましたが、現在はスクラッチに留まらずパッケージソフトの導入も多数行っているようです。

シンプレクスの年収や求める人材像を整理してみました。

”条件別” 当サイトで人気のエージェント

1.ランスタッド
 年収1000万以上の転職に強いエージェント

2.Type転職エージェント
 ハイクラスを狙える総合転職エージェント

3.BTCエージェント
 フリーコンサルの為のエージェント

シンプレクスの年収は高め

シンプレクスの年収は、大体以下のように推移しています。個人の能力によって差があるのであくまで目安程度と考えてください。

■ジュニアスタッフレベル:450~650万円程度
■スタッフレベル:550~750万円程度
■シニアスタッフレベル:600~900万円程度
■マネージャーレベル:800~1200万円程度
■シニアマネージャーレベル:1000~1500万円程度

上記は残業代やボーナスが含まれた金額になります。労働時間が長いプロジェクトでは給与が低いと感じる場合があるかもしれませんが、特にスタッフレベルの頃であれば比較的給与は高いと言えます。評価によって年1度昇給タイミングがあります。

なお、福利厚生はほぼありませんが、シンプレクスではこの金額と別に夕食代支給制度があります。

シンプレクスの主な事業内容

シンプレクスの事業内容は、大手をはじめとした金融機関に対するITコンサルティングサービスの提供です。「収益最大化のためのソリューション」「一気通貫体制」にて提供することを掲げているため、上流の計画や要件定義といったフェーズから保守運用までの全工程を担当する可能性があります。

クライアントとなる金融機関には、大手メガバンクや証券会社が挙げられます。

ルーツとして「世界最強のITチーム」を挙げており、サービス対象となる領域は「金融フロンティア領域」と称する金融機関が自ら収益を上げる業務領域となります。具体的にはディーリングやトレーディングといったフロント業務が挙げられます。

シンプレクスとしては海外展開も視野には入れているようですが、実際は国内向けの案件がほとんどのようです。海外に積極的に出たい方には合わないでしょう。

シンプレクスの激務度や労働時間について

では、シンプレクスの労働環境や評判はどうなっているのでしょう。

シンプレクスはそのサービス内容がITコンサルティングであること、金融機関向けのサービスであること、加えて通常一般のクライアント企業よりもより高度かつ高品質なサービスが必要となることから、必然的に激務となります。

特にフルスクラッチの案件であれば、顧客の求める要件に応じて完全オーダーメイドでの開発になり、上流の要件定義時より高い専門性や顧客との折衝能力が要求されるので、体力的にも精神的にもタフであることが求められます。また、テストフェーズにおいても複雑でかつ細かいプロセスのテストが必要になり、テスト項目が多いために作業量も多くなります。過去にITコンサルティング経験もしくはSEの経験がある方であれば比較的すぐに業務に慣れるでしょう。

労働時間はプロジェクトフェーズによって差がありますが、上述の通り要件定義段階やテスト段階においては労働時間が長くなることが想定されます。そのほか、金融系のシステムの場合は不具合が起きた場合素早い対応が求められるので、場合によっては休日でも深夜でも関係なく対応が必要になることがあるでしょう。

シンプレクスで働く上で必要なスキル

金融工学

シンプレクスでは求める人材像として5DNAとして「ナンバーワン」「クライアントファースト」「コミットメント」「プロフェッショナリズム」「グローバル」を挙げています。

具体的には、金融×ITのコラボレーションを通じて自らがクライアント企業へ最高のサービスを届けるべく成長し努力し続けられることが必要とされています。金融業界特化型のITソリューション提供サービスはあまり多くないため、常にベンチャースピリットを持って新しい観点でのサービスを作り出せる人は歓迎されます。

さらに、グローバルを掲げてはいますが、実態としては必ずしもグローバル案件が多いわけではないため、グローバル案件を拡大できるような人材は重宝されるでしょう。SAPなどのERPパッケージ導入案件も多数あるため、スクラッチのほかにパッケージシステムの導入経験があれば役立つでしょう。

以上を踏まえると、金融に関する基本的な知識、金融工学を学んだ経験がある方、過去にITコンサルティング会社やITベンダーでのSE経験がある方は、即戦力として歓迎されるでしょう。

シンプレクスへの転職に向いている人

シンプレクスへの転職に向いている方は以下のような方です。

  • 自ら成長すべく主体的に学んで行動に移せる人
  • ベンチャー気質がある人や事業企画などの経験がある人
  • 過去に金融機関やITコンサルティングなどの業務経験がある人

金融業界向けのITソリューションサービスはこれからより必要性が高まることが予想されます。興味があれば企業情報の収集から始めてください。

シンプレクスへの転職を検討している方がすべき1つのこと

ハイクラス求人を扱っている転職エージェントに登録してみてください。
その理由は下記3点です。

  • Webには出てこないシンプレクスのリアルな情報が手に入る可能性がある
  • シンプレクスおよびその他ファームの非公開求人を紹介してもらえる
  • 面接対策や年収アップ交渉をしてもらえるため、効率的に転職活動ができる

    シンプレクスへの転職を目指す方へのおすすめエージェント

    シンプレクスを目指す方にオススメな転職エージェントは以下です。

    転職エージェント登録すべき人
    ランスタッド高年収を目指す、すべての方
    Type転職エージェント年収800万以下のすべての方
    アクシスコンサルティングコンサルタント転職を目指す、すべての方

    ランスタッド

    ランスタッド

    ランスタッドは、オランダで1960年に創業された世界最大級の総合人材サービス企業。39の国と地域で活動し、日本には93の拠点があります。

    年収1000万以上を目指すプロフェッショナル向けサービスを提供しています。

    世界規模の企業であるため、外資系やグローバル企業への転職支援実績も多数あり、下記の3つのメリットがあります。

    • 市場動向を把握した専任コンサルタントによるマンツーマンサポート
    • 全体の約80%が非公開求人
    • キャリアアップからワークライフバランス重視まで幅広い提案を受けられる

    特にハイクラス企業を得意としており、戦略的なキャリア形成のサポートをしてくれます。転職に関する支援サービスはもちろん無料です。

     ランスタッド公式サイト:https://www.randstad.co.jp/professionals/

    Type転職エージェント

    @type

    Type転職エージェントは総合転職サイトで、年収400万から800万の転職支援を得意としています。

    エンジニア転職などにも力を入れているため、開発経験がある方にもオススメしたいエージェントです。

     Type転職エージェント公式サイト:https://type.career-agent.jp

    アクシスコンサルティング

    アクシスコンサルティング

    アクシスコンサルティングは、特にコンサル業界に強みを持ち、約5,000名の現役コンサルを含む約20,000名もの転職志望者の支援をした実績があります。

    その実績による信頼からコンサル業界と強いパイプがあり、下記の3つのメリットがあります。

    • 業界を熟知した質の高いサポート
    • 全体の77%が非公開求人
    • 平均支援期間は3年 中長期に渡る支援が受けられる

    信念として「生涯のキャリアパートナー」を掲げ、本人のキャリアプランから「今は転職する時期ではない」と判断すれば無理に転職を薦めないなど、視野の広いサポートが受けられるのも特徴です。

     アクシスコンサルティング公式サイト:https://www.axc.ne.jp

    シンプレクスを含むキャリアアップを目指す全ての方へ

    転職はタイミングが重要です。そして、自分の市場価値を認識することがキャリアアップへの近道です。キャリアおよび年収を上げるなら、売り手市場である今がベストです。

    ハイクラス転職に向けて、複数の転職エージェントに登録し比較しするのも転職可能性を高めるポイントです。自分の目的に合ったエージェントを確保し、しっかり活用していきましょう。

    皆様の転職が成功することを願っています。

    [email protected]で「表では話せない◯◯の話」配信中

    記事が役に立ったら
    フォローをお願いします。

    ハイキャリアに役立つ情報をお届けします。

    Twitterも随時更新しています